竹内 希

J-GLOBALへ         更新日: 19/07/02 11:21
 
アバター
研究者氏名
竹内 希
 
タケウチ ノゾム
URL
http://www.eri.u-tokyo.ac.jp/takeuchi
所属
東京大学
部署
地震研究所
職名
准教授
学位
博士(理学)(東京大学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
1994年4月
 - 
1999年6月
日本学術振興会 特別研究員
 
1999年7月
 - 
2010年11月
東京大学地震研究所 助手
 
2011年11月
   
 
東京大学地震研究所 准教授
 

学歴

 
 
 - 
1997年
東京大学 理学系研究科 地球惑星物理学
 
 
 - 
1992年
東京大学 理学部 地球物理
 

受賞

 
2005年
日本地震学会若手学術奨励賞
 

論文

 
Sunil K Roy, Nozomu Takeuchi, D Srinagesh, M Ravi Kumar, Hitoshi Kawakatsu
Geophysical Journal International   218(1) 190-199   2019年7月   [査読有り]
N. Takeuchi, K. Ueki, T. Iizuka, J. Nagao, A. Tanaka, S. Enomoto, Y. Shirahata, H. Watanabe, M. Yamano, H.K.M. Tanaka
Physics of the Earth and Planetary Interiors   288 37-57   2019年3月   [査読有り]
Xin Long, Hitoshi Kawakatsu, Nozomu Takeuchi
Geophysical Research Letters   45(1) 176   2018年1月   [査読有り]
Nozomu Takeuchi, Hitoshi Kawakatsu, Hajime Shiobara, Takehi Isse, Hiroko Sugioka, Aki Ito, Hisashi Utada
Science   358(6370) 1593   2017年12月   [査読有り]
Takeshi Akuhara, Kimihiro Mochizuki, Hitoshi Kawakatsu, Nozomu Takeuchi
Journal of Geophysical Research: Solid Earth   122(8) 6524   2017年8月   [査読有り]
Dun Wang, Nozomu Takeuchi, Hitoshi Kawakatsu, Jim Mori
Earth and Planetary Science Letters   449 155   2016年9月   [査読有り]
Akuhara T, Mochizuki K, Kawakatsu H, Takeuchi N.
Geophysical Journal International   206(3) 1914-1920   2016年   [査読有り]
Takeuchi N.
Journal of Geophysical Research: Solid Earth   121(5) 3428-3444   2016年   [査読有り]
Takeuchi N, Kawakatsu H, Tanaka S, Obayashi M, Chen Y.J, Ning J, Grand S.P, Niu F, Ni J, Iritani R, Idehara K, Tonegawa T.
Journal of Geophysical Research B: Solid Earth   119(10) 7667-7685   2014年   [査読有り]
Iritani R, Takeuchi N, Kawakatsu H.
Physics of the Earth and Planetary Interiors   230 15-27   2014年   [査読有り]
Yamada R, Garcia R.F, Lognonn{é} P, Kobayashi N, Takeuchi N, N{é}but T, Shiraishi H, Calvet M, Ganepain-Beyneix J.
Planetary and Space Science   81 18-31   2013年   [査読有り]
Idehara K, Tanaka S, Takeuchi N.
Geophysical Journal International   192(1) 1-6   2013年   [査読有り]
Namiki A, Sueyoshi K, Takeuchi N.
Geochemistry, Geophysics, Geosystems   14(8) 3053-3066   2013年   [査読有り]
Takeuchi N.
Earth and Planetary Science Letters   319-320 55-64   2012年   [査読有り]
Takeuchi N.
Earth, Planets and Space   62(2) 215-221   2010年   [査読有り]
Iritani R, Takeuchi N, Kawakatsu H.
Geophysical Research Letters   37(19)    2010年   [査読有り]
