小林 宏充

J-GLOBALへ         更新日: 18/12/04 23:43
 
アバター
研究者氏名
小林 宏充
 
コバヤシ ヒロミチ
ハンドル
handle0061372
eメール
hkobayaskeio.jp
所属
慶應義塾大学
部署
法学部法学部共通
職名
教授
学位
工学博士(東京工業大学)
科研費研究者番号
60317336

研究分野

 
 

経歴

 
1998年4月
 - 
1999年3月
科学技術振興事業団研究員
 
1999年4月
 - 
2003年3月
大学専任講師(法学部)
 
2003年4月
 - 
2009年3月
大学助教授(法学部)
 
2005年3月
 - 
2007年3月
米国スタンフォード大学 Center for Turbulence Research Senior Visiting Fellow
 
2009年4月
   
 
大学教授(法学部)
 

学歴

 
 
 - 
1994年3月
東京工業大学 応用物理学科 
 
 
 - 
1996年3月
東京工業大学 総合理工学研究科 エネルギー科学専攻
 
 
 - 
1998年3月
東京工業大学 総合理工学研究科 創造エネルギー専攻
 

委員歴

 
2018年4月
 - 
2020年3月
日本流体力学会  代議員
 
2018年2月
 - 
2019年7月
11th International Symposium on Turbulence and Shear Flow Phenomena (TSFP-11), Southampton 2019  Advisory Committee Member
 
2016年2月
 - 
2017年7月
10th International Symposium on Turbulence and Shear Flow Phenomena (TSFP-10), Chicago 2017  Advisory Committee Member
 
2015年4月
 - 
2018年3月
日本流体力学会 年会 OS「数値計算・乱流モデリング」  オーガナイザ
 
2015年4月
 - 
2017年3月
日本流体力学会  代議員
 

受賞

 
2013年1月
HPCS 2013(ハイパフォーマンスコンピューティングと計算科学シンポジウム)最優秀論文賞 格子ボルツマン法による1m格子を用いた都市部10km四方の大規模LES気流シミュレーション
受賞者: 小野寺 直幸,青木 尊之,下川辺 隆史,小林 宏充
 
2012年6月
京コンピュータ・シンポジウム2012最優秀ポスター
受賞者: Xian Wang, Satori Tsuzuki, Takayuki Aoki, Hiromichi Kobayashi, Naoyuki Onodera, Tatsuji Miyashita
 
2010年2月
日本流体力学会 2009年度 日本流体力学会 竜門賞 乱流構造に基づくサブグリッドスケールモデルの開発
受賞者: 小林 宏充
 
以下3つの業績による。
(1) H. Kobayashi: "The subgrid-scale models based on coherent structures for rotating homogeneous turbulence and turbulent channel flow," Physics of Fluids, Vol. 17, 045104 (2005). (2) H. Kobayashi, F. Ham and X. Wu: "Application of a ...

論文

 
Improvement of SGS model using scale-similarity model based on analysis of SGS force and SGS energy transfer
Hiromichi Kobayashi
International Journal of Heat and Fluid Flow   72 329-336   2018年8月   [査読有り]
Hiromichi Kobayashi, Satoshi Yui, Makoto Tsubota
arXiv      2018年6月
Satoshi Yui, Makoto Tsubota, Hiromichi Kobayashi
Physical Review Letters   120(155301)    2018年4月   [査読有り]
小林宏充
日本エネルギー学会機関誌えねるみくす   96 193-198   2017年3月   [招待有り]
Hiromichi Kobayashi, Yoshihiro Okuno
IEEJ Transactions on Power and Energy   136(10) 773-778   2016年10月   [査読有り]

書籍等出版物

 
青木淳一、秋山豊子、大平哲、金谷信宏、小林 宏充、杉本憲彦、六車明 (担当:共著)
慶應義塾大学出版会   2017年8月   ISBN:978-4-7664-2446-1
高効率MHD発電とその応用
小林 宏充 (担当:共著, 範囲:18-22)
電気学会   2017年5月   
宮内敏雄,店橋護,小林 宏充 (担当:共著)
数理工学社   2014年11月   ISBN:978-4-86481-023-4
MHD技術応用
小林 宏充 (担当:共著, 範囲:24-26)
電気学会   2013年4月   
MHD技術応用
小林 宏充 (担当:共著, 範囲:21-23)
電気学会   2013年4月   

講演・口頭発表等

 
超新星中の中性ニュートリノ乱流におけるカイラル渦効果の数値計算
小林 宏充、山本直希、奥野喜裕
流体力学会年会2018   2018年9月   日本流体力学会
Numerical Study on Entrance Length in Thermal Counterflow of Superfluid 4He
Hiromichi Kobayashi, Satoshi Yui, Makoto Tsubota
International Symposium on Quantum Fluids and Solids (QFS2018)   2018年7月   
Numerical Study of Coupled Dynamics in the Two-Fluid Model for Superfluid 4He
Satoshi Yui, Makoto Tsubota, Hiromichi Kobayashi
International Symposium on Quantum Fluids and Solids (QFS2018)   2018年7月   
超流動4Heにおける2流体結合ダイナミクス:熱対向流における常流動速度場の変形
湯井悟志,坪田誠,小林 宏充
日本物理学会 第73回年次大会   2018年3月   日本物理学会
カイラル効果を考慮した超新星爆発シミュレーション
中野義之,小林 宏充,奥野喜裕
電気学会 新エネルギー・環境研究会   2017年9月   電気学会

Works

 
FD(Faculty Development)WORKSHOP第1回/双方向授業を目指して-携帯電話によるアンケート・小テストの実施-
小林 宏充   その他   2004年10月

競争的資金等の研究課題

 
量子乱流と常流体乱流の結合計算による2流体乱流の特性解明
日本学術振興会: 科学研究費補助金 基盤研究(C)
研究期間: 2018年4月 - 2021年3月    代表者: 小林 宏充
乱流中のスケール間エネルギー輸送の解析的評価
日本学術振興会: 科学研究費補助金 基盤研究(C)
研究期間: 2014年4月 - 2017年3月    代表者: 小林 宏充
GPUスパコンによる気液二相流と物体の相互作用の超大規模シミュレーション
日本学術振興会: 科学研究費補助金 基盤研究(B)
研究期間: 2011年4月 - 2014年3月    代表者: 青木 尊之
流体音響理論を用いたエアリード楽器の解析
日本学術振興会: 科学研究費補助金 基盤研究(C)
研究期間: 2011年4月 - 2014年3月    代表者: 高橋 公也
液体金属MHD発電機内乱流の再層流化現象と渦電流による壁面ジェット流の解明
日本学術振興会: 科学研究費補助金 基盤研究(C)
研究期間: 2011年4月 - 2014年3月    代表者: 小林 宏充
LESにおける乱流中のコヒーレント構造に基づく壁モデルの検討
日本学術振興会: 科学研究費補助金 若手研究(B)
研究期間: 2008年4月 - 2010年3月    代表者: 小林 宏充
多モーメント手法による多目的CFDコアの開発
日本学術振興会: 科学研究費補助金 基盤研究(B)
研究期間: 2007年4月 - 2010年3月    代表者: 青木 尊之
シード物質を用いない希ガス凍結プラズマMHD発電に関する研究
日本学術振興会: 科学研究費補助金 奨励研究(A)
研究期間: 2000年4月 - 2002年3月    代表者: 小林 宏充