野口 雅之

J-GLOBALへ         更新日: 18/08/08 03:13
 
アバター
研究者氏名
野口 雅之
 
ノグチ マサユキ
所属
筑波大学
部署
医学医療系
職名
教授

研究分野

 
 

経歴

 
1987年4月
 - 
1992年3月
国立がんセンター研究所 病理部 研究員
 
1992年4月
 - 
1996年6月
国立がんセンター研究所 病理部 室長
 
1996年7月
 - 
2004年3月
筑波大学 基礎医学系病理学(診断病理学) 教授
 
2000年6月
   
 
筑波大学附属病院 病理部長
 
2004年4月
 - 
2012年3月
筑波大学 大学院人間総合科学研究科生命システム医学専攻(診断病理学) 教授
 

学歴

 
 
 - 
1982年
筑波大学 医学部 
 

委員歴

 
2017年10月
 - 
2021年10月
世界肺癌学会  理事
 
2017年4月
 - 
2019年3月
日本病理学会  日本病理学会医療業務委員会コンサルテーションシステム臓器別チームメンバー
 
2017年4月
 - 
2018年3月
日本医師会  異常死死因究明支援事業等に関する検証会議
 
2018年4月
 - 
2020年3月
日本医療安全調査機構  関東信越ブロック統括調査支援医
 
2018年4月
 - 
2019年3月
茨城県総合健診協会  細胞検査診断委員会委員/肺がん検診の喀痰細胞診断
 

受賞

 
2018年2月
筑波大学 FY2017BEST FACULTY MEMBER 極めて優れた活動を行った教員と認められた
 
2016年2月
茨城県総合健診協会・茨城県 共催 平成28年度 県民健康づくり表彰式 茨城県の健康づくりに功績のあった個人や団体に表彰
受賞者: 野口 雅之(医師)
 
2015年5月
日本病理学会 日本病理学賞 日本病理学会総会において宿題報告として講演した
 
2009年8月
世界肺癌学会 メアリー J. マシュー賞
 
肺癌の病理診断での貢献
1993年2月
財団法人がん研究振興財団、国立がんセンター 田宮記念賞
 

論文

 
A case of microscopic, multiple sclerosing pneumocytoma
Kawai, Hitomi;Takayashiki, Norio;Otani, Haruo;Sakashita, Shingo;Noguchi, Masayuki
Pathology international      2018年3月   [査読有り]
A case of microscopic, multiple sclerosing pneumocytoma
Kawai, Hitomi;Takayashiki, Norio;Otani, Haruo;Sakashita, Shingo;Noguchi, Masayuki
Pathology international      2018年3月   [査読有り]
Lee, SangJoon; Hirohama, Mikako; Noguchi, Masayuki; Nagata, Kyosuke; Kawaguchi, Atsushi
Journal of virology   92(14)    2018年5月   [査読有り]
Respiratory epithelial cell death by influenza virus infection is responsible for induction of inflammatory responses, but the exact cell death mechanism is not understood. Here we showed that influenza virus infection induces apoptosis and pyropt...
The prognostic significance of N-myc downregulated gene 1 in lung adenocarcinoma.
Noguchi, Masayuki;T, Dai;Y, Dai;Y, Murata;RE, Husni;N, Nakano;S, Sakashita
Pathol Int.   68(4) 224-231   2018年4月   [査読有り]
Kim, Yunjung;Shiba-Ishii, Aya;Nakagawa, Tomoki;Iemura, Shun-Ichiro;Natsume, Tohru;Nakano, Noriyuki;Matsuoka, Ryota;Sakashita, Shingo;Lee, SangJoon;Kawaguchi, Atsushi;Sato, Yukio;Noguchi, Masayuki
Oncogene      2018年6月   [査読有り]
Previously we have reported that stratifin (SFN, 14-3-3 sigma) acts as a novel oncogene, accelerating the tumor initiation and progression of lung adenocarcinoma. Here, pull-down assay and LC-MS/MS analysis revealed that ubiquitin-specific proteas...

