小菅 隼人

J-GLOBALへ         更新日: 19/06/29 04:12
 
アバター
研究者氏名
小菅 隼人
 
コスゲ ハヤト
eメール
hamletkeio.jp
所属
慶應義塾大学
部署
理工学部 外国語・総合教育教室
職名
教授
学位
文学修士(慶應義塾)
その他の所属
教養研究センターデジタルメディア・コンテンツ統合研究センターアート・センター
科研費研究者番号
40248993

プロフィール

Hayato KOSUGE (hamlet@a3.keio.jp) is professor of Foreign Languages and Liberal Arts, Keio University, Tokyo. He earned BA and MA degrees in English literature at Keio University, and finished doctoral course in 1993 at Keio. His research interests include the Japanese underground movement of the 1960s and 1970s, with a focus on Butoh. He is involved in the Hijikata Tatsumi Archive in Keio University Art Centre, and is a research fellow at the Research Institute for Digital Media and Content, Keio University. He is the project leader of the research group, Portfolio Butoh. He is also interested in English Tudor drama mainly focusing on Shakespearean dramaturgy. Regarding Shakespeare not as canonical but as material sources, he has been considering the relationship between the dramatic conventions and the cultural context, and the influences and contrasts of performance between East and West. Among his many publications, he is the editor of Fuhai to Saisei (Corruption and Regeneration), and coauthor of Shintai I Bunka-ron (Body, Medicine, and Culture). He is visiting scholar at the University of Cambridge in 1996-98, and Stanford University in 2003. He will be in the position of the Director of Keio Research Center for Liberal Arts from October 2014.

研究分野

 
 

経歴

 
1988年4月
 - 
1990年3月
山脇学園短期大学 英文科 非常勤講師
 
1990年4月
 - 
1993年3月
山脇学園短期大学 英文科 専任講師
 
1990年4月
 - 
1993年3月
慶應義塾大学 理工学部 非常勤講師
 
1990年4月
 - 
1994年3月
青山学院大学 経済学部 非常勤講師
 
1993年4月
 - 
1995年3月
帝京大学 文学部 非常勤講師
 

学歴

 
1985年3月
   
 
慶應義塾 文学部 英米文学科
 
1987年3月
   
 
慶應義塾 文学研究科 英米文学専攻
 
1990年3月
   
 
慶應義塾 文学研究科 英米文学専攻
 

委員歴

 
1998年4月
 - 
現在
International Federation for Theatre Research  理事(2013年7月~現在)
 
1993年4月
 - 
現在
日本演劇学会  理事(2010年6月~現在),副会長(2014年6月~現在),編集長(2018年6月~現在)
 
1990年4月
 - 
現在
日本演劇学会分科会西洋比較演劇研究会  代表(2011年4月~現在)
 
1990年4月
 - 
2015年3月
日本英文学会  会員
 
1990年4月
 - 
2019年3月
日本シェイクスピア協会  会員
 

論文

 
繋がっていること,独りであること―舞踏家上杉満代に聞く―
小菅 隼人
人文科学第34号:慶應義塾大学日吉紀要 H-34   (34) 27-70   2019年6月
祈りとしての舞踏―舞踏家大野慶人に聞く
小菅 隼人
日吉紀要:言語・文化・コミュニケーション   (50) 19-51   2018年12月
漆黒の闇から純白の拡がりへ―舞踏家雪雄子に聞く―
小菅 隼人
人文科学第33号:慶應義塾大学日吉紀要 H-33   (33) 35-77   2018年6月
包み込む闇の身体―舞踏家小林嵯峨に聞く
小菅 隼人
日吉紀要:言語・文化・コミュニケーション   (49) 41-68   2017年12月
舞踏印象調査
小菅隼人、大谷理奈
慶應義塾大学アート・センター年報(2016/2017)   (24) 120-126   2017年7月
This paper will be composed of two distinct sections, the first dealing with the historical and contextual background of the word Butoh, and the second with the results of a survey research. The survey aimed to extract the images that people have ...

Misc

 
教養を楽しむために
小菅 隼人
塾   (303) 2-3   2019年7月   [依頼有り]
『カフェ・ミュラー』をアーカイブ映像で見ることの意味について
小菅 隼人
舞台芸術21:アーカイブを批評する   21 120-122   2018年3月   [依頼有り]
本稿では、『カフェ・ミュラー』そのものの解釈や意義付けではなく、この作品をアーカイブ映像で見ることの意味について筆者の試論を示したい。記録されたダンス作品に我々が向かい合う時、ライブのパフォーマンス体験と比べて、そこでは何が失われ、何が付け加えられるのか?映像を用いて解釈する時に何に留意すべきなのか?特に『カフェ・ミュラー』を映像化する時、そこにはどのような特徴が出現するのだろうか?というのが筆者の基本的な問題意識である。なお、『カフェ・ミュラー』については、L'Arche Editeur...
小菅 隼人
Performance Studies international Fluid States 2015 Tohoku, Japan: Select conference proceedings   10-13   2016年7月

