椎名 隆

J-GLOBALへ         更新日: 18/12/07 19:03
 
アバター
研究者氏名
椎名 隆
 
シイナ タカシ
所属
東海大学
部署
医学部 医学科 基礎医学系分子生命科学
職名
教授
学位
博士(農学)(東京農業大学)

研究分野

 
 

学歴

 
 
 - 
1996年
東京農業大学 農学研究科 畜産学
 

論文

 
津田 とみ, 津田 道雄, 河田 寿子, 成瀬 妙子, 椎名 隆, 安藤 麻子, 福田 道雄, 栗田 正徳, 猪子 英俊
DNA多型 = DNA polymorphism   9 115-119   2001年6月
椎名 隆, 半澤 恵, 渡邉 誠喜
動物遺伝研究会誌   24(1) 1-8   1996年
椎名 隆, 半澤 恵, 水谷 誠, 渡邉 誠喜
日本家禽学会誌   32(6) 415-419   1995年11月
Isolation and characterization of cDNA clones for Japanese quail (Coturnix japonica) major histocompatibility complex (MhcCoja) class I molecules
Shiina T, Ando A, Imanishi T, Kawata H, Hanzawa K, Gojobori T, Inoko H, Watanabe S
Immunogenetics   42(3) 213-216   1995年3月   [査読有り]
Analysis of Japanese quail major histocompatibility complex (Mhc) class I genes
Shiina T, Ando A, Hanzawa K, Inoko H, Watanabe S
Proceeding of The 8th AAAP Animal Science Congress   416-417   1996年   [査読有り]
Cloning, sequencing and evolutionary analyses of the human major histocompatibility complex (MHC) region
Inoko H, Mizuki N, Shiina T, Ando A, Kimura M, Kikuchi YY, Kawata H, Sugaya K, Fukagawa T, Matsumoto K, Nagata T, Taketo M, Okumura K, Kasahara M, Ikemura T
DNA Sequence   7(1) 31-32   1996年   [査読有り]
Genomic structure of the human MHC class I MICB gene
Bahram S, Shiina T, Oka A, Tamiya G, Inoko H
Immunogenetics   45(2) 161-162   1996年2月   [査読有り]
Allelic variations in the TAP2 and LMP2 genes in Behcet's disease
Ishihara M, Ohno S, Mizuki N, Yamagata N, Naruse T, Shiina T, Kawata H, Kuwata S, Inoko H
Tissue Antigens   47(3) 249-252   1996年3月   [査読有り]
cDNA cloning of the human homologues of the mouse Ke4 and Ke6 genes at the centromeric end of the human MHC region
Ando A, Kikuti YY, Shigenari A, Kawata H, Okamoto N, Shiina T, Chen L, Ikemura T, Abe K, Kimura M, Inoko H
Genomics   35(3) 600-602   1996年8月   [査読有り]
Genetic polymorphisms in the keratin-like S gene within the human major histocompatibility complex and association analysis on the susceptibility to psoriasis vulgaris
Ishihara M, Yamagata N, Ohno S, Naruse T, Ando A, Kawata H, Ozawa A, Ohkido M, Mizuki N, Shiina T, Ando H, Inoko H
Tissue Antigens   48(3) 182-196   1996年9月   [査読有り]
Nucleotide sequence analysis of the HLA class I region spanning the 237-kb segment around the HLA-B and -C genes
Mizuki N, Ando H, Kimura M, Ohno S, Miyata S, Yamazaki M, Tashiro H, Watanabe K, Ono A, Taguchi S, Sugawara C, Fukuzumi Y, Okumura K, Goto K, Ishihara M, Nakamura S, Yonemoto J, Kikuti YY, Shiina T, Chen L, Ando A, Ikemura T, Inoko H
Genomics   42(1) 55-66   1997年5月   [査読有り]
Triplet repeat polymorphism in the NOTCH4 gene with the human major histocompatibility complex in a healthy population and patients with a salivary gland tumor in Japan
Ando A, Sugaya K, Shigenari A, Naruse TK, Horiuchi M, Shiina T, Kawata H, Chen L, Ikemura T, Inoko H
Tissue Antigens   50(1) 66-70   1997年7月   [査読有り]
Nucleotide sequencing analysis of the 146 kb segment around the IkBL and MICA genes at the centromenric end of the HLA class I region
Shiina T, Tamiya G, Oka A, Yamagata T, Yamagata N, Kikkawa E, Got K, Mizuki N, Watanabe K, Fukuzumi Y, Taguchi S, Sugawara C, Ono A, Chen L, Yamazaki M, Tashiro H, Ando A, Ikemura T, Kimura M, Inoko H
Genomics   47(3) 372-382   1998年2月   [査読有り]
Twenty-six new polymorphic microsatellites markers around the HLA-B, -C and -E loci in the human MHC class I region
Tamiya G, Ota M, Katsuyama Y, Shiina T, Oka A, Makino S, Kimura M, Inoko H
Tissue Antigens   51(4) 337-346   1998年4月   [査読有り]
Physical mapping of 620 kb between the S and HLA-E genes in the midst of the human MHC class I region by construction of a BAC, PAC and cosmid contig
Shiina T, Kikkawa E, Yamagata T, Saito W, Tamiya G, Oka A, Watanabe K, Yamazaki M, Tashiro H, Okumura K, Ando A, Kimura M, Soeda E, Pontarotti P, Inoko H
Immunogenetics   48(6) 402-407   1998年11月   [査読有り]
Assignment of the human 1,3-fucosyltrandferase IX gene (FUT9) to chromosome band 6q16 by in situ hybridization
Kaneko M, Kudo T, Iwasaki H, Shiina T, Inoko H, Kozaki T, Saitou N, Narimatsu H
Cytogenetics and Cell Genetics   86(3) 329-330   1999年3月   [査読有り]
The critical region for Behcet's disease in the human major histocompatibility complex is reduced to a 46 kb segment centromeric of HLA-B, by association analysis using refined microsatellite mapping
Ota M, Mizuki N, Katsuyama Y, Tamiya G, Shiina T, Oka A, Ando H, Kimura M, Goto K, Yabuki K, Ohno S, Inoko H
American Journal of Human Genetics   64(5) 1406-1410   1999年5月   [査読有り]
Multiple class I loci expressed by the quail Mhc
Shiina T, Oka A, Imanishi T, Hanzawa K, Gojobori T, Watanabe S, Inoko H
Immunogenetics   49(5) 456-460   1999年5月   [査読有り]
Gene organization of the quail major histocompatibility complex (MhcCoja) class I gene region
Shiina T, Shimizu C, Oka A, Teraoka Y, Imanishi T, Gojobori T, Hanzawa K, Watanabe S, Inoko H
Immunogenetics   49(5) 384-394   1999年5月   [査読有り]
a1,3-Fucosyltransferase IX (Fuc-TIX) is very highly conserved between human and mouse; molecular cloning, characterization and tissue distribution of human Fuc-TIX
Kaneko M, Kudo T, Iwasaki H, Ikehara Y, Nishihara S, Nakagawa S, Sasaki K, Shiina T, Inoko H, Saitou N, Narimatsu H
FEBS letters   452(3) 237-242   1999年6月   [査読有り]
Polymorphism of MICA in Japanese and a MICA-MICB null haplotype
Komatsu-Wakui M, Tokunaga K, Ishikawa Y, Kashiwase K, Moriyama S, Tsuchiya N, Ando H, Shiina T, Geraghty DE, Inoko H, Juji T
Immunogenetics   49(7) 620-628   1999年7月   [査読有り]
Isolation and characterization of a pig major histocompatibility complex (SLA) class II DNA cDNA clone
Baba T, Shiina T, Ando A, Imanishi T, Matsuno N, Skurai E, Nagao T, Tanaka K, Gojyobori T, Inoko H
Immunogenetics   49(10) 915-917   1999年9月   [査読有り]
New microsatellite markers in the human MHC class I region
Tamiya G, Shiina T, Oka A, Ota M, Kastuyama Y, Tomizawa M, Yoshitome M, Ohtsuka M, Kimura M, Inoko H
Tissue Antigens   54(3) 221-228   1999年9月   [査読有り]
Complete structure and gene map of a human major histocompatibility complex (MHC)
