中西 豊文

J-GLOBALへ         更新日: 19/04/12 13:45
 
アバター
研究者氏名
中西 豊文
 
ナカニシ トヨフミ
eメール
nakanisiosaka-med.ac.jp
URL
http://http://ims-3d.kenkyuukai.jp/about/
所属
大阪医科大学
部署
医学部 医学科 総合医学講座臨床検査医学/研究支援センター
職名
准教授
学位
医学博士(大阪医科大学)
その他の所属
感染対策室

研究分野

 
 

経歴

 
2016年12月
 - 
現在
大阪医科大学 研究支援センター 研究機器部門 准教授
 
2007年
 - 
2016年12月
大阪医科大学総合医学講座臨床検査医学 准教授
 
2008年
 - 
2009年
バンダービルト大学医学部MS解析センター 交換研究員
 
2004年
 - 
2007年
大阪医科大学病態検査学 助教授
 
1996年
 - 
2004年
大阪医科大学病態検査学   講師
 
1996年
 - 
1997年
テキサス大学医学部ヒューストン校分析化学センター 客員教授
 
1992年
 - 
1996年
大阪医科大学病態検査学   助手
 
1981年
 - 
1992年
国立大阪病院(現:(独)国立病院機構大阪医療センター) 厚生技官
 
1989年
 - 
1991年
東京都臨床医学研究所臨床遺伝学部門 研修生
 

学歴

 
 
