横山 奈緒枝

J-GLOBALへ         更新日: 18/08/21 14:31
 
アバター
研究者氏名
横山 奈緒枝
 
ヨコヤマ ナオエ
所属
九州保健福祉大学大学院
部署
連合大学院社会福祉学研究科
職名
非常勤講師
学位
修士(社会福祉学)(北星学園大学修士課程), 博士(文化科学)(岡山大学博士課程)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
2018年4月
 - 
現在
九州保健福祉大学大学院(通信制) 連合大学院社会福祉学研究科 非常勤講師
 
2011年4月
 - 
2018年3月
九州保健福祉大学大学院(通信制) 連合大学院社会福祉学研究科 教授
 
2009年4月
 - 
2018年3月
吉備国際大学大学院・吉備国際大学 保健医療福祉学部社会福祉学科(2010年3月までは社会福祉学部) 教授
 
2013年4月
 - 
2017年3月
吉備国際大学 保健医療福祉学部社会福祉学科 学科長
 
2003年4月
 - 
2009年3月
吉備国際大学 社会福祉学部社会福祉学科 准教授(2007年まで名称は助教授)
 

学歴

 
 
 - 
2008年3月
岡山大学大学院博士課程 文化科学研究科 人間社会文化学専攻 修了
 
 
 - 
2000年9月
日本社会福祉士会成年後見センター 成年後見人養成第2期研修 修了 
 
 
 - 
1995年3月
北星学園大学大学院 社会福祉学研究科 社会福祉学専攻 修了
 
 
 - 
1984年3月
北星学園大学(養護学校教諭1級普通免許、中学校教諭「社会」1級普通免許、高等学校教諭「社会」2級普通免許) 文学部 社会福祉学科 卒業
 

委員歴

 
2017年8月
 - 
現在
資格:宗教文化士(宗教文化教育推進センター)
 
2017年7月
 - 
2018年3月
NPO法人岡山高齢者・障害者支援ネットワーク  アドバイザー
 
2011年4月
 - 
2018年3月
連合大学院最新社会福祉学紀要  査読委員
 
1989年7月
 - 
現在
資格:社会福祉士・手話通訳士(国家資格)
 
2017年11月
 - 
2018年3月
高梁市社会福祉士会  副会長
 

受賞

 
2016年8月
学校法人順正学園平成27年度学生授業評価アンケート 【学長表彰】
 
2011年4月
学校法人順正学園吉備国際大学平成22年度実績評価 【最優秀賞】
 
2011年3月
第7回高梁学園学術コンファレンス 【高梁キャンパス賞】
 

論文

 
相談援助演習における個別性尊重の教育実践の意義と課題 -役割設定によるグループリアリティを活かした試み-
横山 奈緒枝
吉備国際大学研究紀要(人文・社会科学系)   (第28号) 131-142   2018年3月
社会福祉士養成における葬送文化導入に関する一考察-多死社会の到来と弔いの変容における課題-
横山 奈緒枝
吉備国際大学研究紀要(人文・社会科学系)   増刊号 55-64   2017年9月
介護福祉教育と介護研修における「家政教育・研修ニーズ」に関する研究
福田明、栗栖照雄、渡邊一平、横山奈緒枝
最新社会福祉学研究   (第12号) 11-23   2017年3月   [査読有り]
社会福祉士養成における後見支援実践力の育成課題
横山奈緒枝、佐藤伸隆
吉備国際大学研究紀要(人文・社会科学系)   (第27号) 165-176   2017年3月
社会福祉専門職養成における対話教育の可能性-省察とゆらぎに関する一考察-
横山 奈緒枝
吉備国際大学研究紀要(人文・社会科学系)   (第26号) 109-120   2016年3月
地域包括ケアシステムの構築に向けた連携機能に関する研究~連携実践対応力評価尺度の開発に向けた構成要素の抽出~
川﨑順子、日田剛、渡邊一平、横山奈緒枝
最新社会福祉学研究   (第10号) 71-79   2015年3月   [査読有り]
独居高齢女性の他者とのつながりに関する質的考察-近隣と友人との相違に着目して-
岩永 耕、横山奈緒枝
最新社会福祉学研究   (第10号) 33-47   2015年3月   [査読有り]
独居高齢者の課題発生プロセスにおける一考察
岩永 耕、横山奈緒枝
臨床福祉ジャーナル   第11巻 22-29   2014年10月   [査読有り]
身体拘束廃止に向けた介護保険施設の現状と取り組み
福崎径子、栗栖照雄、渡邊一平、横山奈緒枝
最新社会福祉学研究   (第9号) 43-54   2014年3月   [査読有り]
高齢者に対する国内ソーシャルサポート研究に関する考察
岩永 耕 横山奈緒枝
最新社会福祉学研究   (第9号) 69-84   2014年3月   [査読有り]