The MHC sequencing consortium (Aguado B, Bahram S, Beck S, Campbell RD, Forbes S, Geraghty D, Guillaudeux T, Hood L, Horton R, Inoko H, Janer M, Jasoni C, Madan A, Milne S, Neville M, Oka A, Qin S, Ribas-Despuig G, Rogers J, Rowen L, Shiina T, Spies T, Tamiya G, Tashiro H, Trowsdale J, Vu Q, Williams L, Yamazaki M)
Nature   401(6756) 921-923   1999年10月   [査読有り]
Molecular dynamics of MHC genesis unraveled by sequencing analysis of the 1,796,938 bp HLA class I region
Shiina T, Tamiya G, Oka A, Takishima N, Yamagata T, Kikkawa E, Iwata K, Tomizawa M, Okuaki N, Kuwano Y, Watanabe K, Fukuzumi Y, Itakura S, Sugawara C, Ono A, Yamazaki M, Tashiro H, Ando A, Ikemura T, Soeda E, Kimura M, Bahram S, Inoko H
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   96(23) 13282-13287   1999年11月   [査読有り]
Association analysis using refined microsatellite markers localizes a susceptible locus for psoriasi vulgaris within a 111 kb segment telomeric of the HLA-C gene
Oka A, Tamiya G, Ota M, Kastuyama Y, Shiina T, Tomizawa M, Yoshitome M, Sugai J, Ozawa A, Ohkido M, Kimura M, Bahram S, Inoko H
Human Molecular Genetics   8(12) 2165-2170   1999年11月   [査読有り]
The beta-1,3-galactosyltransferase-4 (B3GALT4) gene is located in the centromeric segment of the human MHC class II region
Shiina T, Kikkawa E, Iwasaki H, Kaneko M, Narimatsu H, Sasaki K, Bahram S, Inoko H
Immunogenetics   51(1) 75-78   2000年1月   [査読有り]
Genetic polymorphisms in the cell growth regulated gene, SC1 telomeric of the HLA-C gene and lack of association with psoriasis vulgaris
Teraoka Y, Naruse TK, Oka A, Matsuzawa Y, Shiina T, Iizuka M, Iwashita K, Ozawa A, Inoko H
Tissue Antigens   55(3) 206-211   2000年3月   [査読有り]
Genomic anatomy of a premiar Major Histocompatibility Complex paralogous region onchrormosome 1q21-22
Shiina T, Ando A, Suto Y, Kasai F, Shigenari A, Takishima N, Kikkawa E, Iwata K, Kuwano Y, Kitamura Y, Matsuzawa Y, Sano K, Nogami M, Kawata H, Li S, Fukuzumi Y, Yamazaki M, Tashiro H, Tamiya G, Kohda A, Okumura K, Ikemura T, Soeda E, Mizuki N, Kimura M, Bahram S, Inoko H
Genome Research   11(5) 789-802   2001年5月   [査読有り]
Abi-Rached L, Gilles A, Shiina T, Pontarotti P, Inoko H
Nature genetics   31(1) 100-105   2002年5月   [査読有り]
Comparative genomic analysis of the MHC: the evolution of class I duplication blocks, diversity and complexity from shark to man.
Kulski JK, Shiina T, Anzai T, Kohara S, Inoko H
Immunological reviews   190 95-122   2002年12月   [査読有り]
Anzai T, Shiina T, Kimura N, Yanagiya K, Kohara S, Shigenari A, Yamagata T, Kulski JK, Naruse TK, Fujimori Y, Fukuzumi Y, Yamazaki M, Tashiro H, Iwamoto C, Umehara Y, Imanishi T, Meyer A, Ikeo K, Gojobori T, Bahram S, Inoko H
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   100(13) 7708-7713   2003年6月   [査読有り]
Genomic structure around joining segments and constant regions of swine T-cell receptor alpha/delta (TRA/TRD) locus.
Uenishi H, Hiraiwa H, Yamamoto R, Yasue H, Takagaki Y, Shiina T, Kikkawa E, Inoko H, Awata T
Immunology   109(4) 515-526   2003年8月   [査読有り]
Vienne A, Shiina T, Abi-Rached L, Danchin E, Vitiello V, Cartault F, Inoko H, Pontarotti P
Immunogenetics   55(7) 429-436   2003年10月   [査読有り]
Shigenari A, Ando A, Renard C, Chardon P, Shiina T, Kulski JK, Yasue H, Inoko H
Immunogenetics   55(10) 695-705   2004年1月   [査読有り]
Hurt P, Walter L, Sudbrak R, Klages S, Müller I, Shiina T, Inoko H, Lehrach H, Günther E, Reinhardt R, Himmelbauer H
Genome research   14(4) 631-639   2004年4月   [査読有り]
Comparative genomic analysis of two avian (quail and chicken) MHC regions.
Shiina T, Shimizu S, Hosomichi K, Kohara S, Watanabe S, Hanzawa K, Beck S, Kulski JK, Inoko H
Journal of immunology (Baltimore, Md. : 1950)   172(11) 6751-6763   2004年6月   [査読有り]
Shimizu S, Shiina T, Hosomichi K, Takahashi S, Koyama T, Onodera T, Kulski JK, Inoko H
Immunogenetics   56(4) 280-291   2004年7月   [査読有り]
Kulski JK, Anzai T, Shiina T, Inoko H
Molecular biology and evolution   21(11) 2079-2091   2004年11月   [査読有り]
Shiina T, Dijkstra JM, Shimizu S, Watanabe A, Yanagiya K, Kiryu I, Fujiwara A, Nishida-Umehara C, Kaba Y, Hirono I, Yoshiura Y, Aoki T, Inoko H, Kulski JK, Ototake M
Immunogenetics   56(12) 878-893   2005年3月   [査読有り]
[HLA gene region and its diversity].
Shiina T, Inoko H
Nihon rinsho. Japanese journal of clinical medicine   63 Suppl 4 293-298   2005年4月   [査読有り]
Fukami-Kobayashi K, Shiina T, Anzai T, Sano K, Yamazaki M, Inoko H, Tateno Y
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   102(26) 9230-9234   2005年6月   [査読有り]
Bahram S, Inoko H, Shiina T, Radosavljevic M
Current opinion in immunology   17(5) 505-509   2005年10月   [査読有り]
Ando A, Shigenari A, Kulski JK, Renard C, Chardon P, Shiina T, Inoko H
Immunogenetics   57(11) 864-873   2005年12月   [査読有り]
Luo M, Kim H, Kudrna D, Sisneros NB, Lee SJ, Mueller C, Collura K, Zuccolo A, Buckingham EB, Grim SM, Yanagiya K, Inoko H, Shiina T, Flajnik MF, Wing RA, Ohta Y
BMC genomics   7 106   2006年5月   [査読有り]
Shiina T, Ota M, Shimizu S, Katsuyama Y, Hashimoto N, Takasu M, Anzai T, Kulski JK, Kikkawa E, Naruse T, Kimura N, Yanagiya K, Watanabe A, Hosomichi K, Kohara S, Iwamoto C, Umehara Y, Meyer A, Wanner V, Sano K, Macquin C, Ikeo K, Tokunaga K, Gojobori T, Inoko H, Bahram S
Genetics   173(3) 1555-1570   2006年7月   [査読有り]
Hosomichi K, Shiina T, Suzuki S, Tanaka M, Shimizu S, Iwamoto S, Hara H, Yoshida Y, Kulski JK, Inoko H, Hanzawa K
BMC genomics   7 322   2006年12月   [査読有り]
Watanabe A, Shiina T, Shimizu S, Hosomichi K, Yanagiya K, Kita YF, Kimura T, Soeda E, Torii R, Ogasawara K, Kulski JK, Inoko H
Genomics   89(3) 402-412   2007年3月   [査読有り]
Dijkstra JM, Katagiri T, Hosomichi K, Yanagiya K, Inoko H, Ototake M, Aoki T, Hashimoto K, Shiina T
Immunogenetics   59(4) 305-321   2007年4月   [査読有り]
Extended gene map reveals tripartite motif, C-type lectin, and Ig superfamily type genes within a subregion of the chicken MHC-B affecting infectious disease.
Shiina T, Briles WE, Goto RM, Hosomichi K, Yanagiya K, Shimizu S, Inoko H, Miller MM
Journal of immunology (Baltimore, Md. : 1950)   178(11) 7162-7172   2007年6月   [査読有り]

