石原 あえか

J-GLOBALへ         更新日: 19/03/06 14:31
 
アバター
研究者氏名
石原 あえか
 
イシハラ アエカ
所属
東京大学
部署
大学院総合文化研究科 言語情報科学専攻
職名
教授

研究分野

 
 

経歴

 
2017年10月
 - 
現在
東京大学大学院総合文化研究科 言語情報科学専攻 教授
 
2011年4月
 - 
現在
愛知県立芸術大学 教養・教育 非常勤講師
 
2013年10月
 - 
2014年3月
九州大学大学院 人文科学研究院 非常勤講師
 
2012年10月
 - 
2013年3月
慶應義塾大学 理工学部 非常勤講師
 
2012年4月
 - 
2017年9月
東京大学大学院総合文化研究科  言語情報科学専攻 准教授
 

学歴

 
1994年4月
 - 
1999年3月
慶應義塾大学 文学研究科 後期博士課程 独文学専攻
 
1992年4月
 - 
1994年3月
慶應義塾大学 文学研究科 修士課程 独文学専攻
 
1995年10月
 - 
1998年2月
ケルン大学 Ph.D. (Dr. phil.) 主専攻:ドイツ語ドイツ文学 第一副専攻:日本学 第二副専攻:教育哲学
 
1988年4月
 - 
1992年3月
慶應義塾大学 文学部 独文学専攻
 

委員歴

 
2018年4月
 - 
現在
国土地理院  測量行政懇談会委員
 
2014年2月
 - 
現在
Siebold-Wissenschaftsstiftung  理事(Stiftungsrat, Kuratorium)
 
2013年6月
 - 
2015年5月
日本独文学会  企画理事
 

受賞

 
2013年6月
ドイツ連邦共和国大統領 フィリップ・フランツ・フォン・ジーボルト賞
 
2010年12月
サントリー文化財団 サントリー学芸賞(芸術・文学部門)
 
2007年
第三回日本学術振興会賞
 
2007年
第三回日本学士院学術奨励賞
 
2006年
第3回日本独文学会賞(ドイツ語論文部門)
 

論文

 
老ゲーテと補綴術 『ヴィルヘルム・マイスターの遍歴時代』の挿話「五十歳の男」をめぐって
石原 あえか
モルフォロギア   (40) 74-88   2019年1月   [査読有り]
地球の真の姿を求めて ドイツ文学者から見た近代測量の歴史
石原 あえか
言語・情報・テクスト   (25) 15-26   2018年12月
2018年6月、国土地理院報告会・特別講演の内容書下ろし。
石原 あえか
むしはむしでもはらのむし通信   (198) 3-8   2018年12月   [査読有り][招待有り]
ドイツ語圏ムラージュの現在(3)ゲーテ大学フランクフルト・アム・マイン皮膚科学教室
石原 あえか
西日本皮膚科   80(5) 425-430   2018年10月   [査読有り][招待有り]
ドイツ語圏ムラージュの現在(2)スイス・チューリッヒ大学附属ムラージュ博物館
石原 あえか
西日本皮膚科   80(3) 190-195   2018年6月   [査読有り]
地球一周分を旅した詩人ゲーテと地図 ブラウフース作《ヴァイマル公の公園図》とケーファーシュタイン作《ドイツ総合地質図》を例として
石原 あえか
『地図 空間表現の科学』   56(1) 79-87   2018年3月   [査読有り][招待有り]
ドイツ語圏ムラージュの現在(1) ベルリン・シャリテ医学史博物館とゲッティンゲン大学医学史研究所
石原 あえか
西日本皮膚科   80(1) 9-14   2018年2月   [査読有り]
Über die wissenschaftliche Karriere des Bakteriologen Taichi KITASHIMA
石原 あえか/エンケ ウルリーケ
Historia Scientiarum   27(2) 254-277   2018年2月   [査読有り]
Goethe und das Café Juchheim in Frankfurt. Eine kleine Kulturgeschichte am Beispiel des deutschen Baumkuchens
石原 あえか
Jahrbuch des Freien Deutschen Hochstifts   (2017) 297-308   2017年12月   [査読有り]
イェーナ時代のシェリングとカロリーネ、そしてゲーテ ゲーテ研究からの三者相互影響関係再構成の試み
石原 あえか
シェリング年報   (25) 84-95   2017年7月   [招待有り]
2016年7月2日に京都産業大学で行われたシェリング協会全国大会での特別報告をベースに論文にしたもの。ドイツ語レジュメ付き(S.6)

Misc

 
石原 あえか
『メディカル・トリビューン』   51(13) 13-13   2018年6月
「Culture Review みる・よむ・学ぶ」掲載のインタビュー。より詳しいWeb版は2018年6月21日公開「君はムラージュを見たか、見る者を虜にする蝋製模型標本」(登録会員限定) 
ヴァイマル公国 道路建設委員長 ゲーテ
石原 あえか
土木學會誌   102(11) 60-61   2017年11月   [査読有り][依頼有り]
「外から見える土木」連載第34回への寄稿。
石原 あえか
日本学術振興会HP掲載シリーズ:独創の原点 私の「特別研究員・海外特別研究員」時代      2017年1月   [依頼有り]
『近代測量史への旅』こぼれ話(2) 天文学者及び測量技師の肖像をめぐって
石原 あえか
測量 地理空間情報の科学と技術   66(11) 31-31   2016年11月   [依頼有り]
『近代測量史への旅』こぼれ話(1) 歴史的測量機材を眺めながら
石原 あえか
測量 地理空間情報の科学と技術   66(10) 33-33   2016年10月   [依頼有り]

