新道 幸惠

J-GLOBALへ         更新日: 11/03/11 00:00
 
アバター
研究者氏名
新道 幸惠
 
シンドウ サチエ
所属
日本赤十字広島看護大学
部署
看護学部
職名
学長,教授,学長
学位
看護学修士(聖路加看護大学), 医学博士(東邦大学)

研究分野

 
 

委員歴

 
2000年
   
 
日本ヒューマンケア心理学会  理事
 
2003年
 - 
2006年
日本看護管理学会  評議員
 
2010年
 - 
2011年
日本看護科学学会  社会貢献委員会委員
 
2010年
 - 
2013年
日本看護診断学会  評議員
 
2008年
 - 
2010年
日本災害看護学会  副理事長
 

Misc

 
母性意識・行動等の乳幼児における小児の発育発達との関連性
東邦医学会誌   38(4) 487-520   1991年
出産後における女性の心の健康とその関連要因
日本看護科学会誌   19(2) 42-50   1999年
防災と看護 病院の看護部門における危機管理
看護研究   32(3) 33-42   1999年
助産婦のメンタルヘルスケア能力育成を目的とした卒後教育プログラムの開発とその評価に関する研究
母性衛生   43(2), 372-380    2002年
看護管理者に求められる能力とその技術-採用・配置・評価に焦点を当てて
インターナショナルナーシングレヴュー   24(1) 14-17

書籍等出版物

 
母性の心理社会的側面とケア
医学書院   1990年   
母性保健をめぐる指導・教育・相談(その1)(共著)
ライフ・サイエンス・センター   1998年   
母性保健をめぐる指導・教育・相談(その2)(共著)
ライフ・サイエンス・センター   1998年   
看護サービス管理(共著)
医学書院   1998年   
看護診断ハンドブック第4版(監訳)
医学書院   2000年   

Works

 
災害時における公衆衛生活動に関する研究
1995年
看護実践を記述する用語の構造の解析および用語大系の構築に関する基礎的研究
1998年 - 1999年
妊産婦および乳幼児のメンタルへルスシステム作りに関する研究
1998年 - 2000年
災害時における看護支援ネットワークの構築に関する研究
2000年 - 2002年
妊娠分娩産褥期に体験する女性のマイナートラブルへの看護援助モデルの構築
2000年 - 2003年

競争的資金等の研究課題

 
学士課程の看護学統合カリキュラムにおける助産師教育プログラム開発のための準備調査
科学研究費補助金
研究期間: 2005年 - 2005年
若年妊婦の親役割形成へのドゥーラによる支援システム開発に関する研究
科学研究費補助金
研究期間: 2005年 - 2007年
看護師長による看護師のエンパワメント力育成の検討
科学研究費補助金
研究期間: 2010年 - 2012年
看護師長のスタッフマネジメントにおけるケアリングとスタッフの関係
共同研究
研究期間: 2010年 - 2011年