 - 
1980年
大阪薬科大学 薬学部 製薬学科
 

委員歴

 
2018年4月
 - 
現在
日本医用マススペクトル学会  医用質量分析認定士制度委員会 委員長
 
2013年1月
 - 
現在
日本臨床検査自動化学会  遺伝子・プロテオミクス技術委員会 委員アドバイザー
 
2011年
 - 
現在
3次元MSイメージング研究会  代表世話人
 
2010年
 - 
現在
日本質量分析学会  Editorial Advisory Board
 
2004年
 - 
現在
日本臨床プロテオーム学会  理事
 
2003年
 - 
現在
日本電気泳動学会  評議員/理事
 
2002年
 - 
現在
日本臨床検査医学会  評議員
 
1999年
 - 
現在
日本質量分析学会  学会誌編集委員
 
1997年
 - 
現在
日本臨床化学会  評議員/集会委員/編集委員
 
1994年
 - 
現在
日本医用マススペクトル学会  評議員/編集委員/理事
 

受賞

 
2017年9月
日本医用マススペクトル学会 松本賞
 
2008年
日本電気泳動学会 国際交流奨励賞
 
2005年
日本電気泳動学会 児玉賞
 
2000年
日本質量分析学会奨励賞
 
1999年
日本臨床病理学会学会賞
 
1996年
日本医用マススペクトル学会奨励賞
 

論文

 
Shiono K, Hashizaki R, Nakanishi T, Sakai T, Yamamoto T, Ogata K, Harada KI, Ohtani H, Katano H, Taira S
Journal of agricultural and food chemistry   65(35) 7624-7628   2017年9月   [査読有り]
Kamata T, Shima N, Keiko Sasaki, Matsuta S, Takei S, Katagi M, Miki A, Zaitsu K, Nakanishi T, Sato T, Suzuki, K and Tsuchihashi H.
Anal. Chem.   87(11) 5476-5481   2015年6月   [査読有り]
Suwa Yoshifumi, Nakanishi Toyofumi, Kato-Kogoe Nahoko, Kimura Yoshihiro, Terai Haruhiko, Nakajima Yoichiro, Sunano Akihiro, Yamamoto Kayoko, Ueno Takaaki
JOURNAL OF HARD TISSUE BIOLOGY   26(1) 33-36   2017年1月   [査読有り]
[Rapid Identification of Infectious Microorganisms in Clinical Samples by MALDI-TOF MS Analysis].
Nakanishi T
Rinsho byori. The Japanese journal of clinical pathology   63(4) 465-471   2015年4月   [査読有り]
Significance of the vascular concentration of angiotensin II receptor blockers on the lowering mechanism of blood pressure in spontaneously hypertensive rats
Takai Shinji, Jin Denan, Sakonjo Hiroshi, Takubo Takayuki, Nakanishi Toyofumi
JOURNAL OF PHARMACOLOGICAL SCIENCES   124 220P   2014年   [査読有り]
Takai S, Jin D, Sakonjo H, Takubo T, Nakanishi T
Journal of pharmacological sciences   123(4) 371-379   2013年11月   [査読有り]
Ooi Y, Shiba H, Nagai K, Higashiyama T, Nakanishi T, Nakano T, Ukimura A, Gonoi T
Internal medicine (Tokyo, Japan)   53(18) 2111-2113   2014年   [査読有り]
Shima Noriaki, Sasaki Keiko, Kamata Tooru, Matsuta Shuntaro, Katagi Munehiro, Miki Akihiro, Zaitsu Kei, Sato Takako, Nakanishi Toyofumi, Tsuchihashi Hitoshi, Suzuki Koichi
FORENSIC TOXICOLOGY   33(1) 122-130   2015年1月   [査読有り]
Nakanishi T, Ito M, Nirasawa T, Tsuji M, Takubo T
Clinical biochemistry   46(15) 1595-1600   2013年5月   [査読有り]
The effect of periocularly administered candesartan-PLGA microparticles on diabetes-induced retinal inflammatory damage
Fukumoto Masanori, Takai Shinji, Nakanishi Toyofumi, Horie Taeko, Morishita Seita, Oku Hidehiro, Ikeda Tsunehiko
INVESTIGATIVE OPHTHALMOLOGY & VISUAL SCIENCE   55(13)    2014年4月   [査読有り]
Nakanishi T, Setou M, Kuhara T
Analytical and bioanalytical chemistry   403(7) 1775-1776   2012年6月   [査読有り]