Misc

 
椎名隆
日本染色体遺伝子検査学会雑誌   36(2) 49   2018年10月
岩谷千鶴, 河本育士, 中川孝博, 山中久, 米田公生, 中川賢司, 椎名隆, 小笠原一誠, 土屋英明
日本実験動物技術者協会総会講演要旨集   52nd 150   2018年9月
岡野雅春, 岡野雅春, 宮前二朗, 宮前二朗, 鈴木進悟, 片倉文彦, 西谷広平, 椎名隆, 森友忠昭
日本哺乳類学会大会プログラム・講演要旨集   2018 77   2018年9月
海藤晃弘, 石井朝子, 青島蓮, 鈴山瑞貴, 笠原宏一, 鈴木進悟, 椎名隆
日本遺伝学会大会プログラム・予稿集   90th 129   2018年8月
塚田晃三, 宮前二朗, 椎名隆, 森友忠昭
日本獣医学会学術集会講演要旨集   161st 426   2018年8月
NGS-SBT法に関するワークショップ
佐伯 幸枝, 竹下 昌孝, 椎名 隆
MHC: Major Histocompatibility Complex   25(2) 124-125   2018年8月
免疫介在性壊死性ミオパチー(IMNM)とHLA-DRB1多型との関連解析
大貫 優子, 重成 敦子, 椎名 隆
MHC: Major Histocompatibility Complex   25(2) 125-125   2018年8月
コモンマーモセット・ヒト・マウスの比較免疫学 抗原提示・造血幹細胞および免疫機能分子について(Comparative immunity of antigen recognition, differentiation, and other functional molecules: similarities and differences among common marmosets, humans, and mice)
亀谷 美恵, 椎名 隆, 鈴木 隆二, 佐々木 えりか, 垣生 園子
Experimental Animals   67(3) 301-312   2018年7月
新世界ザルであるコモンマーモセット(CM)は、小型であり、性成熟が早く、高い繁殖力を持つという特徴を持つ実験動物である。免疫学的研究においては自己免疫疾患や感染症等のCMモデルが報告されているが、分子レベルでの解析は他の非ヒト霊長類ほど進んでいない。しかし近年、CMの抗原認識分子の構造や造血幹細胞マーカーが同定され、免疫分子の機能に関する知見も集積してきている。その過程で、CMの免疫担当分子群がマウスと比較してヒトと高い相同性を持つ一方で、抑制性非古典的MHC class I分子のHLA-...
非げっ歯類のゲノムと副作用予測への応用 カニクイザルのMHC多型に基づく疾患・移植研究への応用
椎名 隆, 浦野 浩行, 山中 久, 中川 賢司
The Journal of Toxicological Sciences   43(Suppl.) S173-S173   2018年6月
海藤晃弘, 椎名隆, 鈴木進吾, 笠原宏一, 石井朝子, 青島蓮, 小古間時夫
日本ゲノム微生物学会年会要旨集   12th 90   2018年3月
田中政之, 牧内貴志, 小見山智義, 椎名隆, 橘裕司
日本寄生虫学会大会プログラム・抄録集   87th 87   2018年2月
椎名 隆, 浦野 浩行, 山中 久, 中川 賢司
日本毒性学会学術年会   45(0) W8-2   2018年
<p> 主要組織適合性複合体(MHC)分子は、抗原ペプチドをT細胞やNK細胞に提示することにより免疫応答を発動させる分子である。このMHC分子をコードするMHC遺伝子群は極めて高い多型性を有し、個々が持つMHC多型ごとに特定の抗原ペプチドとの親和性が異なる。その結果、特定のMHC多型と"感染症"・"アレルギー"・"自己免疫疾患"等の発症リスクが生じる。また、非自己型MHC分子はT細胞により異物と見なされるため、ドナーとレシピエント間のMHC多型の一致は急性拒絶反応の回避のために必要である。...
森島聡子, 東史啓, 屋部登志雄, 柏瀬貢一, 椎名隆, 加藤俊一, 小寺良尚, 笹月健彦, 森島泰雄
日本造血細胞移植学会総会プログラム・抄録集   40th 212   2017年12月
染色体切断時におけるDNA複製現象に対するrecXおよびsrpC遺伝子の関与
海藤 晃弘, 石井 朝子, 椎名 隆, 鈴木 進悟, 小古間 時夫
生命科学系学会合同年次大会   2017年度 [1P-0695]   2017年12月
鈴木進悟, 猪子英俊, 椎名隆
月刊メディカル・サイエンス・ダイジェスト   43(13) 702‐704   2017年11月
炎症性ミオパチーとヒト白血球抗原(Inflammatory myopathies and human leukocyte antigen)
Ohnuki Yuko, Suzuki Shigeaki, Shiina Takashi
Clinical and Experimental Neuroimmunology   8(4) 313-317   2017年11月
日本人におけるHLA遺伝子全領域の高頻度・高精度アレル塩基配列の収集
鈴木 進悟, 猪子 英俊, 椎名 隆
Medical Science Digest   43(13) 702-704   2017年11月
近年、次世代シークエンサーを活用したHLA遺伝子のDNAタイピングが注目されている。この方法は、PCR-SSO-Luminex法やPCR-SBT法などの現行法と比して正確なHLAアリル情報が得られ、HLA遺伝子全領域の新規多型や変異を効率よく、かつ染色体ごとに分けて検出しうるなどの利点を有する。したがって、本法の活用は従来のDNAタイピング法の限界にブレークスルーをもたらし、特定エキソンのHLA多型に基づいて進められてきたこれまでの疾患関連解析や移植研究に新たな知見を与えるものと考えられる...
椎名隆
MHC (Web)   24(2 Suppl) 52   2017年10月
大貫優子, 鈴木重明, 渡邊由里香, 漆葉章典, 重成敦子, 鈴木進悟, 鈴木則宏, 西野一三, 椎名隆
MHC (Web)   24(2 Suppl) 90   2017年10月
細道一善, 井ノ上逸朗, 田嶋敦, 中岡博史, 椎名隆, 東史啓, 猪子英俊, 屋部登志雄, 森島泰雄
MHC (Web)   24(2 Suppl) 74   2017年10月
NGSによるHLAタイピング法の現状と未来展望 臨床応用に向けたNGSによるHLAタイピングの現状
椎名 隆
MHC: Major Histocompatibility Complex   24(2Suppl.) 52-52   2017年10月
Sequence Capture法によるKIRハプロタイプ構造決定と日本人におけるその多様性
細道 一善, 井ノ上 逸朗, 田嶋 敦, 中岡 博史, 椎名 隆, 東 史啓, 猪子 英俊, 屋部 登志雄, 森島 泰雄
MHC: Major Histocompatibility Complex   24(2Suppl.) 74-74   2017年10月
免疫介在性壊死性ミオパチー(IMNM)とHLA多型との関連解析
大貫 優子, 鈴木 重明, 渡邊 由里香, 漆葉 章典, 重成 敦子, 鈴木 進悟, 鈴木 則宏, 西野 一三, 椎名 隆
MHC: Major Histocompatibility Complex   24(2Suppl.) 90-90   2017年10月
急性骨髄性白血病に対するターゲットシークエンスパネル(Targeted next-generation sequencing in acute myeloid leukemia)
