金子 守

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/06 03:26
 
アバター
研究者氏名
金子 守
 
カネコ マモル
eメール
mkanekoepiwaseda.jp
URL
http://infoshako.sk.tsukuba.ac.jp/~kaneko/
所属
早稲田大学
部署
政治経済学術院 政治経済学部
職名
特任教授
学位
理学博士(東京工業大学)
科研費研究者番号
40114061

研究分野

 
 

委員歴

 
2011年
   
 
Society for the Advancement of Economic Theory  Economic Theory Fellow
 

論文

 
Mamoru Kaneko
Advances in Applied Sociology   08(05) 397-421   2018年5月   [査読有り]
The earth has been getting smaller and narrower with the expansion of human activities. Now, it is an urgent task for social scientists to explore and study new socio-economic thoughts for this small and narrow earth. This article provides a norma...
30年前の研究を振り返って
金子 守
経済学者が贈る 未来への羅針盤 経済セミナー増刊   (増刊3月) 16-19   2018年3月
Tai-Wei Hu, Mamoru Kaneko, and Nobu-Yuki Suzuki
WINPEC Working Paper Series   1-29   2017年6月
Kaneko Mamoru and ito Tamon
Spatial Interaction Models -Facility Location Using Game Theory   118 193-223   2017年   [査読有り]
Tai-We Hu and Mamoru Kaneko
WINPEC Working Paper Series, Waseda University   (E. 1421) 1-29   2015年2月
We present a logic called the epistemic infinite-regress logic EIR for  players. It extends the epistemic logic KD, by incorporating the operators expressing infinite regresses. Here, an infinite regress arises from the interdependent thinking of ...

書籍等出版物

 
Mathematical Programming and Game Theory
S. K. Neogy, R.B. Bapat, Dipti Dubey and Mamoru Kaneko
Springer   2019年   ISBN:978-981-13-3058-2
This book discusses recent developments in mathematical programming and game theory, and the application of several mathematical models to problems in finance, games, economics and graph theory. All contributing authors are eminent researchers in ...
社会正義 地界で考える
金子 守
勁草書房   2007年5月   ISBN:978-4326153916
ゲーム論家の酔夢譚:詩の饗宴
金子 守
勁草書房   2006年3月   ISBN:978-4326550524
Game Theory and Mutual Misunderstanding
Mamoru Kaneko, Ruth Vanbaelen
Springer Verlag   2004年12月   ISBN:978-3540222958
ゲーム理論と蒟蒻問答
金子 守
日本評論社   2003年4月   ISBN:978-4535552883

講演・口頭発表等

 
社会の理解:ゲーム理論の概念的問題
金子 守
研究会:社会慣習・行動パターン・限定合理性   2018年8月29日   金子 守
Mamoru Kaneko
International Conference on Applied Economics   2018年7月5日   Warsaw School of Economics
Mamoru Kaneko
TUSIV(Time, Uncertainties & Strategies IV ) 2017 Conference, Paris, France   2017年12月19日   
Expected utility theory with probability grids and preferential incomparabilities
Mamoru Kaneko
第52回MLG数理論理学研究集会,   2017年12月1日   
Approximate Quasi-Linearity for Large Incomes [招待有り]
Mamoru Kaneko
2017 Nanjing International Conference on Game Theory and the Fourth Microeconomics workshop   2017年11月18日   

競争的資金等の研究課題

 
科学研究費助成事業(早稲田大学): 科学研究費助成事業(基盤研究(A))
研究期間: 2014年 - 2018年
科学研究費助成事業(慶應義塾大学): 科学研究費助成事業(新学術領域研究(研究領域提案型))
研究期間: 2011年 - 2015年
多属性意思決定課題や論理的課題を図的表示手法を検討した。また図的表示法の違いがどのように被験者の決定や判断に影響を与えるかを検討した。多属性意思決定研究手法と論理手法(特に論理的意味論)との組み合わせにより、多属性意思決定マトリクスの視覚的デザインの多様な提示を与え、アイトラッカーを用いた被験者実験を開始した。
前年度から継続し、意思決定課題、論理課題、パーソナリティ課題を組み合わせた行動遺伝学調査のデータ分析を進めた。特にパーソナリティとの相関性を検討した。
意思決定や推論・判断における...
科学研究費助成事業(筑波大学): 科学研究費助成事業(基盤研究(A))
研究期間: 2009年 - 2013年
本研究プロジェクトでは広義の社会制度から明文化された狭義の社会制度までを対象にしている。このような対象を研究するため、帰納的ゲーム理論・認識論理学を発展させることが本プロジェクトの目的でもあった。研究対象は、個人の社会認識・偏見などの発生に密接に関連し、異文化・国家間での文化・習慣・嗜好・思考方法そして経済行動の差異までを含む。これらの対象を研究すると同時に、帰納的ゲーム理論と認識論理学を概念的・理論的に考察に加え、実験・シミュレーションを駆使して研究を行い、より広い視野を獲得している。
科学研究費助成事業(静岡大学): 科学研究費助成事業(基盤研究(C))
研究期間: 2007年 - 2009年
ゲーム理論的な応用をめざして、直観主義的認識命題論理IGEFを導入した。(本来EFは添え字だが、簡単の為こう表記する。)さらに、IGEFのためにクリプキータイプ意味論を与えた。IGEFで重要な特徴は2つある。第1は、直観主義論理をベース論理として採用した点である。直観主義論理は構成的推論の論理であり、これはゲームの構成的実行可能性の分析に有用である。第2は、浅い深さの個人間認識推論の取り扱いである。これはepistemicstructureの概念を用いて制御される。
科学研究費助成事業(筑波大学): 科学研究費助成事業(萌芽研究)
研究期間: 2007年 - 2008年
本年度は本プロジェクトの最終年度にあたり、本プロジェクトの基礎的部分から応用までを研究した。具体的には、賃貸住宅市場の均衡論的分析の計算機シュミュレータを発展させて、計量経済学的な考察へのつながりを研究してきた。シミュレーションのための計算機プログラムの発展に力をいれ、賃貸住宅市場シミュレータはかなり構成できてきた。多分、もう数年で具体的使用に耐えるシミュレータが完成されると期待している。
また計量経済学的へのつながりも明確になってきており、残る課題はそれをどこまで応用して、具体的な賃貸住...