野口 雅之

J-GLOBALへ         更新日: 18/12/20 03:14
 
アバター
研究者氏名
野口 雅之
 
ノグチ マサユキ
所属
筑波大学
部署
医学医療系
職名
教授

研究分野

 
 

経歴

 
1987年4月
 - 
1992年3月
国立がんセンター研究所 病理部 研究員
 
1992年4月
 - 
1996年6月
国立がんセンター研究所 病理部 室長
 
1996年7月
 - 
2004年3月
筑波大学 基礎医学系病理学(診断病理学) 教授
 
2000年6月
   
 
筑波大学附属病院 病理部長
 
2004年4月
 - 
2012年3月
筑波大学 大学院人間総合科学研究科生命システム医学専攻(診断病理学) 教授
 

学歴

 
 
 - 
1982年
筑波大学 医学部 
 

委員歴

 
2018年11月
 - 
2020年6月
茨城県医師会  医療安全対策委員会
 
2018年4月
 - 
2020年3月
日本病理学会  学術委員会委員
 
2017年10月
 - 
2021年10月
世界肺癌学会  理事
 
2017年4月
 - 
2019年3月
日本病理学会  日本病理学会医療業務委員会コンサルテーションシステム臓器別チームメンバー
 
2017年4月
 - 
2018年3月
日本医師会  異常死死因究明支援事業等に関する検証会議
 

受賞

 
2018年2月
筑波大学 FY2017BEST FACULTY MEMBER 極めて優れた活動を行った教員と認められた
 
2016年2月
茨城県総合健診協会・茨城県 共催 平成28年度 県民健康づくり表彰式 茨城県の健康づくりに功績のあった個人や団体に表彰
受賞者: 野口 雅之(医師)
 
2015年5月
日本病理学会 日本病理学賞 日本病理学会総会において宿題報告として講演した
 
2009年8月
世界肺癌学会 メアリー J. マシュー賞
 
肺癌の病理診断での貢献
1993年2月
財団法人がん研究振興財団、国立がんセンター 田宮記念賞
 

論文

 
A Novel Therapeutic Strategy for Pancreatic Cancer: Targeting Cell Surface Glycan Using rBC2LC-N Lectin-Drug Conjugate (LDC).
下村, 治;小田, 竜也;舘野浩章;小澤佑介;木村聡大;坂下信悟;野口雅之;平林 淳;浅島 誠;大河内信弘
Mol Cancer Ther   17(1) 183-195   2018年1月
Adenoma of the nippleや乳房paget病と鑑別を要した浸潤性乳管癌の一例
白谷理恵;竹内直人;安藤有佳里;佐々木啓太;松尾知平;星, 葵;澤, 文;市岡恵美香;都島由希子;井口研子;坂東, 裕子;近藤, 譲;野口雅之;原, 尚人
第15回日本乳癌学会関東地方会 プログラム・抄録集      2018年11月
Needle tract seedingにより局所再発をきたした乳房Paget病の1例
黒田啓介;松尾知平;竹内直人;安藤有佳里;佐々木啓太;星, 葵;澤, 文;寺崎, 梓;市岡恵美香;都島由希子;井口研子;坂東, 裕子;近藤, 譲;野口雅之;原, 尚人
第15回日本乳癌学会関東地方会 プログラム・抄録集      2018年11月   [査読有り]
Hattori, Keiichiro;Sakata-Yanagimoto, Mamiko;Kusakabe, Manabu;Nanmoku, Tohru;Suehara, Yasuhito;Matsuoka, Ryota;Noguchi, Masayuki;Yokoyama, Yasuhisa;Kato, Takayasu;Kurita, Naoki;Nishikii, Hidekazu;Obara, Naoshi;Takano, Shingo;Ishikawa, Eiichi;Matsumura, Akira;Muratani, Masafumi;Hasegawa, Yuichi;Chiba, Shigeru
Cancer science      2018年10月
Primary central nervous system lymphoma (PCNSL) is a rare subtype of lymphoma that arises within the brain or the eyes. PCNSL recurs within the CNS in most of relapsed cases, while extra-CNS relapse is experienced in rare cases. The present study ...
Hattori, Keiichiro;Sakata-Yanagimoto, Mamiko;Kusakabe, Manabu;Nanmoku, Tohru;Suehara, Yasuhito;Matsuoka, Ryota;Noguchi, Masayuki;Yokoyama, Yasuhisa;Kato, Takayasu;Kurita, Naoki;Nishikii, Hidekazu;Obara, Naoshi;Takano, Shingo;Ishikawa, Eiichi;Matsumura, Akira;Muratani, Masafumi;Hasegawa, Yuichi;Chiba, Shigeru
Cancer science      2018年10月
Primary central nervous system lymphoma (PCNSL) is a rare subtype of lymphoma that arises within the brain or the eyes. PCNSL recurs within the CNS in most of relapsed cases, while extra-CNS relapse is experienced in rare cases. The present study ...

