GI Min

J-GLOBAL         Last updated: Apr 5, 2019 at 12:28
 
Avatar
Name
GI Min
Affiliation
Osaka City University
Section
Graduate School of Medicine, Basic Medicine Course

Research Areas

 
 

Education

 
 
 - 
2001
pathology, Graduate School, Division of Medicine, Osaka City University
 
 
 - 
1993
Faculty of Medicine, Under Construction
 

Published Papers

 
Gi M, Fujioka M, Kakehashi A, Okuno T, Masumura K, Nohmi T, Matsumoto M, Omori M, Wanibuchi H, Fukushima S
Archives of toxicology   92(10) 3207-3221   Oct 2018   [Refereed]
Okuno T, Gi M, Fujioka M, Yukimatu N, Kakehashi A, Takeuchi A, Endo G, Endo Y, Wanibuchi H
Toxicological sciences : an official journal of the Society of Toxicology      Feb 2019   [Refereed]
Gi M, Fujioka M, Yamano S, Kakehashi A, Oishi Y, Okuno T, Yukimatsu N, Yamaguchi T, Tago Y, Kitano M, Hayashi SM, Wanibuchi H
Archives of toxicology   92(12) 3565-3583   Sep 2018   [Refereed]
Shimizu Y, Tamada S, Kato M, Takeyama Y, Fujioka M, Kakehashi A, Nakatani T, Wanibuchi H, Gi M
Experimental and therapeutic medicine   16(6) 4463-4470   Dec 2018   [Refereed]
Okuno T, Kakehashi A, Ishii N, Fujioka M, Gi M, Wanibuchi H
Cancers   10(12)    Nov 2018   [Refereed]
Fukushima S, Gi M, Fujioka M, Kakehashi A, Wanibuchi H, Matsumoto M
Toxicological research   34(4) 291-296   Oct 2018   [Refereed]
Kakehashi A, Ishii N, Okuno T, Fujioka M, Gi M, Wanibuchi H
International journal of molecular sciences   18(8)    Aug 2017   [Refereed]
Tachibana H, Gi M, Kato M, Yamano S, Fujioka M, Kakehashi A, Hirayama Y, Koyama Y, Tamada S, Nakatani T, Wanibuchi H
Cancer science   108(3) 331-337   Mar 2017   [Refereed]
Doi K, Fujioka M, Sokuza Y, Ohnishi M, Gi M, Takeshita M, Kumada K, Kakehashi A, Wanibuchi H
In vivo (Athens, Greece)   31(2) 187-197   Mar 2017   [Refereed]
Yamaguchi T, Gi M, Yamano S, Fujioka M, Tatsumi K, Kawachi S, Ishii N, Doi K, Kakehashi A, Wanibuchi H
Experimental and toxicologic pathology : official journal of the Gesellschaft fur Toxikologische Pathologie   69(1) 1-7   Jan 2017   [Refereed]
Ishii N, Gi M, Fujioka M, Yamano S, Okumura M, Kakehashi A, Wanibuchi H
Journal of toxicologic pathology   30(1) 39-45   Jan 2017   [Refereed]
Yamaguchi T, Gi M, Fujioka M, Doi K, Okuno T, Kakehashi A, Wanibuchi H
The Journal of toxicological sciences   42(4) 475-483   2017   [Refereed]
Kakehashi A, Ishii N, Okuno T, Fujioka M, Gi M, Fukushima S, Wanibuchi H
Oxidative medicine and cellular longevity   2017 8541064   2017   [Refereed]
Hirayama Y, Gi M, Yamano S, Tachibana H, Okuno T, Tamada S, Nakatani T, Wanibuchi H
Cancer science   107(12) 1736-1744   Dec 2016   [Refereed]
Sawada A, Fujiwara Y, Nagami Y, Tanaka F, Yamagami H, Tanigawa T, Shiba M, Tominaga K, Watanabe T, Gi M, Wanibuchi H, Arakawa T
Digestive diseases and sciences   61(11) 3161-3168   Nov 2016   [Refereed]
Kakehashi A, Yoshida M, Tago Y, Ishii N, Okuno T, Gi M, Wanibuchi H
Toxins   8(11)    Nov 2016   [Refereed]
Fujioka M, Gi M, Kawachi S, Tatsumi K, Ishii N, Doi K, Kakehashi A, Wanibuchi H
Journal of environmental sciences (China)   49 125-130   Nov 2016   [Refereed]
Fukushima S, Gi M, Kakehashi A, Wanibuchi H, Matsumoto M
Mutagenesis   31(3) 341-346   May 2016   [Refereed]
Kakehashi A, Ishii N, Sugihara E, Gi M, Saya H, Wanibuchi H
Cancer science   107(5) 609-618   May 2016   [Refereed]
Kanki M, Gi M, Fujioka M, Wanibuchi H
The Journal of toxicological sciences   41(2) 281-292   Apr 2016   [Refereed]
Tanaka M, Shiota M, Nakao T, Uemura R, Nishi S, Ohkawa Y, Matsumoto M, Yamaguchi M, Osada-Oka M, Inagaki A, Takahashi K, Nakayama KI, Gi M, Izumi Y, Miura K, Iwao H
Journal of proteomics   136 214-221   Mar 2016   [Refereed]
Yamano S, Gi M, Tago Y, Doi K, Okada S, Hirayama Y, Tachibana H, Ishii N, Fujioka M, Tatsumi K, Wanibuchi H
Cancer science   107(2) 123-132   Feb 2016   [Refereed]
Taya S, Kakehashi A, Wongpoomchai R, Gi M, Ishii N, Wanibuchi H
Asian Pacific journal of cancer prevention : APJCP   17(4) 2235-2245   2016   [Refereed]
Kakehashi A, Ishii N, Fujioka M, Doi K, Gi M, Wanibuchi H
PloS one   11(7) e0158654   2016   [Refereed]
Xie XL, Gi M, Fujioka M, Doi K, Yamano S, Tachibana H, Fang H, Kakehashi A, Wanibuchi H
Food and chemical toxicology : an international journal published for the British Industrial Biological Research Association   83 193-200   Sep 2015   [Refereed]
Fukunaga S, Kakehashi A, Sumida K, Kushida M, Asano H, Gi M, Wanibuchi H
Toxicology and applied pharmacology   286(3) 188-197   Aug 2015   [Refereed]
