木村 忠正

J-GLOBALへ         更新日: 15/04/20 23:41
 
アバター
つながるコンテンツへ
研究者氏名
木村 忠正
 
キムラ タダマサ
URL
http://www.ne.jp/asahi/kiitos/tdms/hp.j.html
所属
立教大学
部署
社会学部 メディア社会学科
職名
教授

研究分野

 

経歴

 
2015年4月
 - 
現在
立教大学 社会学部 メディア社会学科 教授
 
2012年4月
 - 
2015年3月
東京大学大学院総合文化研究科 教授
 
2012年9月
 - 
2013年2月
Yale University Visiting Scholar
 
2007年
 - 
2012年
- 東京大学大学院総合文化研究科 准教授
 
2006年
 - 
2007年
 東京大学大学院総合文化研究科 助教授
 
2004年
 - 
2006年
 早稲田大学理工学術院 教授
 
2001年
 - 
2003年
 早稲田大学理工学部 助教授
 
1998年
 - 
2001年
東京都立科学技術大学 助教授
 
1997年
 - 
1998年
国際大学グローバルコミュニケーションセンター 専任講師
 
1995年
 - 
1997年
国際大学グローバルコミュニケーションセンター 助手
 
1994年
 - 
1995年
日本学術振興会 特別研究員
 

学歴

 
1987年
 - 
1995年
東京大学 総合文化研究科 文化人類学
 
1990年
 - 
1994年
ニューヨーク州立大学バッファロー校大学院 人類学 文化人類学
 
1983年
 - 
1987年
東京大学 教養学部 文化人類学
 

委員歴

 
1996年
 - 
1999年
日本文化人類学会  情報化委員
 
2004年
   
 
早稲田大学文化人類学会  理事
 
2002年
   
 
日本社会情報学会  理事、企画委員会委員長、学術委員会委員、編集専門委員会
 

受賞

 
2001年
日本社会情報学会優秀文献賞
 
2002年
電気通信普及財団・第17回テレコム社会科学賞・入賞
 
2009年
日本社会情報学会優秀論文賞
 

Misc

 
藤原 正弘, 木村 忠正
日本社会情報学会学会誌   20(2) 43-55   2009年3月
インターネットなど情報ネットワークの社会的普及と日常生活への浸透に伴い,ネットワーク利用と一般的信頼感との関係について,広く関心が寄せられ,これまで研究が行われてきた。しかし,これまでの研究では,一般的信頼感とネットワーク利用行動との明確な関係性が見出されているとは言い難い。そこで本研究では,山岸(1998)の一般的信頼に関する議論が,信頼と安心を対立的にとらえているのに対して,Hofstede(1980,1991)の不確実性回避傾向指数(UAI,Uncertainty Avoidance...
橋元 良明, 石井 健一, 木村 忠正, 金 相美, 小笠原 盛浩, 金 仁培
東京大学大学院情報学環情報学研究. 調査研究編   25 73-122   2009年3月

書籍等出版物

 
上村 圭介, 原田 泉, 木村 忠正, 庄司 昌彦, 陳 潔華, 土屋 大洋, 山内 康英 (担当:共著)
NTT出版   2007年2月   ISBN:4757102046
木村 忠正
岩波書店   2004年3月   ISBN:4000017993
ネットワーク・リアリティ~ポスト高度消費社会を読み解く~
岩波書店   2004年   
「デジタルデバイド」
『情報社会を理解するためのキーワード』第1巻(国領二郎・奥野正寛他編、培風館)   2003年   
「価値システム」
『情報社会を理解するためのキーワード』第1巻(国領二郎・奥野正寛他編、培風館)   2003年   

競争的資金等の研究課題

 
情報コミュニケーションメディアの社会文化的影響に関する研究
その他の研究制度
文化的知識の文化的認知モデル理論による定式化
その他の研究制度
産業社会の歴史的展開における情報社会の位相
その他の研究制度
ネット社会の展開と社会的信頼性の関係に関する日韓比較研究
科学研究費補助金
研究期間: 2005年 - 2007年
エスノグラフィーにもとづく情報行動研究
その他の研究制度
研究期間: 2007年 - 2008年