Matsushita Hiromichi, Kawai Hidetsugu, Tanaka Masayuki, Harada Hironori, Harada Yuka, Amaki Jun, Sheng Yin, Shiina Takashi, Onizuka Makoto, Ando Kiyoshi
臨床血液   58(9) 1514-1514   2017年9月
Long-rangeとShort-range PCR法の特徴
椎名 隆
MHC: Major Histocompatibility Complex   24(2) 155-155   2017年9月
各NGSプラットホームの性状
椎名 隆
MHC: Major Histocompatibility Complex   24(2) 156-156   2017年9月
次世代シーケンサーを用いたHLA DNAタイピング法の特徴と臨床への応用
椎名 隆
MHC: Major Histocompatibility Complex   24(2) 165-166   2017年9月
岡野雅春, 岡野雅春, 宮前二朗, 宮前二朗, 鈴木進悟, 片倉文彦, 森友忠昭, 椎名隆
日本獣医学会学術集会講演要旨集   160th 528   2017年8月
宮前二朗, 鈴木進悟, 片倉文彦, 岡野雅春, 森友忠昭, 椎名隆
日本獣医学会学術集会講演要旨集   160th 367   2017年8月
イヌMHCクラスI遺伝子領域における新規構造多型の同定
宮前 二朗, 鈴木 進悟, 片倉 文彦, 岡野 雅春, 森友 忠昭, 椎名 隆
日本獣医学会学術集会講演要旨集   160回 367-367   2017年8月
ネコのMHCクラスII遺伝子(FLA-DRB)の多型解析法の検討
岡野 雅春, 宮前 二朗, 鈴木 進悟, 片倉 文彦, 森友 忠昭, 椎名 隆
日本獣医学会学術集会講演要旨集   160回 528-528   2017年8月
朝治桜子, 原ひろみ, 平野貴, 半澤惠, 石毛太一郎, 石毛太一郎, 細道一善, 鈴木進悟, 椎名隆
DNA多型   25(1) 47‐51   2017年7月
北夕紀, 村山美穂, 小木万布, 森阪匡通, 酒井麻衣, 椎名隆
DNA多型   25(1) 52‐57   2017年7月
大貫 優子, 鈴木 重明, 重成 敦子, 鈴木 進悟, 鈴木 則宏, 西野 一三, 椎名 隆
MHC: Major Histocompatibility Complex   24(1) 46-53   2017年4月
最近,炎症性筋疾患(筋炎)に免疫介在性壊死性ミオパチー(IMNM)という新たな概念が提唱された。本疾患は,多発筋炎(PM)と類似した臨床経過を辿るが,他の筋炎とは異なり炎症細胞の浸潤が殆ど認められない特徴を持つ。筆者らによる日本人におけるHLA多型との関連解析から,特定のHLA多型(A*02:07やDRB1*08:03など)とIMNMとの関連が示唆された。将来的には,HLA多型を切り口とした本疾患発症機序の解明や診断法の開発が期待される。(著者抄録)
RNA-seqによるニホンウズラの機能的主要組織適合性複合体遺伝子座の多様性解析
朝治 桜子, 原 ひろみ, 平野 貴, 半澤 惠, 石毛 太一郎, 細道 一善, 鈴木 進悟, 椎名 隆
DNA多型   25(1) 47-51   2017年7月
朝治桜子, 石毛太一郎, 細道一善, 鈴木進悟, 原ひろみ, 平野貴, 椎名隆, 半澤惠
日本畜産学会大会講演要旨   122nd 107   2017年3月
RNA-seqにより発現を確認したニホンウズラMHCクラスIα(Coja-IA)遺伝子座の多様性解析
朝治 桜子, 石毛 太一郎, 細道 一善, 鈴木 進悟, 原 ひろみ, 平野 貴, 椎名 隆, 半澤 惠
日本畜産学会大会講演要旨集   122回 107-107   2017年3月
森実飛鳥, 菊地哲広, 椎名隆, 石垣宏仁, 小笠原一誠, 高橋淳, 高橋淳
再生医療   16 345   2017年2月
Long-PCRシステムと組み合わせた次世代配列決定により解明したΔ(srl-recA)306とΔrecA::Km間の表現型の相違(Phenotypic difference between Δ(srl-recA)306 and ΔrecA::Km elucidated by next-generation sequencing combined with a long-PCR system)
Suzuki Shingo, Kaidow Akihiro, Meya Takuma, Masuya Anri, Shiina Takashi
The Journal of General and Applied Microbiology   63(1) 22-27   2017年2月
recA突然変異Δ(srl-recA)306配列を決定し、Keioコレクションから得たΔ(srl-recA)306とΔrecA::Km突然変異の表現型を比較した。Long-PCRはプライマー、norRおよびalaSにより行い、増幅されたDNA断片は野生型とΔ(srl-recA)306細胞の長さが異なり、全Δ(srl-recA)306突然変異が含まれていることが示唆された。これらのDNA断片の配列から、10個の遺伝子を含むsrlRからrecAまでの9147bpがTn10 DNA配列によって置...
各種疾患 神経筋疾患 免疫性筋疾患とHLA
鈴木 重明, 大貫 優子, 椎名 隆
Annual Review神経   2017 237-242   2017年1月
海藤晃弘, 石井朝子, 椎名隆, 鈴木進悟, 小古間時夫
日本生化学会大会(Web)   90th ROMBUNNO.1P‐0695 (WEB ONLY)   2017年
海藤 晃弘, 椎名 隆, 笠原 宏一
食に関する助成研究調査報告書   (30) 1-9   2017年
免疫介在性壊死性ミオパチー(IMNM)とHLA多型との関連解析
大貫 優子, 鈴木 重明, 渡邊 由里香, 中原 仁, 鈴木 進悟, 鈴木 則宏, 西野 一三, 椎名 隆
MHC: Major Histocompatibility Complex   23(2Suppl.) 80-80   2016年10月
急性GVHD発症に関与する系統樹に基づくHLA-DP2/DP5 groupの同定とHLA-DPB1 T-cell-epitope matchingとの関連
森島 聡子, 椎名 隆, 小川 誠司, 鈴木 進悟, 柏瀬 貢一, 東 史啓, 屋部 登志雄, 佐治 博夫, 笹月 健彦, 森島 泰雄
MHC: Major Histocompatibility Complex   23(2Suppl.) 93-93   2016年10月
イヌMHCクラスI遺伝子(DLA-12、-64、-88)およびクラスII遺伝子(DLA-DRB1)の多型解析とハプロタイプの推定
宮前 二朗, 鈴木 進悟, 宇野 沙恵, 田中 瑞樹, 片倉 文彦, 亘 敏広, 難波 信一, 森友 忠昭, 椎名 隆
MHC: Major Histocompatibility Complex   23(2Suppl.) 97-97   2016年10月
野生下ハンドウイルカ152個体におけるMHC-DRB1遺伝子の多型解析
辻本 邑, 北 夕紀, 鈴木 進悟, 田中 彰, 椎名 隆
MHC: Major Histocompatibility Complex   23(2Suppl.) 98-98   2016年10月
日本人におけるHLA遺伝子全領域の高頻度・高精度アレル塩基配列の収集
