OKUNO Mitsuru

J-GLOBAL         Last updated: Nov 28, 2019 at 03:29
 
Avatar
Name
OKUNO Mitsuru
E-mail
okunofukuoka-u.ac.jp
Affiliation
Fukuoka University
Section
Faculty of Science, Department of Earth System Science
Degree
Master(Kanazawa University), Ph.D(Nagoya University)
Research funding number
50309887

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
Apr 1989
 - 
Mar 1992
教諭, 西之表市立国上中学校
 
Apr 1994
 - 
Mar 1997
特別研究員(DC1), (名古屋大学大学院人間情報学研究科), 日本学術振興会
 
Apr 1997
 - 
Mar 1998
特別研究員(PD), (名古屋大学), 日本学術振興会
 

Education

 
Apr 1985
 - 
Mar 1989
地学, Faculty of Science, Kagoshima University
 
Apr 1992
 - 
Mar 1994
史学, 文学研究科, Kanazawa University
 
Apr 1994
 - 
Mar 1997
物質・生命情報学, Graduate School of Human Informatics, Nagoya University
 

Awards & Honors

 
Aug 2019
放射性炭素年代測定に基づく第四紀後期の火山活動史と古環境・考古編年への貢献, 日本第四紀学会学術賞, 日本第四紀学会
 
噴火史と人間社会と自然環境へのインパクトに関する研究

Published Papers

 
熊本地震地表地震断層の阿蘇カルデラ内の完新世活動履歴―南阿蘇村黒川地区トレンチ調査―
遠田晋次・鳥井真之・奥野 充・今野明咲香・小野大輝・高橋直也
活断層研究   (51)    Dec 2019   [Refereed]
有珠火山,善光寺岩屑なだれの発生年代を知るための14C年代測定
奥野 充・宇井忠英・加賀谷にれ
月刊地球,号外   (70)    Dec 2019
島嶼域での災害研究における広域テフラと火口湖・カルデラ湖の役割―インドネシアのバリ島からアリューシャン列島フォー・マウンテンズ諸島まで―
奥野 充
月刊地球   41    Nov 2019
九州北東部,伽藍岳における最近約2200年間の水蒸気噴火
筒井正明・奥野 充・藤沢康弘・小林哲夫
福岡大学理学集報   48(2) 89-97   Sep 2019
中部九州,今市火砕流堆積物中の黒曜石レンズの化学組成:阿蘇-4火砕流との識別
坂本房江・角縁 進・木戸道男・松村秀喜・熊本智之・澤田武美・奥野 充・英彦山団研グループ
福岡大学理学集報   49(2) 79-88   Sep 2019

Misc

 
地質情報のデータベース化に関する基礎的研究
奥野 充
福岡大学研究部論集,F: 推奨研究編   3 1-8   Mar 2016   [Invited]

Books etc

 
Water Civilization: From Yangtze to Khmer Civilizations, Advances in Asian Human-Environmental Research
Yasuda, Y., Nasu, H., Fujiki, T., Yamada, K., Kitagawa, J., Gotanda, K., Toyama, S., Okuno, M., and Mori, Y.
Springer   Oct 2012   ISBN:978-4-431-54110-3
The People Before: The Geology, Paleoecology and Archaeology of Adak Island, Alaska
Gualtieri, L., Sarata, B., Okuno, M. and West, D. (Part:Joint Work, Did Holocene Paleoenvironmental Factors Affect Ancient Occupation and Settlement in the Aleutian Islands?)
Archaeopress   Mar 2012   ISBN:978-1-4073-0905-7
The People Before: The Geology, Paleoecology and Archaeology of Adak Island, Alaska
Okuno, M., Wada, K., Nakamura, T., Gualtieri, L., Sarata, B., West, D. and Torii, M. (Part:Joint Work, Holocene Tephra Layers on the Northern Half of Adak Island In the West-central Aleutian Islands, Alaska)
Archaeopress   Mar 2012   ISBN:978-1-4073-0905-7
考古学を科学する
奥野 充・森 勇一・藤木利之・杉山真二・此松昌彦・上田恭子・長岡信治・中村俊夫・鮎沢 潤 (Part:Joint Work, 中世の人間活動と土砂災害:北部九州・樫原湿原のボーリングコア分析)
臨川書店   Sep 2011   
考古学を科学する
中村俊夫・奥野 充・小田寛貴・南 雅代 (Part:Joint Work, 中国・北朝鮮国境白頭山の10世紀巨大噴火:放射性炭素法による高精度年代測定法)
臨川書店   Sep 2011   

