笠原 正秀

J-GLOBALへ         更新日: 17/08/21 00:05
 
アバター
研究者氏名
笠原 正秀
 
カサハラ マサヒデ
所属
椙山女学園大学
部署
国際コミュニケーション学部 国際言語コミュニケーション学科
職名
教授
学位
修士(国際コミュニケーション)(青山学院大学), 教養学士(日本大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2011年4月
 - 
現在
椙山女学園大学 国際コミュニケーション学部 教授
 
2007年4月
 - 
2011年3月
椙山女学園大学 国際コミュニケーション学部 准教授(名称変更)
 
2004年4月
 - 
2007年3月
椙山女学園大学 国際コミュニケーション学部 助教授
 
2001年4月
 - 
2004年3月
椙山女学園大学 文学部 専任講師
 

学歴

 
1998年4月
 - 
2006年3月
青山学院大学 大学院 国際政治経済学研究科 博士後期課程 国際コミュニケーション専攻
 
1995年4月
 - 
1997年3月
青山学院大学 大学院 国際政治経済学研究科 修士課程 国際ビジネス専攻(国際コミュニケーションコース)
 
1986年4月
 - 
1987年3月
日本大学 大学院 国際関係研究科 修士課程 
 
1985年12月
 - 
1986年12月
ワシントン州立大学 コミュニケーション学部 スピーチ・コミュニケーション学科
 
1983年4月
 - 
1986年3月
日本大学 国際関係学部 国際文化学科
 

委員歴

 
2017年3月
 - 
現在
国際行動学会  編集委員長
 
2014年4月
 - 
2017年3月
国際行動学会  副会長
 
2013年4月
 - 
2017年3月
多文化関係学会  学会誌編集委員長
 
2012年4月
 - 
2014年3月
国際行動学会  年次大会企画委員長
 
2008年4月
 - 
2010年3月
国際行動学会  国際理解部会部会長
 

論文

 
笠原 正秀
言語と表現―研究論集―   (9) 63-71   2012年3月
Kasahara Masahide
椙山女学園大学研究論集 社会科学篇   (42) 129-146   2011年
コミュニケーション不安とシャイネスとの関係性について
笠原正秀
椙大国際コミュニケーション学部研究論集   (3) 1-16   2006年3月
笠原 正秀
椙山女学園大学研究論集 社会科学篇   (37) 137-152   2006年
コミュニケーション研究の視点 ―研究対象としてのコミュニケーション場面―
笠原正秀
椙大国際コミュニケーション学部研究論集   (創刊) 15-26   2004年

Misc

 
2015度中期留学第14期生の選抜時と帰国後の英語力分析
笠原 正秀
2015年度中期留学報告書(椙山女学園大学 国際コミュニケーション学部)   61-71   2017年3月
2014年度中期留学第13期生の選抜時と帰国後の英語力分析
笠原 正秀
2014年度中期留学報告書   54-65   2015年12月
学部留学プログラム(英語圏)の包括的アンケート調査集計結果報告
笠原 正秀
2012年度 椙山女学園大学 学園研究費助成金(C)研究成果報告書 学部留学プログラム(英語圏)の包括的検証研究   6-76   2013年3月
[書評]中根千枝『適応の条件―日本的連続思考―』(講談社新書)
笠原 正秀
国際行動学研究   (7) 68-74   2012年6月
2010年度 中期留学第9期生の選抜時と帰国後の英語力の変化
笠原 正秀
2010年度 中期留学報告書(椙山女学園大学 国際コミュニケーション学部)      2011年9月

書籍等出版物

 
異文化コミュニケーション事典
笠原 正秀 (担当:分担執筆, 範囲:「異文化ミスコミュニケーション」「公衆道徳」「倫理規範」)
春風社   2013年1月   

講演・口頭発表等

 
日本におけるインターパーソナル・コミュニケーション研究と教育
笠原 正秀
日本コミュニケーション学会   2017年6月4日   
人間であるがゆえにわかりあえない理由(わけ)
笠原 正秀
国際行動学会 第6回 年次大会 シンポジウム「相互理解の困難をめぐって」   2009年9月   
対論:メディアは国際理解に貢献できるのか―メディアと個人の視点から―
笠原 正秀
国際行動学会 第5回 年次大会 シンポジウム「メディアと国際理解」   2008年10月   
コミュニケーションって…?
笠原 正秀
市民公開講座 第12回 椙山フォーラム   2003年12月   
日本人とアメリカ人の対人コミュニケーションにおける自己開示深度に与えるコミュニケーション不安と第二言語運用能力との相関について
笠原 正秀
青山国際コミュニケーション学会 1997年度第1回総会   1997年10月   

担当経験のある科目