曽根 博仁

J-GLOBALへ         更新日: 19/02/04 15:11
 
アバター
研究者氏名
曽根 博仁
 
ソネ ヒロヒト
eメール
sonemed.niigata-u.ac.jp
URL
http://www.med.niigata-u.ac.jp/emh/outline.html
所属
新潟大学
部署
大学院医歯学総合研究科(医学部)血液・内分泌・代謝内科
職名
教授
学位
博士(医学)(筑波大学)
その他の所属
東京大学医学部非常勤講師(兼任)
科研費研究者番号
30312846
ORCID ID
0000-0003-1263-2817

研究分野

 
 

経歴

 
1990年6月
 - 
1996年3月
筑波大学附属病院 内科レジデント(研修医)
 
1996年4月
 - 
1997年3月
筑波大学大学院 医学研究科 研究生
 
1997年4月
 - 
1999年3月
米国ミシガン大学 医学部 代謝内分泌内科 研究員 (日本学術振興会海外特別研究員)
 
1999年4月
 - 
2006年3月
筑波大学 臨床医学系 内分泌代謝・糖尿病内科 講師
 
2004年4月
 - 
現在
東京大学医学部 非常勤講師
 
2006年4月
 - 
2009年3月
お茶の水女子大学大学院 人間文化創生科学研究科(生活科学部食物栄養学科) 准教授
 
2008年4月
 - 
2014年4月
放送大学 授業担当講師
 
2009年4月
 - 
2012年8月
筑波大学 水戸地域医療教育センター 内分泌代謝・糖尿病内科 教授
 
2012年10月
 - 
現在
新潟大学大学院 医歯学総合研究科 生体機能調節医学専攻 内部環境医学(医学部医学科)血液・内分泌・代謝内科 教授
 

学歴

 
1984年4月
 - 
1990年3月
筑波大学 医学専門学群 
 

委員歴

 
2011年
 - 
現在
厚生労働省 薬事・食品衛生審議会  委員
 
2012年10月
 - 
現在
日本内科学会  評議員
 
2016年4月
 - 
現在
日本内分泌学会  幹事
 
2013年4月
 - 
現在
日本糖尿病学会  評議員
 
2014年4月
 - 
現在
日本糖尿病・妊娠学会  常任理事
 
2014年4月
 - 
現在
日本糖尿病眼学会  理事
 
2013年4月
 - 
現在
日本疫学会  理事
 
2016年4月
 - 
現在
日本臨床栄養学会  理事
 
2018年4月
 - 
現在
日本臨床運動療法学会  理事
 
2017年4月
 - 
現在
日本糖尿病生活習慣病ヒューマンデータ学会  理事
 
2014年4月
 - 
現在
日本公衆衛生学会  代議員
 
2010年
 - 
現在
日本肥満学会  評議員
 
2002年4月
 - 
現在
日本動脈硬化学会  評議員
 
2008年
 - 
現在
日本生活習慣病(成人病)学会  評議員
 
2007年4月
 - 
現在
日本糖尿病合併症学会  評議員
 
2010年
 - 
現在
日本栄養・食糧学会  代議員・参与
 
2008年4月
 - 
現在
日本病態栄養学会  評議員
 
2009年4月
 - 
現在
日本栄養改善学会  評議員
 
2010年
 - 
現在
日本臨床分子医学会  評議員
 
2008年4月
 - 
現在
日本未病システム学会  評議員
 
2016年
 - 
現在
新潟県医師会  代議員
 

受賞

 
1997年
米国糖尿病学会 トラベルグラントアワード
 
2001年
日本内科学会 認定内科専門医会 研究奨励賞
 
2002年
長寿科学振興財団 研究奨励賞
 
2006年
成人血管病研究振興財団 井村臨床研究奨励賞
 
2008年
木村記念財団 臨床血管機能研究助成 優秀研究賞
 
2008年
日本心臓財団 動脈硬化Update優秀賞
 
2010年
日本糖尿病学会 学会賞(リリー賞)
 
