SHIRAISHI Koichi

J-GLOBAL         Last updated: Nov 28, 2019 at 03:29
 
Avatar
Name
SHIRAISHI Koichi
Affiliation
Fukuoka University
Section
Faculty of Science, Department of Earth System Science
Degree
Doctor of Philosophy (Science)(Fukuoka University)
Research funding number
80299536

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
Apr 1996
 - 
Mar 1997
日本学術振興会特別研究員 研究課題「極成層圏雲とオゾンの変動およびその大気環境に対するシュミレーション」
 
Apr 1997
 - 
Mar 2007
福岡大学理学部助手
 
Apr 2007
   
 
福岡大学理学部助教
 

Education

 
 
 - 
1993
応用物理, Faculty of Science, Fukuoka University
 
 
 - 
1995
応用物理学, Graduate School, Division of Natural Science, Fukuoka University
 

Published Papers

 
Hisahiro Takashima, Keiichiro Hara, Chiharu Nishita-Hara, Yasushi Fujiyoshi, Koichi Shiraishi, Masahiko Hayashi, Ayako Yoshino, Akinori Takami, and Akihiro Yamazaki
Atmospheric Environment: X   3 100043   2019   [Refereed]
T. Shibata, K. Shiraishi, M. Shiobara, S. Iwasaki, T. Takano
Journal of Geophysical Research      Oct 2018   [Refereed]
Y. Saito, T. Tomida, K. Shiraishi
Proceedings,10779, Lidar Remote Sensing for Environmental Monitoring XVI      Oct 2018   [Refereed]
大気エアロゾルの蛍光計測と蛍光物質の同定
白石浩一、林政彦、齊藤保典、水谷耕平
光アライアンス   29(10) 13-16   Oct 2018
Optical properties of Kosa layer detected by lidar during the passage of a cold front
白石浩一、木附雅貴、高島久洋、水谷耕平
福岡大学理学集報   46(1) 21-29   Mar 2016

Misc

 
ニーオルセンにおける成層圏エアロゾルと北極PSCのゾンデ、ライダー観測
白石浩一, 柴田隆, 林政彦, 藤原玄夫, 岩坂泰信, Roland Neuber
南極資料   54 899-916   May 2010   [Refereed]

Conference Activities & Talks

 
白石浩一、久保田光、北島彩加、原圭一郎、林政彦、齊藤保典、冨田孝幸、水谷耕平、石井昌憲、五十嵐康弘
日本気象学会2018年度秋季大会   29 Oct 2018   日本気象協会
白石浩一, 柴田隆, 塩原匡貴
第36回レーザセンシングシンポジウム   6 Sep 2018   レ ー ザ セ ン シ ン グ 学 会
K. Shiraishi, T. Shibata, M. Shiobara
Fifth international Symposium on Arctic Research   15 Jan 2018   National Institute of Polar Research
Koichi Shiraishi, Takashi Shibata, Masataka Shiobara
2017 Autumn Meeting of Meteorological Society of Japan   31 Oct 2017   Meteorological Society of Japan
第35回レーザセンシングシンポジウム   31 Aug 2017   レーザ・レーダ研究会

Research Grants & Projects

 
線状降水帯観測・予測システム開発
Cross-ministerial Strategic Innovation Promotion Program: 戦略的イノベーション創造プログラム
Project Year: Nov 2018       Investigator(s): 清水慎吾
降水によるエアロゾル発生現象:大気-森林相互作用の新展開
文部科学省: 科学研究費助成事業
Project Year: Apr 2017 - Mar 2020    Investigator(s): 五十嵐康人
北極域の雲生成高度におけるライダーとレーダー観測によるエアロゾルと雲の特性解明
文部科学省: 科学研究費助成事業
Project Year: Apr 2016 - Mar 2019    Investigator(s): 柴田隆
南極成層圏の宇宙塵・極成層圏雲とエアロゾル循環
文部科学省: 科学研究費助成事業
Project Year: Apr 2016 - Mar 2019    Investigator(s): 林政彦
気球浮揚無人滑空機による南極成層圏探査を展開することを目的としている。無人航空機として使用する滑空機として,通常の固定翼機に加え,ロガロ翼機の利用を検討した。その結果,高度約30kmの大気密度が小さい領域では,固定翼機では,線音速領域に入らないようにフラップなどの工夫をする必要があること,一方で,ロガロ翼機では,音速を超えることがないために,地上付近と構造を変えることなく飛行が可能であることが分かった。
この結果に基づき,2016年度は,固定翼機は,シミュレーションおよび,国内試験に限定し...
北極ヘイズが氷雲粒子濃度に与える影響に関するライダーとレーダによる観測研究
文部科学省: 科学研究費助成事業
Project Year: Apr 2013 - Mar 2017    Investigator(s): 柴田隆
準備期間を経て、平成26年3月にスバースバル、ニーオルスン、国立環境研究所北極基地にライダー観測を設置し、エアロゾルと雲の高度分布の連続観測を開始した。ライダー装置は、観測開始後研究期間の終了まで、ほとんど問題なく測定を継続しており、エアロゾルと雲の高度分布の連続的な観測結果を三年を越す期間与えている。北極ヘイズは冬季に高濃度で存在する北極のエアロゾルであるが、我々の観測では、北極エアロゾルがもっとも高濃度になるのは春から夏にかけてであることが明らかになった。この傾向は氷雲が生成する高度5...