渕 圭吾

J-GLOBALへ         更新日: 19/03/18 13:29
 
アバター
研究者氏名
渕 圭吾
 
フチ ケイゴ
URL
http://keigofuchi.blogspot.com/
所属
神戸大学
部署
大学院法学研究科
職名
教授
学位
学士(東京大学)
科研費研究者番号
90302645

研究分野

 
 

経歴

 
2015年4月
 - 
現在
神戸大学 大学院法学研究科 教授
 
2014年4月
 - 
2015年3月
学習院大学 法学部 教授
 
2001年4月
 - 
2015年3月
Gakushuin University
 
2010年4月
 - 
2014年3月
学習院大学法科大学院教授
 
2009年4月
 - 
2010年3月
学習院大学法科大学院准教授
 
2003年4月
 - 
2009年3月
学習院大学法学部助教授(准教授)
 
2001年4月
 - 
2003年3月
学習院大学法学部専任講師
 
1998年4月
 - 
2001年3月
東京大学大学院法学政治学研究科 助手
 
1998年4月
 - 
2001年3月
The University of Tokyo Graduate School of Law and Politics Research Associate
 

学歴

 
 
 - 
1998年3月
東京大学 法学部 私法
 

論文

 
渕 圭吾
書斎の窓   (662) 44-48   2019年3月   [招待有り]
渕 圭吾
法曹時報   71(2) 233-261   2019年2月   [招待有り]
渕 圭吾
論究ジュリスト = Quarterly jurist   (26) 91-97   2018年8月   [招待有り]
渕 圭吾
地方税   69(2) 2-10   2018年2月
渕 圭吾
法律時報   90(2) 51-56   2018年2月
渕 圭吾
信託研究奨励金論集   (38) 83-90   2017年11月
渕 圭吾
地方自治   (838) 2-13   2017年9月
渕 圭吾
租税法研究 = Japan tax law review   (45) 67-82   2017年7月
渕 圭吾
フィナンシャル・レビュー   2017(1) 93-121   2017年3月
神山 弘行, 藤谷 武史, 吉村 政穂, 渕 圭吾
法律時報   88(13) 37-41   2016年12月   [招待有り]
渕 圭吾
税務弘報 = Taxation business review   64(10) 80-83   2016年10月   [招待有り]
渕 圭吾
税経通信   71(10) 158-163   2016年9月
渕 圭吾
神戸法學雜誌   65(4) 173-296   2016年3月
渕 圭吾
日税研論集   67 33-65   2016年1月
渕 圭吾
神戸法學雜誌   65(3) 81-172   2015年12月
渕 圭吾
神戸法學雜誌   65(2) 55-99   2015年9月
渕 圭吾
法律時報   86(13) 48-53   2014年12月
渕 圭吾
学習院大学法学会雑誌   50(1) 173-182   2014年9月
渕 圭吾
法律時報   85(13) 47-53   2013年12月
渕 圭吾
ジュリスト = Monthly jurist   (1447) 27-32   2012年11月
渕 圭吾
学習院大学法学会雑誌   48(1) 37-55   2012年9月
東京大学判例研究会
法学協会雑誌   129(4) 944-964   2012年4月
渕 圭吾
信託法研究   (37) 73-81   2012年
中里 実, 能見 善久, 渕 圭吾
信託法研究   (37) 93-116   2012年
渕 圭吾
ジュリスト   0(1423) 106-111   2011年6月
渕 圭吾
法学協会雑誌   127(11) 1862-1907   2010年11月
渕 圭吾
法学協会雑誌   127(10) 1529-1601   2010年10月
渕 圭吾
法学協会雑誌   127(9) 1279-1360   2010年9月
渕 圭吾
法学協会雑誌   127(8) 1151-1210   2010年8月
渕 圭吾
ジュリスト   0(1397) 21-27   2010年4月
渕 圭吾
学習院大学法学会雑誌   45(1) 173-204   2009年9月
渕 圭吾
フィナンシャル・レビュー   2009(2) 74-96   2009年5月
適用を年度開始時点まで遡らせる租税法規の合憲性
法学教室   (342) 別冊13   2009年
渕 圭吾
信託   27-43   2009年
所得課税のアキレス腱
渕 圭吾
L & T   (41) 168   2008年10月   [招待有り]
渕 圭吾
ジュリスト   0(1290) 123-130   2005年6月
渕 圭吾
法学協会雑誌   121(2) 123-212   2004年
渕 圭吾
月刊法学教室   41-47   2003年6月
渕 圭吾
学習院大学法学会雑誌   38(2) 91-130   2003年3月
法人税の納税義務者について―財産の独立性の観点から
渕圭吾
日本エネルギー法研究所月報   (164) 1   2003年
東京都銀行税事件(東京地判平成14年3月26日)
渕圭吾
税研   (106) 219   2002年
中里実著『タックスシェルター』(ガイダンス)
渕圭吾
税研   (105) 75   2002年