Gi M, Fujioka M, Yamano S, Shimomura E, Ishii N, Kakehashi A, Takeshita M, Wanibuchi H
Toxicological sciences : an official journal of the Society of Toxicology   145(1) 196-208   May 2015   [Refereed]
Kakehashi A, Hagiwara A, Imai N, Wei M, Fukushima S, Wanibuchi H
Journal of toxicologic pathology   28(1) 27-32   Jan 2015   [Refereed]
Gi M, Fujioka M, Yamano S, Shimomura E, Kanki M, Kawachi S, Tachibana H, Tatsumi K, Fang H, Ishii N, Kakehashi A, Wanibuchi H
The Journal of toxicological sciences   40(5) 647-656   2015   [Refereed]
Kakehashi A, Kato A, Ishii N, Wei M, Morimura K, Fukushima S, Wanibuchi H
PloS one   9(11) e113610   2014   [Refereed]
Kakehashi A, Hagiwara A, Imai N, Nagano K, Nishimaki F, Banton M, Wei M, Fukushima S, Wanibuchi H
Toxicology and applied pharmacology   273(2) 390-400   Dec 2013   [Refereed]
Kakehashi A, Wei M, Fukushima S, Wanibuchi H
Cancers   5(4) 1332-1354   Oct 2013   [Refereed]
Wei M, Kakehashi A, Yamano S, Tamano S, Shirai T, Wanibuchi H, Fukushima S
Journal of toxicologic pathology   25(3) 209-214   Sep 2012   [Refereed]
Kakehashi A, Tago Y, Yoshida M, Sokuza Y, Wei M, Fukushima S, Wanibuchi H
Toxicological sciences : an official journal of the Society of Toxicology   126(1) 39-51   Mar 2012   [Refereed]
Chusiri Y, Wongpoomchai R, Kakehashi A, Wei M, Wanibuchi H, Vinitketkumnuan U, Fukushima S
Food and chemical toxicology : an international journal published for the British Industrial Biological Research Association   49(2) 471-476   Feb 2011   [Refereed]
Kakehashi A, Ishii N, Shibata T, Wei M, Okazaki E, Tachibana T, Fukushima S, Wanibuchi H
Toxicological sciences : an official journal of the Society of Toxicology   119(1) 61-72   Jan 2011   [Refereed]
Wei M, Wanibuchi H, Nakae D, Tsuda H, Takahashi S, Hirose M, Totsuka Y, Tatematsu M, Fukushima S
Cancer science   102(1) 88-94   Jan 2011   [Refereed]
Doi K, Sakai K, Tanaka R, Toma K, Yamaguchi T, Wei M, Fukushima S, Wanibuchi H
Cancer letters   289(2) 161-169   Mar 2010   [Refereed]
Suzuki S, Arnold LL, Pennington KL, Kakiuchi-Kiyota S, Wei M, Wanibuchi H, Cohen SM
Toxicological sciences : an official journal of the Society of Toxicology   113(2) 349-357   Feb 2010   [Refereed]
Wei M, Hamoud AS, Yamaguchi T, Kakehashi A, Morimura K, Doi K, Kushida M, Kitano M, Wanibuchi H, Fukushima S
Toxicologic pathology   37(7) 983-991   Dec 2009   [Refereed]
Romanenko A, Kakehashi A, Morimura K, Wanibuchi H, Wei M, Vozianov A, Fukushima S
Carcinogenesis   30(11) 1821-1831   Nov 2009   [Refereed]
Kakehashi A, Inoue M, Wei M, Fukushima S, Wanibuchi H
Toxicology and applied pharmacology   238(1) 71-79   Jul 2009   [Refereed]
Kushida M, Wanibuchi H, Wei M, Kakehashi A, Ozaki K, Sukata T, Miyata K, Ogata K, Uwagawa S, Fukushima S
Journal of toxicologic pathology   22(1) 65-70   Mar 2009   [Refereed]
Nascimento MG, Suzuki S, Wei M, Tiwari A, Arnold LL, Lu X, Le XC, Cohen SM
Toxicology   249(1) 69-74   Jul 2008   [Refereed]
Yamaguchi T, Wei M, Hagihara N, Omori M, Wanibuchi H, Fukushima S
Mutation research   652(1) 1-11   Mar 2008   [Refereed]
Kinoshita A, Wanibuchi H, Morimura K, Wei M, Nakae D, Arai T, Minowa O, Noda T, Nishimura S, Fukushima S
Cancer science   98(6) 803-814   Jun 2007   [Refereed]
Kinoshita A, Wanibuchi H, Wei M, Yunoki T, Fukushima S
Toxicology and applied pharmacology   221(3) 295-305   Jun 2007   [Refereed]
Iwai S, Murai T, Makino S, Min W, Morimura K, Mori S, Hagihara A, Seki S, Fukushima S
Cancer letters   246(1-2) 115-121   Feb 2007   [Refereed]
Doi K, Hagihara A, Wei M, Yunoki T, Fukushima S, Wanibuchi H
Oncology   73(3-4) 252-260   2007   [Refereed]
[Development of invasive urinary bladder carcinomas].
Fukushima S, Wanibuchi H, Wei M, Morimura K
Hinyokika kiyo. Acta urologica Japonica   52(6) 451-455   Jun 2006   [Refereed]
Kang JS, Morimura K, Toda C, Wanibuchi H, Wei M, Kojima N, Fukushima S
Reproductive toxicology (Elmsford, N.Y.)   21(3) 253-259   Apr 2006   [Refereed]
Wei M, Hori TA, Ichihara T, Wanibuchi H, Morimura K, Kang JS, Puatanachokchai R, Fukushima S
Cancer letters   231(2) 304-308   Jan 2006   [Refereed]
Inhibition of rat urinary bladder carcinogenesis by the antiangiogenic drug TNP-470.
Wanibuchi H, Wei M, Salim EI, Kinoshita A, Morimura K, Sudo K, Fukushima S
Asian Pacific journal of cancer prevention : APJCP   7(1) 101-107   Jan 2006   [Refereed]
Effects of cessation of alcohol exposure on rat hepatocarcinogenesis.
