岩見 和彦

J-GLOBALへ         更新日: 18/02/14 14:34
 
アバター
研究者氏名
岩見 和彦
 
イワミ カズヒコ

研究分野

 
 

経歴

 
 
   
 
関西大学 社会学部 社会学科 社会学専攻 教授
 

学歴

 
 
 - 
1976年
京都大学 教育学研究科 教育方法学
 
 
 - 
1969年
滋賀大学 経済学部 経済学
 

Misc

 
準拠枠としての学校文化-消費社会との共謀
岩見 和彦
季刊子ども学ベネッセ   16号 50-57    1997年7月
大人社会は指示待ち人間を望んでいる?
岩見 和彦
児童心理金子書房   681号 29-35    1997年8月
職業生活と人間形成
岩見 和彦
『変革革期の人間形成』アカデミア出版会   161-182    1978年4月
被差別部落の職業と教育-天理市御経野地区労働実態調査から
岩見 和彦
天理大学同和問題研究室紀要   創刊号 46-76    1980年3月
実業教育論-初等・中等レベルを中心に
岩見 和彦
『帝国議会と教育政策』思文閣出版   251-287    1981年6月

書籍等出版物

 
青春の変貌-青年社会学のまなざし
関西大学出版部   1993年   
若者と酒-飲酒からみた現代若者像(監修・共著)
サントリー不易流行研究所   1994年   
基礎社会学[増補版2版](共編著)
福村出版   1998年   
文化の意味 F.A.ハンソン(第3章担当)
法律文化社   1980年   
後期青年期
『最新教育キーワード』時事通信社   2005年   

講演・口頭発表等

 
「生徒化」過程の現実と矛盾
日本教育社会学会第34回大会:課題研究[学校文化と生徒文化の葛藤]   1982年   
都市空間と子どもの社会化
日本教育社会学会第40回大会:課題研究[都市空間と子ども(その2)]   1988年   
現代の家族変動と家庭生活の未来
1989年   
学校化と脱生徒化
第34回関西社会学会:重点部会[現代社会と青少年問題]   1991年   
原村「ペンション村」の調査概要
1994年   

Works

 
「子ども」「過保護」「ゲームセンター」「生徒化」
1999年
「社会学からみた青年」「携帯ステレオ」「アルコール」『青年心理学事典』福村出版
2000年
わたし白書
2001年
青少年教育を考える
2002年
社会的地位 世帯 教育投資論 シュルツ
1976年

競争的資金等の研究課題

 
文化変容と青少年の社会化に関する研究