Takeuchi N, Obara K, Suetsugu D, Bina C, Inoue T, Wiens D, Jellinek M.
Physics of the Earth and Planetary Interiors   183(1-2) 126-135   2010年   [査読有り]
Yamada R, Yamada I, Shiraishi H, Tanaka S, Takagi Y, Kobayashi N, Takeuchi N, Ishihara Y, Murakami H, Yomogida K, Koyama J, Fujimura A, Mizutani H.
Planetary and Space Science   57(7) 751-763   2009年   [査読有り]
Takeuchi N.
Geophysical Research Letters   36(7)    2009年   [査読有り]
Takeuchi N, Morita Y, Xuyen N.D, Zung N.Q.
Geophysical Research Letters   35(5)    2008年   [査読有り]
Kazama T, Kawakatsu H, Takeuchi N.
Physics of the Earth and Planetary Interiors   167(3-4) 155-160   2008年   [査読有り]
Takeuchi N.
Geophysical Journal International   169(3) 1153-1163   2007年   [査読有り]
Kawai K, Takeuchi N, Geller R.J, Fuji N.
Geophysical Research Letters   34(9)    2007年   [査読有り]
Kawai K, Takeuchi N, Geller R.J.
Geophysical Journal International   164(2) 411-424   2006年   [査読有り]
Cao A, Romanowicz B, Takeuchi N.
Science   308(5727) 1453-1455   2005年   [査読有り]
Takeuchi N.
Geophysical Journal International   160(3) 1044-1058   2005年   [査読有り]
To A, Romanowicz B, Capdeville Y, Takeuchi N.
Earth and Planetary Science Letters   233(1-2) 137-153   2005年   [査読有り]
Takeuchi N, Kobayashi M.
Geophysical Journal International   158(2) 681-694   2004年   [査読有り]
Takeuchi N, Geller R.J.
Geophysical Journal International   154(3) 852-866   2003年   [査読有り]
Igel H, Takeuchi N, Geller R.J, Megnin C, Bunge H.-P, Cl{é}v{é}d{é} E, Dalkolmo J, Romanowicz B.
Physics of the Earth and Planetary Interiors   119(1-2) 3-23   2000年   [査読有り]
Takeuchi N, Geller R.J.
Physics of the Earth and Planetary Interiors   119(1-2) 99-131   2000年   [査読有り]
Takeuchi N, Geller R.J, Cummins P.R.
Physics of the Earth and Planetary Interiors   119(1-2) 25-36   2000年   [査読有り]
Mizutani H, Geller R.J, Takeuchi N.
Physics of the Earth and Planetary Interiors   119(1-2) 75-97   2000年   [査読有り]
Geller R.J, Takeuchi N.
Geophysical Journal International   135(1) 48-62   1998年   [査読有り]
Cummins P.R, Takeuchi N, Geller R.J.
Geophysical Journal International   130(1) 1-16   1997年   [査読有り]
Takeuchi N, Geller R.J, Cummins P.R.
Geophysical Research Letters   23(10) 1175-1178   1996年   [査読有り]
Geller R.J, Takeuchi N.
Geophysical Journal International   123(2) 449-470   1995年   [査読有り]
Cummins P.R, Geller R.J, Hatori T, Takeuchi N.
Geophysical Research Letters   21(7) 533-536   1994年   [査読有り]
Cummins P.R, Geller R.J, Takeuchi N.
Geophysical Research Letters   21(15) 1663-1666   1994年   [査読有り]