Wanibuchi H, Zhang Y, Kinoshita A, Wei M, Kang JS, Fukushima S
Asian Pacific journal of cancer prevention : APJCP   7(1) 122-126   Jan 2006   [Refereed]
Wanibuchi H, Wei M, Karim MR, Morimura K, Doi K, Kinoshita A, Fukushima S
Toxicologic pathology   34(3) 232-236   2006   [Refereed]
Kushida M, Aiso S, Morimura K, Wei M, Wanibuchi H, Nagano K, Fukushima S
Toxicologic pathology   34(3) 237-242   2006   [Refereed]
Kushida M, Wanibuchi H, Morimura K, Kinoshita A, Kang JS, Puatanachokchai R, Wei M, Funae Y, Fukushima S
Cancer science   96(11) 747-757   Nov 2005   [Refereed]
Wei M, Arnold L, Cano M, Cohen SM
Toxicological sciences : an official journal of the Society of Toxicology   83(2) 237-245   Feb 2005   [Refereed]
Wei M, Morimura K, Wanibuchi H, Shen J, Salim EI, Moku M, Hakoi K, Fukushima S
International journal of cancer   113(3) 354-358   Jan 2005   [Refereed]
Morimura K, Kang JS, Wei M, Wanibuchi H, Tsuda H, Fukushima S
Toxicologic pathology   33(7) 764-767   2005   [Refereed]
Hoshi M, Morimura K, Wanibuchi H, Wei M, Okochi E, Ushijima T, Takaoka K, Fukushima S
Toxicological sciences : an official journal of the Society of Toxicology   81(2) 273-279   Oct 2004   [Refereed]
Wanibuchi H, Salim EI, Kinoshita A, Shen J, Wei M, Morimura K, Yoshida K, Kuroda K, Endo G, Fukushima S
Toxicology and applied pharmacology   198(3) 366-376   Aug 2004   [Refereed]
Inhibition of azoxymethane-induced colon carcinogenesis in rats due to JTE-522, a selective cyclooxygenase-2 inhibitor.
Shen J, Wanibuchi H, Salim EI, Wei M, Yamachika T, Fukushima S
Asian Pacific journal of cancer prevention : APJCP   5(3) 253-258   Jul 2004   [Refereed]
Possible distinct molecular carcinogenic pathways for bladder cancer in Ukraine, before and after the Chernobyl disaster.
Morimura K, Romanenko A, Min W, Salim EI, Kinoshita A, Wanibuchi H, Vozianov A, Fukushima S
Oncology reports   11(4) 881-886   Apr 2004   [Refereed]
Doi K, Wanibuchi H, Salim EI, Shen J, Wei M, Mitsuhashi M, Kudoh S, Hirata K, Fukushima S
Cancer letters   206(1) 15-26   Mar 2004   [Refereed]
Lack of preventive efficacy of FK228, a histone deacetylase inhibitor, against N-butyl-N-(4-hydroxybutyl) nitrosamine-induced urinary bladder carcinogenesis in p53+/- and p53+/+ mice.
Wei M, Wanibuchi H, Morimura K, Salim EI, Moku M, Doi K, Mitsuhashi M, Masuda C, Shen J, Kinoshita A, Fukushima S
Anticancer research   24(2B) 785-790   Mar 2004   [Refereed]
Wei M, Morimura K, Wanibuchi H, Shen J, Doi K, Mitsuhashi M, Moku M, Salim EI, Fukushima S
Cancer letters   202(1) 11-16   Dec 2003   [Refereed]
Mitsuhashi M, Wanibuchi H, Morimura K, Doi K, Wei M, Wada S, Nakatani T, Fukushima S
Cancer science   94(12) 1052-1058   Dec 2003   [Refereed]
Shen J, Wanibuchi H, Salim EI, Wei M, Doi K, Yoshida K, Endo G, Morimura K, Fukushima S
Toxicology and applied pharmacology   193(3) 335-345   Dec 2003   [Refereed]
Shen J, Wanibuchi H, Salim EI, Wei M, Kinoshita A, Yoshida K, Endo G, Fukushima S
Carcinogenesis   24(11) 1827-1835   Nov 2003   [Refereed]
Kinoshita A, Wanibuchi H, Morimura K, Wei M, Shen J, Imaoka S, Funae Y, Fukushima S
Carcinogenesis   24(8) 1389-1399   Aug 2003   [Refereed]
Romanenko A, Morimura K, Wanibuchi H, Wei M, Zaparin W, Vinnichenko W, Kinoshita A, Vozianov A, Fukushima S
Cancer science   94(4) 328-333   Apr 2003   [Refereed]
Seike N, Wanibuchi H, Morimura K, Wei M, Nishikawa T, Hirata K, Yoshikawa J, Fukushima S
Cancer letters   192(1) 25-36   Mar 2003   [Refereed]
Karim MR, Wanibuchi H, Wei M, Morimura K, Salim EI, Fukushima S
Cancer letters   192(1) 37-47   Mar 2003   [Refereed]
Salim EI, Wanibuchi H, Morimura K, Wei M, Mitsuhashi M, Yoshida K, Endo G, Fukushima S
Carcinogenesis   24(2) 335-342   Feb 2003   [Refereed]
Fukushima S, Wanibuchi H, Morimura K, Wei M, Nakae D, Konishi Y, Tsuda H, Takasuka N, Imaida K, Shirai T, Tatematsu M, Tsukamoto T, Hirose M, Furukawa F
Cancer letters   191(1) 35-40   Feb 2003   [Refereed]
No inhibition of urinary bladder carcinogenesis in rats with intravesical instillation of alpha-galactosylceramide.
Mitsuhashi M, Wanibuchi H, Wei M, Doi K, Morimura K, Masuda C, Wada S, Nakatani T, Kakizoe T, Fukushima S
Asian Pacific journal of cancer prevention : APJCP   4(1) 45-50   Jan 2003   [Refereed]
Lack of a dose-response relationship for carcinogenicity in the rat liver with low doses of 2-amino-3,8-dimethylimidazo[4,5-f]quinoxaline or N-nitrosodiethylamine.
Fukushima S, Wanibuchi H, Morimura K, Wei M, Nakae D, Konishi Y, Tsuda H, Uehara N, Imaida K, Shirai T, Tatematsu M, Tsukamoto T, Hirose M, Furukawa F, Wakabayashi K, Totsuka Y
Japanese journal of cancer research : Gann   93(10) 1076-1082   Oct 2002   [Refereed]
Romanenko A, Morimura K, Wei M, Zaparin W, Vozianov A, Fukushima S
The Journal of urology   168(3) 973-977   Sep 2002   [Refereed]
Carcinogenicity of dimethylarsinic acid in male F344 rats and genetic alterations in induced urinary bladder tumors.
Wei M, Wanibuchi H, Morimura K, Iwai S, Yoshida K, Endo G, Nakae D, Fukushima S
Carcinogenesis   23(8) 1387-1397   Aug 2002   [Refereed]
Iwai S, Karim R, Kitano M, Sukata T, Min W, Morimura K, Wanibuchi H, Seki S, Fukushima S
Cancer letters   179(1) 15-24   May 2002   [Refereed]
Food restriction inhibits the growth of intestinal polyps in multiple intestinal neoplasia mouse.
Kakuni M, Morimura K, Wanibuchi H, Ogawa M, Min W, Hayashi S, Fukushima S
Japanese journal of cancer research : Gann   93(3) 236-241   Mar 2002   [Refereed]
Masuda C, Wanibuchi H, Otori K, Wei M, Yamamoto S, Hiroi T, Imaoka S, Funae Y, Fukushima S
Cancer letters   163(2) 179-185   Feb 2001   [Refereed]
Wei, M. Wanibuchi, H. Yamamoto, S. Iwai, S. Morimura, K. Nomura, T. Takayama, R. Fukushima, S.
