木原 章雄

J-GLOBALへ         更新日: 18/12/07 15:27
 
アバター
研究者氏名
木原 章雄
 
キハラ アキオ
URL
http://www.pharm.hokudai.ac.jp/seika/index.html
所属
北海道大学
部署
大学院薬学研究院 生化学研究室
職名
教授
学位
博士(理学)(京都大学)
ORCID ID
0000-0001-5889-0788

プロフィール

スフィンゴ脂質や極長鎖脂肪酸など脂質の代謝,生理機能,病態との関わり,特に皮膚バリア形成やドライアイについて研究しています。

研究分野

 
 

経歴

 
2008年
 - 
現在
北海道大学薬学研究院 教授
 
2007年
 - 
2008年
北海道大学薬学研究院 准教授
 
2005年
 - 
2007年
北海道大学薬学研究科 助教授
 
2001年
 - 
2004年
北海道大学薬学研究科 助手
 
1999年
 - 
2000年
岡崎国立共同研究機構基礎生物学研究所 日本学術振興会特別研究員
 
1998年
 - 
1999年
京都大学ウイルス研究所 日本学術振興会特別研究員
 

学歴

 
1995年
 - 
1998年
京都大学 理学研究科博士後期課程 
 
1993年
 - 
1995年
京都大学 理学研究科修士課程 
 
1989年
 - 
1993年
京都大学 理学部 
 

委員歴

 
2015年2月
 - 
現在
日本薬学会  代議員
 
2014年
 - 
現在
セラミド研究会  幹事
 
2012年
 - 
現在
日本生化学会  評議員
 
2010年
 - 
現在
日本脂質生化学会  幹事
 
2012年9月
 - 
2015年8月
日本生化学会  代議員
 

受賞

 
2015年10月
セラミド研究会 JSC Award
 
2015年3月
北海道大学 北海道大学研究総長賞奨励賞
 
2005年
日本生化学会 平成17年度 日本生化学会奨励賞
 

論文

 
Mueller N, Sassa T, Morales-Gonzalez S, Schneider J, Salchow DJ, Seelow D, Knierim E, Stenzel W, Kihara A, Schuelke M
Journal of medical genetics      2018年11月   [査読有り]
Swamy MMM, Murai Y, Ohno Y, Jojima K, Kihara A, Mitsutake S, Igarashi Y, Yu J, Yao M, Suga Y, Anetai M, Monde K
Chemical communications (Cambridge, England)   54(90) 12758-12761   2018年11月   [査読有り]
Hirabayashi T, Murakami M, Kihara A
Biochimica et biophysica acta. Molecular and cell biology of lipids      2018年10月   [査読有り]
Edagawa M, Sawai M, Ohno Y, Kihara A
Biochimica et biophysica acta. Molecular and cell biology of lipids   1863(12) 1441-1448   2018年9月   [査読有り]
Kanetake T, Sassa T, Nojiri K, Sawai M, Hattori S, Miyakawa T, Kitamura T, Kihara A
FASEB journal : official publication of the Federation of American Societies for Experimental Biology   fj201800291R   2018年8月   [査読有り]
Asakura T, Ishii M, Namkoong H, Suzuki S, Kagawa S, Yagi K, Komiya T, Hashimoto T, Okamori S, Kamata H, Tasaka S, Kihara A, Hegab AE, Hasegawa N, Betsuyaku T
Mucosal immunology      2018年8月   [査読有り]
Sassa T, Tadaki M, Kiyonari H, Kihara A
FASEB journal : official publication of the Federation of American Societies for Experimental Biology   32(6) 2966-2978   2018年6月   [査読有り]
Yuichi Honda, Takuya Kitamura, Tatsuro Naganuma, Takaya Abe, Yusuke Ohno, Takayuki Sassa, Akio Kihara
Journal of Investigative Dermatology   138(4) 741   2018年4月   [査読有り]
