岡田 邦宏

J-GLOBALへ         更新日: 19/11/26 02:41
 
アバター
研究者氏名
岡田 邦宏
 
オカダ クニヒロ
eメール
okada-ksophia.ac.jp
所属
上智大学
部署
理工学部物質生命理工学科
職名
教授
学位
修士(理学)(電気通信大学), 博士(理学)(電気通信大学)
科研費研究者番号
90311993

プロフィール

1.星間分子雲における極低温イオン-極性分子反応の研究(2010年~)
2.原子・分子イオンの精密分光による基礎物理定数の時間変動検知実験(2016年~)
3.太陽風起源X線遷移研究のための多価イオントラップ野開発と多価イオン冷却の分子動力学シミュレーション(2012年~)
4.クーロン結晶とシュタルク分子速度選別器を用いた極低温イオン-極性分子衝突反応の研究(2009年~)
5.高周波多重極線形イオントラップにおけるクーロン結晶の生成と観測(2007年~)
6.冷却8重極線形イオントラップを用いた星間空間イオン-分子反応の研究(2005年~2006年)
7.レーザー励起Ca+*とO2およびH2Oとの低エネルギーイオン-分子反応研究(2001年~2004年)
8.高周波イオンガイド法による高速不安定核Beイオンのトラップと超微細構造分光(2000年~)
9.液体ヘリウム冷却線形イオントラップと紫色半導体レーザー装置の開発(1998年~2000年)

研究分野

 
 

経歴

 
2000年4月
 - 
2001年3月
核融合科学研究所 研究員
 
2002年9月
 - 
2003年3月
埼玉大学工学部 非常勤講師
 
2008年9月
 - 
2009年3月
立教大学 兼任講師
 
2010年1月
 - 
2010年3月
首都大学東京 講師
 
2011年4月
 - 
2012年3月
独立行政法人理化学研究所 客員研究員
 

論文

 
イオンのクーロン結晶が拓く星間分子生成反応の研究
岡田邦宏
日本物理学会誌   71(10) 695-700   2016年10月   [査読有り][招待有り]
Quasiequilibrium Characterization of Mixed-Ion Coulomb Crystals
Kunihiro Okada, Masanari Ichikawa, Michiharu Wada, and Hans A. Schuessler
Physical Review Applied   4(5)    2015年11月   [査読有り]
Kunihiro Okada and Masatoshi Kajita
Journal of Physics: Conference Series   635(3) 032060   2015年9月   [査読有り]
Yusuke Takada and Kunihiro Okada
Journal of Physics: Conference Series   635(2) 022031   2015年9月   [査読有り]
Kunihiro Okada, Masanari Ichikawa, Michiharu Wada
Hyperfine interactions   1-8   2015年5月   [査読有り]

Misc

 
Precision Fast Ion Beam Laser Spectroscopy of Ar+
V. Lioubimov, M. Wad, M. Ogawa, A. Takamine, T. Nakamura, P. Schury, H. Iimura, OKADA KUNIHIRO, A. A. Kolomenskii, H. A. Schuessler, and Y. Yamazaki
AIP conference proceedings   1104 42-46   2009年3月
Universal Slow RI-Beam Facility at RIKEN RIBF for Laser Spectroscopy of Short-Lived Nuclei
M. Wada, A. Takamine, OKADA KUNIHIRO, T. Sonoda, P. Schury, V. Lioubimov, Y. Yamazaki, Y. Kanai, T. M. Kojima, A. Yoshida, T. Kubo, H. Iimura, I. Katayama, S. Ohtani, H. Wollnik and H. A. Schuessler
AIP conference proceedings   1104 16-21   2009年3月
Restoration of RI-beams from a projectile fragment separator by Laser Ionization gas Catcher-PALIS-
T. Sonoda, M. Wada, A. Takamine, OKADA KUNIHIRO, P. Schury, A. Yoshida, T. Kubo, Y. Matsuo, T. Furukawa, T. Wakui, T. Shinozuka, H. Iimura, Y. Yamazaki, I. Katayama, S. Ohtani, H. Wollnik, H. A. Schuessler, Yu. Kudryavtsev, P. Van Duppen, M. Huyse and SLOWRI Collaboration
AIP conference proceedings   1104 132-137   2009年3月
Laser-Microwave Double-Resonance Spectroscopy of Be Isotopes in an Ion Trap for the Determination of the Nuclear Magnetic Moment of 7Be (共著)
OKADA KUNIHIRO
Proceedings of Proceedings of the International Symposium on Non-nucleonic degrees of freedom detected in nuclei : NNDF'96, Osaka, Japan, 2-15 September 96   321-324   1997年

書籍等出版物

 
低温と環境の科学事典「11-14 宇宙低温下の気相反応と分子生成」
岡田 邦宏
朝倉書店   2016年7月   ISBN:978-4-254-16128-1
『An isolated atomic particle at rest in free space : a tribute to Hans Dehmelt, Nobel Laureate』 「Probing structure at the femtometer scale」
岡田 邦宏 (担当:分担執筆, 範囲:34-49)
Oxford : Alpha Science   2006年6月   ISBN:9781842651612

講演・口頭発表等

 
低温イオン-極性分子反応の分岐比測定へ向けたイオントラップ飛行時間型質量分析計の開発
岡田邦宏, 木村直樹,和田道治, H. A. Schuessler
日本物理学会 第73回年次大会   2018年3月24日   日本物理学会
多価イオン共同冷却実験に向けたイオン生成と捕捉
木村直樹,岡田邦宏,和田道治,中村信行,大前宣昭,香取秀俊
日本物理学会2017年秋季大会   2017年9月21日   日本物理学会
リニア型シュタルク分子速度フィルターによる低速分子線の生成
高田裕介,木村直樹,和田道治, Hans A. Schuessler, 岡田邦宏
日本物理学会第72回年次大会   2017年3月18日   日本物理学会
温度可変シュタルク分子速度フィルターの開発
高田裕介,岡田邦宏
原子衝突学会第41回年会   2016年12月10日   原子衝突学会
低温イオン-極性分子反応における回転温度依存性の検出
高田裕介,岡田邦宏
原子衝突学会第40回年会   2016年9月28日   原子衝突学会

競争的資金等の研究課題

 
星間分子雲における低温イオン化学研究の新展開
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2018年4月 - 2022年3月    代表者: 岡田 邦宏
星間分子雲における低温イオン-極性分子反応の系統的測定と量子効果の観測
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月    代表者: 岡田 邦宏
陽子-電子質量比の時間依存性研究のためのCaH+の振動回転定数の決定
研究期間: 2015年4月 - 2017年3月    代表者: 岡田 邦宏
太陽風起源の禁制X遷移の実験室における観測
研究期間: 2011年4月 - 2015年3月    代表者: 田沼 肇
冷却イオントラップによる分子イオンの振動回転基底状態の生成と検出
研究期間: 2011年4月 - 2013年3月    代表者: 岡田 邦宏