書籍等出版物

 
分子標的治療・テクノロジー新時代のあたらしい肺癌現場診断学
野口, 雅之;南優子
南江堂   2018年5月   
病理と臨床
Noguchi,Masayuki
2018年1月   
肺癌診療Q&A 一つ上を行く診療の実践 第3版
Noguchi,Masayuki
中外医学社   2017年10月   ISBN:9784498131002
解明 病理学 第3版 -病気のメカニズムを解く-
Noguchi,Masayuki
医歯薬出版株式会社   2017年10月   
病理と臨床
野口,雅之
2016年8月   

講演・口頭発表等

 
初期肺腺癌の診断病理学の問題点とその生物学 [招待有り]
野口,雅之
第425回熊本チェストカンファレンス特別講演会   2018年7月27日   
気管支扁平上皮癌を合併したACTH産生胸膜カルチノイドの1例
佐伯 祐典;後藤 行延;菅井 和人;小林 尚寛;菊池 慎二;佐藤, 幸夫;中野 雅之;坂下 信悟;野口 雅之
第 177回日本胸部外科学会関東甲信越地方会   2018年6月23日   日本胸部外科学会関東甲信越地方会
置換型肺腺癌を背景とした胎児型肺癌の一例
中岡 浩二郎;後藤, 行延;関根 康隆;菅井 和人;柳原 隆宏;佐伯 祐典;小林, 尚寛;菊池, 慎二;鈴木 久史;市村, 秀夫;鬼塚, 正孝;佐藤, 幸夫;中野 雅之;坂下 信悟;野口 雅之
第 182回日本肺癌学会関東支部学術集会   2018年7月7日   回日本肺癌学会関東支部学術集会
大動脈解離を発症し剖検で巨細胞性動脈炎と診断された一例
野口, 雅之;Sakashita M;Sakashita, S;Uesugi, N;Tokunaga, C;Hiramatsu, Y
第107回日本病理学会総会   2018年6月21日   日本病理学会
Heterochronal bilateral ovarian fibroma with nevoid basal cell carcinoma syndrome.
野口, 雅之;Nakano, N;Sakamoto, N;Sakashita, S;Urita, Y;Fukushima, T
第107回日本病理学会総会   2018年6月21日   日本病理学会

担当経験のある科目

 

競争的資金等の研究課題

 
SFNを標的としSCFFbxw7ユビキチンリガーゼ活性亢進を促す初期肺腺癌治療薬の開発
学内共同研究: 共同研究ブースト
研究期間: 2018年4月 - 2019年3月    代表者: 柴 綾
糖鎖バイオマーカーの臨床研究応用性評価研究
キャノンメディカルシステムズ株式会社: 
研究期間: 2018年4月 - 2019年3月    代表者: 野口雅之
革新的がん診断・治療・創薬開発のための基礎探索研究拠点の構築
文部科学省: 平成30年度/概算要求
研究期間: 2018年4月 - 2019年3月
ゲノム研究用試料に関する病理組織検体取扱規定の策定及び病理組織取扱いに関する実証研究
一般財団法人日本病理学会 受託研究: 国立研究開発法人日本医療研究開発機構、事業名:オーダーメイド医療の実現プログラム
研究期間: 2016年4月 - 2017年3月    代表者: 竹内朋代
ゲノム研究用試料に関する病理組織検体取扱規定の策定及び病理組織取扱いに関する実証研究(凍結組織検体保管・移送・SOP策定に係る実証研究ならびにホルマリン固定パラフィン包埋標本SOP策定に係る実証研究)
一般財団法人日本病理学会 受託研究: 国立研究開発法人日本医療研究開発機構、事業名:オーダーメイド医療の実現プログラム
研究期間: 2015年4月 - 2016年3月    代表者: 竹内朋代

特許

 
特願2017-134106 : 抗がん剤
野口,雅之