由井薗 隆也

J-GLOBALへ         更新日: 19/10/04 02:50
 
アバター
研究者氏名
由井薗 隆也
 
ユイゾノ タカヤ
所属
北陸先端科学技術大学院大学
部署
知識科学系・ヒューマンライフデザイン領域
職名
准教授
学位
博士(工学)(鹿児島大学)

研究分野

 
 

受賞

 
2018年9月
日本創造学会 日本創造学会論文賞
 
2016年11月
Organization of KICSS'2016 Best Paper Award of KICSS'2016
 
2016年11月
日本創造学会 日本創造学会論文賞【奨励賞】
 
2015年
日本創造学会 日本創造学会2013-2014年出版著作賞
 
2016年3月
知識共創フォーラム委員会 第6回知識共創フォーラム 萌芽研究賞
 

論文

 
Ting Liu, Takaya Yuizono, Yifen Lu, Zhisheng Wang
IOP Conference Series: Materials Science and Engineering   573    2019年8月
© Published under licence by IOP Publishing Ltd. With the development of internet technology, communication technology and artificial intelligence (AI), the versatile and convenient human-machine dialogue and interaction system has gradually penet...
Xinbo Zhao, Takaya Yuizono, Jun Munemori
IEEJ Transactions on Electronics, Information and Systems   138 1269-1277   2018年1月
© 2018 The Institute of Electrical Engineers of Japan. In recent years, presentation with computer is important as a social skill to transfer knowledge and information, but presentation practice is depending on the know-how, such as instructor’s e...
Hironori Egi, Takaya Yuizono, Nelson Baloian
Lecture Notes in Computer Science (including subseries Lecture Notes in Artificial Intelligence and Lecture Notes in Bioinformatics)   11000 LNCS    2018年1月

Misc

 
由井薗 隆也, 宗森 純
電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   116(23) 61-66   2016年5月
由井薗 隆也, 宗森 純
電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   115(237) 61-68   2015年10月
趙 新博, 由井薗 隆也, 宗森 純
研究報告グループウェアとネットワークサービス(GN)   2015(6) 1-6   2015年3月
プレゼンテーション能力は社会スキルとして重要であり,その表現はシナリオ表現,スライド表現,身体表現,音声表現,質疑表現にまとめられる.その中,実演に必要な身体表現や音声表現の理解を支援するプレゼンテーション支援システムの開発を行った.そのシステムは身体表現の検出・記録機能,音声表現の検出・記録機能,スライド操作の記録機能とから成り立つ.本報告では,その開発について述べるとともに,開発システムの評価計画や試用について考察する.Presentation skill becomes import...
由井薗 隆也, 宗森 純
研究報告グループウェアとネットワークサービス(GN)   2014(51) 1-6   2014年3月
発想支援グループウェアを用いて行う分散協調型 KJ 法におけるグループ知を評価する方法について検討した.分散協調型 KJ 法はアイデアを出す意見入力段階,アイデアをグループ化する島作成段階,そして,それ以前の結果をもとに結論である文章を書く文章化段階の三段階からなる.創造的な問題解決会議プロセスでは発散的思考と収束的思考のバランスが大事と言われている.そこで,発散的思考の結果として出された意見が収束的思考の結果である文章に反映するプロセスがよい会議につながると仮定し,それを計量するための指...
由井薗 隆也, 宗森 純
情報処理学会論文誌   53(11) 2635-2648   2012年11月
近年,Webでは集合知と呼ばれる多くの人々を活用した知性が注目されている.集合知を実現するための条件をSurowieckiは多様性,独立性,分散性,集約性の4つにまとめている.今回,複数グループによる分散協調型KJ法で出された意見を用いることによって,集合知を指向した会議を検討した.第1段階目は,十数人の人々が独立したグループに分かれて分散協調型KJ法を行う.第2段階目は,それら結果を集約または集合させて分散協調型KJ法を行う.実験結果より,(1)集約性の高い会議技法においてまとめ文章の結...

書籍等出版物

 
Collaboration Technologies and Social Computing, Proceedings of 10th International Conference, CollabTech 2018, LNCS 11000
Egi, H., Yuizono, T., et. al (Eds.) (担当:編者)
Springer   2018年   
International Conference on Knowledge Information and Creativity Support Systems (2015 : Phuket Thailand), Theeramunkong Thanaruk, Skulimowski Andrzej M. J., 由井薗 隆也, 國藤 進
Springer International Publishing   2018年   ISBN:9783319700182
Collaboration Technologies and Social Computing, Proceedings of 9th International Conference, CollabTech 2017, LNCS 10397
Yoshino, T., Yuizono, T., Zurita, G., Vassileva, J. (Eds.) (担当:編者)
Springer   2017年8月   
Collaboration Technologies and Social Computing: 8th International Conference, CollabTech 2016, Kanazawa, Japan, September 14-16, 2016, Proceedings (Communications in Computer and Information Science)
Takashi Yoshino, Gwo-Dong Chen, Gustavo Zurita, Takaya Yuizono, Tomoo Inoue, Nelson Baloian (担当:編者)
Springer   2016年   
Collaboration and Technology, Proceedings of 22nd International Conference, CRIWG 2016, LNCS 9848
Takaya Yuizono, et al.(Eds.) (担当:編者)
Springer   2016年   

講演・口頭発表等

 
創造性を育成する外国語教育カリキュラムの提案
LIU TING, 由井薗隆也
日本創造学会第40回研究大会   2018年9月   
テレワーク環境におけるアンビエントセンサを用いた作業者の状態推定に関する実験
磯和之, 由井薗隆也
情報処理学会 第104回グループウェアとネットワークサービス研究発表会   2018年3月   
発想支援グループウェアに対立型アイデア出し規則が及ぼす影響
高金, 由井薗隆也
情報処理学会 第104回グループウェアとネットワークサービス研究発表会   2018年3月   
アイデア連想のつながりを明示化するブレインライティング支援システムの提案
梅村 雄貴, 由井薗隆也
情報処理学会第80回全国大会   2018年3月   
テレビ会議を活性化するための顔映像の演出機能の提案
山田 涼介, 由井薗隆也
情報処理学会第80回全国大会   2018年3月   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
知識創造支援グループウェアに関する研究
研究期間: 1996年   
分散システムの開発環境に関する研究
研究期間: 2002年   

社会貢献活動

 
22nd International Conference on Collaboration and Technology
【その他】  School of Knowledge Science, Associate Professor, Takaya Yuizono  (Kanazawa, CollabTech2016と合同開催)  2016年9月14日 - 2016年9月16日
The Eighth International Conference on Collaboration Technologies
【】  School of Knowledge Science, Associate Professor, Takaya Yuizono  (Kanazawa, CRIWG2016と合同開催)  2016年9月14日 - 2016年9月16日