共同研究・競争的資金等の研究課題

2003年 - 2003年

細胞間情報伝達システムの解明による歯周組織再生

文部科学省  科学研究費補助金(基盤研究(C))
  • 川浪 雅光
  • ,
  • 山田 了
  • ,
  • 鈴木 邦明
  • ,
  • 田村 正人
  • ,
  • 山本 松男
  • ,
  • 吉江 弘正

課題番号
15639019
担当区分
連携研究者
配分額
(総額)
3,500,000円
(直接経費)
3,500,000円
(間接経費)
0円
資金種別
競争的資金

歯周組織再生には、再生にかかわる細胞同士の情報伝達システム全体を解析し、そのシステムを律速するプロセス全体を活性化することが必要となる。最近の遺伝子やタンパクの解析技術の発展により、情報伝達蛋白質の解明が技術的にも容易になってきている。本研究は、現時点におけるわが国の内外の歯周組織再生にかかわる細胞の情報伝達システムに関しての研究の動向を調査し、研究計画申請のための基礎資料を収集することであった。そこで、研究分担者を以下の専門領域にわけて、それぞれが、歯周組織再生にかかわる細胞や細胞間伝達物質について以下の分担テーマ毎に現時点における最新の内外の研究報告について調査研究した。1、歯周組織再生における歯肉・歯根膜・歯槽骨由来細胞の果たす役割(川浪)2、歯肉粘膜結合組織由来細胞と細胞間伝達物質(1)庄司:上皮と結合組織間の情報伝達(2)田村:免疫担当細胞、血管内皮細胞の情報伝達3、歯根膜由来細胞と細胞間伝達物質(1)鈴木:イオン輸送ポンプによる情報伝達(2)山田:骨形成蛋白による情報伝達(3)吉江:PRP(血小板多血漿)による情報伝達(4)池澤:線維芽細胞増殖因子による情報伝達(5)野口:セメント芽細胞における情報伝達(6)西村:走化性因子による情報伝達4、歯槽骨由来細胞と細胞間伝達物質(1)小林:成長因子による情報伝達(2)向後:MIFによる情報伝達(3)菅谷:骨髄幹細胞の情報...

リンク情報
URL
http://kaken.nii.ac.jp/d/p/15639019.ja.html