伊藤 孝行

J-GLOBALへ         更新日: 19/02/13 03:15
 
アバター
研究者氏名
伊藤 孝行
 
イトウ タカユキ
所属
名古屋工業大学
職名
教授
科研費研究者番号
50333555

研究分野

 
 

委員歴

 
2005年1月
 - 
2008年12月
情報処理学会  知能と複雑系研究会 幹事
 
2006年1月
 - 
2006年12月
International Joint Conference on Autonomous Agents and Multi-Agent Systems (AAMAS)  Publications Chair
 
2006年1月
 - 
2006年12月
Pacific Rim International Workshop on Electronic Commerce (PRIWEC)  Organizaing Chair
 
2006年1月
 - 
2007年12月
人工知能学会  人工知能学会全国大会プログラム委員
 
2006年1月
 - 
2007年12月
Internaitonal Workshop on Rational, Robust, and Secure Negotiations among Agents (RRS)  Organizing Chair
 

受賞

 
2005年5月
IPA 2004年度IPA未踏ソフトウェア創造事業スーパークリエー タ認定
 
2005年6月
ソフトウェア科学会 平成17年度ソフトウェア科学会論文賞
受賞者: 伊藤孝行, 横尾真, 松原繁夫
 
2006年5月
AwardThe Fifth International Joint Conference on Autonomous Agents and Multi-Agent Systems (AAMAS2006) AAMAS2006 Best Paper Award
受賞者: Takayuki Ito, David Parkes
 
2007年4月
文部科学省 平成19年度 文部科学大臣表彰 若手科学者賞
 
2007年5月
情報処理学会 平成18年度長尾真記念特別賞
 

論文

 
分散ATMSに基づくスケジュール管理システムの実現
-
第9回人工知能学会全国大会論文集   2(639) 273-276   1994年4月
Making of Multiagent system for trial purposes based on Distributed TMS
-
Proceedings of the 9th Annual Conference of Japanese Society for Artificial Intelligence(JSAI)   273-276   1994年4月
モバイルエージェント間の多重交渉に基づくグループ代替案選択支援システムについて
-
情報処理学会論文誌   39(639) 3165-3176   1995年4月   [査読有り]
Implementing a Group Decision Support System based on Case-based Reasoning-Implementing a Computer Purchasing Support System
-
-      1995年4月
事例ベース推論に基づくコンピュータ購入決定支援システムの実現
-
第50回情報処理学会全国大会論文集   2(639) 137-138   1995年4月

Misc

 
マルチエージェントの自動交渉モデルとその応用
伊藤孝行
情報処理学会学会誌      2014年5月
ANAC:Automated Negotiating Agent Competition(国際自動交渉エージェント競技会)
藤田桂英,森顕之, 伊藤孝行
人工知能      2016年2月   [査読有り][依頼有り]
マルチエージェントシステムによる社会推論
伊藤孝行
エネルギレビュー      2016年2月   [依頼有り]
エージェント技術に基づく大規模合意形成支援システムの創成
伊藤孝行,藤田桂英,松尾徳朗,福田直樹
人工知能   32(5)    2017年9月   [査読有り][依頼有り]
エージェント技術に基づく大規模合意形成支援システムの創成
伊藤孝行
経営システム      2018年2月   [依頼有り]

書籍等出版物

 
An Approach to Building Mobile Intelligent Agents Based on Anytime Migration
Naoki Fukuta, Takayuki ITO and Toramatsu Shintani (担当:共著)
Springer-Verlag   2001年10月   
A Framework for Cooperative Mobile Agents and Its Case-Study on BiddingBot
Naoki Fukuta,Takayuki ITO,Tadachika Ozono and Toramatsu Shintani (担当:共著)
IOS Press   2002年2月   
人工知能辞典
伊藤孝行(人工知能学会) (担当:共著)
共立出版   2005年12月   ISBN:978-4320121072
Rational Robst and Secure Negotiations in Multiagent Systems
Takayuki ITO,Hiromitsu HATTORI,Minjie ZHANG and Tokuro MATSUO (Eds.) (担当:共著)
Springer-Verlag   2008年1月   ISBN:978-3-540-7628
Electronic Commerce : Mechanism Design and Applications
Makoto YOKOO,Takayuki ITO,Tokuro MATSUO,Minjie ZHANG and Juhnyoung LEE (Eds.) (担当:共著)
Springer-Verlag   2008年1月   ISBN:978-3-540-7780

講演・口頭発表等

 
分散ATMSに基づくスケジュール管理システムの実現
伊藤孝行,新谷虎松
第8回人工知能学会全国大会   1994年1月   人工知能学会
分散ATMSに基づくスケジュ−ル管理システムの実現
川上義雄,伊藤孝行,新谷虎松
第9回人工知能学会全国大会   1994年1月   工知能学会
事例ベース推論に基づくコンピュータ購入決定支援システムの実現
伊藤孝行,新谷虎松
第50回情報処理学会全国大会   1995年1月   情報処理学会
Implementing an agent negotiation protocol based on persuasion
Takayuki Ito and Toramatsu Shintani
the Second International Conference on Multiagent Systems(ICMAS-96)   1996年1月   AAAI Press
An Approach to a Multi-agent Based Scheduling System Using a Coalition Formation'
Takayuki Ito and Toramatsu Shintani
the Ninth International Conference on Industrial & Engineering Applications of Artificial Intelligence and Expart Systems (IEA/AIE-96)   1996年1月   Gordon and Breach Science Publishers

Works

 
大規模意見集約システムD-Agree
コンピュータソフト   2018年4月 - 2018年12月

競争的資金等の研究課題

 
WWWに基づく電子商取引支援のためのエージェント間の協調機構とその応用
科学研究費助成事業
研究期間: 2001年4月 - 2002年3月
電子商取引支援のための人間とソフトウェアエージェントの協調機構とその応用
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2003年4月 - 2005年3月
ソフトウェアエージェントに基づく電子商取引メカニズムの設計と実装
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2005年4月 - 2009年3月
情報財の流通/取引メカニズムの設計に関する企画調査
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2006年4月 - 2007年3月
計算論的メカニズムデザインに基づくe-ビジネス支援機構の設計と実装
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2006年4月 - 2010年3月