鈴木 進悟, 伊藤 さやか, 重成 敦子, 桝屋 安里, 岡 晃, 北爪 美和子, 須永 純一, 大崎 研, 猪子 英俊, 椎名 隆
MHC: Major Histocompatibility Complex   23(2Suppl.) 102-102   2016年10月
飼育下ハンドウイルカ家系における主要組織適合遺伝子複合体(MHC)領域のハプロタイプ解析
北 夕紀, 辻本 邑, 椎名 隆
MHC: Major Histocompatibility Complex   23(2Suppl.) 111-111   2016年10月
臍帯血を用いた次世代シークエンシングによるHLA遺伝子のRNA発現解析
椎名 隆, Yamamoto Fiona, 鈴木 進悟, 森島 聡子, 細道 一善, 伊藤 さやか, 重成 敦子, 加藤 俊一, 森島 泰雄
MHC: Major Histocompatibility Complex   23(2Suppl.) 115-115   2016年10月
非血縁ドナー幹細胞移植においてHLA対立遺伝子の進化的背景は急性GVHDに影響を及ぼす(Evolutionary basis of HLA alleles affects acute GVHD in unrelated donor stem cell transplantation)
Morishima Satoko, Shiina Takashi, Ogawa Seishi, Suzuki Shingo, Sato-Otsubo Aiko, Kashiwase Koichi, Azuma Fumihiro, Yabe Toshio, Matsuo Keitaro, Saji Hiroh, Kato Shunichi, Kodera Yoshihisa, Sasazuki Takehiko, Morishima Yasuo
臨床血液   57(9) 1428-1428   2016年9月
原発性中枢神経系リンパ腫のゲノム背景(Genetic landscape of primary central nervous system lymphoma)
Yoshida Kenichi, Chiba Kenichi, Kakiuchi Nobuyuki, Okuno Yusuke, Suzuki Shingo, Suzuki Hiromichi, Matsubara-Nakamoto Rie, Koriyama Shunichi, Shiraishi Yuichi, Yoshizato Tetsuichi, Shiozawa Yusuke, Kataoka Keisuke, Ueno Hiroo, Tanaka Hiroko, Sakata-Yanagimoto Mamiko, Kashiwase Koichi, Shiina Takashi, Miyano Satoru, Chiba Shigeru, Yamanaka Ryuya, Ogawa Seishi
臨床血液   57(9) 1552-1552   2016年9月
イヌMHCクラスIおよびクラスII遺伝子座の多型解析とハプロタイプ推定
宮前 二朗, 宇野 沙恵, 田中 瑞樹, 片倉 文彦, 森友 忠昭, 難波 信一, 坂井 学, 亘 敏広, 鈴木 進悟, 椎名 隆
DNA多型   24(1) 81-86   2016年9月
免疫介在性壊死性ミオパチーとHLA-DRB1遺伝子多型との関連解析
大貫 優子, 鈴木 重明, 渡邊 由里香, 中原 仁, 鈴木 進悟, 鈴木 則宏, 椎名 隆, 西野 一三
神経免疫学   21(1) 131-131   2016年9月
筋病理診断を施行したanti-synthetase syndromeの臨床特徴
野口 恵里, 鈴木 重明, 漆葉 章典, 大貫 優子, 濱中 耕平, 渡邊 由里香, 中原 仁, 椎名 隆, 鈴木 則宏, 西野 一三
神経免疫学   21(1) 174-174   2016年9月
医獣連携および基礎から臨床応用への再生医療の実践モデル イヌMHC情報の統合的理解と研究基盤の開発
椎名 隆
日本獣医学会学術集会講演要旨集   159回 180-180   2016年8月
Mayer-Rokitansky-Kuester-Hauser症候群患者における造腟術のための腹腔鏡下Davydov法 7症例の分析(Laparoscopic Davydov Procedure for the Creation of a Neovagina in Patients with Mayer-Rokitansky-Kuester-Hauser Syndrome: Analysis of 7 Cases)
Takahashi Kazumi, Nakamura Eri, Suzuki Shingo, Shinoda Mari, Nishijima Yoshihiro, Ohnuki Yuko, Kondo Akane, Shiina Takashi, Suzuki Takahiro, Izumi Shun-ichiro
The Tokai Journal of Experimental and Clinical Medicine   41(2) 81-87   2016年7月
Mayer-Rokitansky-Kuester-Hauser(MRKH)症候群の患者に対する造腟術として、腹腔鏡下Davydov法を施行した場合の解剖学的および機能的成績の評価を行った。2005年1月〜2010年8月に腹腔鏡下Davydov法による造腟術を施行したMRKH症候群患者7例(手術時年齢18〜27歳)を対象とし、術後60ヵ月迄の術後転帰を解剖学的および機能的な見地から評価した。平均手術時間は163分(範囲120〜230分)で、平均術中出血量は147ml(28〜439ml)、平均...
犬白血球抗原(DLA)遺伝子の多型およびハプロタイプ解析(Polymorphisms and haplotype analyses of dog leukocyte antigen(DLA) genes)
Miyamae Jiro, Katakura Fumihiko, Namba Shinichi, Moritomo Tadaaki, Shiina Takashi
Experimental Animals   65(Suppl.) S34-S34   2016年5月
SLA特異的モノクローナル抗体によるSLA-1アレル発現の検出(SLA-1 allele expression detected by a SLA-specific monoclonal antibody)
Ohshima Shino, Miyamoto Asuka, Shigenari Atsuko, Kinami Rihito, Takasu Masaki, Matsubara Tatsuya, Kitagawa Hitoshi, Shiina Takashi, Ando Asako, Kametani Yoshie
Experimental Animals   65(Suppl.) S120-S120   2016年5月
【腎移植update-腎臓病学・免疫学・再生医学からの新知見-】 HLA遺伝子領域のゲノム解析と腎移植
椎名 隆, 鈴木 進悟, 猪子 英俊
腎臓内科・泌尿器科   3(2) 138-147   2016年2月
次世代シーケンサーによるニホンウズラ機能的MhcクラスIIB遺伝子座の多様性解析
朝治 桜子, 鈴木 進悟, 平野 貴, 原 ひろみ, 椎名 隆, 半澤 惠
日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集   88回・38回 [1P0660]-[1P0660]   2015年12月