2012年
日本医師会 医学研究奨励賞
 

論文

 
Kodama S, Horikawa C, Fujihara K, Ishii D, Hatta M, Takeda Y, Kitazawa M, Matsubayashi Y, Shimano H, Kato K, Tanaka S, Sone H
Clinical nutrition ESPEN   27 53-58   2018年10月   [査読有り]
Mitobe M, Kawamoto K, Suzuki T, Kiryu M, Tamura S, Nanba A, Suwabe T, Tanaka T, Fuse K, Shibasaki Y, Masuko M, Miyoshi H, Ohshima K, Sone H, Takizawa J
Internal medicine (Tokyo, Japan)      2018年9月   [査読有り]
Kobayashi M, Ohara N, Ikeda Y, Nagano O, Takada T, Kodama M, Sone H
Internal medicine (Tokyo, Japan)      2018年8月   [査読有り]
Momma H, Sawada SS, Kato K, Gando Y, Kawakami R, Miyachi M, Huang C, Nagatomi R, Tashiro M, Ishizawa M, Kodama S, Iwanaga M, Fujihara K, Sone H
Journal of epidemiology      2018年7月   [査読有り]
Kawamoto K, Miyoshi H, Suzuki T, Kozai Y, Kato K, Miyahara M, Yujiri T, Choi I, Fujimaki K, Muta T, Kume M, Moriguchi S, Tamura S, Kato T, Tagawa H, Makiyama J, Kanisawa Y, Sasaki Y, Kurita D, Yamada K, Shimono J, Sone H, Takizawa J, Seto M, Kimura H, Ohshima K
Haematologica   103(6) 1018-1028   2018年6月   [査読有り]
Morikawa SY, Fujihara K, Hatta M, Osawa T, Ishizawa M, Yamamoto M, Furukawa K, Ishiguro H, Matsunaga S, Ogawa Y, Shimano H, Sone H
Pediatric diabetes   19(4) 593-602   2018年6月   [査読有り]
Ohno H, Matsuzaka T, Tang N, Sharma R, Motomura K, Shimura T, Satoh A, Han SI, Takeuchi Y, Aita Y, Iwasaki H, Yatoh S, Suzuki H, Sekiya M, Nakagawa Y, Sone H, Yahagi N, Yamada N, Higami Y, Shimano H
Endocrinology   159(6) 2308-2323   2018年6月   [査読有り]
Shibasaki Y, Suwabe T, Katagiri T, Tanaka T, Ushiki T, Fuse K, Sato N, Yano T, Kuroha T, Hashimoto S, Narita M, Furukawa T, Sone H, Masuko M
International journal of hematology      2018年5月   [査読有り]
Kobayashi H, Yoshimura N, Uemura S, Katagiri T, Tanaka T, Ushiki T, Fuse K, Shibasaki Y, Narita M, Sone H, Masuko M
Leukemia research   70 41-44   2018年5月   [査読有り]
Kawamoto K, Miyoshi H, Suzuki T, Kiyasu J, Yokoyama S, Sasaki Y, Sone H, Seto M, Takizawa J, Ohshima K
Hematological oncology      2018年3月   [査読有り]
Kozakai T, Takahashi M, Higuchi M, Hara T, Saito K, Tanaka Y, Masuko M, Takizawa J, Sone H, Fujii M
International journal of hematology   107(3) 337-344   2018年3月   [査読有り]
Fujihara K, Sone H
Annals of vascular diseases   11(1) 2-14   2018年3月   [査読有り]
Kawamoto K, Miyoshi H, Suzuki T, Sasaki Y, Yamada K, Yanagida E, Muto R, Kiryu M, Sone H, Seto M, Ohshima K, Takizawa J