Cancer letters   161(1) 97-103   Nov 2000   [Refereed]
Wei, M. Wanibuchi, H. Yamamoto, S. Li, W. Fukushima, S.
Carcinogenesis   20(9) 1873-1876   Sep 1999   [Refereed]
Specific p53 gene mutations in urinary bladder epithelium after the Chernobyl accident
Yamamoto, S. Romanenko, A. Wei, M. Masuda, C. Zaparin, W. Vinnichenko, W. Vozianov, A. Lee, C. C. Morimura, K. Wanibuchi, H. Tada, M. Fukushima, S.
Cancer Res   59(15) 3606-3609   1999   [Refereed]
Yamamoto, S. Min, W. Lee, C. C. Salim, E. I. Wanibuchi, H. Sukata, T. Fukushima, S.
Cancer letters   135(2) 137-144   Mar 1999   [Refereed]
Chen, T. X. Wanibuchi, H. Wei, M. Morimura, K. Yamamoto, S. Hayashi, S. Fukushima, S.
Cancer letters   146(1) 67-71   Feb 2000   [Refereed]

Misc

 
細胞障害の制御とその破綻による病態発生 環境化学物質による発がんと細胞傷害・修復の破綻
鰐渕 英機, 魏 民, 藤岡 正喜, 梯 アンナ, 奥野 高裕
日本病理学会会誌   107(1) 239-239   Apr 2018
非アルコール性脂肪肝炎(NASH)の肝組織と肝がんにおけるプロテオーム解析(Proteomics of Non-Alcoholic Steatohepatitis Liver Tissue and Associated Hepatocellular Carcinomas)
梯 アンナ, 石井 真美, 奥野 高裕, 魏 民, 鰐渕 英機
日本病理学会会誌   107(1) 369-369   Apr 2018
NASH由来の肝細胞癌におけるmTORの活性化
奥野 高裕, 石井 真美, 梯 アンナ, 魏 民, 鰐渕 英機
日本病理学会会誌   107(1) 370-370   Apr 2018
発がんリスク評価法 遺伝毒性肝発がん物質超短期検出法の開発
魏 民, 藤岡 正喜, 梯 アンナ, 鰐渕 英機
日本毒性病理学会講演要旨集   34回 46-46   Jan 2018
NASHモデルの病態と機序 2つのNASHモデルマウスにおける病理組織学的所見の違い
奥野 高裕, 石井 真美, 梯 アンナ, 藤岡 正喜, 魏 民, 鰐渕 英機
日本毒性病理学会講演要旨集   34回 57-57   Jan 2018
マウス経胎盤ばく露による有機ヒ素化合物Dimethylarsinic acidの発がん性およびその機序
藤岡 正喜, 魏 民, 奥野 高裕, 熊田 賢次, 梯 アンナ, 大石 裕司, 鰐渕 英機
日本毒性病理学会講演要旨集   34回 62-62   Jan 2018
NASHの肝臓組織や肝臓癌におけるプロテオーム解析
梯 アンナ, 奥野 高裕, 藤岡 正喜, 魏 民, 鰐渕 英機
日本毒性病理学会講演要旨集   34回 68-68   Jan 2018
o-Acetoacetotoluidide(AAOT)の毒性影響の検討
熊田 賢次, 奥野 高裕, 魏 民, 藤岡 正喜, 行松 直, 梯 アンナ, 鰐渕 英機
日本毒性病理学会講演要旨集   34回 79-79   Jan 2018
BBN誘発マウス膀胱がんにおけるInk4a/Arfの役割の検討
香山 侑弘, 魏 民, 藤岡 正喜, 熊田 賢次, 奥野 高裕, 梯 アンナ, 鰐淵 英機
日本癌学会総会記事   76回 P-1003   Sep 2017
BBN誘発マウス膀胱発がんモデルにおけるAcetazolamideの抑制効果の検討
魏 民, 藤岡 正喜, 梯 アンナ, 奥野 高裕, 香山 侑弘, 熊田 賢次, 鰐渕 英機
日本癌学会総会記事   76回 P-1273   Sep 2017
CD1マウスにおけるジメチルアルシン酸(DMA)の胎児期ばく露による発がん性
藤岡 正喜, 魏 民, 熊田 賢次, 奥野 高裕, 梯 アンナ, 鰐渕 英機
日本癌学会総会記事   76回 P-2025   Sep 2017
非アルコール性脂肪肝炎の肝臓組織や肝臓癌におけるプロテオーム解析
梯 アンナ, 石井 真美, 藤岡 正喜, 魏 民, 鰐渕 英機
日本癌学会総会記事   76回 P-2026   Sep 2017
環境中の微量元素の毒性学 ヒ素の発がんリスク評価
鰐渕 英機, 魏 民, 藤岡 正喜, 梯 アンナ
The Journal of Toxicological Sciences   42(Suppl.) S160-S160   Jun 2017
1,2-ジクロロプロパンおよびジクロロメタン複合曝露によるマウス肝臓への影響(Carcinogenic effects of concurrent administration of 1,2-dichloropropane and dichloromethane in mice)
藤岡 正喜, 魏 民, 河内 聡子, 梯 アンナ, 鰐渕 英機
The Journal of Toxicological Sciences   42(Suppl.) S215-S215   Jun 2017
環境発がん 環境がおよぼす細胞・組織・臓器・個体レベルでの病理学的変化 実験的アプローチを用いたヒ素発がん性の証明とその機序の解明
鰐渕 英機, 魏 民
日本病理学会会誌   106(1) 199-199   Mar 2017
有機砒素化合物Dimethylarsinic acid誘発ラット膀胱発がんに対する抗酸化物質Apocyninの化学予防効果
土井 賢一郎, 熊田 賢次, 魏 民, 奥野 高裕, 武下 正憲, 鰐渕 英機
日本病理学会会誌   106(1) 399-399   Mar 2017
喫煙関連肺がんを用いた網羅的リン酸化プロテオーム解析による新規治療標的分子の開発
魏 民, 岡田 諭志, 藤岡 正喜, 奥野 高裕, 土井 賢一郎, 梯 アンナ, 鰐渕 英機
日本病理学会会誌   106(1) 409-409   Mar 2017
ヒト肝細胞癌における腫瘍幹細胞マーカーとしてのCD44v9の検索
梯 アンナ, 石井 真美, 魏 民, 佐谷 秀行, 鰐渕 英機
日本病理学会会誌   106(1) 443-443   Mar 2017
Dimethylarsinic acidの胎仔期暴露における発がん性の検討
魏 民, 藤岡 正喜, 辰巳 久美子, 山口 貴嗣, 北野 光昭, 梯 アンナ, 大石 裕司, 鰐渕 英機