Francisco Pi{ñ}a, Fumi Yagisawa, Keisuke Obara, J.D. Gregerson, Akio Kihara, Maho Niwa
The Journal of Cell Biology   jcb.201708068   2018年2月   [査読有り]
Sawai M, Uchida Y, Ohno Y, Miyamoto M, Nishioka C, Itohara S, Sassa T, Kihara A
The Journal of biological chemistry   292(37) 15538-15551   2017年9月   [査読有り]
Takeichi T, Torrelo A, Lee JYW, Ohno Y, Lozano ML, Kihara A, Liu L, Yasuda Y, Ishikawa J, Murase T, Rodrigo AB, Fernández-Crehuet P, Toi Y, Mellerio J, Rivera J, Vicente V, Kelsell DP, Nishimura Y, Okuno Y, Kojima D, Ogawa Y, Sugiura K, Simpson MA, McLean WHI, Akiyama M, McGrath JA
The Journal of investigative dermatology      2017年7月   [査読有り]
Ghanegolmohammadi F, Yoshida M, Ohnuki S, Sukegawa Y, Okada H, Obara K, Kihara A, Suzuki K, Kojima T, Yachie N, Hirata D, Ohya Y
Molecular biology of the cell      2017年5月   [査読有り]
Ghanegolmohammadi F, Yoshida M, Ohnuki S, Sukegawa Y, Okada H, Obara K, Kihara A, Suzuki K, Kojima T, Yachie N, Hirata D, Ohya Y, Molecular biology of the cell
   2017年5月   [査読有り]
Ghanegolmohammadi F, Yoshida M, Ohnuki S, Sukegawa Y, Okada H, Obara K, Kihara A, Suzuki K, Kojima T, Yachie N, Hirata D, Ohya Y, Molecular biology of the cell, 2017, 2017
Wakabayashi M, Yoshioka T, Higashino K, Numata Y, Igarashi Y, Kihara A
Journal of dermatological science   85(3) 186-196   2017年3月   [査読有り]
Wakabayashi M, Yoshioka T, Higashino K, Numata Y, Igarashi Y, Kihara A, Journal of dermatological science, 2017, vol. 85, no. 3, pp. 186-196, 2017
Ohno Y, Kamiyama N, Nakamichi S, Kihara A
Nature communications   8 14610   2017年3月   [査読有り]
Takuya Kitamura, Naoya Seki, Akio Kihara
Proceedings of the National Academy of Sciences   114(13) 201700138-E2623   2017年3月   [査読有り]
Makuta H, Obara K, Kihara A
Journal of biochemistry   161(2) 207-213   2017年2月   [査読有り]
Obara K, Kihara A
The Biochemical journal   474(1) 51-63   2017年1月   [査読有り]
Yoshinaga T, Uwabe K, Naito S, Higashino K, Nakano T, Numata Y, Kihara A
PloS one   11(12) e0167848   2016年12月   [査読有り]
Payet LA, Leroux M, Willison JC, Kihara A, Pelosi L, Pierrel F
Cell chemical biology   23(10) 1241-1250   2016年10月   [査読有り]
Payet LA, Leroux M, Willison JC, Kihara A, Pelosi L, Pierrel F, Cell chemical biology, 2016, vol. 23, no. 10, pp. 1241-1250, 2016