書籍等出版物

 
渕圭吾 (担当:分担執筆, 範囲:移転価格税制の法理上の基礎について)
有斐閣   2018年11月   ISBN:4641227543
金融取引と課税(5)
渕 圭吾 (担当:分担執筆, 範囲:コンフィデンシャリティは自由か特権か:租税情報の報道機関への開示をめぐるR (Ingenious Media plc) v Revenue and Customs Commissioners [2016] UKSC 54 の紹介)
トラスト未来フォーラム   2018年8月   
コンフィデンシャリティは自由か特権かという論点について,イギリスの租税情報の報道機関への開示をめぐる最高裁判例である,R (Ingenious Media plc) v Revenue and Customs Commissioners [2016] UKSC 54 を紹介し,若干の検討を加えた。
中里 実, 弘中 聡浩, 渕 圭吾, 伊藤 剛志, 吉村 政穂 (担当:共著, 範囲:第8章第1-3節,第4節1,第5節1-3(273-310頁,351-353頁)を執筆)
有斐閣   2018年12月   ISBN:9784641227569
中里 実, 太田 洋, 伊藤 剛志 (担当:分担執筆, 範囲:行動5:有害な税制への対抗)
有斐閣   2017年11月   ISBN:9784641227279
渕 圭吾, 他 (担当:共編者, 範囲:歴史的文脈の中の外国税額控除制度)
日本評論社   2017年8月   ISBN:9784535065109
渕 圭吾
有斐閣   2016年8月   ISBN:9784641227125
金融取引と課税(4)
渕 圭吾 (担当:分担執筆, 範囲:出国税以前,「みなし相続財産」と信託)
トラスト未来フォーラム   2016年   
中里 実, 弘中 聡浩, 渕 圭吾, 伊藤 剛志, 吉村 政穂 (担当:共著)
有斐閣   2015年   ISBN:9784641131781
金子 宏, 中里 実, Ramseyer J. Mark (担当:分担執筆)
有斐閣   2014年7月   ISBN:9784641131668
海外住宅・不動産税制研究会 (担当:分担執筆, 範囲:政策税制と憲法)
日本住宅総合センター   2014年3月   ISBN:9784890678150
金融取引と課税(3)
渕 圭吾 (担当:分担執筆, 範囲:アメリカにおける政府私人間契約の解釈準則:United States v. Winstar Corp., 518 U.S. 839 (1996) の検討)
2014年   
中里 実, 弘中 聡浩, 渕 圭吾, 伊藤 剛志, 吉村 政穂
法律出版社   2014年   ISBN:9787511869180
中里 実, 太田 洋, 伊藤 剛志, 北村 導人 (担当:分担執筆, 範囲:タックス・ヘイブン対策税制と同族会社の留保金課税の共通性)
有斐閣   2013年10月   ISBN:9784641131477
トラスト60, 中里 実 (担当:分担執筆, 範囲:民事信託と相続税・贈与税に関する研究ノート)
トラスト60   2012年   
中里 実, 太田 洋, 弘中 聡浩, 宮塚 久 (担当:分担執筆, 範囲:ヴェリタス事件米国租税裁判所判決)
有斐閣   2011年   ISBN:9784641130968
中里実, 弘中聡浩, 渕圭吾, 伊藤剛志, 吉村政穂 (担当:共編者)
有斐閣   2011年   ISBN:9784641131026
トラスト60, 中里 実 (担当:分担執筆, 範囲:新株有利発行と受贈益課税)
トラスト60   2011年   
水野 忠恒, 中里 実, 佐藤 英明, 増井 良啓, 渋谷 雅弘 (担当:分担執筆)
有斐閣   2011年   ISBN:9784641115071
金子宏 (担当:分担執筆, 範囲:適正所得算出説を読む)
有斐閣   2010年11月   ISBN:9784641130777
金子 宏 (担当:分担執筆, 範囲:法人税の納税義務者; 所得課税における年度帰属の問題)
有斐閣   2007年11月   ISBN:4641130299
法定外地方税を利用したエネルギー課税の諸問題
碓井光明・中里実ほか (担当:分担執筆, 範囲:租税立法に対する司法審査に関する覚書)
日本エネルギー法研究所   2003年   

