菊池 昌弘

J-GLOBALへ         更新日: 07/12/20 00:00
 
アバター
研究者氏名
菊池 昌弘
 
キクチ マサヒロ
所属
旧所属 福岡大学 医学部(全) 医学科
職名
教授,副学長
学位
医学博士(九州大学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

学歴

 
 
 - 
1963年
九州大学 医学研究科 病理系病理学
 
 
 - 
1958年
九州大学 医学部 医学科
 

委員歴

 
1990年
 - 
1993年
日本病理学会  理事
 
1998年
 - 
2004年
日本リンパ網内系学会  理事長
 
1993年
 - 
1999年
日本血液学会  理事
 

受賞

 
1999年
福岡県対ガン協会特別賞
 

Misc

 
OHSHIMA K, MUTA K, NAKASHIMA M, HARAOKA S, TUTIYA T, SUZUMIYA J, KAWASAKI C, WATANABE T, KIKUCHI M
Int. J. Cancer   93(1) 91-96   2001年
Possible immortalization of Hodgkin and Reed-Sternberg cells : telomerase expression, lengthening of telomere, and inhibition of apoptosis by NF-KappaB expression.
Leukemia Lymphoma   41 367-376   2001年
Elevated stem-soluble Fas ligand in histiocytic necrotizing lymphadenitis.
Int. J. Hematol.   73 84-86   2001年

書籍等出版物

 
最新・悪性リンパ腫アトラス(編集・分担)
文光堂   2004年   
骨髄病理アトラス
文光堂   2003年   
Viral lesions in lymph nodes. In "Hematopathology : Differential Diagnosis in Lymph Node Biopsy"
"Surgical Pathology Update 2001", ABW-Wissenschaftsverlag   2001年   
リンパ節病変
「病理と臨床」臨時増刊号文光堂   1994年   
Histiocytic necrotizing lymphadenitis : clinicopathologic, immunologic, and HLA typing study. (共著)
Lymphoid Malignancy : Immunology and Cytogenesis Field & Wood   1990年   

競争的資金等の研究課題

 
組織球性壊死性リンパ節炎(菊池病)の研究
悪性リンパ腫の病理
骨髄の病理