野口 雅之

J-GLOBALへ         更新日: 18/05/11 03:05
 
アバター
研究者氏名
野口 雅之
 
ノグチ マサユキ
所属
筑波大学
部署
医学医療系
職名
教授

研究分野

 
 

経歴

 
1987年4月
 - 
1992年3月
国立がんセンター研究所 病理部 研究員
 
1992年4月
 - 
1996年6月
国立がんセンター研究所 病理部 室長
 
1996年7月
 - 
2004年3月
筑波大学 基礎医学系病理学(診断病理学) 教授
 
2000年6月
   
 
筑波大学附属病院 病理部長
 
2004年4月
 - 
2012年3月
筑波大学 大学院人間総合科学研究科生命システム医学専攻(診断病理学) 教授
 

学歴

 
 
 - 
1982年
筑波大学 医学部 
 

委員歴

 
2017年4月
 - 
2019年3月
日本病理学会  日本病理学会医療業務委員会コンサルテーションシステム臓器別チームメンバー
 
2017年4月
 - 
2018年3月
日本医師会  異常死死因究明支援事業等に関する検証会議
 
2018年4月
 - 
2020年3月
日本医療安全調査機構  関東信越ブロック統括調査支援医
 
2018年4月
 - 
2019年3月
茨城県総合健診協会  細胞検査診断委員会委員/肺がん検診の喀痰細胞診断
 
2017年4月
 - 
2018年3月
茨城県総合健診協会  細胞検査診断委員会(肺がん)委員
 

受賞

 
2018年2月
筑波大学 FY2017BEST FACULTY MEMBER 極めて優れた活動を行った教員と認められた
 
2016年2月
茨城県総合健診協会・茨城県 共催 平成28年度 県民健康づくり表彰式 茨城県の健康づくりに功績のあった個人や団体に表彰
受賞者: 野口 雅之(医師)
 
2015年5月
日本病理学会 日本病理学賞 日本病理学会総会において宿題報告として講演した
 
2009年8月
世界肺癌学会 メアリー J. マシュー賞
 
肺癌の病理診断での貢献
1993年2月
財団法人がん研究振興財団、国立がんセンター 田宮記念賞
 

論文

 
Okauchi, Shinichiro; Watanabe, Hiroko; Tamura, Tomohiro; Takayashiki, Norio; Iguchi, Kesato; Satoh, Hiroaki; Sato, Taiki; Sakata, Akiko; Noguchi, Masayuki
Journal of general and family medicine   18(6) 418-421   2017年12月
A 51-year-old woman, who was diagnosed as having limited cutaneous systemic scleroderma, presented with pulmonary nodules incidentally detected in a chest radiograph. The patient had surgical biopsy of the nodules. In microscopic examination of th...
Matsuoka, Ryota;Shiba-Ishii, Aya;Nakano, Noriyuki;Togayachi, Akira;Sakashita, Shingo;Sato, Yukio;Minami, Yuko;Noguchi, Masayuki
Lung cancer (Amsterdam, Netherlands)   118 97-104   2018年4月   [査読有り]
[OBJECTIVES] Ceruloplasmin (CP) is a well-known copper binding protein synthesized mainly in the liver, but its expression is known to be elevated in the serum of cancer patients and in malignant tumor cells. Lung cancer is the leading cause of ca...
Kawai, Hitomi;Takayashiki, Norio;Otani, Haruo;Sakashita, Shingo;Noguchi, Masayuki
Pathology international   68(3) 196-201   2018年3月   [査読有り]
Sclerosing pneumocytoma is a rare tumor of the lung, commonly affecting middle-aged women, and is mostly isolated. Although this tumor is thought to be derived from primitive respiratory epithelial cells, the characteristics of the precursor cells...
Yanagawa, Masahiro; Kusumoto, Masahiko; Johkoh, Takeshi; Noguchi, Masayuki; Minami, Yuko; Sakai, Fumikazu; Asamura, Hisao; Tomiyama, Noriyuki
Clinical lung cancer   Epub    2017年12月   [査読有り]
[BACKGROUND] Measuring the size of invasiveness on computed tomography (CT) for the T descriptor size was deemed important in the 8th edition of the TNM lung cancer classification. We aimed to correlate the maximal dimensions of the solid portions...
Nakano, Noriyuki;Sakashita, Shingo;Matsuoka, Ryota;Murata, Yoshihiko;Shiba-Ishii, Aya;Kobayashi, Naohiro;Sato, Yukio;Noguchi, Masayuki
Pathology international   67(11) 555-563   2017年10月   [査読有り]
Cyclophilin A (CypA) has been reported to be upregulated in malignant tumors. CypA expression is thought to be associated with acquisition of tumor growth and anti-apoptotic function. Although upregulation of CypA has been reported in lung adenoca...