Conference Activities & Talks

 
A Study on Representation of Terrain Features by using Scale Space Theory
TSURUTA Naoyuki, HIROSHIGE Norimichi, TAKAHASHI Shinya, OKUNO Mitsuru
国際火山噴火史情報研究集会   Jul 2019   
A Study on Digital Archiving of Geopark Using a Three-Dimensional Terrain-Information Database System
TSURUTA Naoyuki, OKUMURA Masaru, TAKAHASHI Shinya, OKUNO Mitsuru
2017 International Geopark Conference in Taiwan   29 Sep 2017   
Feasibility Evaluation of a Guidance System of Geopark using Three-way Augmented Reality
TSURUTA Naoyuki, OKUMURA Masaru, TAKAHASHI Shinya, OKUNO Mitsuru
2017 International Geopark Conference in Taiwan   29 Sep 2017   
Development of A New Database Framework for Web and Mobile Applications of Geopark Guidance
TAKAHASHI Shinya, OKUMURA Masaru, TSURUTA Naoyuki, TORII Masayuki, OHNO Marekazu, OKUNO Mitsuru
7th International UNESCO Conference on Global Geoparks 2016   27 Sep 2016   
Development of A Three-way Augmented Reality for Attractive Guidance of Geopark
TSURUTA Naoyuki, TAKAHASHI Shinya, OKUMURA Masaru, OHNO Marekazu, TORII Masayuki, OKUNO Mitsuru
7th International UNESCO Conference on Global Geoparks 2016   27 Sep 2016   

Research Grants & Projects

 
フィリピン共和国バタン島イラヤ火山の噴火災害史に関する日比共同学際研究
Project Year: Feb 2019 - Mar 2021    Investigator(s): OKUNO Mitsuru
イラヤ火山 / 噴火史 / 災害史 / 火山地質 / 考古遺跡
フォックス諸島西部のアレウト遺跡に関するテフラ学・考古学・古生態学の国際共同研究
Project Year: Apr 2017 - Mar 2020    Investigator(s): OKUNO Mitsuru
アリューシャン列島の先住民族であるアレウト(Aleut)の最古の遺跡は,フォックス諸島のアナングラ(Anangula)島(Umnak島Nikolski北方)で知られている.彼らはここから西方の島々へ移動・拡散していったと考えられる.アリューシャン列島では,完新世だけに風成堆積物(ローム層や砂丘堆積物)が堆積し,アレウトによる文化層も火山噴火の産物であるテフラと共に埋没している.最古の遺跡もKey Ash とよばれるテフラとの関係で年代が決定されている(Black, 1975)).アナングラ...
フィリピン共和国における広域テフラ・ネットワークの構築に関する日比共同研究
日本学術振興会: 科学研究費補助金(一部基金)
Project Year: Apr 2012 - Mar 2016    Investigator(s): OKUNO Mitsuru
フィリピン諸島には,日本と同様にプレートの沈み込みに伴う火山が多く分布している.この研究では,同国の火山地震研究所(PHIVOLCS)との共同研究により,ルソン島のPinatuno, Taal, Irosinの各火山,さらに南方のミンダナオ島にあるParkerとMatutumの両火山の噴火史,およびそこから噴出された広域テフラの年代学的フレームワークの構築を試みた.特にPinatubo火山については,約60 km 北東にあるPaitan湖でボーリング・コア試料を採取して,噴火年代の高精度化...
テフラと放射性炭素年代によるアリュート遺跡および火山噴火史に関する日米共同研究
Project Year: Apr 2011 - Mar 2014    Investigator(s): OKUNO Mitsuru
アダック島ではMain,Intermediate,Sandwich の3層の軽石層があり,地表近くにYBOと40 Yearsの2層の火山灰層がある.最下部のMainは直下の泥炭から9.5 cal kBP に相当する14C年代が得られ,3つの軽石噴火が完新世前半に約2000 年間隔でおこった.40 Yearsは両輝石であり,火山ガラスは水和されていない.それに対し,YBO, Intermediate, Mainは角閃石に富み,特にMainは石英を含む.Mainよりも下位の火山灰層は,火山ガラ...
フィリピン共和国,イロシンカルデラの火山・地熱活動史に関する日比共同研究
日本学術振興会: 補助金
Project Year: Apr 2009 - Mar 2012    Investigator(s): OKUNO Mitsuru
イロシンカルデラはルソン島南端にあり,ブルサン火山はその後カルデラ火山である.この研究は,同国のPHIVOLCSと共同で,イロシン火砕流噴火とその後の火山活動史の解明を試みた.イロシン火砕流は2つにユニット区分され,プリニー式の降下軽石とco-ignimbrite ashもある.この噴火直前に溶岩ドームと火山灰層が形成された.これらにはカミングトン閃石が含まれる.カルデラ内のコア試料には流紋岩質.安山岩質火山灰が挟在し, 1枚はイロシン火砕流に類似する.ブルサン火山は,最近でも水蒸気噴火を...