Hematological oncology   36(1) 166-173   2018年2月   [査読有り]
Kodama S, Fujihara K, Ishiguro H, Horikawa C, Ohara N, Yachi Y, Tanaka S, Shimano H, Kato K, Hanyu O, Sone H
Journal of epidemiology   28(1) 3-18   2018年1月   [査読有り]
Horikawa C, Kamada C, Tanaka S, Tanaka S, Araki A, Ito H, Matsunaga S, Fujihara K, Yoshimura Y, Ohashi Y, Akanuma Y, Sone H, Japan Diabetes Complications Study Group.
European journal of nutrition      2017年12月   [査読有り]
Shibasaki Y, Suwabe T, Katagiri T, Tanaka T, Kobayashi H, Fuse K, Ushiki T, Sato N, Yano T, Kuroha T, Hashimoto S, Narita M, Furukawa T, Sone H, Masuko M
Clinical transplantation   31(11)    2017年11月   [査読有り]
Arumugam S, Sreedhar R, Karuppagounder V, Harima M, Nakamura M, Suzuki H, Sone H, Watanabe K
Cardiovascular therapeutics   35(5)    2017年10月   [査読有り]
Tanaka T, Nakajima-Takagi Y, Aoyama K, Tara S, Oshima M, Saraya A, Koide S, Si S, Manabe I, Sanada M, Nakayama M, Masuko M, Sone H, Koseki H, Iwama A
The Journal of experimental medicine   214(10) 2901-2913   2017年10月   [査読有り]
Katagiri T, Ushiki T, Masuko M, Tanaka T, Miyakoshi S, Fuse K, Shibasaki Y, Takizawa J, Aoki S, Sone H
Medicine   96(36) e7975   2017年9月   [査読有り]
Ali MAE, Fuse K, Tadokoro Y, Hoshii T, Ueno M, Kobayashi M, Nomura N, Vu HT, Peng H, Hegazy AM, Masuko M, Sone H, Arai F, Tajima A, Hirao A
Scientific reports   7(1) 11442   2017年9月   [査読有り]
Matsunaga S, Tanaka S, Fujihara K, Horikawa C, Iimuro S, Kitaoka M, Sato A, Nakamura J, Haneda M, Shimano H, Akanuma Y, Ohashi Y, Sone H
Journal of psychosomatic research   99 34-39   2017年8月   [査読有り]
Kawamoto K, Miyoshi H, Suzuki T, Muto R, Yamada K, Yanagida E, Koshino M, Sasaki Y, Takizawa J, Sone H, Sugita Y, Seto M, Ohshima K
Journal of clinical and experimental hematopathology : JCEH   57(1) 26-30   2017年7月   [査読有り]
Tanase-Nakao K, Arata N, Kawasaki M, Yasuhi I, Sone H, Mori R, Ota E
Diabetes/metabolism research and reviews   33(4)    2017年5月   [査読有り]
Kawamoto K, Miyoshi H, Yanagida E, Yoshida N, Kiyasu J, Kozai Y, Morikita T, Kato T, Suzushima H, Tamura S, Muta T, Kato K, Eto T, Seki R, Nagafuji K, Sone H, Takizawa J, Seto M, Ohshima K
European journal of haematology   98(5) 459-466   2017年5月   [査読有り]
Zhao H, Matsuzaka T, Nakano Y, Motomura K, Tang N, Yokoo T, Okajima Y, Han SI, Takeuchi Y, Aita Y, Iwasaki H, Yatoh S, Suzuki H, Sekiya M, Yahagi N, Nakagawa Y, Sone H, Yamada N, Shimano H