日本毒性病理学会講演要旨集   33回 76-76   Jan 2017
CD44ノックアウトマウスにおける肝臓発がんの抑制
梯 アンナ, 辰己 久美子, 奥野 高裕, 魏 民, 鰐渕 英機
日本毒性病理学会講演要旨集   33回 77-77   Jan 2017
1,2-ジクロロプロパンおよびジクロロメタン複合暴露におけるマウス肝発がん影響
河内 聡子, 魏 民, 藤岡 正喜, 辰己 久美子, 多胡 善幸, 梯 アンナ, 鰐渕 英機
日本毒性病理学会講演要旨集   33回 77-77   Jan 2017
Dimethylarsinic acid誘発ラット膀胱発がんに対するNADPH oxidase阻害剤Apocyninの抑制効果
熊田 賢次, 土井 賢一郎, 藤岡 正喜, 魏 民, 武下 正憲, 鰐渕 英機
日本毒性病理学会講演要旨集   33回 99-99   Jan 2017
ラット経尿道直接膀胱暴露法を用いた有機ヒ素化合物DMMTAのin vivo変異原性の検討
藤岡 正喜, 魏 民, 河内 聡子, 奥野 高裕, 熊田 賢次, 串田 昌彦, 鰐渕 英機
日本毒性病理学会講演要旨集   33回 100-100   Jan 2017
1,2-DCPおよびDCM複合曝露がマウス肝発がんを促進する
河内 聡子, 魏 民, 藤岡 正喜, 辰己 久美子, 梯 アンナ, 土井 賢一郎, 鰐渕 英機
日本癌学会総会記事   75回 P-1010   Oct 2016
ハムスター二段階発がんモデルにおける1,2-DCPの発がん修飾作用
魏 民, 辰己 久美子, 藤岡 正喜, 河内 聡子, 熊田 賢次, 梯 アンナ, 鰐渕 英機
日本癌学会総会記事   75回 P-1011   Oct 2016
CD44ノックアウトマウスにおける肝臓腫瘍の発生の抑制
梯 アンナ, 石井 真美, 辰己 久美子, 魏 民, 佐谷 秀行, 鰐渕 英機
日本癌学会総会記事   75回 P-1113   Oct 2016
EGFR・ALK陰性原発性肺腺癌を用いた網羅的リン酸化プロテオーム解析
岡田 諭志, 魏 民, 山野 荘太郎, 土井 賢一郎, 梯 アンナ, 藤岡 正喜, 鰐渕 英機
日本癌学会総会記事   75回 P-1348   Oct 2016
mTOR阻害剤エベロリムスと抗PD-L1抗体の併用療法による抗腫瘍効果
平山 幸良, 魏 民, 藤岡 正喜, 梯 アンナ, 鰐渕 英機
日本癌学会総会記事   75回 P-2211   Oct 2016
分子メカニズムからみた病変把握と免疫染色 病理組織のプロテオーム解析による病変マーカー開発
鰐渕 英機, 梯 アンナ, 藤岡 正喜, 奥野 高裕, 魏 民
組織細胞化学   2016 175-189   Jul 2016
亜鉛の長期間過剰摂取が加齢マウスの学習・記憶能に及ぼす影響について
吉田 香, 魏 民, 山野 荘太郎, 木俣 勲
Biomedical Research on Trace Elements   27(2) 104-104   Jun 2016
遺伝毒性の逆襲 遺伝毒性試験から発がん性と発がんリスクを予測する 遺伝毒性・発がん性をスクリーニングするin vivo短期検索法
鰐渕 英機, 藤岡 正喜, 魏 民
The Journal of Toxicological Sciences   41(Suppl.) S127-S127   Jun 2016
ヌードマウス皮下腫瘍モデルにおけるCNPY2及びCACHD1ノックダウンにより肝細胞癌の抑制(CNPY2 and CACHD1 knockdown inhibits growth of liver cancer xenografts in nude mice)
梯 アンナ, 石井 真美, 辰己 久美子, 藤岡 正喜, 魏 民, 鰐渕 英機
日本病理学会会誌   105(1) 382-382   Apr 2016
メタボリックシンドロームモデルマウスにおける肝腫瘍の発生メカニズムの検討
石井 真美, 梯 アンナ, 辰己 久美子, 藤岡 正喜, 土井 賢一郎, 魏 民, 鰐渕 英機
日本病理学会会誌   105(1) 382-382   Apr 2016
短期間に後腹膜絨毛癌の肺転移により出血死した壮年男性の剖検例
土井 賢一郎, 石井 真美, 武貞 博治, 山本 朋納, 魏 民, 梯 アンナ, 鰐渕 英機
日本病理学会会誌   105(1) 389-389   Apr 2016
EGFR・ALK陰性原発性肺腺癌を用いた網羅的リン酸化プロテオーム解析
岡田 諭志, 山野 荘太郎, 魏 民, 西山 典利, 柴田 利彦, 鰐渕 英機
日本外科学会定期学術集会抄録集   116回 PS-149   Apr 2016
「薬毒同源」のヒ素化合物 環境化学物質および医薬品としての二面性 発がんモデルを用いたヒ素発がん性の証明とその機序の解明
鰐渕 英機, 魏 民, 梯 アンナ, 藤岡 正喜
日本薬学会年会要旨集   136年会(1) 226-226   Mar 2016
膀胱癌予防のためのリスク因子の同定と発癌機序の解明
立花 大和, 魏 民, 梯 アンナ, 鰐渕 英機
日本腎泌尿器疾患予防医学研究会誌   24(1) 24-28   Mar 2016
非遺伝毒性ラット肝発がん物質ダンマル樹脂の発がん機序の検討
藤岡 正喜, 魏 民, 山野 荘太郎, 河内 聡子, 房 赫, 武下 正憲, 鰐渕 英機
日本毒性病理学会講演要旨集   32回 63-63   Jan 2016
Mcl-1蛋白を標的とする低分子抗がん物質の毒性と有効性の評価
土井 賢一郎, 鰐渕 英機, 魏 民, 梯 アンナ, 石井 真美, 山野 荘太郎
日本毒性病理学会講演要旨集   32回 72-72   Jan 2016
メタボリックシンドロームモデルマウス(TSODマウス)における肝腫瘍の発生メカニズムの検討
石井 真美, 梯 アンナ, 辰己 久美子, 藤岡 正喜, 土井 賢一郎, 魏 民, 鰐渕 英機
日本毒性病理学会講演要旨集   32回 91-91   Jan 2016
CD44ノックアウトマウスを用いた二段階発がん性試験における肝臓腫瘍の発生の検討
梯 アンナ, 石井 真美, 辰己 久美子, 魏 民, 佐谷 秀行, 鰐渕 英機
日本毒性病理学会講演要旨集   32回 92-92   Jan 2016
CYP2E1ノックアウトマウスを用いた1,2-ジクロロプロパンの肝細胞毒性機序検討
河内 聡子, 藤岡 正喜, 辰己 久美子, 魏 民, 山野 荘太郎, 房 赫, 武下 正憲, 鰐渕 英機
日本毒性病理学会講演要旨集   32回 94-94   Jan 2016
ダンマル樹脂の雄性F344ラットにおける肝発がん性
房 赫, 魏 民, 藤岡 正喜, 辰巳 久美子, 河内 聡子, 土井 賢一郎, 石井 真美, 梯 アンナ, 山野 荘太郎, 鰐渕 英機
日本毒性病理学会講演要旨集   32回 94-94   Jan 2016
ダンマル樹脂のF344ラットを用いたがん原性試験 ダンマル樹脂はラット肝発がん物質である
魏 民, 山野 荘太郎, 藤岡 正喜, 梯 アンナ, 立花 大和, 土井 賢一郎, 鰐渕 英機
日本癌学会総会記事   74回 P-1001   Oct 2015