遺伝子全領域における正確なDNAタイピングのためのHLAアリル配列の収集
鈴木 進悟, 桝屋 安里, 伊藤 さやか, 重成 敦子, 尾崎 有紀, 岡 晃, 光永 滋樹, 猪子 英俊, 椎名 隆
日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集   88回・38回 [3P0786]-[3P0786]   2015年12月
大規模DNAタイピングによるMHC統御カニクイザルの検出
椎名 隆, 山田 幸穂, 鈴木 進悟, 桝屋 安里, 伊藤 さやか, 岩谷 千鶴, 土屋 英明, 伊藤 靖, 山中 久, 中川 賢司, 小笠原 一誠
日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集   88回・38回 [3P0789]-[3P0789]   2015年12月
コモンマーモセットCD117+造血細胞は多分化能をもつ(Common marmoset CD117+ hematopoietic cells possess multipotency)
Shimada Shin, Nunomura Satoshi, Mori Shuya, Suemizu Hiroshi, Itoh Toshio, Takabayashi Shuji, Okada Yoshinori, Yahata Takashi, Shiina Takashi, Katoh Hideki, Suzuki Ryuji, Tani Kenzaburo, Ando Kiyoshi, Yagita Hideo, Habu Sonoko, Sasaki Erika, Kametani Yoshie
International Immunology   27(11) 567-577   2015年11月
SCF受容体であるCD117を発現するコモンマーモセット(CM)由来造血細胞の多分化能を検討した。CM新生仔骨髄に由来するCD117+細胞を免疫不全NOGマウスに移植すると、移植細胞は骨髄および脾臓に効率よく生着した。CD117+細胞は骨髄球系細胞、CD20+B細胞およびCD3+T細胞に分化し、それらはin vivoにてCMのサイトカインを発現した。T細胞発生に先行するB細胞発生はみられなかった。NOGマウスにおいてCD8+T細胞の発生が優勢であった。CD117+CD34+細胞とCD117...
HLA研究への次世代シークエンス技術の影響(The impact of next-generation sequencing technologies on HLA research)
Hosomichi Kazuyoshi, Shiina Takashi, Tajima Atsushi, Inoue Ituro
Journal of Human Genetics   60(11) 665-673   2015年11月
SS-SBT法を用いた同種造血幹細胞移植後白血病再発症例のHLA領域におけるLOH検索
吉川 枝里, 豊崎 誠子, 重成 敦子, 鈴木 進悟, 岡 晃, 椎名 隆, 鬼塚 真仁, 安藤 潔
臨床血液   56(9) 1664-1664   2015年9月
椎名 隆
MHC: Major Histocompatibility Complex   22(2Suppl.) 62-62   2015年8月
数多くの医学的および生物学的興味を有するHLA遺伝子群の全塩基配列が報告されてから16年が経過したが,その領域に位置する遺伝子情報や多型情報は常に更新されている。一方,近年に開発された次世代シークエンシング技術は,HLA遺伝子群の多型解析にも活用されつつある。本稿では,最新のHLAゲノム情報と次世代シークエンサーを用いたゲノム解析やDNAタイピング法について我々の知見を交えて概説する。
成人T細胞白血病におけるATL細胞のHLAクラス1欠失
渡辺 信和, 佐藤 奈津子, 渡辺 恵理, 小林 誠一郎, 内丸 薫, 森内 幸美, 池邉 太一, 中村 剛之, 椎名 隆, 藤岡 絵里子, 崔 日承, 鵜池 直邦, 末廣 陽子
臨床血液   56(9) 1763-1763   2015年9月
関節リウマチ患者におけるミトコンドリア呼吸鎖関連蛋白質の稀な/低頻度の多様体の集まり(Aggregation of rare/low-frequency variants of the mitochondria respiratory chain-related proteins in rheumatoid arthritis patients)
Mitsunaga Shigeki, Hosomichi Kazuyoshi, Okudaira Yuko, Nakaoka Hirofumi, Suzuki Yasuo, Kuwana Masataka, Sato Shinji, Kaneko Yuko, Homma Yasuhiko, Oka Akira, Shiina Takashi, Inoko Hidetoshi, Inoue Ituro
Journal of Human Genetics   60(8) 449-454   2015年8月
関節リウマチ(RA)患者59名と対照者93名のエクソームシーケンシングを行い、遺伝負荷テストにより、P値0.05以下の107遺伝子を見出した。このうちミトコンドリア呼吸鎖の複合体1のサブユニットであるNDUFA7を選択し、さらに分析した。患者432名(男72名、平均62.1歳、女360名、平均58.8歳)と対照者432名(男202名、平均62.1歳、女230名、平均45.6歳)について、NDUFA7の3つの一塩基多様体(SNV)の症例対照研究を行い、NDUFA7と重篤なびらん性関節炎を伴う...
イヌMHCクラスII遺伝子(DLA-DRB1)の多型解析
宮前 二朗, 片倉 文彦, 森友 忠昭, 椎名 隆
MHC: Major Histocompatibility Complex   22(2Suppl.) 96-96   2015年8月
カニクイザルのiPS細胞ならびに分化細胞におけるMHC遺伝子発現解析
椎名 隆, 山田 幸穂, 森実 飛鳥, 杉田 直, 河村 拓史, 石垣 宏仁, 高橋 淳, 高橋 政代, 澤 芳樹, 小笠原 一誠
MHC: Major Histocompatibility Complex   22(2Suppl.) 97-97   2015年8月
ブタMHCクラスI分子、SLA-1のアロタイプを識別するモノクローナル抗体の作製と性状解析
大島 志乃, 安藤 麻子, 宮本 あすか, 重成 敦子, 高須 正規, 今枝 紀明, 北浦 一孝, 田中 正史, 北川 均, 平山 令明, 鈴木 隆二, 椎名 隆, 猪子 英俊, 亀谷 美恵
MHC: Major Histocompatibility Complex   22(2Suppl.) 97-97   2015年8月
日本人におけるHLA遺伝子全領域の高頻度・高精度アリル塩基配列の収集
鈴木 進悟, 桝屋 安里, 伊藤 さやか, 重成 敦子, 尾崎 有紀, 岡 晃, 大崎 研, 北爪 美和子, 光永 滋樹, 猪子 英俊, 椎名 隆
MHC: Major Histocompatibility Complex   22(2Suppl.) 100-100   2015年8月
DQB1*04:01のリファレンス配列におけるexon 1の1塩基のシーケンシングエラー
奥平 裕子, 細道 一善, 尾崎 有紀, 鈴木 進悟, 重成 敦子, 椎名 隆, 光永 滋樹, 猪子 英俊, 井ノ上 逸朗