Diabetes   66(7) 1833-1846   2017年5月   [査読有り]
Watanabe K, Sreedhar R, Thandavarayan RA, Karuppagounder V, Giridharan VV, Antony S, Harima M, Nakamura M, Suzuki K, Suzuki H, Sone H, Arumugam S
BioFactors (Oxford, England)   43(2) 187-194   2017年3月   [査読有り]
Tajima R, Yachi Y, Tanaka Y, Kawasaki YA, Nishibata I, Hirose AS, Horikawa C, Kodama S, Iida K, Sone H
Diabetes/metabolism research and reviews   33(6)    2017年3月   [査読有り]
Horikawa C, Sone H
Journal of general and family medicine   18(1) 16-20   2017年3月   [査読有り]
Moriya T, Tanaka S, Sone H, Ishibashi S, Matsunaga S, Ohashi Y, Akanuma Y, Haneda M, Katayama S
Journal of diabetes and its complications   31(2) 473-478   2017年2月   [査読有り]
Horikawa C, Yoshimura Y, Kamada C, Tanaka S, Tanaka S, Matsunaga S, Hanyu O, Araki A, Ito H, Tanaka A, Ohashi Y, Akanuma Y, Sone H
Nutrients   9(2)    2017年2月   [査読有り]
Furukawa K, Fuse I, Iwakura Y, Sotoyama H, Hanyu O, Nawa H, Sone H, Takei N
Cardiovascular diabetology   16(1) 20   2017年2月   [査読有り]
Fujihara K, Igarashi R, Matsunaga S, Matsubayashi Y, Yamada T, Yokoyama H, Tanaka S, Shimano H, Maegawa H, Yamazaki K, Kawai K, Sone H
Medicine   96(7) e6122   2017年2月   [査読有り]
Kodama S, Fujihara K, Ishiguro H, Horikawa C, Ohara N, Yachi Y, Tanaka S, Shimano H, Kato K, Hanyu O, Sone H
Journal of diabetes investigation   8(4) 501-509   2017年1月   [査読有り]
Suwabe T, Shibasaki Y, Kaihatsu A, Katagiri T, Miyakoshi S, Fuse K, Kobayashi H, Ushiki T, Moriyama M, Takizawa J, Narita M, Sone H, Masuko M
[Rinsho ketsueki] The Japanese journal of clinical hematology   58(1) 32-36   2017年   [査読有り]
Suzuki T, Kawamoto K, Tamura S, Uemura S, Kaihatsu A, Nemoto H, Kobayashi H, Ushiki T, Fuse K, Shibazaki Y, Moriyama M, Masuko M, Narita M, Sone H, Aoki S, Nakamura N, Oshima K, Takizawa J
[Rinsho ketsueki] The Japanese journal of clinical hematology   58(8) 905-911   2017年   [査読有り]
Tanaka T, Kozakai T, Kitajima T, Fuse K, Kobayashi H, Ushiki T, Shibazaki Y, Moriyama M, Takizawa J, Sone H, Fuse I, Masuko M
[Rinsho ketsueki] The Japanese journal of clinical hematology   58(12) 2402-2405   2017年   [査読有り]
Tomita N, Suzuki T, Miyashita K, Yamamoto W, Motohashi K, Tachibana T, Takasaki H, Kawasaki R, Hagihara M, Hashimoto C, Takemura S, Koharazawa H, Yamazaki E, Taguchi J, Fujimaki K, Fujita H, Sakai R, Fujisawa S, Motomura S, Kawamoto K, Sone H, Takizawa J
Leukemia & lymphoma   57(12) 2763-2770   2016年12月   [査読有り]
