八賀 正司

J-GLOBALへ         更新日: 19/01/12 15:31
 
アバター
研究者氏名
八賀 正司
 
ハチガ タダシ

研究分野

 
 

論文

 
Yoshioka, Kyoden, Hachiga
Journal of Applied Physics   122(225109) 1-10   2017年12月   [査読有り]
S. Akiguchi, H. Ishida, Y. Takada, T. Teranishi, T. Andoh, and T. Hachiga
IEEJ Transactions on Electrical and Electronic Engineering   11 451-456   2016年   [査読有り]
Kyoden, Abe, Ishida, Akiguchi, Andoh, Takada, Teranishi, Hachiga
Optics Communications   353 122-132   2015年5月   [査読有り]
H. Ishida, T. Andoh, S. Akiguchi, T. Kyoden, and T Hachiga
Applied Physics Letters   106(17)    2015年4月   [査読有り]
T. Kyoden, Y. Yasue, H. Ishida, S. Akiguchi, T. Andoh, Y. Takada, T. Teranishi, and T. Hachiga
Jpn. J. Appl. Phys.   54(1) 1-12501   2015年1月   [査読有り]
Ishida, Y Yasue, T Hachiga, T Andoh, S Akiguchi, Y Kuraishi, T Shimizu
Optical Review,   21(4) 461-467   2014年7月   [査読有り]
皮膚癌の早期血流画像診断と治療―近赤外レーザドップラー流速分布測定装置の臨床への応用
八賀正司, 寺西恒宣, 石田弘樹, 秋口俊輔, 安東嗣修, 高田洋吾
Optical Alliance   25(6) 48-52   2014年6月   [招待有り]
Akiguchi S., Ishida H., Andoh T., Shimizu T., Kuraishi T., Yasuda Y., Hachiga T.
IEEJ Transactions on Electrical and Electronic Engineering   8(6) 652-653   2013年11月   [査読有り]

書籍等出版物

 
A Flow Structure at Reattachment Region of a two dimensional Backward-Facing Step by Using Advanced Multi-Point LDV(共著)
Laser Techniques Applied to Fluid Mechanic, Springer-Verlag   2000年   

講演・口頭発表等

 
末梢部における微細血管と血流速の同時検出
谷口大騎,寺西恒宣,経田僚昭,秋口俊輔,田尻智紀,百生登,八賀正司,安東嗣修
2018年度日本伝熱学会北陸信越支部 春季セミナー(富山大学工学部)   2018年5月12日   
Large-scale LDVにおける計測視野の広さ評価方法
藤井海雄,野口亮,経田僚昭,秋口俊輔,田尻智紀,寺西恒宣,百生登,八賀正司,古市紀之 
2018年度日本伝熱学会北陸信越支部 春季セミナー   2018年5月12日   

競争的資金等の研究課題

 
臨床工学士を養成する生体情報計測の体験型実習装置の開発と教育実践
日本学術振興会 : 基盤研究(C)
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月    代表者: 八賀 正司
高レイノルズ数条件における高精度流量計測の為の複線式多点同時計測LDVの開発
日本学術振興会: 挑戦的萌芽
研究期間: 2015年4月 - 2017年3月    代表者: 古市紀之
動脈硬化を診断・予知するための近赤外レーザ血管血流画像情報計測技術の臨床応用
日本学術振興会: 科研費 基盤C
研究期間: 2014年4月 - 2017年3月    代表者: 八賀 正司
発癌による新生血管ネットワーク形成に関する3次元血管血流情報解析とその制御
日本学術振興会: 基盤研究(C)
研究期間: 2014年4月 - 2017年3月    代表者: 石田弘樹
皮膚組織の細血管内速度と血流量の3D画像計測によるメラノーマとホクロの識別判断
科学技術振興機構(JST): シーズ発掘試験
研究期間: 2011年12月 - 2012年7月    代表者: 八賀 正司
皮膚癌と黒子とを識別するマルチレー ザードップラー式血管血流三次元画像計測装置の癌治療実用化検証
JST: 知財活用促進ハイウェイ」大学特許価値向上支援
研究期間: 2012年       代表者: 八賀 正司
レーザを応用した生体内血管血流情報計測による新規癌診断装置と癌治療装置の開発
日本学術振興会: 科研費(新学術領域)
研究期間: 2008年4月 - 2011年3月    代表者: 八賀 正司
皮膚組織細血管の三次元画像計測によるメラノーマとホクロ及び火傷の深度の判定
日本学術振興会: 科研費(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2011年4月 - 2013年3月    代表者: 八賀 正司
超音波を付与したナノ強化材分散融液の凝固による機能性複合材料の開発
日本学術振興会: 基盤研究(C)
研究期間: 2007年4月 - 2010年3月    代表者: 義岡 秀晃
マイクロマルチLDV法を応用した動脈血流情報による動脈硬化検査装置の開発
JST: JSTシーズ発掘試験
研究期間: 2009年       代表者: 八賀 正司
血管内の血流速分布の時間変動多点同時測定装置の開発
JST: JST実用化検討(FS)
研究期間: 2007年       代表者: 八賀 正司
マイクロスケール非定常流の速度分布及び時間変動の高精度計測法の開発
JST: JSTシーズ発掘試験
研究期間: 2006年       代表者: 八賀 正司
改良した多点LDV法と光散乱法による2方向瞬時流速分布同時測定法の開発
日本学術振興会: 科研費 基盤C
研究期間: 2000年4月 - 2003年3月    代表者: 八賀 正司
改良した熱電対応答補償回路を非定常場に用いた温度測定系の開発に関する研究
日本学術振興会: 科研費 奨励研究(A)
研究期間: 1980年 - 1980年    代表者: 八賀 正司
多点同時計測LDV法とレーザ干渉法を用いるマイクロチャンネル熱流体計測法の開発と実用計測

特許

 
特許5234470(2012) : レーザドップラー血流測定方法及び装置
八賀正司、石田弘樹、安東嗣修、秋口俊輔、倉石泰、白川博樹
特許(米国) US 29,031,640 B2 (2015). : レーザドップラー血流測定方法及び装置
八賀正司、石田弘樹、安東嗣修、秋口俊輔、倉石泰、白川博樹
特許第6191000号 : レーザドップラー流速測定方法及び装置(2017)
八賀正司、寺西恒宣、石田弘樹、安東嗣修、秋口俊輔、高田洋吾