Misc

 
スフィンゴ脂質長鎖塩基の代謝と脂肪酸α酸化
木原 章雄
Plant Morphol   30 5-14   2018年6月
脂質による皮膚バリア形成と疾患制御
木原 章雄
実験医学   36 160-167   2018年6月
スフィンゴ脂質代謝と疾患制御
木原 章雄
実験医学   36 46-52   2018年6月
鎖長の違いによる脂肪酸クオリティ — 極長鎖・超長鎖脂肪酸の産生機構と病態
木原 章雄
医学のあゆみ   264 966-971   2018年3月
Kihara A
Progress in lipid research   63 50-69   2016年4月   [査読有り]
木原 章雄
化学と生物   54(2) 75-76   2016年2月   [査読有り][依頼有り]
スフィンゴ脂質の多様性と多機能性
木原 章雄
実験医学   33(15) 50-56   2015年9月   [依頼有り]
セラミドによる皮膚バリア形成
木原 章雄
実験医学   33(15) 117-122   2015年9月   [依頼有り]
Kihara A
Biochimica et biophysica acta   1841 766-772   2014年5月   [査読有り]
Sassa T, Kihara A
Biomolecules & therapeutics   22 83-92   2014年2月   [査読有り]
スフィンゴ脂質の代謝と関連疾患
木原 章雄
医学のあゆみ   248 1112-1118   2014年
木原章雄
生化学   85 553-557   2013年7月   [査読有り]
スフィンゴシン1-リン酸の代謝経路
木原 章雄
遺伝子医学 MOOK「最新生理活性脂質研究 –実験手法,基礎的知識とその応用–」   24 175-179   2013年
Kihara A
Journal of Biochemistry   152(5) 387-395   2012年11月   [査読有り][依頼有り]
木原 章雄
生体の科学「細胞の分子構造と機能 –核以外の細胞小器官–」   63 482-485   2012年   [依頼有り]
木原章雄,五十嵐靖之
臨床検査   56 107-116   2012年   [依頼有り]
脂肪酸の多彩な代謝
木原章雄
生化学   82 591-605   2010年7月   [依頼有り]
Mizutani Y, Mitsutake S, Tsuji K, Kihara A, Igarashi Y
Biochimie   91(6) 784-790   2009年6月   [査読有り]
Kihara A, Igarashi Y
Biochimica et Biophysica Acta   1781 496-502   2008年9月   [査読有り][依頼有り]
Kihara A, Mitsutake S, Mizutani Y, Igarashi Y
Progress in Lipid Research   46 126-144   2007年3月   [査読有り][依頼有り]
Ikeda M, Kihara A, Igarashi Y
Biological & Pharmaceutical Bulletin   29(8) 1542-1546   2006年8月   [査読有り][依頼有り]
多彩な機能を持つスフィンゴ脂質,スフィンゴシン(長鎖塩基)1-リン酸の生理的役割,生成/代謝,細胞内動態
木原章雄
生化学   78 725-737   2006年8月   [依頼有り]
生理活性脂質スフィンゴシン1−リン酸の機能と代謝
木原章雄,岩城壮一郎,五十嵐靖之
蛋白質核酸酵素   50 1443-1448   2005年9月   [依頼有り]
酵母におけるスフィンゴイド塩基1−リン酸の役割と細胞内動態
木原章雄,五十嵐靖之
蛋白質核酸酵素   47 431-437   2002年3月   [依頼有り]
酵母セラミド合成酵素の同定とその遺伝子欠損株の解析
木原 章雄
ファルマシア   38 549   2002年   [依頼有り]

書籍等出版物

 
Bioactive lipid mediators: current reviews and protocols
木原 章雄 (担当:分担執筆, 範囲:Sphingolipid metabolism via sphingosine 1-phosphate)
Springer Japan   2015年   
ここまできたセラミド研究最前線 セラミド –基礎と応用–
大野祐介,木原章雄 (担当:分担執筆, 範囲:極長鎖脂肪酸伸長とセラミド合成)
セラミド研究会編,食品化学新聞社   2011年   
バイオとナノの融合 II 新生命科学の応用
五十嵐靖之,木原章雄 (担当:分担執筆, 範囲:スフィンゴ脂質の生理活性と代謝調節)
北海道大学 COE 研究成果編集委員編,北海道大学出版会   2007年   
Sphingolipid Biology
Kihara A, Igarashi Y (担当:分担執筆, 範囲:Synthesis, metabolism, and trans-bilayer movement of long-chain base.)
Springer-Verlag   2006年   
MEMBRANE PROTEINS : Structure, Function and Expression Control
Ito K, Akiyama Y, Kihara A, Matsuo E, Homma T, Shirai Y, Yoshihisa T, Taura T, Shimoike T, Sone M, Matsumoto G (担当:分担執筆, 範囲:The SecY Complex and the FtsH complex in the E. coli Plasma Membrane.)
Kyushu University Press/ Karger Medical and Scientific Publishers   1997年   

