Profile Information

Affiliation
Professor, School of Sociology, Kwansei Gakuin University
Degree
MA(The University of Tokyo)

J-GLOBAL ID
200901096622188380
researchmap Member ID
1000292222

テレビ、新聞・雑誌、インターネットなどからもたらされる情報は、私たちが抱いている世間に対する認識や自分自身の価値観・意見にどのような影響を、どの程度与えているのか。これが、私の研究テーマの核心です。マス・コミュニケーション研究では「メディア効果論」と呼ばれています。また、災害や巨大事故・事件など緊急時や非常事態にやりとりされる情報やコミュニケーションのあり方にも関心をもって研究を進めています。メディアとコミュニケーションを研究する場合、情報の送り手側の問題と受け手側の問題に分けられますが、前者には法律や制度を熟知した上で取り組む必要がありますし、後者には社会調査や社会心理学的な実験をしていくことが必要だと考えています。複雑な社会現象を限られた〈変数〉で語ることは難しく、慎重であらねばならないのですが、こうした試みが一国のメディア政策にも繋がっているということを意識して取り組んでいます。

Research History

  18

Books and Other Publications

  14

Papers

  30

Misc.

  22

Presentations

  13

Works

  21