書籍等出版物

 
ユリイカ 詩と批評 特集・図鑑の世界
石原 あえか (担当:分担執筆, 範囲:ゲーテと図鑑)
青土社   2018年10月   ISBN:978-4-7917-0356-2
高木友枝 台湾衛生学の父
石原 あえか (担当:共著, 範囲:所収論文5編および本冊子編集)
学校法人北里研究所   2018年3月   
2015年度サントリー文化財団採択の研究課題の成果報告。ISSN 2433-7900.
日本のムラージュ 近代医学と模型技術 皮膚病・キノコ・寄生虫
石原 あえか
青弓社   2018年1月   ISBN:978-4-7872-3430-8
科研費共同研究プロジェクト(挑戦的萌芽/基盤研究C)の研究成果。日本国内に辛うじて現存する主に皮膚科泌尿器科を中心に20世紀初頭から半世紀にわたって使用された蝋製医学標本「ムラージュ」について、その所蔵状況はもとより、歴史的背景と受容を一般でも読めるフルカラーの書籍にまとめた。ドイツ語圏内の保存活動などにも言及。写真撮影は研究分担者(東京造形大教授)の大西成明氏による。
『原典 ルネサンス自然学』
池上俊一(監修) (担当:単訳, 範囲:コンラート・ゲスナー(石原あえか訳):『動物誌』(犬と狼について)、上巻、p.81-117)
名古屋大学出版会   2017年7月   ISBN:978-4-8158-0880-8
化学史事典
化学史学会編 (石原あえか) (担当:分担執筆, 範囲:「ゲーテ」の項目 p.225)
化学同人   2017年3月   

講演・口頭発表等

 
石原 あえか
Vortrag (Veranstaltungen zum Jubiläum des Großherzogs Carl Alexanders)   2018年8月30日   Freundesgesellschaft des Goethe- und Schiller-Archivs
Philipp Franz von Siebold (1796–1866), der wegen des Besitzes geheimer Karten der Spionage bezichtigt und 1830 aus Japan ausgewiesen worden war, publizierte 1836 das monumentale Werk Nippon. Obwohl die meisten seiner Karten erst nach 1851 veröffen...
石原 あえか
第47回国土地理院報告会   2018年6月6日   国土地理院
伊能忠敬とドイツ詩人ゲーテは近代天文学隆盛期の同時代人であり、ともに地図の重要性を知っていた。この共通点に注目し、地理的に遠い日本とドイツ間の学問的親和性と交流の歴史を辿る。
地球が完全な球体でないなら、どんな回転楕円体なのか?それを知るため、仏王立アカデミーはラップランドとペルーに遠征隊を送った。仏革命後は、子午線弧長から1mを定義すべく、パリ子午線計測が行われた。日本で伊能が沿岸測量を行っている頃、ドイツではガウスやミュフリングが三角測量に勤しみ、A. v.フンボルトは南米チンボラソ火...
石原 あえか
Goethe-Gesellschaft Bonn e.V.   2018年3月14日   Goethe-Gesellschaft Bonn
石原 あえか
三鷹市民と東京大学三鷹国際学生宿舎生との集い   2017年12月2日   東京大学教養学部
石原 あえか
日本地図学会定期大会   2017年8月9日   日本地図学会

Works

 
Goethe International (Dokumentationsfilm)
石原 あえか   その他   2016年9月 - 2016年11月
フランクフルト・ゲーテ博物館制作の短いドキュメントフィルム協力(ドイツ語インタビューとゲーテの詩Gefundenの日本語朗読)。2016年9月-11月に開催された特別展Von den "Rhein und Mayn Gegenden" zur Weltliteratur: Goethes Zeitschrift ‚Ueber Kunst und Alterthum‘向けに収録・展示会場で使用。
フォルクマー・ハンゼン氏講演会『ハイネと技術革命』(企画責任者・字幕翻訳・逐次通訳)
石原 あえか   その他   2013年6月
「ゲーテ自然科学論集 新訳の完結」
石原あえか   その他   2010年11月
『ゲーテの孫に感謝 文豪の作品を護る人々』
2010年10月
『ファウストとホムンクルス』マンフレート・オステン著
2009年12月

競争的資金等の研究課題

 
ゲーテと自然科学 天文学・地理学・地学を中心に
日本学術振興会: 科研費・基盤研究(C)
研究期間: 2018年4月 - 2021年3月    代表者: 石原 あえか
近代日本における衛生学の発展 北里柴三郎の門弟を中心に
日本学術振興会: 科研費・基盤研究(C)
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月    代表者: 石原 あえか
台湾衛生学の父・高木友枝 日・中・独三言語資料分析にもとづく国際人の肖像
サントリー文化財団: 人文科学・社会科学に関する学際的グループ研究助成
研究期間: 2015年8月 - 2016年7月    代表者: 石原 あえか
日本におけるムラージュの系譜 近代皮膚科を支えた技師たち
日本学術振興会: 科研費・挑戦的萌芽研究
研究期間: 2013年4月 - 2015年3月    代表者: 石原 あえか
"Die Vermessbarkeit der Erde. Die Geschichte der angewandten Astronomie der Goethezeit aus literaturwissenschaftlicher Sicht."
研究期間: 2009年 - 2010年