Misc

 
行動5:有害な税制への対抗
渕 圭吾
『BEPSとグローバル経済活動』   140-161   2017年11月
(書評)藤枝純・角田伸広著『移転価格税制の実務詳解』
渕 圭吾
税務弘報   65(5) 153   2017年5月
アメリカ合衆国の土地利用法(Land Use)(上)
渕 圭吾
神戸法学雑誌   65(3) 81-172   2015年12月
租税法と私法の関係
渕圭吾
学習院大学法学会雑誌   44(2) 13   2009年
アメリカの信託税制の諸問題
渕圭吾
信託   (239) 27   2009年

講演・口頭発表等

 
Taxation and the Constitution A Comparative Study of the Cases and Jurisprudence in the United States, Germany and Japan [招待有り]
渕 圭吾
東京大学公法研究会   2019年3月8日   
相続税と所得税の関係・再論,Kaestner Trust事件について [招待有り]
渕 圭吾
トラスト未来フォーラム金融取引と課税研究会   2019年2月28日   
論文の書き方について
渕 圭吾
名古屋経済大学大学院法学研究科特別講義   2019年1月12日   
シャウプ勧告の行政手続法への影響:理由附記法理を中心に
渕 圭吾
神戸大学公法研究会   2018年10月24日   Graduate School of Law, Kobe University
Stanley Surrey and the Development of Japanese Administarative Law [招待有り]
渕 圭吾
NEW PERSPECTIVES IN JAPANESE LAW September 28-29, 2018 Harvard Law School East Asian Legal Studies Program   2018年9月29日   
”Governmental” Tax Shelters and the Decline of Residence-Based Local Income Taxation in Japan [招待有り]
FUCHI Keigo
ICON-S 2018 Hong Kong   2018年6月25日   ICON-S
移転価格税制の法理上の基礎について:契約モデルから信認モデルへ [招待有り]
渕 圭吾
移転価格税制研究会   2018年4月12日   西村あさひ法律事務所(西村高等法務研究所)
紹介:Daniel Markovits, Sharing Ex Ante and Sharing Ex Post: The Non-Contractual Basis of Fiduciary Relations [招待有り]
渕 圭吾
金融取引と課税研究会   2018年4月12日   トラスト未来フォーラム
納税義務を基礎づける情報の取得と開示 [招待有り]
渕 圭吾
租税判例研究会   2018年3月   東京大学・法務省訟務局租税訟務課
相続税法上の財産評価の不均衡をめぐって
渕 圭吾
証券税制研究会   2018年2月   日本証券業協会
納税者を守るための様々な方策とその限界
渕 圭吾
税制基本問題研究会   2018年2月   日本租税研究協会
更正処分に対する理由附記を支える論拠について
渕 圭吾
金融取引と課税研究会   2017年9月   トラスト未来フォーラム
租税競争に対するState Aid及び競争法に基づく規律 [招待有り]
渕 圭吾
科研費「グローバル化に伴う領域横断的法学研究・教育の課題と可能性」2017年夏季研究合宿   2017年8月   山元一・高山佳奈子・横山美夏
納税者を守るための様々な方策とその限界
渕 圭吾
神戸大学公法研究会   2017年5月   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
学術研究助成基金助成金/基盤研究(C)
研究期間: 2015年4月 - 2019年3月    代表者: 渕 圭吾
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2010年4月 - 2014年3月    代表者: 渕圭吾
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2008年4月 - 2010年3月    代表者: 渕圭吾
本研究は、情報の経済学の成果を活用して租税回避と租税徴収についての分析を行った。具体的には、課税庁と納税者の間に情報の非対称性が存在することを考慮してどのように租税制度を設計すべきか考察した。とりわけ、タックス・ヘイブン対策税制について、その制度趣旨を情報の経済学の観点から説明することに成功した。