Nakagawa Y, Satoh A, Tezuka H, Han SI, Takei K, Iwasaki H, Yatoh S, Yahagi N, Suzuki H, Iwasaki Y, Sone H, Matsuzaka T, Yamada N, Shimano H
Scientific reports   6 39182   2016年12月   [査読有り]
Kawamoto K, Miyoshi H, Yoshida N, Takizawa J, Sone H, Ohshima K
The American journal of surgical pathology   40(11) 1473-1483   2016年11月   [査読有り]
Kodama S, Fujihara K, Ishiguro H, Horikawa C, Ohara N, Yachi Y, Tanaka S, Shimano H, Kato K, Hanyu O, Sone H
Annals of epidemiology   26(11) 816-818.e6   2016年11月   [査読有り]
Kikuchi T, Orihara K, Oikawa F, Han SI, Kuba M, Okuda K, Satoh A, Osaki Y, Takeuchi Y, Aita Y, Matsuzaka T, Iwasaki H, Yatoh S, Sekiya M, Yahagi N, Suzuki H, Sone H, Nakagawa Y, Yamada N, Shimano H
Molecular metabolism   5(11) 1092-1102   2016年11月   [査読有り]
Yoshizawa S, Kodama S, Fujihara K, Ishiguro H, Ishizawa M, Matsubayashi Y, Matsunaga S, Yamada T, Shimano H, Kato K, Hanyu O, Sone H
Preventive medicine   91 180-187   2016年10月   [査読有り]
Igarashi R, Fujihara K, Heianza Y, Ishizawa M, Kodama S, Saito K, Hara S, Hanyu O, Honda R, Tsuji H, Arase Y, Sone H
Medicine   95(38) e4564   2016年9月   [査読有り]
Ibe Y, Miyakawa H, Fuse-Nagase Y, Hirose AS, Hirasawa R, Yachi Y, Fujihara K, Kobayashi K, Shimano H, Sone H
Physiology & behavior   163 81-87   2016年9月   [査読有り]
Tanaka S, Tanaka S, Iimuro S, Ishibashi S, Yamashita H, Moriya T, Katayama S, Akanuma Y, Ohashi Y, Yamada N, Araki A, Ito H, Sone H, Japan Diabetes Complications Study Group.
Journal of diabetes and its complications   30(5) 790-797   2016年7月   [査読有り]
Noto H, Tanizawa Y, Aizawa T, Sone H, Yoshioka N, Terauchi Y, Inagaki N, Noda M
Journal of diabetes investigation   7(4) 539-543   2016年7月   [査読有り]
Kawamoto K, Miyoshi H, Yoshida N, Nakamura N, Ohshima K, Sone H, Takizawa J
Cancer science   107(6) 853-861   2016年6月   [査読有り]
Nakagawa Y, Oikawa F, Mizuno S, Ohno H, Yagishita Y, Satoh A, Osaki Y, Takei K, Kikuchi T, Han SI, Matsuzaka T, Iwasaki H, Kobayashi K, Yatoh S, Yahagi N, Isaka M, Suzuki H, Sone H, Takahashi S, Yamada N, Shimano H
Scientific reports   6 27857   2016年6月   [査読有り]
Shibasaki Y, Katagiri T, Kobayashi H, Ushiki T, Narita M, Sone H, Furukawa T, Masuko M
American journal of hematology   91(5) E296   2016年5月   [査読有り]
Heianza Y, Hara S, Saito K, Tsuji H, Tanaka S, Kodama S, Kobayashi T, Arase Y, Sone H
Diabetes research and clinical practice   113 60-68   2016年3月   [査読有り]

