古山 通久

J-GLOBALへ         更新日: 16/05/08 22:06
 
アバター
研究者氏名
古山 通久
 
コヤマ ミチヒサ
eメール
koyamaifrc.kyushu-u.ac.jp
URL
http://inamori-frontier.kyushu-u.ac.jp/energy/
所属
九州大学
職名
教授
学位
博士(工学)(東京大学)

研究分野

 

経歴

 
2009年4月
 - 
現在
九州大学 稲盛フロンティア研究センター 教授
 
2008年11月
 - 
2009年3月
九州大学 稲盛フロンティア研究センター 特任教授
 
2008年4月
 - 
2008年11月
東北大学大学院工学研究科化学工学専攻 助教
 
2007年4月
 - 
2008年3月
東北大学大学院工学研究科応用化学専攻 助教
 
2003年10月
 - 
2007年3月
東北大学大学院工学研究科応用化学専攻 助手
 

学歴

 
1999年4月
 - 
2002年3月
東京大学 大学院工学系研究科 化学システム工学専攻博士後期課程
 
1997年4月
 - 
1999年3月
東京大学 大学院工学系研究科 化学システム工学専攻博士前期課程
 
 
 - 
1997年3月
東京大学 工学部 化学システム工学科
 

委員歴

 
2003年
   
 
触媒学会  コンピューター利用研究会 世話人
 

受賞

 
2014年4月
文部科学省 平成26年度科学技術分野の文部科学大臣表彰 若手科学者賞
 
2011年7月
The Society of Tribologists and Lubrication Engineers Best Paper Award, Surface Engineering Technical Committee
 
2009年3月
化学工学会 化学工学会平成20年度研究奨励賞 三次元多孔質シミュレータの開発と不規則性多孔体への応用
 
2008年5月
日本コンピュータ化学会 日本コンピュータ化学会 吉田賞(論文賞)
受賞者: 古山通久、扇谷 恵、服部達哉、福長 博、鈴木 愛、Riadh Sahnoun、坪井秀行、畠山 望、遠藤 明、高羽洋充、久保百司、Carlos A. Del Carpio、宮本 明
 
2008年3月
電気化学会 電気化学会ポスター賞
 

論文

 
Yang L, Kinoshita S, Yamada T, Kanda S, Kitagawa H, Tokunaga M, Ishimoto T, Ogura T, Nagumo R, Miyamoto A, Koyama M
Angewandte Chemie (International ed. in English)   49 5348-5351   2010年7月   [査読有り]
Rauf SM, Ismael M, Sahu KK, Suzuki A, Koyama M, Tsuboi H, Hatakeyama N, Endou A, Takaba H, Del Carpio CA, Kubo M, Miyamoto A
Computers in biology and medicine   40 498-508   2010年5月   [査読有り]
Quantum chemistry study on absorption spectra, electronic and electrical properties of organic dye on anatase(001).
Lv C, Ogiyal K, Suzuki A, Sahnoun R, Koyama M, Tsuboi H, Hatakeyama N, Endou A, Takaba H, Del Carpio CA, Deka RC, Kubo M, Miyamoto A
Journal of nanoscience and nanotechnology   10 2434-2443   2010年4月   [査読有り]
Tribochemical reaction dynamics of molybdenum dithiocarbamate on nascent iron surface: a hybrid quantum chemical/classical molecular dynamics study.
Onodera T, Morita Y, Suzuki A, Sahnoun R, Koyama M, Tsuboi H, Hatakeyama N, Endou A, Takaba H, Del Carpio CA, Deka RC, Kubo M, Miyamoto A
Journal of nanoscience and nanotechnology   10 2495-2502   2010年4月   [査読有り]
Onodera T, Morita Y, Suzuki A, Koyama M, Tsuboi H, Hatakeyama N, Endou A, Takaba H, Kubo M, Dassenoy F, Minfray C, Joly-Pottuz L, Martin JM, Miyamoto A
The journal of physical chemistry. B   113 16526-16536   2009年12月   [査読有り]
Shaikh AR, Sahnoun R, Broclawik E, Koyama M, Tsuboi H, Hatakeyama N, Endou A, Takaba H, Kubo M, Del Carpio CA, Miyamoto A
Journal of inorganic biochemistry   103 20-27   2009年1月   [査読有り]
Shaikh AR, Broclawik E, Tsuboi H, Koyama M, Endou A, Takaba H, Kubo M, Del Carpio CA, Miyamoto A
Journal of molecular modeling   13 851-860   2007年7月   [査読有り]
Combinatorial computational chemistry approach for materials design: applications in deNOx catalysis, Fischer-Tropsch synthesis, lanthanoid complex, and lithium ion secondary battery.
Koyama M, Tsuboi H, Endou A, Takaba H, Kubo M, Del Carpio CA, Miyamoto A
Combinatorial chemistry & high throughput screening   10 99-110   2007年2月   [査読有り]
Shaikh AR, Ismael M, Del Carpio CA, Tsuboi H, Koyama M, Endou A, Kubo M, Broclawik E, Miyamoto A
Bioorganic & medicinal chemistry letters   16 5917-5925   2006年11月   [査読有り]
Koyama M, Hayakawa J, Onodera T, Ito K, Tsuboi H, Endou A, Kubo M, Del Carpio CA, Miyamoto A
The journal of physical chemistry. B   110 17507-17511   2006年9月   [査読有り]
Koyama M, Bada K, Sasaki K, Tsuboi H, Endou A, Kubo M, Del Carpio CA, Broclawik E, Miyamoto A
The journal of physical chemistry. B   110 17872-17877   2006年9月   [査読有り]
Watanabe Y, Tsuboi H, Koyama M, Kubo M, Del Carpio CA, Broclawik E, Ichiishi E, Kohno M, Miyamoto A
Computational biology and chemistry   30 303-312   2006年8月   [査読有り]
Carlos A. M. Del Carpio,Eiichiro Ichiishi,Michihisa Koyama,Momoji Kubo,Akira Miyamoto
Proceedings of the International Joint Conference on Neural Networks, IJCNN 2006, part of the IEEE World Congress on Computational Intelligence, WCCI 2006, Vancouver, BC, Canada, 16-21 July 2006   2337-2344   2006年   [査読有り]
Carlos A. M. Del Carpio,Mohamed Ismael,Eiichiro Ichiishi,Michihisa Koyama,Momoji Kubo,Akira Miyamoto
Proceedings of the International Joint Conference on Neural Networks, IJCNN 2006, part of the IEEE World Congress on Computational Intelligence, WCCI 2006, Vancouver, BC, Canada, 16-21 July 2006   2226-2233   2006年   [査読有り]
Robotic path planning and protein complex modeling considering low frequency intra-molecular loop and domain motions.
Del Carpio CA, Qiang P, Ichiishi E, Tsuboi H, Koyama M, Hatakeyama N, Endou A, Takaba H, Kubo M, Miyamoto A
Genome informatics. International Conference on Genome Informatics   17 270-278   2006年   [査読有り]
A graph theoretical approach for analysis of protein flexibility change at protein complex formation.
Del Carpio M CA, Shaikh AR, Ichiishi E, Koyama M, Kubo M, Nishijima K, Miyamoto A
Genome informatics. International Conference on Genome Informatics   16 148-160   2005年   [査読有り]

