綿巻 徹

J-GLOBALへ         更新日: 12/08/02 02:50
 
アバター
研究者氏名
綿巻 徹
 
ワタマキ トオル
所属
長崎大学
部署
教育学部 人間発達
職名
教授
学位
博士(教育心理学)(九州大学), 教育学修士(九州大学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
2009年
   
 
 長崎大学教育学部人間発達 教授
 
1999年
 - 
2008年
 県立長崎シーボルト大学看護栄養学部看護学科 教授
 
2005年
 - 
2008年
 県立長崎シーボルト大学大学院人間健康科学研究科栄養科学専攻博士課程 教授
 
2008年
 - 
2009年
 長崎県立大学大学院人間健康科学研究科栄養科学専攻博士課程 教授
 
2008年
 - 
2009年
 長崎県立大学看護栄養学部看護学科 教授
 

学歴

 
 
 - 
1979年
九州大学 教育学研究科 教育心理学
 
 
 - 
1973年
福岡教育大学 小学校教員養成課程 教職科
 

委員歴

 
2002年
 - 
2010年
 長崎県障害者施策推進協議会
 
2002年
 - 
2008年
 長崎県教育センター運営評議会
 
2004年
   
 
 平成16年度長崎県教科用図書選定審議会
 
2008年
   
 
 長崎県発達障害児支援体制整備事業検討協議会
 
2001年
 - 
2004年
日本発達心理学会  理事
 

Misc

 
初期多語発話の統語=意味論的分析
綿巻徹
教育心理学研究   27(2) 131-140   1979年
二語発話期のことばの発達
綿巻徹
教育と医学   28(7) 13-20   1980年
初期多語発話の統語構造について
綿巻徹
聴覚言語障害問題研究会会報   (41) 1-10   1981年
話しことばをもたない自閉症児への文字刺激を利用した言語指導
西村辨作,水野真由美,綿巻徹,若林慎一郎
小児の精神と神経   21(3) 117-127   1981年
ダウン症児の言語発達障害とその誘因素因 — 1 —
西村辨作,綿巻徹,水野真由美,新美明夫
発達障害研究   5(4) 295-301   1984年

書籍等出版物

 
乳幼児の言語指導 (保育入門シリーズ第8巻)
北大路書房   1979年   
ソビエト心理学における能力学説(K.K.プラトノフ著)
ソビエト心理学研究 第25・26号   1979年   
教育心理学の基礎知識
福村出版   1981年   
児童心理学の進歩第25巻1986年版
金子書房   1986年   
発達心理学上巻—周産、新生児、乳児、幼児、児童期—
ナカニシヤ出版   1989年   

Works

 
日本語マッカーサー乳幼児言語発達質問紙「語と文法」
2004年
日本語マッカーサー乳幼児言語発達質問紙「語と身振り」
2004年
言語発達における共通性と差異
2009年

競争的資金等の研究課題

 
与薬エラー発生の認知・コミュニケーションメカニズム
経常研究
研究期間: 2007年   
看護基礎教育における到達度評価
経常研究
研究期間: 2008年 - 2010年