Bouras G, Nakanishi T, Fujita Y, Tsunemi S, Takubo T, Tanigawa N
Analytical and bioanalytical chemistry   403(7) 1801-1809   2012年6月   [査読有り]
Miki A, Katagi M, Kamata T, Zaitsu K, Tatsuno M, Nakanishi T, Tsuchihashi H, Takubo T, Suzuki K
Journal of mass spectrometry : JMS   46(4) 411-416   2011年4月   [査読有り]
Nakanishi T, Takai S, Jin D, Takubo T
Mass spectrometry (Tokyo, Japan)   2(1) A0021   2013年   [査読有り]
Nakanishi T, Yoshioka M, Moriuchi K, Yamamoto D, Tsuji M, Takubo T
Biochimica et biophysica acta   1804(7) 1449-1456   2010年7月   [査読有り]
[Clinical applications of MALDI imaging using sliced sections of formalin-fixed paraffin-embedded tissues and longitudinal sliced hairs].
Nakanishi T, Ito M, Ueda K, Wada S, Fujioka S, Tsuji M, Takubo T
Rinsho byori. The Japanese journal of clinical pathology   60(2) 125-130   2012年2月   [査読有り]
Miki Akihiro, Katagi Munehiro, Shima Noriaki, Kamata Hiroe, Tatsuno Michiaki, Nakanishi Toyofumi, Tsuchihashi Hitoshi, Takubo Takayuki, Suzuki Koichi
FORENSIC TOXICOLOGY   29(2) 111-116   2011年7月   [査読有り]
Hiura Y, Nakanishi T, Tanioka M, Takubo T, Moriwaki S
Japanese clinical medicine   2 35-41   2011年   [査読有り]
Tsunemi Soichiro, Nakanishi Toyofumi, Fujita Yoshihisa, Bouras George, Miyamoto Yoshiharu, Miyamoto Akiko, Nomura Eiji, Takubo Takayuki, Tanigawa Nobuhiko
ONCOLOGY REPORTS   23(4) 949-956   2010年4月   [査読有り]
[Proteomic analysis of changes in the serum protein profile by anti-TNF-alpha therapy].
Takeuchi T, Kotani T, Nakanishi T, Tabushi-Matsumura Y, Takubo T, Makino S
Rinsho byori. The Japanese journal of clinical pathology   58(4) 332-336   2010年4月   [査読有り]
Tsunemi S, Nakanishi T, Fujita Y, Bouras G, Miyamoto Y, Miyamoto A, Nomura E, Takubo T, Tanigawa N
Oncology reports   23(4) 949-956   2010年4月   [査読有り]
Tabushi Y, Nakanishi T, Takeuchi T, Nakajima M, Ueda K, Kotani T, Makino S, Shimizu A, Hanafusa T, Takubo T
Annals of clinical biochemistry   45(4) 413-417   2008年7月   [査読有り]
Nakanishi Toyofumi
JOURNAL OF CHROMATOGRAPHY B-ANALYTICAL TECHNOLOGIES IN THE BIOMEDICAL AND LIFE SCIENCES   870(2) 146-147   2008年7月   [査読有り]
[Oxidative precipitation of transthyretin--a clue to elucidate amyloidosis].
Yoshioka M, Nakanishi T
Rinsho byori. The Japanese journal of clinical pathology   56(5) 425-431   2008年5月   [査読有り]
Fujita Y, Nakanishi T, Miyamoto Y, Hiramatsu M, Mabuchi H, Miyamoto A, Shimizu A, Takubo T, Tanigawa N
Cancer letters   263(2) 280-290   2008年5月   [査読有り]
Ueda K, Nakanishi T, Shimizu A, Takubo T, Matsuura N
Annals of clinical biochemistry   45(Pt 1) 65-69   2008年1月   [査読有り]
Takeuchi T, Nakanishi T, Tabushi Y, Hata A, Shoda T, Kotani T, Shimizu A, Takubo T, Makino S, Hanafusa T
Journal of chromatography. B, Analytical technologies in the biomedical and life sciences   855(1) 66-70   2007年8月   [査読有り]
