共同研究・競争的資金等の研究課題

2009年4月 - 2014年3月

帰納的ゲーム論:信念・知識の起源と進化、その限定性と意志決定・行動との相互関連


配分額
(総額)
39,650,000円
(直接経費)
0円
(間接経費)
0円
資金種別
競争的資金

本研究プロジェクトでは広義の社会制度から明文化された狭義の社会制度までを対象にしている。このような対象を研究するため、帰納的ゲーム理論・認識論理学を発展させることが本プロジェクトの目的でもあった。研究対象は、個人の社会認識・偏見などの発生に密接に関連し、異文化・国家間での文化・習慣・嗜好・思考方法そして経済行動の差異までを含む。これらの対象を研究すると同時に、帰納的ゲーム理論と認識論理学を概念的・理論的に考察に加え、実験・シミュレーションを駆使して研究を行い、より広い視野を獲得している