書籍等出版物

 
病理と臨床
Noguchi,Masayuki
2018年1月   
肺癌診療Q&A 一つ上を行く診療の実践 第3版
Noguchi,Masayuki
中外医学社   2017年10月   ISBN:9784498131002
解明 病理学 第3版 -病気のメカニズムを解く-
Noguchi,Masayuki
医歯薬出版株式会社   2017年10月   
病理と臨床
野口,雅之
2016年8月   
病理と臨床
野口,雅之
2016年3月   

講演・口頭発表等

 
特別講演 Ⅰ「肺癌病理診断の実際-特に初期腺癌の診断について-」 [招待有り]
野口,雅之
Lung cancer seminar for EGFR –TKI in KYOTO   2018年4月21日   日本ベーリンガーインゲルハイム株式会社
miR-3941 targets IGBP1 and is associated with malignant progression of lung adenocarcinoma
佐藤, 泰樹;柴 綾;坂下 信悟;野口 雅之;加野 准子
日本病理学会総会   2017年4月28日   
Biomarkers of early stage lung adenocarcinoma [招待有り]
Noguchi,Masayuki
2018 AAPPS The 5th Annual Conference of Asia-Australasia Pulmonary Pathology Society   2018年3月31日   
医療事故における病理解剖の役割 [招待有り]
Noguchi,Masayuki
医療事故調査制度対応支援委員・外部委員研修会   2018年3月10日   
Histopathology,molecular characteristics and technologies [招待有り]
Noguchi,Masayuki
THE JAPAN LUNG CANCER SOCIETY PRECEPTORSHIP PROGRAM 2017(JLCSPP2017)   2017年11月25日   日本肺癌学会

担当経験のある科目

 

競争的資金等の研究課題

 
ゲノム研究用試料に関する病理組織検体取扱規定の策定及び病理組織取扱いに関する実証研究
一般財団法人日本病理学会 受託研究: 国立研究開発法人日本医療研究開発機構、事業名:オーダーメイド医療の実現プログラム
研究期間: 2016年4月 - 2017年3月    代表者: 竹内朋代
ゲノム研究用試料に関する病理組織検体取扱規定の策定及び病理組織取扱いに関する実証研究(凍結組織検体保管・移送・SOP策定に係る実証研究ならびにホルマリン固定パラフィン包埋標本SOP策定に係る実証研究)
一般財団法人日本病理学会 受託研究: 国立研究開発法人日本医療研究開発機構、事業名:オーダーメイド医療の実現プログラム
研究期間: 2015年4月 - 2016年3月    代表者: 竹内朋代
ゲノム研究用試料に関する病理組織検体取扱規定の策定及び病理組織取扱いに関する実証研究(凍結組織検体保管・移送・SOP策定に係る実証研究ならびにホルマリン固定パラフィン包埋標本SOP策定に係る実証研究)
一般財団法人日本病理学会 受託研究: 文部科学省平成26年度科学技術試験研究委託事業
研究期間: 2014年10月 - 2015年3月    代表者: 竹内朋代
非浸潤または小型非小細胞肺がんに対する機能温存手術の確立に関する研究
独立行政法人 日本医療研究開発機構(AMED): 革新的がん医療実用化研究事業
研究期間: 2017年4月 - 2018年3月    代表者: 渡辺 俊一
Oncoproteinのユビキチン化を抑制し腫瘍悪性化を招くSFNを標的とする肺腺癌治療薬の開発
独立行政法人 日本医療研究開発機構(AMED): 平成29年度医療研究開発推進事業補助金(橋渡し研究戦略的推進プログラム補助事業)シーズA
研究期間: 2017年7月 - 2018年3月    代表者: 野口 雅之

特許

 
特願2017-134106 : 抗がん剤
野口,雅之