Fujita Y, Nakanishi T, Hiramatsu M, Mabuchi H, Miyamoto Y, Miyamoto A, Shimizu A, Tanigawa N
Clinical cancer research : an official journal of the American Association for Cancer Research   12(21) 6415-6420   2006年11月   [査読有り]
Shimizu A, Nakanishi T, Miyazaki A
Mass spectrometry reviews   25(5) 686-712   2006年9月   [査読有り]
Nakanishi T, Takeuchi T, Ueda K, Murao H, Shimizu A
Journal of chromatography. B, Analytical technologies in the biomedical and life sciences   838(1) 15-20   2006年6月   [査読有り]
Miyazaki A, Nakanishi T, Shimizu A, Mizobuchi M, Yamada Y, Imai K
Hemoglobin   29(1) 1-10   2005年   [査読有り]
Iguchi K, Nakanishi T, Miyazaki A, Shimizu A, Ota A
Journal of chromatography. B, Analytical technologies in the biomedical and life sciences   806(1) 25-31   2004年6月   [査読有り]
Nakanishi T, Sato T, Sakoda S, Yoshioka M, Shimizu A
Biochimica et biophysica acta   1698(1) 45-53   2004年4月   [査読有り]
Sato T, Yamamoto Y, Nakanishi T, Fukada K, Sugai F, Zhou Z, Okuno T, Nagano S, Hirata S, Shimizu A, Sakoda S
Journal of the neurological sciences   218(1-2) 79-83   2004年3月   [査読有り]
Sass JO, Nakanishi T, Sato T, Shimizu A
Annals of clinical biochemistry   41(Pt 2) 157-159   2004年3月   [査読有り]
Miyazaki A, Nakanishi T, Shimizu A, Ninomiya K, Nishimura S, Imai K
Hemoglobin   27(4) 243-247   2003年11月   [査読有り]
Kondo F, Saito H, Hayashi R, Onda H, Kobayashi S, Matsumoto M, Suzuki M, Ito Y, Oka H, Nakanishi T, Shimizu A
The Analyst   128(11) 1360-1364   2003年11月   [査読有り]
Sass JO, Nakanishi T, Sato T, Sperl W, Shimizu A
Biochemical and biophysical research communications   310(1) 242-246   2003年10月   [査読有り]
Koyama R, Nakanishi T, Ikeda T, Shimizu A
Journal of chromatography. B, Analytical technologies in the biomedical and life sciences   792(1) 5-21   2003年7月   [査読有り]
[A variant hemoglobin found by dissociation of blood glucose from HbA1c on routine physical examination].
Ogawa K, Bando T, Ogawa M, Miyazaki A, Nakanishi T, Shimizu A
Rinsho byori. The Japanese journal of clinical pathology   51(6) 508-515   2003年6月   [査読有り]
Kishikawa M, Sass JO, Sakura N, Nakanishi T, Shimizu A, Yoshioka M
Biochimica et biophysica acta   1588(2) 135-138   2002年11月   [査読有り]
Nakanishi T, Miyazaki A, Shimizu A, Yamaguchi A, Nishimura S
Clinica chimica acta; international journal of clinical chemistry   323(1-2) 89-101   2002年9月   [査読有り]
Shimizu A, Nakanishi T, Kishikawa M, Miyazaki A
Journal of chromatography. B, Analytical technologies in the biomedical and life sciences   776(1) 15-30   2002年8月   [査読有り]
Nakanishi T, Koyama R, Ikeda T, Shimizu A
Journal of chromatography. B, Analytical technologies in the biomedical and life sciences   776(1) 89-100   2002年8月   [査読有り]

