共同研究・競争的資金等の研究課題

1996年 - 1997年

骨形成タンパク質(BMP)レセプターと細胞内シグナル伝達

文部科学省  科学研究費補助金(基盤研究(B))
  • 大井田 新一郎
  • ,
  • 田村 正人

課題番号
08457488
担当区分
連携研究者
配分額
(総額)
7,500,000円
(直接経費)
7,500,000円
(間接経費)
0円
資金種別
競争的資金

骨形成タンパク質(BMP)はTGF-βスーパーファミリーに属するタンパク質で、骨芽細胞の分化に強く関与していることが示唆されている。本研究ではBMPレセプターをクローニングすると共に、それらのレセプターを持っている、骨芽細胞様株細胞を用い、細胞内シグナル伝達の機構解析を行った。実験に用いたBMPは主にBMP-7(OP-1)で細胞はMC3T3-E1およびST-2細胞で方法としはDifferential Display法を用いBMPによって発現する遺伝子の解析をおこなった。主な結果は以下のごとくである。1) BMP-7でアルカリホスファターゼ活性が増加した。2) アルカリホスファターゼの活性上昇に続いてオステオカルシン遺伝子の発現を確認した。3) Differential Display法でBMP-7で16時間後に誘導される77個の遺伝子を単離した。4) 単離した遺伝子の多くは既知のものであった。5) BMPにより誘導される遺伝子、発現が抑制される遺伝子についてさらに詳細に検討した。これらの他に、TGF-βスーパーファミリーの細胞内シグナル伝達に関与しているsmad遺伝子の発現についても検討した。

リンク情報
URL
http://kaken.nii.ac.jp/d/p/08457488.ja.html