笹 公和

J-GLOBALへ         更新日: 17/11/14 02:53
 
アバター
研究者氏名
笹 公和
eメール
ksasatac.tsukuba.ac.jp
所属
筑波大学
部署
数理物質系
職名
准教授
学位
博士(工学)(東京工業大学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 

経歴

 
1998年
 - 
1999年
日本学術振興会 特別研究員
 
1999年
   
 
筑波大学 物理学系 講師
 
2011年
   
 
筑波大学 数理物質系物理学域 准教授
 

学歴

 
 
 - 
1998年
東京工業大学 理工学研究科 原子核工学
 

委員歴

 
2015年4月
 - 
2016年3月
日本放射線安全管理学会  日本放射線安全管理学会第14回学術大会実行委員会
 
2013年12月
 - 
2015年11月
日本学術振興会  科学研究費委員会 専門委員
 
2016年4月
 - 
2018年3月
量子科学研究開発機構  量子科学研究開発機構 施設共用課題審査委員会委員
 
2007年
   
 
日本加速器学会  年会組織委員会委員
 
2012年4月
 - 
2014年3月
日本加速器学会  評議員 (第5期)
 

論文

 
イオンビーム多目的利用研究のための筑波大学6 MVタンデム型静電加速器
Sasa, Kimikazu
日本加速器学会誌「加速器」   14(1) 5-14   2017年4月   [査読有り]
入門講座 精密同位体分析「加速器質量分析装置の原理」
Sasa, Kimikazu
日本分析化学会学会誌「ぶんせき」   196-202   2016年6月   [査読有り]
Hosoya, Seiji;Sasa, Kimikazu;Matsunaka, Tetsuya;Takahashi, Tsutomu;Matsumura, Masumi;Matsumura, Hiroshi;Sundquist, Mark;Stodola, Mark;Sueki, Keisuke
Nuclear Instruments and Methods in Physics Research B   406(A) 268-271   2017年5月   [査読有り]
A series of nuclides (C-14, (26)AI, and Cl-36) was measured using the 12UD Pelletron tandem accelerator before replacement by the horizontal 6 MV tandem accelerator at the University of Tsukuba Tandem Accelerator Complex (UTTAC). This paper consid...
Yamazaki, A.;Sasa, Kimikazu;Ishii, S.;Kurosawa, M.;Tomita, S.;Shiina, Y.;Shiki, S.;Fujii, G.;Ukibe, M.;Ohkubo, M.;Uedono, A.;Kita, E.
Nuclear Instruments and Methods in Physics Research B   404 92-95   2017年8月   [査読有り]
A new submicron scanning nuclear microprobe beam line was constructed in early 2016 at the accelerator facility of the University of Tsukuba, Japan. A microbeam scanning endstage (OM-2000, Oxford Microbeams, Oxford, UK) was installed at the end of...
Satou, Yukihiko;Sueki, Keisuke;Sasa, Kimikazu;Adachi, Kouji;Igarashi, Yasuhito
First successful isolation of radioactive particles from soil near the Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant   14 71-76   2016年6月   [査読有り]

書籍等出版物

 
原子力・量子・核融合事典
笹,公和
丸善出版株式会社   2014年12月   ISBN:9784621088746
9784621088746
Proceedings of the First East Asian Symposium on Accelerator Mass Spectrometry
Kimikazu, Sasa;Yasuo, Nagashima;Mineo, Imamura (担当:編者)
UTTAC-74, 2006 ISSN1880-4748   2006年3月   
第8回AMSシンポジウム報告集
編集:笹公和;長島泰夫;今村峯夫;+笹, 公和 (担当:編者)
UTTAC-J16, 2006 ISSN1880-4756   2006年3月   
広島および長崎における原子爆弾放射線被爆線量の再評価 -線量評価システム2002-
笹, 公和
財団法人 放射線影響研究所   2006年1月   
Reassessment of the Atomic Bomb Radiation Dosimetry for Hiroshima and Nagasaki - Dosimetry System 2002 -
Editors:, Robert W. Young;George, D. Kerr;+笹, 公和
RADIATION EFFECTS RESEARCH FOUNDATION A Cooperative Japan-Unites States Research Organization   2006年1月   

講演・口頭発表等

 
構造材料計測用イオンビーム分析装置の開発
Sasa,Kimikazu
日本原子力学会2017年春の年会   2017年3月27日   
加速器質量分析法による長寿命放射性核種の超高感度検出技術の進展とその応用 [招待有り]
Sasa,Kimikazu
第18回「環境放射能」研究会   2017年3月14日   
最新の加速器質量分析装置が拓く多核種AMSによる高精度年代測定の展望 [招待有り]
Sasa,Kimikazu
「高精度年代測定の地平-AMSと樹木年輪–」 第19回日本AMSシンポジウム(JAMS-19)・2016年度「樹木年輪」研究会 共同開催シンポジウム   2016年12月17日   
筑波大学複合タンデム加速器施設の現状報告
Sasa,Kimikazu
第13回日本加速器学会年会   2016年8月8日   
宇宙線生成核種の超高感度検出を実現する6 MVタンデム加速器質量分析装置
Sasa,Kimikazu
第2回TIA光・量子計測シンポジウム- 光・量子が繋ぐTIA計測連携 ~新しい科学と産業の創製をめざして~   2016年11月10日   

競争的資金等の研究課題

 
加速器総合技術インターンシップの構築
つくばイノベーションアリーナ(TIA): 平成28年度TIA連携プログラム探索推進事業「かけはし」
研究期間: 2016年4月 - 2017年3月    代表者: 笹 公和
高感度顕微分析を実現する高速クラスター2次イオン質量分析における照射技術の高度化
日本学術振興会: 科学研究費基盤研究(B)
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月    代表者: 平田浩一
革新的な超伝導分子検出技術の開拓と宇宙における分子進化の精密評価への展開
日本学術振興会: 科学研究費基盤研究(B)
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月
多種の長寿命放射性核種を超高感度で検出可能な加速器質量分析法の開発
日本学術振興会: 科学研究費補助金 基盤研究(A)
研究期間: 2015年4月 - 2019年3月    代表者: 笹 公和
構造材料の未活用情報を取得する先端計測技術開発
内閣府: SIP(戦略的イノベーション創造プログラム)「革新的構造材料」
研究期間: 2014年10月 - 2020年3月