Works

 
海半球データセンターのデータ公開システムの開発
1999年

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2018年4月 - 2021年3月    代表者: 竹内 希
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(A))
研究期間: 2018年4月 - 2021年3月    代表者: 竹内 希
文部科学省: 科学研究費補助金(新学術領域研究(研究領域提案型))
研究期間: 2015年4月 - 2020年3月    代表者: 竹内 希
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2013年 - 2015年    代表者: 竹内 希
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2009年 - 2011年    代表者: 竹内希
本研究の目的は、高精度かつ高解像度のトモグラフィーモデルから、全地球の化学組成構造及び温度構造を制約することである。応募者の世界最先端のトモグラフィー手法を活用し、地球内部構造に関するほぼすべての地震学的パラメータを同時推定する。特に内部不連続面の性質(シャープネス・コントラスト)も未知パラメータとして推定することにより、化学組成構造に対する新たな情報源を作り出すことに主たる目的とする。本年度の成果を以下に列挙する。第一に、本研究目的の実現のための第一歩として、全マントルのS波構造を推定し...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2005年 - 2007年    代表者: ゲラーロバート
本研究の目的は、3次元地震波速度異方性構造を詳細に推定することである。本研究では、実体波及び表面波をともに含む広帯域波形そのものをデータとして用いる波形インバージョンを行うことにより、高精度かつ高解像度の3次元異方性構造モデルを推定する。特に実体波を用いた波形インバージョンは、世界的にも新しい課題であるため、本研究においては、手法の確立(ソフトウェアの実装)から始まり、3年間で、世界各地域のD"層およびマントル遷移層をターゲットとして、1次元構造推定を行い、地球科学的に興味深い結果を得てい...
文部科学省: 科学研究費補助金(特定領域研究)
研究期間: 2004年 - 2008年    代表者: 末次大輔
本特定領域研究により得られた海底・陸上地震観測データと既存観測データにより、西太平洋マントル遷移層に滞留するスラブの鮮明なP波、S波速度イメージや相転移面の深さ分布を推定した。その結果、スラブが滞留する前に断裂していること;沈み込むスラブ内部にはプレート生成時の異方性が保存されているが、滞留スラブではそれが見られないこと;滞留スラブの主要部分の温度は周囲より500度低く、水はほとんど含まれていないこと、などが明らかになった。
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2004年 - 2006年    代表者: 竹内希
日本及び米国では、密度・品質ともに従来の地震計網を圧倒的に凌駕する新世代地震計網が完成もしくは完成されつつあり、そのデータにはこれまで我々が手にすることができなかった地球内部構造に対する情報が豊富に含まれていると考えられる。また地球シミュレーターや大容量RAIDなど、従来のデータ解析手法ではもてあましてしまうほどの潤沢な計算機資源も利用可能な状態になった。もし上記インフラを十分活かしきるだけの最先端の解析手法・ソフトウェア開発研究を行えば、地球内部構造研究の次世代が切り開かれると言える程の...
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2003年 - 2003年    代表者: 竹内希
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2002年 - 2004年    代表者: ゲラーロバート
本研究の目的は,広帯域地震波形データの詳細な解析により,地球内部不連続面の凸凹構造を高精度かつ高解像度に推定することである.凸凹構造推定に必要な理論波形計算手法の定式化及びソフトウェアの開発を行った.以下に具体的な成果を述べる.・我々の開発した高精度理論波形計算手法を拡張し,複雑な形状の内部不連続面を持つ媒質に対して,高精度理論波形計算を可能にした.また従来の理論波形計算手法では内部不連続面の取り扱いが不十分であったために理論波形計算の効率が良くなかったこと,本研究でその問題が解決されたこ...
文部科学省: 科学研究費補助金(奨励研究(A))
研究期間: 2000年 - 2001年    代表者: 竹内希
本研究の目的は地球内部の3次元地震波速度構造及び3次元減衰構造を詳細にかつ同時に推定することである.本目的を達成するために必要とされる,効率的かつ高精度の理論波形計算手法の開発は,本研究計画以前に実施されており,計算手法の実データへの応用が本研究計画の主要な課題であった.昨年度は予備的な地震波速度構造推定を実施し一定の成果をあげた.本年度は地震波速度・減衰構造の同時推定を実施する予定であったが,データセットの不均一性のために考えていた程容易でないことがわかった.このためこの問題を解決する「...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 1999年 - 2000年    代表者: 小林直樹
本研究は宇宙科学研究所で進められている月内部構造探査計画(Lunar-A)で取得される月震データから月の内部構造を推定することが目的であった.しかし,機器開発の遅れなどからこのミッションが2003年に延期されたため,本研究の当初の目的は達成できなかった.このため,Lunar-Aによるデータ取得に備え迅速な解析が行なえるようソフトウェア開発を進めた.具体的成果を以下に示す.月の岩石学的情報を元に奥地・高橋らが提唱している月形成のシナリオに従う月の岩石学的モデルを妥当なものと考え採用した.その...