桐戸 敬太

J-GLOBALへ         更新日: 06/02/20 00:00
 
アバター
研究者氏名
桐戸 敬太
 
キリト ケイタ
所属
山梨大学
部署
医学部 附属病院 山梨大学 医学部 附属病院
職名
助教授・准教授
学位
医学博士

研究分野

 
 

学歴

 
 
 - 
1998年
自治医科大学医学部大学院  
 

受賞

 
1997年
自治医科大学大学院研究奨励賞
 
2000年
自治医科大学若手研究者奨励賞
 
2005年
日本白血病研究基金 一般研究賞
 

Misc

 
桐戸 敬太
J Biol Chem   272(26) 16507-16513   1997年
桐戸 敬太,小松 則夫
臨床血液   43(4) 278-281   2002年
Furukawa Y,Vu HA,Akutsu M,Odgerel T,Izumi T,Tsunoda S,Matsuo Y,Kirito K,Sato Y,Mano H,Kano Y.
Leukemia      2007年
Long-term results of dose-intensive chemotherapy with G-CSF support (TCC-NHL-91) for advanced intermediate-grade non-Hodgkin's lymphoma: a review of 59 consecutive cases treated at a single institute
Akutsu M,Tsunoda S,Izumi T,Tanaka M,Katano S,Inoue K,Igarashi S,Hirabayashi K,Furukawa Y,Ohmine K,Sato K,Kobayashi H,Ozawa K,Kirito K,Nagashima T,Teramukai S,Fukushima M,Kano Y.
Oncol Res   17(3) 137-149   2008年
桐戸敬太
臨床血液   50(3) 134-146   2009年

講演・口頭発表等

 
造血幹細胞の増殖と分化 造血発生におけるシグナル伝達
臨床血液   2001年   
トロンボポエチンによるHIF-1αの安定化にはミトコンドリア由来活性酸素が関与する
臨床血液   2006年   
HIF-1をターゲットとした多発性骨髄腫の新たな分子標的治療の可能性
2007年   
HIF-1をターゲットとした多発性骨髄腫の新たな分子標的治療の可能性
第32回日本骨髄腫研究会   2007年   
TPO supports the survival of megakaryocytic cells through Jak-Stat and PI3K-AKT dependent Bcl-xL expression
Blood   2002年   

競争的資金等の研究課題

 
腫瘍細胞の環境応答をターゲットとしたがん治療戦略の確立