ダンマル樹脂のラット肝発がんメカニズムの検討
藤岡 正喜, 魏 民, 山野 荘太郎, 房 赫, 河内 聡子, 武下 正憲, 鰐渕 英機
日本癌学会総会記事   74回 P-1020   Oct 2015
ヌードマウス皮下腫瘍モデルにおけるCNPY2およびCACHD1ノックダウンによる肝発がんの抑制
梯 アンナ, 石井 真美, 楠元 久美子, 藤岡 正喜, 魏 民, 鰐渕 英機
日本癌学会総会記事   74回 P-1049   Oct 2015
ラットモデルを用いた食道腺癌発癌におけるマイクロバイオータの意義
沢田 明也, 藤原 靖弘, 魏 民, 鰐渕 英機, 荒川 哲男
日本癌学会総会記事   74回 P-1088   Oct 2015
ラット肝発がんにおけるValerianの抑制作用
石井 真美, 梯 アンナ, 魏 民, 鰐渕 英機
日本癌学会総会記事   74回 P-2370   Oct 2015
ラットにおける2-エトキシ-2-メチルプロパンの肝臓発腫瘍性機序の解明
梯 アンナ, 萩原 昭裕, 今井 則夫, 魏 民, 福島 昭治, 鰐渕 英機
The Journal of Toxicological Sciences   40(Suppl.) S234-S234   Jun 2015
紫外線に誘発される突然変異においてDNAポリメラーゼ・イータとイオタが皮膚細胞と組織で果たす役割(Roles of DNA polymerases eta and iota in UV-induced mutagenesis of skin cells and tissues)
櫻井 靖高, 横井 雅幸, 塚本 徹哉, 魏 民, 鰐渕 英機
日本病理学会会誌   104(1) 393-393   Mar 2015
プロテオーム解析によるヒトNASH肝細胞癌の分子メカニズムの検討
石井 真美, 梯 アンナ, 楠元 久美子, 藤岡 正喜, 魏 民, 桑江 優子, 大澤 政彦, 鰐渕 英機
日本病理学会会誌   104(1) 502-502   Mar 2015
肝細胞癌における新規分子マーカーとしてCNPY2およびCACHD1の同定
梯 アンナ, 石井 真美, 魏 民, 藤岡 正喜, 鰐渕 英機
日本毒性病理学会講演要旨集   31回 64-64   Jan 2015
非遺伝毒性肝発がん物質ダンマル樹脂の発がんメカニズムの検討
藤岡 正喜, 魏 民, 山野 荘太郎, 下村 衣里, 三島 胡桃, 鰐渕 英機
日本毒性病理学会講演要旨集   31回 64-64   Jan 2015
ラット肝発がんにおけるValerianの予防効果
石井 真美, 梯 アンナ, 魏 民, 福島 昭治, 鰐渕 英機
日本毒性病理学会講演要旨集   31回 65-65   Jan 2015
ハムスターBOP二段階膵胆管発がんモデルを用いた1,2-dichloropropane(1,2-DCP)の発がん修飾作用の検討
下村 衣里, 魏 民, 藤岡 正喜, 山野 荘太郎, 梯 アンナ, 鰐渕 英機
日本毒性病理学会講演要旨集   31回 67-67   Jan 2015
ラット同所同種移植による新規腎癌肺転移モデルの確立及び評価
三島 胡桃, 山野 荘太郎, 魏 民, 鰐渕 英機
日本毒性病理学会講演要旨集   31回 69-69   Jan 2015
マンガン、亜鉛および銅の長期間投与が加齢マウスの学習・記憶能に与える影響について
吉田 香, 魏 民, 山野 荘太郎, 木俣 勲
微量栄養素研究   31 32-36   Dec 2014
環境発がんのリスク評価における病理学の貢献 ヒ素の発がん機構の解明
鰐渕 英機, 魏 民
日本病理学会会誌   103(2) 25-25   Sep 2014
ハムスター化学発がんモデルを用いた1,2-dichloropropaneの発がん修飾作用の検討(Evaluation of the modifying effects of 1,2-dichloropropane on hepatobilliary and pancreatic carcinogenesis in hamsters)
魏 民, 下村 衣里, 藤岡 正喜, 山野 荘太郎, 梯 アンナ, 石井 真美, 武下 正憲, 房 赫, 鰐渕 英機
日本癌学会総会記事   73回 P-2005   Sep 2014
gpt deltaラットを用いた2-AAFの肝発がん性および変異原性の包括的評価モデルの検討(Examination of in vivo mutagenicity and carcinogenicity of 2-AAF in gpt delta rats)
藤岡 正喜, 魏 民, 山野 荘太郎, 梯 アンナ, 石井 真美, 下村 衣里, 三島 胡桃, 房 赫, 鰐渕 英機
日本癌学会総会記事   73回 P-2017   Sep 2014
紫外線照射DNAの損傷乗り越え複製においてDNAポリメラーゼイータとイオタが果たす生理的役割(Physiological roles of DNA polymerases η and ι in translesion synthesis past UV-induced DNA damage)
櫻井 靖高, 横井 雅幸, 塚本 徹哉, 小田 司, 魏 民, 山下 孝之, 鰐渕 英機, 立松 正衛, 村雲 芳樹, 花岡 文雄
日本癌学会総会記事   73回 P-3076   Sep 2014
ヒトNASH肝細胞癌におけるプロテオーム解析を用いた分子メカニズムの検討(Analysis of potential molecular candidates as cancer biomarkers and molecular mechanisms of NASH carcinogenesis)
石井 真美, 梯 アンナ, 桑江 優子, 大澤 政彦, 魏 民, 鰐渕 英機
日本癌学会総会記事   73回 P-2298   Sep 2014
ヒト肝細胞癌における新治療ターゲットの検索 CNPY2及びCACHD1(CNPY2 and CACHD1 as potential molecular therapeutic targets for human liver cancer)
梯 アンナ, 石井 真美, 桑江 優子, 房 赫, 藤岡 正喜, 魏 民, 鰐渕 英機
日本癌学会総会記事   73回 P-2324   Sep 2014
ローヤルゼリーの抗疲労効果の検証
石井 聡, 田中 雅彰, 山野 恵美, 魏 民, 渡辺 恭良, 鰐渕 英機
新薬と臨牀   63(8) 1345-1353   Aug 2014
ローヤルゼリーには優れた滋養強壮効果・抗疲労効果があるとされ、天然の滋養健康食品として世界中で広く摂取されている。その一方で、ローヤルゼリーのヒトにおける抗疲労効果に関する科学的根拠は十分ではない。本研究では疲労の中でも精神的な疲労に注目し、ローヤルゼリーを摂取することによる抗疲労効果の検証を行った。閉経後の健常女性40名を対象にプラセボ対照二重盲検クロスオーバー試験を実施した。疲労の評価としてローヤルゼリーおよびプラセボの4週間摂取の前後に精神的な疲労負荷課題を実施し、その前後および休憩...