Misc

 
【診療所外来における生活療養指導】 糖尿病に対する療養指導
古川 和郎, 曽根 博仁
地域医学   32(7) 563-568   2018年7月
人間ドックのビッグデータが教える健康長寿エビデンス
曽根 博仁
人間ドック   33(2) 216-216   2018年8月
【Real World Data(実臨床データ)を用いた臨床疫学研究】 大規模臨床研究からみた日本人2型糖尿病患者の食事療法
堀川 千嘉, 曽根 博仁
医学のあゆみ   265(11) 939-943   2018年6月
食事療法は2型糖尿病患者の血糖コントロールや合併症発症予防・遅延のための治療の基本であるが、その根拠はいまだに一般対象者による研究や少人数の糖尿病患者を対象とした観察・介入研究が多く、糖尿病患者を対象とする大規模臨床研究からのエビデンス創出が求められている。また、食事療法は、食習慣や食文化などの観点から人種・民族差が大きく影響するため、わが国発の日本人2型糖尿病患者のための食事療法に関するエビデンス構築が必要である。そこでわが国では国際的にいち早く、1996年から糖尿病専門医療機関59施設...
脂質異常症の簡便な予測因子としての体力テストの可能性 コホート研究 Niigata Wellness Study
門間 陽樹, 澤田 亨, 丸藤 祐子, 宮地 元彦, 永富 良一, 田代 稔, 加藤 公則, 曽根 博仁
人間ドック   33(2) 277-277   2018年8月
尿酸高値は非アルコール性脂肪性肝疾患発症の独立したリスク因子である
原 茂子, 戸田 晶子, 大本 由樹, 辻 裕之, 斎藤 和美, 児玉 暁, 曽根 博仁, 荒瀬 康司
人間ドック   33(2) 321-321   2018年8月
【糖尿病と栄養】 医療ビッグデータ解析に基づく糖尿病患者の食事と合併症との関連
曽根 博仁
栄養   3(2) 95-99   2018年6月
食事療法は総ての糖尿病(DM)患者にとって必須の基本的治療であるが、食事は食文化や食習慣による違いが大きいため、食事療法のエビデンスは自国の患者のデータに基づくものでなければならない。わが国の59ヶ所のDM専門医療施設における40〜70歳の2型DM患者2033名を対象に8年間の追跡調査を行い、その解析結果を基に、下記について概説した。1)日本人2型DM患者の食事摂取状況の実態、2)食事摂取状況と合併症発症リスクとの関係(果実摂取量と網膜症発症リスク、食物繊維摂取量と脳卒中発症リスク、食塩摂...
耐糖能及び肥満の有無別にみた代謝異常が冠動脈疾患発症に及ぼす影響の検討
藤原 和哉, 松林 泰弘, 山本 正彦, 金子 正儀, 松永 佐澄志, 山田 貴穂, 清田 浩康, 山中 菜詩, 児玉 暁, 曽根 博仁
日本動脈硬化学会総会プログラム・抄録集   50回 336-336   2018年6月
日本人における柔軟性と高血圧罹患の関係 コホート研究 Niigata Wellness Study
丸藤 祐子, 澤田 亨, 門間 陽樹, 川上 諒子, 宮地 元彦, 田代 稔, 加藤 公則, 曽根 博仁
人間ドック   33(2) 334-334   2018年8月
【血糖変動】 血糖の日内変動の血管合併症への影響
山田 貴穂, 曽根 博仁
内分泌・糖尿病・代謝内科   46(5) 316-322   2018年5月
余暇身体活動時間および歩行業務時間と尿路結石症発症の関係 新潟ウェルネス・スタディ
澤田 亨, 川上 諒子, 丸藤 祐子, 田代 稔, 加藤 公則, 曽根 博仁
人間ドック   33(2) 346-346   2018年8月
G-CSFを産生し初回治療中に再発したびまん性大細胞型B細胞性リンパ腫の1例
笠見 卓哉, 河本 啓介, 鈴木 隆晴, 田中 智之, 布施 香子, 柴崎 康彦, 増子 正義, 成田 美和子, 曽根 博仁, 大島 孝一, 瀧澤 淳
日本リンパ網内系学会会誌   58 114-114   2018年5月
ビタミンD3産生性と考えられるALK陰性未分化大細胞リンパ腫の1例
水戸部 正樹, 河本 啓介, 鈴木 隆晴, 難波 亜矢子, 柴崎 康彦, 増子 正義, 曽根 博仁, 三好 寛明, 大島 孝一, 瀧澤 淳
日本リンパ網内系学会会誌   58 121-121   2018年5月
GDP療法がtriple-hit lymphomaの救援療法として有効であった1例
