東 伸昭

J-GLOBALへ         更新日: 18/10/25 16:48
 
アバター
研究者氏名
東 伸昭
 
ヒガシ ノブアキ
通称等の別名
東 伸昭
URL
http://polaris.hoshi.ac.jp/kyoshitsu/seika/index.html
所属
星薬科大学
部署
薬学部薬学科生化学研究室
職名
教授
学位
理学博士(課程)(東京大学)
ORCID ID
0000-0001-6803-6147

研究分野

 
 

経歴

 
2016年10月
 - 
現在
星薬科大学 薬学部生化学研究室 教授
 
2013年10月
 - 
2016年9月
東京大学大学院薬学系研究科 特任准教授
 
2007年4月
 - 
2013年9月
東京大学大学院薬学系研究科 准教授
 
2004年9月
 - 
2007年3月
東京大学大学院薬学系研究科 助教授
 
1998年7月
 - 
2004年8月
東京大学大学院薬学系研究科 講師
 

委員歴

 
2018年
 - 
現在
日本薬学会関東支部  執行部
 
2017年
 - 
現在
日本糖質学会  評議員
 
2005年
 - 
現在
日本がん転移学会  評議員
 
2001年
 - 
2010年
Forum: Carbohydrates Coming on Age  幹事、庶務幹事
 
2005年
 - 
2008年
弁理士試験委員
 

受賞

 
 
日本薬学会薬学ビジョン部会 平成19年度日本薬学会薬学ビジョン部会賞
 

論文

 
Higashi N, Waki M, Sudo Y, Suzuki S, Oku T, Tsuiji M, Tsuji T, Miyagishi M, Takahashi K, Nakajima M and Irimura T.
Biochem. Biophys. Res. Commun.   503(4) 3235-3241   2018年8月   [査読有り]
Sue M, Higashi N, Shida H, Kogane Y, Nishimura Y, Adachi H, Kolaczkowska E, Kepka M, Nakajima M, Irimura T
International immunopharmacology   35 15-21   2016年6月   [査読有り]
Tsunekawa N, Higashi N, Kogane Y, Waki M, Shida H, Nishimura Y, Adachi H, Nakajima M, Irimura T
Biochemical and biophysical research communications   469(4) 878-883   2016年1月   [査読有り]
Xin X, Akasaka-Manya K, Manya H, Furukawa J, Kuwahara N, Okada K, Tsumoto H, Higashi N, Kato R, Shinohara Y, Irimura T, Endo T
Biological & pharmaceutical bulletin   38(9) 1389-1394   2015年   [査読有り]
Higashi N, Waki M, Sue M, Kogane Y, Shida H, Tsunekawa N, Hasan A, Sato T, Kitahara A, Kasaoka T, Hayakawa Y, Nakajima M, Irimura T
The Biochemical journal   458(2) 291-299   2014年3月   [査読有り]
Heparanase Downmodulation in the Process of Epithelial-to-Mesenchymal Transition of Mouse Mammary Epithelial Cells.
Kogane Y, Higashi N, Nishimura Y, Nakajima M, Irimura T.
J. Glycomics Lipidomics   3 107   2013年   [査読有り]
Ueno S, Mojic M, Ohashi Y, Higashi N, Hayakawa Y, Irimura T
Cancer research   71(20) 6419-6427   2011年10月   [査読有り]
Kato K, Takeuchi H, Kanoh A, Miyahara N, Nemoto-Sasaki Y, Morimoto-Tomita M, Matsubara A, Ohashi Y, Waki M, Usami K, Mandel U, Clausen H, Higashi N, Irimura T
Glycoconjugate journal   27(2) 267-276   2010年2月   [査読有り]
Kumamoto Y, Denda-Nagai K, Aida S, Higashi N, Irimura T
PloS one   4(5) e5619   2009年   [査読有り]
Fang J, Izawa R, Gomez-Santos L, Ueno S, Sawaguchi T, Usami K, Nodera Y, Takeuchi H, Ohashi Y, Higashi N, Irimura T
Oncology research   17(10) 437-445   2009年   [査読有り]