書籍等出版物

 
ソーシャルワーク実践と生活モデル(上下刊)
ふくろう出版   2008年7月   
高齢者福祉論
ミネルヴァ書房   2008年3月   
ノーマルな社会を築くために-障害者福祉を考える-
中央法規出版   2000年   

講演・口頭発表等

 
生活支援員に期待することー記録の重要性と書き方のポイントー
横山 奈緒枝
岡山県社会福祉協議会生活支援員研修会県北地区   2018年7月26日   
生活支援員に期待することー記録の重要性と書き方のポイントー
横山 奈緒枝
岡山県社会福祉協議会生活支援員研修会県南地区   2018年6月27日   
高齢者虐待・不適切ケアについて-専門職としての役割を発揮しよう-
横山 奈緒枝
新見市権利擁護研修会   2018年3月16日   
「認知症と権利擁護」 いつまでも自分らしく暮らし続けるためには… コーディネーター
横山 奈緒枝
第9回倉敷権利擁護支援フォーラムパネルディスカッション   2017年9月30日   
良き明日を迎えるためのエンディング:考察
横山 奈緒枝
吉備創生カレッジ   2017年9月6日   
社会の変化への理解と自身の人生の振り返り
横山 奈緒枝
吉備創生カレッジ   2017年8月23日   
高齢期の心理的変化と権利侵害を考える
横山 奈緒枝
吉備創生カレッジ   2017年8月9日   
社会福祉の学びとは
横山 奈緒枝
大谷中学校・高等学校ガイダンス   2017年5月31日   
意思決定に困難を抱える人を支え合う社会を目指して~成年後見制度から意思決定支援法へ~
横山 奈緒枝
NPO法人高齢者・障がい者ネットワーク懇談会   2014年5月10日   
高齢者虐待防止と解決に向けた社会福祉士の専門技能養成システムの研究その3
横山 奈緒枝
吉備国際大学共同研究報告会   2014年2月14日   

担当経験のある科目

 
 

Works

 
法人内研修書籍:共に創った権利の砦-あなたに寄り添う法人後見人ネットワークー
NPO法人岡山高齢者・障害者支援ネットワーク(横山奈緒枝:事例編集と考察担当)   教材   2018年1月
高梁市における権利擁護の実践-地域づくりの推進に向けて-(科研費報告書)
横山 奈緒枝   その他   2014年2月
保健医療福祉の現場の連携課題-地域実践者からのアドバイス-
横山 奈緒枝編纂   教材   2014年2月
保健医療福祉領域の連携学習-合同演習での学びの記録-
横山 奈緒枝編纂   教材   2014年2月
障害者虐待事例集
横山 奈緒枝(編集委員長)   2013年12月
高齢者及び障がい者の権利擁護のあり方検討会報告書
倉敷市高齢者及び障がい者の権利擁護のあり方検討会   2012年5月
医療・福祉領域の連携スキル 平成20~22年度吉備国際大学教育GP成果報告書
2011年3月
平成20年度採択教育GP「医療・福祉領域の連携スキル学習プログラム」平成21年度報告書
2010年3月
医療・福祉領域の連携スキル 平成21年度報告書
2010年3月
高齢者福祉の場における対人援助技能習得プログラムの開発(平成18~20年度科学研究費補助金基盤研究C)
2009年3月