Misc

 
LIU Shu‐Sheng, SHIMADA Yusuke, MATSUMURA Syo, KOYAMA Michihisa
電気化学会大会講演要旨集   81st 53   2014年3月
SAHA Leton C., ISKANDAROV Albert, NAKAO Kazuhide, ISHIMOTO Takayoshi, UMENO Yoshitaka, KOYAMA Michihisa
電気化学会大会講演要旨集   81st 60   2014年3月
ROCABADO David Samuel Rivera, ISHIMOTO Takayoshi, KOYAMA Michihisa
電気化学会大会講演要旨集   81st 481   2014年3月
石元孝佳, 石元孝佳, 伊藤諭美, 伊藤諭美, 多田朋史, 多田朋史, 雨澤浩史, 雨澤浩史, 古山通久, 古山通久
電気化学会大会講演要旨集   81st 100   2014年3月
三原和也, 石元孝佳, 古山通久
電気化学会大会講演要旨集   81st 106   2014年3月

書籍等出版物

 
化学工学における分子シミュレーションの活用-基礎と応用-
分離技術会   2006年   
自動車用電気二重層キャパシタとリチウムイオン二次電池の高エネルギー密度化・高出力化技術
技術情報協会   2005年   
コンビナトリアルテクノロジー - 明日を開く'もの作り'の新世界
丸善   2004年   
プラズマディスプレイ材料技術の最前線
丸善   2007年   

Works

 
日本再生のためのコンビナトリアル計算化学
2004年 - 2006年
機械的解析による劣化機構の解明、加速試験方法の確立
2008年

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(A))
研究期間: 2013年 - 2015年    代表者: 古山 通久
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(A))
研究期間: 2009年 - 2012年    代表者: 古山 通久
多孔質材料は、燃料電池など活性点での化学反応と活性点への反応物質の輸送が同時に重要となる様々な機能材料に用いられる。そのナノ・メソ細孔内における反応流動現象は、経験的に従来のKnudsen拡散の概念に基づく「流れ」と表面における「化学反応」を独立に考慮した理解が試みられてきた。しかし、不活性な表面における物理吸着・脱離現象のみを考慮したKnudsen拡散係数を、化学吸着、表面拡散、表面反応の影響が大きな活性表面を有する多孔質材料系における反応流動連成現象解析へ適用することは理論的に不可能で...
多孔質電極微細構造の理論最適化に基づく固体酸化物燃料電池高性能電極の開発
その他の研究制度
研究期間: 2005年 - 2008年
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2006年 - 2007年    代表者: 古山 通久
薬分子の代謝に関しては汎用される従来のドッキングによる手法では、薬物と代謝酵素の相互作用の予測において、1)有限温度における相互作用構造の予測、2)複数種の代謝酵素のうち主代謝酵素となる酵素の予測、3)薬1分子と酵素1分子の相互作用ではなく実際の濃度・発現量を考慮した相互作用予測、が困難である点が大きな課題であった。本研究では、無機・有機各種材料系への応用の実績のある独自のグランドカノニカルモンテカルロシミュレータの活用、触媒工学の分野において用いられる不均一サイトへの単成分吸着の概念の薬...
固体高分子形燃料電池MEA劣化に関するマルチスケール計算化学解析
研究期間: 2007年   

特許

 
宮本 明, 久保 百司, 遠藤 明, 古山 通久, 高塚 威, 神戸 正純
分子シミュレーション手法を用いた低気中濃度物質の表面吸着量の推定法
特開2008-9701号