Misc

 
東 伸昭
J Antibiot (Tokyo).   71 60-71   2018年   [査読有り][依頼有り]
上皮細胞の恒常性維持におけるヘパラン硫酸とヘパラナーゼの役割
東 伸昭
アレルギーの臨床   37 300-302   2017年3月   [依頼有り]
糖鎖切断酵素ヘパラナーゼは免疫細胞の移動ツールである
東 伸昭
アレルギーの臨床   35 1368-1371   2015年   [依頼有り]
硫酸化糖鎖ヘパリンと糖鎖切断酵素ヘパラナーゼはマスト細胞の機能を変える
東 伸昭
アレルギーの臨床   35 1169-1173   2015年   [依頼有り]
東 伸昭, 川島 博人
Trends in glycoscience and glycotechnology   25(141) 95-101   2013年5月
東 伸昭, 仁平 高則, 天野 麻穂, 伊田 みちる, 小林 厚志, 松原 輝彦, 三浦 佳子, 水野 真盛
Trends in glycoscience and glycotechnology   20(116) 399-401   2008年12月
ヘパラナーゼを介した免疫細胞の機能調節
東 伸昭
Pharma Vision News   11 28-31   2008年   [依頼有り]
東 伸昭
Trends in glycoscience and glycotechnology   16(92) 427-428   2004年11月
入村 達郎, 東 伸昭, 伝田 香里, 竹内 英之, 加藤 健太郎, Sarawut Oo-puthinan, 隈本 洋介, 宇佐美 克明
日本組織細胞化学会総会プログラムおよび抄録集   (45)    2004年10月
Preface: Special Issue for Glycoimmunology
東 伸昭
Trends in Glycoscience and Glycotechnology   14(79) 253-254   2002年   [依頼有り]
Zanetta Jean-Pierre, Cebo Christelle, Vergoten Gérard, 東 伸昭
Trends in Glycoscience and Glycotechnology   14(79) 303-318   2002年
数種類のサイトカインを糖結合 (レクチン) 活性を有する分子として記述した。サイトカインの高親和性リガンドについて検討したところ、サイトカインは正常組織では珍しいとされるグリカンに対して特異性を示すことがわかった。このようなサイトカインのレクチン活性はその作用機構に対する理解を変えるものであり、免疫学において新しいコンセプトを開くものである。糖認識ドメインの存在により、サイトカインはバイファンクショナルな分子となる。これに伴い、サイトカインの生物活性の発現はその糖結合活性に依存することにな...
東 伸昭, 辻井 薫, 砂本 順三
日本味と匂学会誌   3(3) 538-541   1996年12月
皮膚とサイトカイン
東 伸昭、吉塚直伸、小林芳郎
日本香粧品科学会誌   16(4) 240-246   1992年
腫瘍壊死因子・リンホトキシン
東 伸昭
日本臨床   50(8) 1939-1944   1992年
腫瘍壊死因子・リンホトキシン
東 伸昭、大澤利昭
現代化学 増刊18「サイトカイン」   137-153   1990年
東 伸昭
蛋白質核酸酵素   34(14) p1914-1916   1989年11月
東 伸昭
蛋白質核酸酵素   34(4) p368-370   1989年4月

書籍等出版物

 
糖鎖の新機能開発・応用ハンドブック
東 伸昭 (担当:共著, 範囲:免疫応答・炎症を調節するヘパラン硫酸・ヘパリンとヘパラナーゼ)
エヌティーエス   2015年   
「がん転移研究の実験手法」(編 日本がん転移学会)
東 伸昭、入村達郎 (担当:共著, 範囲:ヘパラナーゼ活性の検出)
金芳堂   2008年   
日本生化学会編 細胞機能と代謝マップII 細胞の動的構造
入村達郎、東 伸昭 (担当:共著, 範囲:細胞表層マーカーとしての糖鎖)
東京化学同人   1998年   
日本生化学会編「新生化学実験講座」第12巻 分子免疫学I
東 伸昭、大澤利昭 (担当:共著, 範囲:マイコプラズマの検出法と除去法)
東京化学同人   1989年   

競争的資金等の研究課題

 
ウイルス感染病態の進行におけるヘパラン硫酸とヘパラナーゼ
日本学術振興会: 科学研究費補助金基盤研究(C)(一般)
研究期間: 2016年 - 2018年    代表者: 東 伸昭
感染・化学物質に対する過剰な炎症応答の収束を目指した硫酸化糖鎖切断現象の機能解析
日本学術振興会: 科学研究費補助金基盤研究(C)(一般)
研究期間: 2013年 - 2015年    代表者: 東 伸昭
感染・炎症時の免疫細胞の体内動態と機能を制御するヘパラナーゼと細胞外マトリックス
日本学術振興会: 科学研究費補助金基盤研究(B)(一般)
研究期間: 2010年 - 2012年    代表者: 東 伸昭
ヘパラナーゼによる免疫細胞の機能調節
公益信託荒木記念医学・生化学研究振興基金: 研究助成金
研究期間: 2009年       代表者: 東 伸昭
ヘパリン低分子化を介したマスト細胞の機能調節
武田科学振興財団: 研究助成金(薬学系研究奨励)
研究期間: 2008年 - 2008年    代表者: 東 伸昭

特許

 
特開2011−116678 : 抗炎症剤及び薬用組成物
西村 吉男、東 伸昭、入村 達郎、須江 真由美
特開2005−132796 : 肉芽組織形成性疾患の治療のための医薬組成物および方法
入村 達郎、東 伸昭、佐藤 佳代子
特開2000−70327 : 鼻腔内洗浄具
吉原 徹、梅田 智重、東 伸昭
特開平11−347059 : 温熱鼻パック
東 伸昭、吉原 徹、梅田 智重
特開平11−318966 : 発熱体
新井 陽一、東 伸昭、金田 高之、小寺 孝範、阪口 美喜夫、江口 泰輝