書籍等出版物

 
The Routledge Companion to Butoh Performance
小菅 隼人 (担当:分担執筆, 範囲:Chap. 23. The Expanding Universe of Butoh: the Challenge of Bishop Yamada in Hoppo Butoh-ha and Shiokubi (1975))
Routledge   2018年8月   ISBN:978-1138691094
Bishop and Hoppo Butoh-ha accepted the challenge of presenting their butoh as site-specific, rural performances. While one might consider his experiment in actualizing Hijikata’s mythic northern butoh in the real world to ultimately have been a fa...
演劇を問う、批評を問う――ある演劇研究集団の試み
小菅 隼人 (担当:分担執筆, 範囲:第1部第7節『リチャード三世』をめぐって pp. 120-33)
論創社   2017年12月   ISBN:978-4-8460-1681-4
『学びなおしEnglish』
小宮繁小菅 隼人 (担当:共著)
慶應義塾大学出版会   2016年3月   ISBN:978-4-7664-2301-3
『新訂ベスト・プレイズ―西洋古典戯曲12選』
日本演劇学会分科会西洋比較演劇研究会(代表小菅隼人) (担当:単訳, 範囲:編著、『ハムレット』翻訳、解説)
論創社   2011年9月   ISBN:978-4-8460-0974-8
白凰社版『ベスト・プレイズ』(2000)の改訂新版
『演劇論の変貌』
小菅隼人 (担当:共訳, 範囲:デイヴィッド・ウイットン「演劇研究における実践の位置付けの転換」)
論創社   2007年10月   

講演・口頭発表等

 
「演劇にみる《王の二つの身体》―軍神,天皇,Kaiserin―」問題提起
#H小菅 隼人,萩原健,熊谷知子,稲山玲,田中里奈
日本絵劇学会分科会西洋比較演劇研究会シンポジウム   2019年1月12日   日本絵劇学会分科会西洋比較演劇研究会
なぜ演劇研究の場で「天皇」を問題にするか
(1)天皇制を演劇的視点から見る時,天皇制はどのような構造―どのような形態と機能―を持っているのか?〈天皇/民衆〉が見る存在である共に見られる存在であったとすれば,天皇制をパフォーマンスとして見ることは,翻って〈舞台/観客〉という演劇の構造を考えることになる.
(2)象徴としての天皇と人間としての天皇の併存という二元構造が天皇制の基本構造だとすれば,「象徴」としての存在と「人間」としての存在を媒介するものは何か?これは翻って演劇における,記号として...
Curated Panel: The Theatre of Ghosts and the Other under the Threat of Mass Deaths
KOSUGE HAYATO,Mariko Hori Tanaka, Tomoko Kusuhara, Yukari Ito
IFTR 2018 Migration and Stasis (9-13 July, 2018)   2018年7月11日   International Federation of Theatre Research
Organisation and charing of "Curated Panel: The Theatre of Ghosts and the Other under the Threat of Mass Deaths"
Curated Panel:Migrating/Migrated Bodies in Japanese Context
本間 友
IFTR 2018 Migration and Stasis (9-13 July, 2018)   2018年7月10日   International Federation of Theatre Research
Organaization and charing of Curated PanelMigrating/Migrated Bodies in Japanese Context
Theorizing Asian Bodies in Performance
小菅 隼人
IFTR International Federation for Theatre Research 2018, Regional conference, in UP Diliman, Manila   2018年2月23日   IFTR International Federation for Theatre Research
Discussant for ROUNDTABLE DISCUSSION Asian Theatre Working Group: Theorizing Asian Bodies in Performance
The Urbanity and Locality of Northern Butoh School from Fukushima Perspective
小菅 隼人
FIRT/IFTR International Federation for Theatre Research 2017, Sao Paulo, Brazil   2017年7月11日   University of Sao Paulo, Brazil

担当経験のある科目

 

Works

 
巻頭言「日吉主義者―羽田功先生と舞踏公演のこと」
小菅隼人   その他   2018年11月 - 現在
〈巻頭言〉チョーサーとシェイクスピアー豊饒なる文学の秋
小菅隼人   その他   2018年10月 - 現在
Hayato KOSUGE (Keio University), Ken HAGIWARA (Meiji University), Mariko MIYAGAWA (University of Tokyo), Rina TANAKA (Meiji University), Katherine MEZUR (University of California)   その他   2018年2月 - 現在
国際共同アンケート調査,メンバーは,小菅隼人,萩原健,宮川麻理子,田中里奈,キャサリン・メジュール
小菅隼人   その他   2017年12月 - 現在
和田旦先生の思い出
小菅 隼人   その他   2017年7月 - 現在

競争的資金等の研究課題

 
大量死の記憶と亡霊の演劇に関する総合的研究
科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会)
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月    代表者: 伊藤ゆかり
舞踏の独自性を解明するための比較演劇学的研究
科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会)
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 小菅隼人
本研究の目的は,歴史的および比較演劇的視点から,芸術様式としての舞踏に明確な定義を与えることにある.その際,特に,舞踏の草創期である1960年代から発展期である1980年代までの日本のシェイクスピア作品を参照し,舞踏を日本の演劇風土の中において内面表現の特徴と外面表現の革新性を明らかにすることで舞踏の独自性を明確化する.
舞踏思想の普遍性と土着性の解明
慶應義塾学事振興資金
研究期間: 2016年4月 - 2017年3月
大量死の記憶と演劇的想像力に関する総合的研究
科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会)
研究期間: 2014年4月 - 2017年3月    代表者: 伊藤ゆかり
舞踏研究の国際的再検証と基盤構築
ポートフォリオBUTOH: 科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会)
研究期間: 2011年4月 - 2014年3月

社会貢献活動

 
山梨県高等学校PTA連合会副会長
【】  2011年4月 - 2012年3月
勝沼町小中学校PTA連絡協議会会長
【】  2005年4月 - 2006年3月
東山梨郡小中学校PTA連絡協議会副会長
【】  2005年4月 - 2006年3月
日本英語検定協会実用英語検定
【】  1992年6月 - 1996年3月