SAKAMOTO Shinji

J-GLOBAL         Last updated: Nov 2, 2019 at 02:43
 
Avatar
Name
SAKAMOTO Shinji
E-mail
sakamoto.shinjinihon-u.ac.jp
Affiliation
Nihon University
Section
College of Humanities and Sciences, Department of Psychology
Job title
Professor
Research funding number
20316912

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
Sep 1995
 - 
Aug 1998
科学技術特別研究員, 国立精神・神経センター 精神保健研究所
 
Sep 1998
 - 
Mar 1999
専任講師, 人間関係学部設置準備室 , 大妻女子大学
 
Apr 1999
 - 
Mar 2003
専任講師, 人間関係学部, 大妻女子大学
 
Apr 2003
 - 
Mar 2008
助教授, 文理学部, 日本大学
 
Apr 2008
   
 
教授, 文理学部, 日本大学
 

Education

 
Apr 1986
 - 
Mar 1990
教養学科, Faculty of Liberal Arts, The University of Tokyo
 
Apr 1992
 - 
Mar 1995
社会心理学, Graduate School, Division of Sociology, The University of Tokyo
 

Awards & Honors

 
Jan 2018
対人ストレッサーに対する反応にパーソナリティが及ぼす影響 (2)――20代のパート/アルバイト勤務者を対象とした映像刺激を用いたオンライン調査――, 日本心理学会第81回大会特別優秀発表賞, 日本心理学会
Winner: 山川 樹, 坂本 真士
 
Jan 2018
オンライン調査における単調回答とその影響――学生と社会人を対象とした対人過敏・自己優先尺度を用いた検討―, 日本心理学会第81回大会特別優秀発表賞, 日本心理学会
Winner: 亀山 晶子, 山川 樹, 村中 昌紀, 樫原 潤, 坂本 真士
 
Jan 2018
「新型うつ」の社会的認知――会社員を対象としたアンケート調査の分析――, 日本心理学会第81回大会特別優秀発表賞, 日本心理学会
Winner: 樫原 潤, 亀山 晶子, 山川 樹, 村中 昌紀, 坂本 真士
 
Dec 2013
“新型うつ”のしろうと理論, 日本心理学会第77回大会優秀発表賞, 日本心理学会
Winner: 勝谷紀子・岡隆・坂本真士
 
Aug 2009
日本心理学会 国際賞 奨励賞
 

Published Papers

 
Development and validation of the 22-item Tarumi’s modern-type depression trait scale; Avoidance of social roles, Complaint and low Self-esteem (TACS-22).
Kato, T.A., Katsuki, R., Kubo, H., Shimokawa, N., Sato-Kasai, M., Hayakawa, K., Kuwano, N., Umene-Nakano, W., Tateno, M., Setoyama, D., Kang, D., Watabe, M., Sakamoto, S., Teo, A.R., & Kanba, S.
Psychiatry and Clinical Neurosciences   73(8) 448-457   Aug 2019   [Refereed]
Kashihara, J., Yamakawa, I., Kameyama, A., Muranaka, M., Taku, K., & Sakamoto, S.
Psychiatry and Clinical Neurosciences   73(8) 441-447   Aug 2019   [Refereed]
対人過敏傾向・自己優先志向が対人ストレスイベント,抑うつに及ぼす影響についての縦断的検討
村中昌紀・山川樹・坂本真士
パーソナリティ研究   28(1) 7-15   Jul 2019   [Refereed]
社会人における「新型うつ」のしろうと理論の検討
勝谷紀子・岡隆・坂本真士
研究紀要   97(1) 129-139   Mar 2019   [Refereed]
樫原潤・亀山晶子・山川樹・村中昌紀・松浦隆信・坂本真士
心理学研究   89(5) 520-526   Dec 2018

Misc

 
臨床社会心理学における"自己":「新型うつ」への考察を通して
坂本真士・村中昌紀・山川樹
心理学評論   57(3) 405-429   Dec 2014   [Refereed]
「ネガティブ心理学」の一学徒から--橋本・子安論文へのコメント--
坂本真士
心理学評論   55(1) 191-194   Jun 2012   [Invited]

Books etc

 
ポテンシャル 社会心理学
岡隆・坂本真士 (Part:Joint Editor)
サイエンス社   Oct 2018   ISBN:978-4-7819-1431-2
対人的かかわりから見た心の健康
森脇愛子・坂本真士 (Part:Joint Editor)
北樹出版   Apr 2015   
心理学論文道場
世界思想社   Dec 2013   
心理学研究法5 社会
誠信書房   Mar 2012   
事例でわかる心理学のうまい活かし方
金剛出版   Sep 2011   

Conference Activities & Talks

 
Cross-cultural differences in perceptions of modern and traditional types depression between Japan and the United States
Kashihara, J., Yamakawa, I., Kameyama, A., Muranaka, M., Harrison, L.., Dominick, W., Marton, V., Nicholas, A., Taku, K., & Sakamoto, S.
2018 Australian Psychological Society Congress   29 Sep 2018   
ソーシャル・キャピタルと健康, 幸福感に関する研究の新展開2:心理学、社会疫学、政治学から
芳賀道匡・坂本真士・福島慎太郎・高木大資・稲葉陽二・浦光博
日本心理学会第82回大会   25 Sep 2018   
うつ病休職者の回復を目指した行動に対する不快度の調査―行為者の状態及び行動種類別の比較―
山川樹・田中江里子・坂本真士
日本心理学会第82回大会   25 Sep 2018   日本心理学会
援助要請スタイルの差異が相談相手の選考に及ぼす影響の検討
山内菜海・樫原潤・坂本真士
日本心理学会第82回大会   25 Sep 2018   日本心理学会
大学生のストレスイベント経験頻度とパーソナリティの関係―経験サンプリング法を用いた調査―
山川樹・坂本真士
日本パーソナリティ心理学会第27回大会   27 Aug 2018   日本パーソナリティ心理学会

Research Grants & Projects

 
「新型うつ」の予防と治療に関する心理学および精神医学的研究
Project Year: Apr 2016 - Mar 2020
「新型うつ」に関するパーソナリティと社会的認知の研究
日本学術振興会: 
Project Year: Apr 2013 - Mar 2016    Investigator(s): 坂本真士
抑うつに対する予防的学生支援システム構築に関する臨床健康心理学的研究
Project Year: Apr 2011 - Mar 2014    Investigator(s): 及川恵
抑うつと自殺の予防を目指した地域援助の実践的研究
Project Year: 2009 - 2011
自殺報道のあり方を検討するための実験社会心理学的研究:自殺方法と美化の報道に注目して
Project Year: 2009 - 2009