化学発がん物質のリスク評価における閾値問題
福島 昭治, 魏 民, 梯 アンナ, 鰐渕 英機
The Journal of Toxicological Sciences   39(Suppl.) S15-S15   Jul 2014
実験動物福祉および実験動物モデルの新たな展開 国際動向を探る 遺伝子改変動物モデルの毒性評価への応用
鰐渕 英機, 魏 民
The Journal of Toxicological Sciences   39(Suppl.) S61-S61   Jul 2014
【職業・環境発がん:メカニズムと病理】 ヒ素中毒・発がんの機序と現状
藤岡 正喜, 魏 民, 鰐渕 英機
病理と臨床   32(6) 638-642   Jun 2014
マウス肺扁平上皮癌において気管支肺胞幹細胞がオリジンである可能性
山野 荘太郎, 魏 民, 藤岡 正喜, 鰐渕 英機
日本病理学会会誌   103(1) 202-202   Mar 2014
EHEN誘発ラット腎発がんにおいて内因性NADPH oxidase阻害剤apocyninは抑制作用を有する
三島 胡桃, 山野 荘太郎, 藤岡 正喜, 魏 民, 鰐渕 英機
日本病理学会会誌   103(1) 233-233   Mar 2014
ヒト肝細胞癌におけるLC-MS/MS及びin vitro機能解析を用いた新規特異的候補分子ターゲットの検討
梯 アンナ, 桑江 優子, 石井 真美, 魏 民, 鰐渕 英機
日本病理学会会誌   103(1) 317-317   Mar 2014
免疫組織染色の定量法
藤岡 正喜, 山野 荘太郎, 魏 民, 鰐渕 英機
細胞工学   33(3) 316-322   Feb 2014
EHEN誘発ラット腎発がんにおいて内因性NADPH oxidase阻害剤apocyninは抑制作用を有する
三島 胡桃, 山野 荘太郎, 藤岡 正喜, 魏 民, 北野 光昭, 鰐渕 英機
日本毒性病理学会講演要旨集   30回 57-57   Jan 2014
ラット膀胱におけるプロポリスの発がん促進作用及びその機序の検討
藤岡 正喜, 魏 民, 山野 荘太郎, 下村 衣里, 三島 胡桃, 福永 賢輝, 鰐渕 英機
日本毒性病理学会講演要旨集   30回 62-62   Jan 2014
肝発がんにおけるLC-Ms/Ms及びin vitro機能解析を用いた新規特異的候補分子の検討
梯 アンナ, 石井 真美, 藤岡 正喜, 魏 民, 鰐渕 英機
日本毒性病理学会講演要旨集   30回 85-85   Jan 2014
シリアンハムスターにおける1,2-dichrolopropanの強制経口投与による肝毒性とその発現機序の検討
魏 民, 山野 荘太郎, 藤岡 正喜, 梯 アンナ, 下村 衣里, 神吉 將之, 鰐渕 英機
日本毒性病理学会講演要旨集   30回 88-88   Jan 2014
EHEN投与ラットの前腸由来臓器への分化多能性を示す肝芽腫の一例
山野 荘太郎, 尾崎 清和, 武田 周二, 串田 昌彦, 井澤 武史, 山手 丈至, 平田 暁大, 藤岡 正喜, 魏 民, 鰐渕 英機
日本毒性病理学会講演要旨集   30回 93-93   Jan 2014
DMAVおよびiAsIIIのラット膀胱、肝臓における変異原性の解析
下村 衣里, 藤岡 正喜, 魏 民, 山野 荘太郎, 梯 アンナ, 串田 昌彦, 鰐渕 英機
日本毒性病理学会講演要旨集   30回 95-95   Jan 2014
ラット中期多臓器発がんモデルを用いたDPAA(diphenyl arsenic acid)の発がん修飾作用の検討
奥村 真衣, 藤岡 正喜, 魏 民, 山野 荘太郎, 三島 胡桃, 多胡 善幸, 鰐渕 英機
日本毒性病理学会講演要旨集   30回 110-110   Jan 2014
ラット中期多臓器発がん性試験法を用いたDPAA(diphenyl arsenic acid)の発がん修飾作用の検討(Evaluation of carcinogenesity of DPAA in a rat medium-term multi-organ carcinogenicity bioassay)
奥村 真衣, 藤岡 正喜, 山野 荘太郎, 梯 アンナ, 魏 民, 鰐渕 英機
日本癌学会総会記事   72回 216-216   Oct 2013
1,2-ジクロロプロパンのマウスおよびハムスターの肝臓における代謝および毒性発現機序の検討(Evaluation of the metabolic basis of hepatotoxicity of 1,2- dichloropropane in male B6C3F1 mice and Syrian hamsters)
魏 民, 山野 荘太郎, 藤岡 正喜, 加藤 実, 武下 正憲, 梯 アンナ, 鰐渕 英機
日本癌学会総会記事   72回 218-218   Oct 2013
gpt deltaラットを用いたDMA(V)、iAs(III)の変異原性および遺伝子変化の検討(Evaluation of in vivo mutagenicity of DMA(V) and iAs(III) in gpt delta rats)
藤岡 正喜, 魏 民, 山野 荘太郎, 奥村 真衣, 下村 衣里, 梯 アンナ, 鰐渕 英機
日本癌学会総会記事   72回 218-218   Oct 2013
職業性胆管がんの原因候補物質であるハロゲン系炭化水素由来のDNA付加体及び変異原性の解析(DNA adduct formation and mutagenicity of Haloalkanes responsible for bile duct cancer developed in the printing industry)
石野 孔輔, 戸塚 ゆ加里, 松島 芳隆, 鰐渕 英機, 魏 民, 山野 荘太郎, 中森 正二, 柴田 龍弘, 土原 一哉, 落合 淳志, 中釜 斉
日本癌学会総会記事   72回 220-220   Oct 2013
内因性NADPHオキシダーゼインヒビターであるアポサイニンはラット腎発がんにおいて発がん抑制作用を有する(NADPH oxidase inhibitor apocynin has chemopreventive effect in EHEN-induced rat renal carcinogenesis)