MHC: Major Histocompatibility Complex   22(2Suppl.) 102-102   2015年8月
SS-SBT法を用いた成人T細胞白血病(ATL)患者1例における変異の検出
桝屋 安里, 鈴木 進悟, 崔 日承, 渡辺 信和, 末廣 陽子, 光永 滋樹, 猪子 英俊, 椎名 隆
MHC: Major Histocompatibility Complex   22(2Suppl.) 109-109   2015年8月
SS-SBT法を用いたHLA-DNAタイピング結果 64検体について
梅村 武司, 鈴木 進悟, 尾崎 有紀, 赤羽 由紀, 山崎 麻美, 勝山 善彦, 益尾 清恵, 猪子 英俊, 椎名 隆, 太田 正穂
MHC: Major Histocompatibility Complex   22(2Suppl.) 119-119   2015年8月
鈴木 進悟, 尾崎 有紀, 桝屋 安里, 重成 敦子, 光永 滋樹, 猪子 英俊, 椎名 隆
MHC: Major Histocompatibility Complex   22(2) 102-107   2015年8月
膨大な次世代シークエンスデータを用いるアリル判定法の開発は,HLA DNAタイピングの簡略化や迅速化のために必要である。筆者らは,次世代シークエンス用アリル判定プログラム(SeaBass)を開発し,極めて高い精度でアリル判定が可能であることを確認した。したがって,SeaBassは新規アリルやnullアリルの検出のための優れたアリル判定ツールの一つであると考えられる。(著者抄録)
HLA-B座トリプレット表現型を示した家系のSS-SBT解析
勝山 善彦, 鈴木 進悟, 赤羽 由紀, 山崎 麻美, 梅村 武司, 益尾 清恵, 尾崎 有紀, 椎名 隆, 猪子 英俊, 太田 正穂
MHC: Major Histocompatibility Complex   22(2Suppl.) 121-121   2015年8月
同種造血幹細胞移植成績向上を目指したKIRハプロタイプ解析手法の確立
細道 一善, 屋部 登志雄, 椎名 隆, 田嶋 敦, 井ノ上 逸朗
MHC: Major Histocompatibility Complex   22(2Suppl.) 122-122   2015年8月
次世代シークエンシングに基づくHLAゲノム・遺伝子解析
椎名 隆
MHC: Major Histocompatibility Complex   22(2) 84-94   2015年8月
数多くの医学的および生物学的興味を有するHLA遺伝子群の全塩基配列が報告されてから16年が経過したが,その領域に位置する遺伝子情報や多型情報は常に更新されている。一方,近年に開発された次世代シークエンシング技術は,HLA遺伝子群の多型解析にも活用されつつある。本稿では,最新のHLAゲノム情報と次世代シークエンサーを用いたゲノム解析やDNAタイピング法について我々の知見を交えて概説する。(著者抄録)
【リウマチ性疾患のゲノム&エピゲノム解析-GWASから次世代シークエンサーの時代へ-】 次世代シークエンサーはHLAジェノタイピング法を変えるのか?
椎名 隆, 鈴木 進悟, 尾崎 有紀, 光永 滋樹, 猪子 英俊
分子リウマチ治療   8(3) 131-135   2015年7月
近年、次世代シークエンサーを活用したHLA遺伝子のDNAタイピングが注目されている。筆者グループでは、世界に先駆けて超高解像度DNAタイピング法を開発した。この方法は、SBT法やPCR-SSO法などの現行法とくらべて正確なHLAアリル情報が得られ、HLA遺伝子全領域の新規多型や変異を効率よく、かつ染色体ごとに分けて検出しうるなどの利点を有する。したがって、本法の活用は従来のタイピング法の限界にブレークスルーをもたらし、特定エクソンのHLA多型にもとづいて進められてきたこれまでの疾患関連解析...
【再生医療-新たな医療を求めて-】 臨床応用を目指した基礎研究 再生医療を進めるための技術開発 移植免疫寛容カニクイザルコロニーの確立と再生医療への応用
小笠原 一誠, 椎名 隆, 土屋 英明
日本臨床   73(増刊5 再生医療) 369-373   2015年6月
非ヒト霊長類動物における脳死ドナーを想定した子宮移植の臓器灌流手技および同種移植の経験
木須 伊織, 加藤 容二郎, 山田 洋平, 梅根 紀代子, 安達 将隆, 松原 健太郎, 尾原 秀明, 土屋 英明, 板垣 伊織, 河本 育士, 中川 孝博, 石垣 宏仁, 伊藤 靖, 小笠原 一誠, 佐藤 伸一, 中川 賢司, 椎名 隆, 阪埜 浩司, 青木 大輔
日本婦人科腫瘍学会雑誌   33(3) 581-581   2015年6月
Mayer-Rokitansky-Kuester-Hauser症候群症例における網羅的ゲノム解析
高橋 千果, 大貫 優子, 鈴木 進悟, 尾崎 有紀, 篠田 真理, 後藤 優美子, 佐藤 茂, 西村 修, 近藤 朱音, 椎名 隆, 和泉 俊一郎
日本遺伝カウンセリング学会誌   36(2) 103-103   2015年5月
次世代シークエンシング(NGS)によるHLAタイピング SS-SBT法の開発状況と今後の展望
尾崎 有紀, 鈴木 進悟, 重成 敦子, 伊藤 さやか, 桝屋 安里, 光永 滋樹, 猪子 英俊, 椎名 隆
MHC: Major Histocompatibility Complex   22(1) 60-60   2015年4月
辻本 邑, 鈴木 進悟, 北 夕紀, 椎名 隆
東海大学紀要. 生物学部 = Proceedings of the School of Biological Sciences, Tokai University   (4) 9-16   2015年
コモンマーモセットのMHC遺伝子のNGSベースDNA型分析方法の開発(Development of NGS based DNA typing method of the MHC genes in common marmoset)
Shiina Takashi, Shigenari Atsuko, Mori Shuya, Kitaura Kazutaka, Kametani Yoshie, Suzuki Ryuji
Experimental Animals   63(Suppl.) S150-S150   2014年12月
カニクイザルのMHC遺伝子のNGSベースDNA型分析方法の開発(Development of a NGS based DNA typing method of MHC genes for Cynomolgus Macaque)
Yamada Yukiho, Tanaka Keiko, Iwatani Chizuru, Tsuchiya Hideaki, Itoh Yasushi, Yoneda Kimio, Yamanaka Hisashi, Nakagawa Hiroshi, Ota Masao, Inoko Hidetoshi, Ogasawara Kazumasa, Shiina Takashi
Experimental Animals   63(Suppl.) S151-S151   2014年12月
コモンマーモセットの胎盤における免疫の分析(Analysis of Immunity in Common Marmoset Placenta)
Mori Shuya, Numao Erina, Ohshima Shino, Shimada Shin, Okahara Junnko, Sasaki Erika, Suzuki Ryuji, Ishimoto Hitoshi, Shiina Takashi, Kametani Yoshie
