山本 武彦

J-GLOBALへ         更新日: 14/02/22 02:52
 
アバター
研究者氏名
山本 武彦
 
ヤマモト タケヒコ
所属
早稲田大学
部署
政治経済学術院
職名
教授
学位
博士(政治学)(早稲田大学)

研究キーワード

 
 

経歴

 
1968年
 - 
1988年
国立国会図書館調査立法考査局
 
1988年
 - 
1991年
静岡県立大学国際関係学部 教授
 

学歴

 
 
 - 
1968年
早稲田大学 大学院政治学研究科 
 

委員歴

 
2012年
   
 
グローバル・ガバナンス学会  会長
 
2007年
   
 
日本国際アジア共同体学会  副理事長
 
2005年
   
 
日本安全保障貿易学会  会長(2005年-2007年)、 理事
 
1994年
 - 
2006年
日本国際政治学会  理事
 
1996年
 - 
2008年
日本公共政策学会  理事
 

受賞

 
2010年
日本公共政策学会2010年度作品賞
 

Misc

 
東アジア「人間の安全保障」共同体への道
公明   48-53   2011年
(講演抄録)朝鮮半島の非核化と人間の安全保障
創大平和研究   (26) 55-79   2012年
アジア太平洋地域における「共通の安全保障」秩序の創生
生活経済政策   (161) 18-21   2010年
科学技術活動のグローバリゼーションと産業安全保障
法学研究(慶應義塾大学法学部内法学研究会編)   Vol 83, No.3. 281-300   2010年
わが国の防衛政策の課題と展望
世界と議会(尾崎行雄記念財団)   16-20   2009年

書籍等出版物

 
USA's Policy towards China, India and Japan
Atlantic Publishers   2013年   
科学技術神話の崩壊と東アジア「安全保障共同体」―東日本大震災後の”新しい国際共同体”構築の思想
内外出版   2013年   
東アジアに「共通の安全保障」の傘をさしかけよう
桜美林大学東アジア総合研究所   2011年   
『国際関係の思想と実際』
(株)ヌース出版   2011年   
『「人間の安全保障」論』
法政大学出版局   2011年   

講演・口頭発表等

 
東アジアにおける科学技術活動の地戦略的相互作用の安全保障上の含意
2008年   
東アジア安全保障共同体の創生と、二国間主義と多国間主義の間を揺れる日本のジレンマ
2008年   

競争的資金等の研究課題

 
経済制裁の戦略的含意に関する研究
軍備管理体制と輸出管理体制の構造的連繋に関する研究
国際安全保障概念の研究
対中国輸出統制委員会(CHINCOM)の史的展開に関する研究
研究期間: 2001年 - 2004年
経済制裁の戦略的含意