山野 荘太郎, 魏 民, 藤岡 正喜, 多胡 善幸, 北野 光昭, 三島 胡桃, 鰐渕 英機
日本癌学会総会記事   72回 226-226   Oct 2013
肺腺癌におけるPTRF/Cavin-1発現と予後との関連(Expression of PTRF/Cavin-1 is associated with poor prognosis of lung adenocarcinoma)
井上 英俊, 魏 民, 小松 弘明, 山野 荘太郎, 梯 アンナ, 西山 典利, 鰐渕 英機
日本癌学会総会記事   72回 378-378   Oct 2013
ヒト肝細胞癌における新規特異的候補分子ターゲットの機能解析(Functional analysis of novel molecular candidates as therapeutic targets for human liver cancer)
梯 アンナ, 桑江 優子, 加藤 実, 山野 荘太郎, 神吉 将之, 魏 民, 若狭 研一, 鰐渕 英機
日本癌学会総会記事   72回 446-446   Oct 2013
ヒト浸潤性膵管癌における新規バイオマーカー候補分子の検討(Identification of Novel Protein Biomarkers for Human Pancreatic Ductal Adenocarcinoma)
桑江 優子, 梯 アンナ, 魏 民, 若狭 研一, 鰐渕 英機
日本癌学会総会記事   72回 447-447   Oct 2013
原発性肺腺癌組織におけるNapsin Aの発現と予後の相関
井上 英俊, 西山 典利, 魏 民, 梯 アンナ, 花田 庄司, 小松 弘明, 鰐渕 英機
日本病理学会会誌   102(1) 420-420   Apr 2013
ヒト肝細胞癌における特異的候補分子の機能解析
鰐渕 英機, 桑江 優子, 魏 民, 若狭 研一, 梯 アンナ
日本病理学会会誌   102(1) 465-465   Apr 2013
膀胱発がん物質の早期検出microRNAマーカーの検討
魏 民, 山野 荘太郎, 加藤 実, 藤岡 正喜, 梯 アンナ, 神吉 将之, 鰐渕 英機
日本毒性病理学会講演要旨集   29回 52-52   Jan 2013
ラットにおける非遺伝毒性肝発がん物質と毒性フェノタイプを予測できる遺伝子マーカーセットの探索
神吉 将之, 魏 民, 梯 アンナ, 山野 荘太朗, 鰐渕 英機
日本毒性病理学会講演要旨集   29回 55-55   Jan 2013
gpt deltaラットを用いた2-AAFの肝発がん性および変異原性の包括的評価モデルの検討
奥村 真衣, 魏 民, 山野 荘太郎, 藤岡 正喜, 多胡 善幸, 北野 光昭, 鰐渕 英機
日本毒性病理学会講演要旨集   29回 55-55   Jan 2013
マウス肺扁平上皮癌モデルにおける気管支肺胞幹細胞のcancer initiating cellとしての可能性
山野 荘太郎, 魏 民, 藤岡 正喜, 梯 アンナ, 岡部 恭子, 武下 正憲, 鰐渕 英機
日本毒性病理学会講演要旨集   29回 57-57   Jan 2013
マウス肺発がん過程におけるロサルタンの修飾作用の検討
岡部 恭子, 山野 荘太郎, 魏 民, 藤岡 正喜, 謝 暁利, 串田 昌彦, 鰐渕 英機
日本毒性病理学会講演要旨集   29回 71-71   Jan 2013
ラット膀胱発がん物質DMA(V)のin vivo変異原性の検討
藤岡 正喜, 魏 民, 山野 荘太郎, 岡部 恭子, 福永 賢輝, 謝 暁利, 鰐渕 英機
日本毒性病理学会講演要旨集   29回 90-90   Jan 2013
がんモデルマウス・ラットライブラリ(第5回) 肺がんモデル
鰐渕 英機, 山野 荘太郎, 魏 民
細胞工学   31(12) 1384-1389   Nov 2012
マウス肺扁平上皮癌の発がん過程早期における気管支肺胞幹細胞の関与(Involvement of Bronchiolar Alveolar Stem Cell for Early Stage of Carcinogenic Process in Mice Lung SCC)
山野 荘太郎, 魏 民, 田尻 正喜, 梯 アンナ, 岡部 恭子, 奥村 真衣, 多胡 善幸, 鰐渕 英機
日本癌学会総会記事   71回 123-124   Aug 2012
gpt deltaラットを用いた膀胱粘膜におけるin vivo変異原性の評価法の確立(Establishment of a new in vivo mutagenicity test using bladder urothelial cells of got delta rats)
藤岡 正喜, 魏 民, 山野 荘太郎, 岡部 恭子, 奥村 真衣, 武下 正憲, 鰐渕 英機
日本癌学会総会記事   71回 125-125   Aug 2012
プロテオーム解析による新規肺神経内分泌癌のバイオマーカー検索(Proteomics of human lung neuroendocrine carcinoma to detect potential biomarkers applicable in clinical practice)
小松 弘明, 西山 典利, 山野 荘太郎, 花田 庄司, 井上 英俊, 梯 アンナ, 魏 民, 鰐渕 英機
日本癌学会総会記事   71回 164-164   Aug 2012
FFPE標本を用いたヒト浸潤性膵管癌のプロテオーム解析(Proteomics of Human Pancreatic Ductal Adenocarcinoma using FFPE Section)
桑江 優子, 梯 アンナ, 魏 民, 若狹 研一, 鰐渕 英機
日本癌学会総会記事   71回 194-194   Aug 2012
マウス肺発がん過程におけるロサルタンの修飾作用の検討(Effects of AT1 receptor blocker Losartan on mice lung carcinogenesis)
岡部 恭子, 山野 荘太郎, 魏 民, 加藤 実, 田尻 正喜, 謝 暁利, 鰐渕 英機
日本癌学会総会記事   71回 196-196   Aug 2012

Research Grants & Projects

 
chemical carcinogenesis, cancer chemopevention