講演・口頭発表等

 
皮膚透過性バリアを形成するアシルセラミドの産生機構と皮膚角化症魚鱗癬の分子機構 [招待有り]
木原 章雄
第57回日本薬学会東北支部大会   2018年10月20日   
極長鎖脂質による体表面バリア形成の分子機構 [招待有り]
木原 章雄
第40回生体膜と薬物の相互作用シンポジウム   2018年10月18日   
皮膚透過性バリア脂質アシルセラミドの産生の分子機構と産生不全による病態 [招待有り]
木原 章雄
第91回日本生化学会大会   2018年9月25日   
A decrease in 2-hydroxygalactosylceramide in the brain of the Sjögren-Larsson syndrome gene knockout mice
金武司,佐々貴之,野尻光希,木原章雄
59th International Conference on the Bioscience of Lipids   2018年9月5日   
皮膚バリア脂質アシルセラミドの合成経路と魚鱗癬病態の分子機構の解明 [招待有り]
木原 章雄
第42回蛋白質と酵素の構造に関する九州シンポジウム   2018年8月31日   
脂質による体表面バリア形成 [招待有り]
木原 章雄
第174回東京脂質談話会   2018年4月18日   
Long-chain base metabolism and α-oxidation in the ER [招待有り]
木原 章雄
Gordon Research Conference on Glycolipid & Sphingolipid Biology   2018年2月12日   
スフィンゴ脂質代謝酵素の同定と脂質修飾による調節 [招待有り]
木原 章雄
2017年度生命科学系学会合同年次大会   2017年12月7日   
スフィンゴ脂質長鎖塩基の代謝経路の解明 [招待有り]
木原 章雄
日本植物学会第81回大会   2017年9月8日   
フィトスフィンゴシン代謝と小胞体α酸化の分子機構の解明
木原章雄,北村拓也,関直哉,小原隆
第12回スフィンゴテラピィ研究会   2017年7月16日   
Skin barrier formation by acylceramide [招待有り]
木原 章雄
Hokkaido University–Korean Society for Molecular and Cellular Biology Joint Symposium   2017年7月4日   
脂質による体表面バリア形成機構と病態 [招待有り]
木原 章雄
九州大学公開講演会 最新化学談話シリーズ 平成29年度第1回談話会   2017年5月26日   
スフィンゴ脂質の代謝と生理機能 [招待有り]
木原 章雄
2016年度遺伝研研究会「単細胞システム細胞装置のダイナミズム」   2017年3月28日   
セラミドによる皮膚バリア形成の分子機構と病態 [招待有り]
木原 章雄
第41回日本薬学会関東支部学術講演会   2016年11月19日   
セラミド多様性の分子機構 [招待有り]
木原 章雄
第9回セラミド研究会学術集会   2016年10月28日   
Human CYP4F22 in production of acylceramide for skin permeability barrier formation [招待有り]
木原 章雄
21st International Symposium on Microsomes and Drug Oxidations   2016年10月3日   
シェーグレン・ラルソン症候群モデルマウスを用いた病態のメカニズム解析
木原章雄,永沼達郎,金武司,佐々貴之
第11回スフィンゴテラピィ研究会   2016年7月16日   
Kihara A. Identification of genes involved in epidermal acylceramide production [招待有り]
木原 章雄
Gordon Research Conference on Glycolipid & Sphingolipid Biology   2016年3月7日   
Metabolic pathways and genes involved in the synthesis and degradation of ceramides [招待有り]
木原 章雄
6th International Singapore Lipid Symposium   2015年11月30日   
表皮におけるアシルセラミド産生の分子機構の解明 [招待有り]
木原 章雄
第8回セラミド研究会学術集会   2015年10月30日   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
セラミド多様性を創出・維持する代謝経路とその破綻に起因する病態の分子機構の解明
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(A))
研究期間: 2018年4月 - 2022年3月    代表者: 木原 章雄
脂質による体表面バリア形成の分子機構の解明
国立研究開発法人 日本医療研究開発機構: AMED-CREST