競争的資金等の研究課題

 
保健医療福祉領域の連携学習「合同演習」の充実化
文部科学省知の拠点事業: 地(知)の拠点地域志向教育研究事業 担当者
研究期間: 2013年9月 - 2014年3月
保健医療福祉領域の連携学習手法の研究
文部科学省地(知)の拠点事業: 地(知)の拠点整備事業 担当者
研究期間: 2013年9月 - 2014年3月
高齢者虐待防止と解決に向けた社会福祉士の専門技能養成システムの研究
吉備国際大学: 共同研究費
研究期間: 2011年4月 - 2014年3月    代表者: 横山 奈緒枝
高齢者虐待事案への専門職連携による対応実態から、多様な人材による事案への対応方法や経緯を把握し、社会福祉士の可能な対応策や介入方法を探求。
高齢者虐待防止と解決に、向けた社会福祉士の専門技能養成システムの研究
科学研究費補助金 基盤研究C: 
研究期間: 2011年4月 - 2014年3月    代表者: 横山 奈緒枝
「高齢者福祉の場における対人援助技能習得プログラムの開発」申請、実務担当者(文部科学省質の高い大学教育推進プログラム 教育GP)
教育GP補助金
研究期間: 2008年6月 - 2011年3月
社会福祉、作業療法、看護領域における専門性養成の相違の検討と、各対人援助スキルの分析
高齢者福祉の場における対人援助技能習得プログラムの開発
科学研究費補助金 基盤研究C
研究期間: 2006年4月 - 2009年3月    代表者: 横山奈緒枝
社会福祉、看護、作業療法などの多職種間の連携に関するスキル養成のカリキュラム研究
高齢者福祉の場におけるソーシャルワーカーの対人援助技術-関わり調整モデルの視点から-
その他の研究制度
研究期間: 2003年 - 2008年
高齢者を支援するソーシャルワーカーの援助技術の明確化
地域での生活サポートシステムの形成課題
その他の研究制度
研究期間: 2000年 - 2006年
地域特性に即しながらの高齢者の生活支援のシステムに関する研究
農山村に暮らす高齢者の生活と他者との関わり
その他の研究制度
研究期間: 2003年 - 2005年
地域において高齢者がどのような他者との関わりを築き、どのような活動、役割を担っているかについての聞き取り調査結果を基に分析した。
痴呆性老人の機能評価課題-生活とケアの質からのアプローチ-
受託研究
研究期間: 1994年 - 2003年
認知症高齢者の生活と尊厳を重視した支援アプローチの探求

教育業績

 
2010年10月   医療・福祉領域連携スキル学習プログラム<教育GP紹介ビデオ>
教育GPにより取り組まれた、多職種連携の合同演習の学びを最初から終わりまで画像編集し、その手法を分かりやすく解説したビデオである。詳細版と概要版がある。プロジェクト実務担当者として取り組んだ。
2010年10月   文部科学省 平成20年度採択教育GP「医療・福祉領域の連携スキル学習プログラム」学生用テキスト
看護・リハビリ・社会福祉を学ぶ学生によるグループによって実施する合同演習の進行方法、具体的内容を事例をもとに分かりやすくまとめたドリル的なテキストである。プロジェクト実務担当者として取り組んだ。
2010年10月   文部科学省 平成20年度採択教育GP「医療・福祉領域の連携スキル学習プログラム」指導書
多職種連携を合同演習によって学ぶためのファシリテーターとしての進め方をまとめた書籍である。プロジェクト実務担当者として取り組んだ。