相山 康道

J-GLOBALへ         更新日: 17/12/06 02:54
 
アバター
研究者氏名
相山 康道
eメール
aiyamaesys.tsukuba.ac.jp
所属
筑波大学
部署
システム情報系
職名
教授
学位
博士(工学)(東京大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2015年4月
   
 
筑波大学 システム情報系 知能機能工学域 教授
 
1995年4月
 - 
1999年4月
東京大学 大学院工学系研究科 精密機械工学専攻 助手
 
1999年4月
 - 
2004年3月
筑波大学 機能工学系 講師
 
2004年4月
 - 
2004年7月
筑波大学 大学院システム情報工学研究科 知能機能システム専攻 講師
 
2004年7月
 - 
2007年3月
筑波大学 大学院システム情報工学研究科 知能機能システム専攻 助教授
 

学歴

 
1986年4月
 - 
1990年3月
東京大学 工学部 精密機械工学科
 
1990年4月
 - 
1992年3月
東京大学 工学系研究科 情報工学専攻
 
1992年4月
 - 
1995年3月
東京大学 工学系研究科 情報工学専攻
 

委員歴

 
 
 - 
2018年3月
第23回ロボティクスシンポジア 実行委員長
 
 
   
 
精密工学会  生産自動化専門委員会 副委員長
 
2013年4月
 - 
2016年3月
日本機械学会  ロボティクス・メカトロニクス部門 欧文誌委員会 委員長
 
2008年
 - 
2009年
日本ロボット学会  事業担当理事
 
2008年
 - 
2009年
日本機械学会  部門運営委員
 

受賞

 
2009年12月
RTミドルウェアコンテスト2009 奨励賞(安川電機賞)
 
2008年12月
RTミドルウェアコンテスト2008 奨励賞(トヨタ自動車賞・安川電機賞)
 
2003年3月
日本機械学会生産システム部門 日本機械学会生産システム部門 技術業績賞
 
生産システムの自立性柔軟性の向上に関する研究による
2001年12月
財団法人 製造科学技術センター 財団法人製造科学技術センター 平成13年度IMS論文賞
 
「Holonic Robot System: A Flexible Assembly System with High Reconfigurability」(Int. Conf. Robotics and Automation) による.
2001年3月
財団法人ファナックFAロボット財団 財団法人ファナックFAロボット財団 平成12年度研究業績本賞
 
「グラスプレス・マニピュレーションの操作計画のための接触状態遷移グラフの生成」(日本機械学会論文集C編Vol.65,No.636) による.

論文

 
Influence of Grasping Position to Robot Assembling Task
Aiyama, Yasumichi;Suyama, Akira
Proc. of the 47th Int. Symp. on Robotics      2016年6月
対象物の初期位置姿勢誤差と把持位置が作業の成否に及ぼす影響
須山, 晃;Aiyama, Yasumichi
日本機械学会ロボティクスメカトロニクス講演会予稿集      2016年5月
ユニバーサル多指ハンド: ジャミング効果を利用したソフトグリッパ
Aiyama, Yasumichi
日本機械学会ロボティクスメカトロニクス講演会予稿集      2016年5月
冗長性を利用した高速な軌跡追従手先定速作業の探索手法切換を用いた動作計画
岡部, 弘佑; 相山, 康道
ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集   2015 2P1-F09(1)-2P1-F09(4)   2015年5月
We propose a motion planning method for fast motion of path tracking task with constant hand speed using redundancy of manipulator. The propose method is method that has improved previous method. We previously proposed a motion planning method tha...
On-line Collision-Free Motion of n-Robot Industrial Manipulators with Independent Controllers
AFAGHANI, Ahmad Yasser; AIYAMA, Yasumichi
ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集   2015 2P1-V07(1)-2P1-V07(4)   2015年5月
In this paper, on-line collision avoidance of n-robot industrial manipulators considering whole body has been addressed. AH robots are controlled using unpredictable PTP commands. We have improved the collision map method to be able to detect any ...

書籍等出版物

 
ホロニック生産システム --- 人・機械・システムが柔軟に「協調」する次世代のモノづくり
相山 康道;
HMSコンソーシアム編,日本プラントメンテナンス協会   2004年1月   
機械工学ハンドブック基礎編α7
相山, 康道
日本機械学会,丸善   2006年1月   

講演・口頭発表等

 
Influence of Grasping Position to Robot Assembling Task
Aiyama,Yasumichi
The 47th Int. Symp. on Robotics   2016年6月   
対象物の初期位置姿勢誤差と把持位置が作業の成否に及ぼす影響
Aiyama, Yasumichi
日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会'16 (ROBOMECH2016)   2016年5月   日本機械学会
ユニバーサル多指ハンド: ジャミング効果を利用したソフトグリッパ
Aiyama,Yasumichi
日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会'15 (ROBOMECH2015)   2016年5月   日本機械学会
Universal Multi-Fingered Hand: Soft Gripper with Jamming Effect
Hou, Tao-Gang; Aiyama, Yasumichi
International Conference on Advanced Robotics and Intelligent Systems (ARIS)   2016年8月31日   
On-line collision detection of n-robot industrial manipulators using advanced collision map
Ahmad,Yasser Afaghani;Aiyama,Yasumichi
IEEE Int. Conf. on Advanced Robotics (ICAR2015)   2015年7月27日   

競争的資金等の研究課題

 
ロボットによる器用な操り動作に関する研究
研究期間: 1999年   
次世代ロボット知能化技術開発 人認識のためのパターン認識手法及び物体把持実行モジュールの研究開発
出資金による受託研究
研究期間: 2008年1月 - 2012年2月
柔軟物も取り扱える次世代産業用ロボット : 簡易な教示が可能な高機能マニピュレーション技術の開発
NEDO: 国内共同研究
研究期間: 2006年7月 - 2009年3月
ホロニック生産システム
国内共同研究
研究期間: 1999年 - 2003年
衝突を利用したマニピュレーション
研究期間: 2003年4月 - 2013年3月