Experimental Animals   63(Suppl.) S160-S160   2014年12月
c-kit発現幹/前駆細胞における造血の比較分析(Comparative analysis of hematopoiesis in c-kit-expressing stem/progenitor cells)
Ohshima Shino, Shimada Shin, Mori Syuya, Kojima Mika, Miyamoto Asuka, Shiina Takashi, Ando Asako, Kametani Yoshie
Experimental Animals   63(Suppl.) S161-S161   2014年12月
次世代シークエンサーを用いたHLA型判定
落合 恵理子, 稲岡 斉彦, 鈴木 進悟, 尾崎 有紀, 宮下 京子, 椎名 隆, 大澤 資樹
日本法医学雑誌   68(2) 265-266   2014年12月
免疫寛容と免疫抑制2 腫瘍、移植、胎児-母体免疫 霊長類胎盤の胎児/母体境界面における免疫細胞の分析(Immune Tolerance and Immune Suppression: Tumor, Transplantation and Feto-maternal immunity Analysis of immune cells in the fetal/maternal interface of the primate placenta)
Kametani Yoshie, Numao Erina, Mori Shuya, Kinami Rihito, Kitaura Kazutaka, Shiina Takashi, Suzuki Ryuji, Sasaki Erika
日本免疫学会総会・学術集会記録   43(Proceedings) 76-76   2014年11月
【HLAのブレイクスルー-臨床応用と疾患研究の進歩】 HLA DNAタイピング法におけるパラダイムシフト
椎名 隆
医学のあゆみ   251(4) 273-278   2014年10月
HLA遺伝子領域は、ヒトゲノムで比類なき多型性に富み、HLA遺伝子6座位(HLA-A、HLA-B、HLA-C、HLA-DR、HLA-DQ、およびHLA-DP)において、これまでに11,000を超える膨大なHLAアリルが公開されており、新規アリルの公開は年々増加の一途をたどっている。これはDNAタイピング技術が世界的に普及し、より大規模に多型解析が進められていることの反映である。ところが、現在の高解像度DNAタイピング法では、多型に富む特定のエクソンのみでアリル判定が行われていること、pha...
進行性外眼筋麻痺、白質脳症および性機能低下症患者におけるミトコンドリアDNAの多重欠失(Multiple Deletions in Mitochondrial DNA in a Patient with Progressive External Ophthalmoplegia, Leukoencephalopathy and Hypogonadism)
Ohnuki Yuko, Takahashi Kazumi, Iijima Eri, Takahashi Wakoh, Suzuki Shingo, Ozaki Yuki, Kitao Ruriko, Mihara Masatoshi, Ishihara Tadayuki, Nakamura Michiyo, Sawano Yoshie, Goto Yu-ichi, Izumi Shunichiro, Kulski Jerzy K., Shiina Takashi, Takizawa Shunya
Internal Medicine   53(12) 1365-1369   2014年6月
31歳の日本人男性。24歳時にIgA腎症、性腺機能不全症、聴覚低下があり、30歳時に複視、歩行障害が悪化した。検査にて高ゴナドトロピン性性腺機能低下、MRI FLAIRにて白質脳症、筋生検にて"ragged-red fiber"を認めた。以上より進行性外眼筋麻痺と診断した。PCR産物のサブクローニングとSangerシーケンスを行い、ミトコンドリアDNA欠失を分析した。その結果、多重欠失を多数検出した。また、m.3347_12322、m.5818_13964、m.5829_13964、m.5...
iPS細胞樹立前後の同一性確認のためのNGSを用いた第4区域までのHLAアリルタイピング
末上 伸二, 小島 裕人, 鈴木 進悟, 尾崎 有紀, 椎名 隆, 光永 滋樹, 猪子 英俊, 佐治 博夫, 木村 貴文
MHC: Major Histocompatibility Complex   21(1) 64-65   2014年4月
iPS細胞にとっての組織適合性 iPS細胞を用いた脳内細胞移植治療における免疫原性の検討
森実 飛鳥, 土井 大輔, 菊地 哲広, 沖田 圭介, 水間 広, 尾上 浩隆, 林 拓也, 椎名 隆, 小笠原 一誠, 山中 伸弥, 高橋 淳
MHC: Major Histocompatibility Complex   21(1) 75-75   2014年4月
【HLA Revisited】 HLAゲノム構造と多型性
椎名 隆, 鈴木 進悟, 尾崎 有紀, 猪子 英俊
血液フロンティア   23(8) 1041-1049   2013年7月
HLA領域はヒト第6染色体短腕部6p21.31に位置し、HLA遺伝子を含む3.8Mbから構成される。この領域は、ヒトゲノムにて比類なき多型性に富み、これまでにHLA遺伝子6座(HLA-A、-B、-C、-DR、-DQ、-DP)にて、9,000を超える膨大なHLAアリルが同定されている。また、各HLA遺伝子座における特定のHLAアリルが強い連鎖不平衡により同じ染色体上に連なり、HLA-A*24:02-B*52:01-DRB1*15:02など特有のHLAハプロタイプを形成している。さらに、生活習...
子宮性不妊患者に対する子宮移植による妊孕性再建技術の開発 霊長類動物モデルにおける検討
木須 伊織, 阪埜 浩司, 三原 誠, 荒木 淳, 原 尚子, 梅根 紀代子, 野上 侑哉, 増田 健太, 椎名 隆, 菅沼 信彦, 青木 大輔
日本婦人科腫瘍学会雑誌   31(3) 502-502   2013年6月
HLA遺伝子における超高解像度DNAタイピング法(SS-SBT法)の開発
尾崎 有紀, 鈴木 進悟, 重成 敦子, 吉川 枝里, 岡 晃, 光永 滋樹, 椎名 隆, 猪子 英俊, 稲岡 斉彦, 大澤 資樹
DNA多型   21 160-163   2013年5月
ヒト白血球抗原(HLA)の8遺伝子(HLA-A,-B,-C,-DRB1,-DQB1,-DQA1,-DPA1,-DPB1)の各プロモーター領域から3'非翻訳領域までを特異的かつ同条件で増幅させるためのプライマーを設計し、超高解像度DNAタイピング(SS-SBT)法を実施した。次世代シークエンシングにより得られたリードデータと各遺伝子のリファレンス配列とのマッピングにより、HLA-DRB1および-DQB1において、遺伝子全領域におけるHLAアリルの塩基配列が決定された。SS-SBT法により17...

Works

 
MHC領域の比較ゲノム解析
2000年

競争的資金等の研究課題

 
主要組織適合性複合体(MHC)の進化医学的研究
科学研究費補助金
研究期間: 2000年   
HLA領域のパーソナルゲノム解析
研究期間: 2008年   
生物医学研究推進のためのカニクイザル遺伝的多型情報基盤の整備
研究期間: 2002年