研究期間: 2015年12月 - 2021年3月    代表者: 木原 章雄
極長鎖脂質による生体機能調節とその破綻による病態の分子機構の解明
文部科学省: 科学研究費補助金(新学術領域研究)
研究期間: 2018年4月 - 2020年3月    代表者: 木原 章雄
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(A))
研究期間: 2014年 - 2017年    代表者: 木原 章雄
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2013年 - 2014年    代表者: 木原 章雄
細胞膜二重層では外層と内層の脂質組成が異なる(脂質非対称)。我々はこれまでに脂質非対称を感知してシグナルを伝える経路としてRim101経路を同定してきた。Rim101経路は外界のアルカリ化に応答する経路としても知られる。従来のモデルでは外界のアルカリ化が起こるとまずセンサータンパク質Rim21がエンドサイトーシスし,その後エンドソーム上で下流因子を集積させて転写因子Rim101を切断・活性化するというものであった。しかし我々は今回,従来のモデルとは異なり,これらのRim101経路の因子群(...
文部科学省: 科学研究費補助金(新学術領域研究(研究領域提案型))
研究期間: 2013年 - 2014年    代表者: 木原 章雄
パルイトイル化はタンパク質のシステイン残基にパルミチン酸が付加する翻訳後修飾の1つである。パルミトイル化を受けるシステイン残基には決まったモチーフがないことから,パルミトイル化修飾の有無は予測が難しいことが多い。パルミトイル化を触媒する酵素はプロテインアシルトランスフェラーゼ(PAT)と呼ばれ,ヒトにはDHHC1-22及びDHHC24の23種が存在する。Gタンパク質共役型受容体(GPCR)の多くは7回目の膜貫通領域直下のシステイン残基でパルミトイル化を受けることが知られているが,その反応を...
文部科学省: 科学研究費補助金(新学術領域研究(研究領域提案型))
研究期間: 2013年 - 2014年    代表者: 木原 章雄
スフィンゴシン1-リン酸(S1P)は脂質メディエーターとしての機能だけでなく,スフィンゴ脂質をグリセロリン脂質へ代謝させる経路の分岐点に位置する代謝中間体としての側面も持つ。この代謝経路の反応の詳細や反応に関わる酵素の遺伝子は長い間不明なままであったが,最近我々はその殆どを明らかにすることに成功した。本年度我々は最後まで未同定であったS1P代謝経路の最後の反応を触媒するトランス-2-エノイルCoAレダクターゼをコードする遺伝子としてTERを同定することに成功した。TERはこれまで極長鎖脂肪...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2011年 - 2013年    代表者: 木原 章雄
炭素数20を超える脂肪酸である極長鎖脂肪酸の細胞内量は長鎖脂肪酸(C11-C20)よりも少ないものの,長鎖脂肪酸では代替できない特長的な生理機能を有し,様々な疾患と関連する。本研究課題において我々はノックアウトマウスや培養細胞を用いた生理学的・細胞生物学的な解析,精製した極長鎖脂肪酸合成酵素を用いた生化学的な解析,酵母を用いた遺伝学的な解析により,極長鎖脂肪酸の皮膚バリアにおける役割,病態との関連(副腎白質ジストロフィー,ミオパチー,精神遅滞),セラミド合成酵素による調節機構,エンドソーム...
文部科学省: 科学研究費補助金(新学術領域研究(研究領域提案型))
研究期間: 2011年 - 2012年    代表者: 木原 章雄
1.スフィンゴシン1-リン酸(SIP)の代謝経路の解明SIPはSIPリアーゼによりヘキサデセナール(アルデヒド)へ分解された後,パルミトイルCoAを経てグリセロリン脂質へ代謝されることが知られている。この過程には少なくともアルデヒドから脂肪酸への酸化,アシルCoAへの変換,二重結合の飽和(還元)の3反応が含まれているはずであるが,触媒酵素の同定とこれらの反応の順序は不明であった。我々は本研究課題が始まる以前に,ヘキサデセナールが脂肪族アルデヒドデヒドロゲナーゼALDH3A2によってヘキサデ...
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2011年 - 2012年    代表者: 木原 章雄
脂質非対称とは細胞膜脂質二重層において外層と内層の脂質分子の組成が異なることを指す。我々はこれまでに脂質非対称変化を感知し,下流に伝達する経路としてRim101経路を同定してきた。本研究において我々はRim101経路の因子の中でもRim21がセンサーとして機能し,Rim9,Dfg16はRim21と複合体を形成してその細胞内局在,安定性を調節していることを明らかにした。また,脂質非対称が変化した際に,細胞機能を保つ役割を持つ新規因子としてOpt2を同定した。

特許

 
スフィンゴシンキナーゼ活性を有する分泌型ポリペプチドおよびそれをコードするスフィンゴシンキナーゼ遺伝子
WO2003/031628
セラミド合成酵素 Lass6 を用いたフィトセラミドおよびαハイドロキシセラミドの製造方法
2007-104926