Misc

 
研究支援センターホームページ参照

競争的資金等の研究課題

 
膵臓癌特異ネオ抗原の同定と対応自己抗体スクリーニングの検査診断学的有用性の検証
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究C)
研究期間: 2019年4月 - 2021年3月    代表者: 中西 豊文
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2013年 - 2015年    代表者: 中西 豊文
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2010年 - 2013年    代表者: 中西豊文
トランスサイレチン(TTR)のアミロイド原性獲得機序として、システイン(Cys)遊離SH残基のS-亜硫酸化に着目し、Cys-S-スルホン酸にてin vitroアミロイド誘導化(37□、1週間、弱アルカリあるいは弱酸性条件下)させた溶液を超高精度LC-MS (maXis : Bruker Daltonics)にてTTR同族体の一斉分析を実施した結果、In vivoにて検出・同定した8種類の異常修飾TTRを見出した。1) 遊離SH基にシステイン、システイニルグリシン、グルタチオンが付加しジスル...
文部科学省: 科学研究費補助金(萌芽研究, 挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2008年 - 2009年    代表者: 清水章, 田窪孝行
・質量顕微鏡によるアミロイド組織片直接解析法の確立を目的に、市販アルツハイマー病患者脳組織切片スライドを解析試料とし、コンゴーレッドあるいは標識抗□アミロイド前駆蛋白抗体により染色・画像化した病変部位を直接質量顕微鏡にて連続マススペクトルを測定し、βアミロイド前駆蛋白、βアミロイドペプチド(アミノ酸残基1-39~43)などの分子プロフィルを明らかにした。同時に、共存タンパク質であるミエリン塩基性タンパク(MBP)とトランスサイレチンとの存在比を明らかにし、Aβペプチド蓄積部位にはMBPの発...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2007年 - 2008年    代表者: 中西豊文
造血器腫瘍(非ホジキンリンパ腫 : NHL25例、ホジキンリンパ腫 : HL4例、白血病 : 10例など)及び非腫瘍性造血器疾患(骨髄異型性症候群など)、計101例並びに対照疾患(自己免疫疾患13例など)、健常者8例を用いて造血器腫瘍特異自己抗体及びその対応抗原を検索した結果、NHL患者血清中にRaji細胞(Bリンパ球系腫瘍細胞)発現タンパク質と特異結合する数本の陽性バンドを高頻度に見出した。その一つ70kDa付近(=L-Plastin)のバンドについては、NHLでは21/25例、一方HL...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2005年 - 2006年    代表者: 中西豊文
2001年、Hanash教授らのグループは、初めてプロテオーム手法を用い、肺癌患者血清中に存在する自己抗体を標的に肺癌マーカー候補の検索した結果、肺Adennocarcinoma患者血清中に37〜40%の頻度でAnnexin-I&IIに対する自己抗体の存在を明らかにした。この報告を契機に本手法を用いて癌(腫瘍)マーカー候補が数多く発見・同定された。癌(腫瘍)抗原に対する自己抗体の検出は、癌組織片を用いた遺伝子解析法と比較して、検体(血清)の入手が容易であり、測定手法も比較的簡便であり、同定...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2004年 - 2005年    代表者: 清水章
我々は、トランスサイレチン(TTR)のN末端から10番目のシステイン(Cys)に亜硫酸が結合した構造、および、このCysがグリシンに変化した構造を見出した。この反応を調べるため、市販の精製TTR及びTTRのシステイン周辺のアミノ酸配列に相当するペプチドSKCPLMVKを弱アルカリ性でインキュベートし、LC/ESI-MSで分析した。その結果、TTR中のCysがSS結合を形成した後、β脱離によって、グリシン、デヒドロアラニン、亜硫酸Cysなどに変化すると考えられる成分を認めた。LC/ESI-M...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2002年 - 2003年    代表者: 清水章
蛮白質の修飾構造を質量分析によって調べ、病態の解明、病気診断に応用することを目的に研究を進めた。1)トランスサイレチン(TTR)を材料とし、質量数80Da非修飾(Native)TTRより大きい成分(+80TTR)を見出し、先天性に亜硫酸を硫酸に酸化できない疾患、サルファイトオキシダーゼ欠損症およびモリブデン補因子欠損症では+80TTRが大部分を占めることを見出した。ペプチドの分析により、TTR10番目のシステインに亜硫酸が結合しているごとを明らかにした。また、TTRより46Da小さい成分を...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2002年 - 2003年    代表者: 中西豊文
目的糖尿病性網膜症患者の硝子体可溶化画分中に発現した蛋白質を網羅的に解析し、網膜の血管新生を制御する因子を同定することを目的に、1)硝子体可溶化画分中の発現蛋白のカタログ作成→データベース化2)網膜の血管新生制御に関与する蛋白を同定する3)発現蛋白の質的・量的変化を明らかにする(対象疾患:網膜血管の異常新生が認められない黄斑円孔)→多数症例の定量的解析→新たな血管新生制御に関与する因子を見出す結果電気泳動(1次元/2次元)/質量分析法/データベース検索により、糖尿病性網膜症患者の硝子体より...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 1999年 - 2001年    代表者: 中西豊文
活性酸素種に代わる細胞内酸化的ストレスの指標としてスーパーオキサイドジスムターゼ(SOD-1)のアポ型(銅非結合型)とホロ型(銅結合型)の比率を超高感度ナノスプレーイオン化質量分析(NanoESMS)法にて明らかにし、関連疾患の診断・病態解明への手がかりを掴むため、昨年度に引続き中性pH条件下でのアポ型/ホロ型比を測定し得るNanoESMS法の分析条件を検討した。1)市販SOD-1標準品を用いて種々の条件(溶媒pH、有機溶媒濃度、スプレー温度)を変更し、in vivoでの存在形の2量体検出...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 1997年 - 2000年    代表者: 清水章
HbA1cは糖尿病の重要な指標である。この研究では、HbA1c値の精度をあげ、施設間、方法間差を最小にするために、標準法の確立を目指し、成果を得た。質量分析によって、酵素(Glu-C)消化により生じたβ鎖N末へキサペプチドを、エレクトロスプレー質量分析(ESI-MS)を用いて測定した。標準物質として、合成ペプチドを用い、また1、2価イオンの加重和の比を用い、普遍性の高い方法を確立した。一方、申請者らは質量分析を用い異常Hbの構造決定を行ってきた。その中には、HbA1c値が血糖値などに比し、...
文部科学省: 科学研究費補助金(萌芽的研究)
研究期間: 1996年 - 1998年    代表者: 中西豊文
異常ヘモグロビン症、家族性筋萎縮性側索硬化症、家族性アミロイドポリニューロパチーなどの疾患は体液中に存在する疾患関連蛋白質(ヘモグロビン:Hb、銅/亜鉛スーパーオキサイドジスムターゼ、トランスサイレチン:TTR)の構造異常が起因する。それら構造変異蛋白を検出し同定することにより確定診断できる。昨年に引き続き、自家製ナノスプレーチップを連結させたエレクトロスプレーイオン化質量分析法を用い、更に固定化酵素を用いた微量サンプルでしかも迅速に検出・同定し得る分析システムを確立し、学内外よりの依頼分...

特許

 
特願2012-198042 : 毛髪中に含まれる生理活性物質の解析方法
中西 豊文
藤田 能久, 中西 豊文, 谷川 允彦, 馬渕 秀明, 清水 章