書籍等出版物

 
呼吸器系(1)腫瘍 「カラーアトラス病理組織の見方と鑑別診断 第6版」
野口,雅之
医師薬出版   2018年9月   
分子標的治療・テクノロジー新時代のあたらしい肺癌現場診断学
野口, 雅之;南優子
南江堂   2018年5月   
病理と臨床
Noguchi,Masayuki
2018年1月   
肺癌診療Q&A 一つ上を行く診療の実践 第3版
Noguchi,Masayuki
中外医学社   2017年10月   ISBN:9784498131002
解明 病理学 第3版 -病気のメカニズムを解く-
Noguchi,Masayuki
医歯薬出版株式会社   2017年10月   

講演・口頭発表等

 
肺腺癌の組織型別におけるTumor infiltrating lymphocytesのリンパ球種別毎の検討
小林, 尚寛;岡村 純子;荒木 健太郎;柳原 隆宏;中岡 浩二郎;北沢 伸祐;菊池, 慎二;後藤, 行延;佐藤, 幸夫;坂下 信悟;野口 雅之
第59回日本肺癌学会学術集会   2018年11月29日   日本肺癌学会
子宮筋腫肺転移でホルモン療法中,腫瘍の急速増大を呈した 1 手術例
柳原 隆宏;岡村 純子;荒木 健太郎;中岡 浩二郎;北沢 伸祐;小林, 尚寛;菊池, 慎二;鈴木 久史;後藤, 行延;佐藤, 幸夫;中野 雅之;坂下 信悟;野口 雅之
第59回日本肺癌学会学術集会   2018年12月1日   日本肺癌学会
Li -Fraumeni症候群患者に発生したEGFR遺伝子変異陽性肺腺癌の1例
岡村 純子;菊池, 慎二;荒木 健太郎;柳原 隆宏;中岡 浩二郎;北沢 伸祐;小林, 尚寛;後藤, 行延;中野 雅之;塩澤 利博;檜澤 伸之;坂下 信悟;野口 雅之;佐藤, 幸夫
第59回日本肺癌学会学術集会   2018年11月29日   日本肺癌学会
気管支鏡検査後に肺膿瘍を合併する肺癌術後に発症した器質化肺炎の1例
中岡 浩二郎;後藤, 行延;岡村 純子;荒木 健太郎;柳原 隆宏;北沢 伸祐;小林, 尚寛;菊池, 慎二;佐藤, 幸夫;中野 雅之;坂下 信悟;野口 雅之
第166回日本呼吸器内視鏡学会関東支部会   2018年9月8日   第166回日本肺癌学会関東支部
胸骨正中切開で左肺全摘と両側縦隔リンパ節郭清術を施行した1例
柳原 隆宏;関根康晴;菅井和人;中岡 浩二郎;佐伯祐典;小林, 尚寛;菊池, 慎二;後藤, 行延;佐藤, 幸夫;中野 雅之;坂下 信悟;野口 雅之
第177回日本胸部外科学会関東甲信越地方会   2018年6月23日   日本胸部外科学会関東甲信越地方会

担当経験のある科目

 

競争的資金等の研究課題

 
Oncoproteinのユビキチン化を抑制し腫瘍悪性化を招くSFNを標的とする肺腺癌治療薬の開発
独立行政法人 日本医療研究開発機構(AMED): 
研究期間: 2018年8月 - 2019年3月    代表者: 野口雅之
非浸潤または小型非小細胞肺がんに対する機能温存手術の確立に関する研究
独立行政法人 日本医療研究開発機構(AMED): 
研究期間: 2018年4月 - 2019年3月    代表者: 渡辺 俊一
SFNを標的としSCFFbxw7ユビキチンリガーゼ活性亢進を促す初期肺腺癌治療薬の開発
学内共同研究: 共同研究ブースト
研究期間: 2018年4月 - 2019年3月    代表者: 柴 綾
糖鎖バイオマーカーの臨床研究応用性評価研究
キャノンメディカルシステムズ株式会社: 共同研究
研究期間: 2018年4月 - 2019年3月    代表者: 野口雅之
革新的がん診断・治療・創薬開発のための基礎探索研究拠点の構築
文部科学省: 平成30年度/概算要求
研究期間: 2018年4月 - 2019年3月    代表者: 野口雅之

特許

 
特願2017-134106 : 抗がん剤
広川, 貴次;野口, 雅之;柴, 綾
特願2017-134106 : 抗がん剤
広川, 貴次;野口, 雅之;柴, 綾
特願2017-134106 : 抗がん剤
野口,雅之