水戸部 正樹, 河本 啓介, 鈴木 隆晴, 田村 秀, 小堺 貴司, 難波 亜矢子, 諏訪部 達也, 笠見 卓哉, 田中 智之, 布施 香子, 柴崎 康彦, 増子 正義, 曽根 博仁, 大島 孝一, 瀧澤 淳
臨床血液   59(5) 620-621   2018年5月
【糖尿病と栄養】 医療ビッグデータ解析に基づく糖尿病患者の食事と合併症との関連
曽根 博仁
栄養   3(2) 95-99   2018年6月
食事療法は総ての糖尿病(DM)患者にとって必須の基本的治療であるが、食事は食文化や食習慣による違いが大きいため、食事療法のエビデンスは自国の患者のデータに基づくものでなければならない。わが国の59ヶ所のDM専門医療施設における40〜70歳の2型DM患者2033名を対象に8年間の追跡調査を行い、その解析結果を基に、下記について概説した。1)日本人2型DM患者の食事摂取状況の実態、2)食事摂取状況と合併症発症リスクとの関係(果実摂取量と網膜症発症リスク、食物繊維摂取量と脳卒中発症リスク、食塩摂...
菌状息肉症に対するベキサロテン治療後に出現した副作用例の検討
山本 正彦, 棚橋 怜生, 松林 泰弘, 藤原 和哉, 北澤 勝, 松永 佐澄志, 金子 正儀, 鈴木 浩史, 石澤 正博, 岩永 みどり, 山田 貴穂, 曽根 博仁
日本内分泌学会雑誌   94(1) 420-420   2018年4月
原発性アルドステロン症と原発性副甲状腺機能亢進症を併発した1例
白石 友信, 吉岡 大志, 松林 泰弘, 松永 佐澄志, 岩永 みどり, 山田 貴穂, 藤原 和哉, 曽根 博仁
日本内分泌学会雑誌   94(1) 430-430   2018年4月
肥満と肝インスリンクリアランス(Hepatic insulin clearance:HIC)低下の関係における脂肪肝(Fatty Liver:FL)の役割
松林 泰弘, 吉田 明弘, 菅波 秀規, 松永 佐澄志, 岩永 みどり, 山田 貴穂, 藤原 和哉, 加来 浩平, 曽根 博仁
日本内分泌学会雑誌   94(1) 432-432   2018年4月
腎臓病・糖尿病領域コホート研究の最新知見 Japan Diabetes Complications Study(JDCS)における腎臓病・糖尿病領域の結果
守屋 達美, 曽根 博仁
日本腎臓学会誌   60(3) 293-293   2018年4月
JDCP研究が示す我が国の糖尿病診療の現状 JDCP研究における食事・運動療法について
曽根 博仁, 松永 佐澄志, 佐々木 敏, 押田 芳治, 佐藤 譲, 津田 謹輔
糖尿病   61(Suppl.1) S-87   2018年4月
糖尿病における栄養疫学のエビデンス
曽根 博仁
糖尿病   61(Suppl.1) S-121   2018年4月
菌状息肉症に対するベキサロテン治療後に出現した副作用例の検討
山本 正彦, 棚橋 怜生, 松林 泰弘, 藤原 和哉, 北澤 勝, 松永 佐澄志, 金子 正儀, 鈴木 浩史, 石澤 正博, 岩永 みどり, 山田 貴穂, 曽根 博仁
日本内分泌学会雑誌   94(1) 420-420   2018年4月
糖尿病患者の受診中断に関連する因子の1年間追跡調査 糖尿病データマネジメント研究会(JDDM)より
谷内田 潤子, 藤原 和哉, 武田 安永, 治田 麻里子, 石井 大, 和井田 結佳子, 大石 まり子, 川井 紘一, 横山 宏樹, 前川 聡, 曽根 博仁, 糖尿病データマネジメント研究会
糖尿病   61(Suppl.1) S-139   2018年4月
原発性アルドステロン症と原発性副甲状腺機能亢進症を併発した1例
白石 友信, 吉岡 大志, 松林 泰弘, 松永 佐澄志, 岩永 みどり, 山田 貴穂, 藤原 和哉, 曽根 博仁
日本内分泌学会雑誌   94(1) 430-430   2018年4月
日本人2型糖尿病患者における、ビタミンB6摂取量と糖尿病網膜症発症との関係 JDCSによる報告
堀川 千嘉, 相田 麗, 田中 司朗, 鎌田 智恵実, 田中 佐智子, 吉村 幸雄, 川崎 良, 山下 英俊, 大橋 靖雄, 井藤 英喜, 赤沼 安夫, 曽根 博仁
糖尿病   61(Suppl.1) S-141   2018年4月
肥満と肝インスリンクリアランス(Hepatic insulin clearance:HIC)低下の関係における脂肪肝(Fatty Liver:FL)の役割
松林 泰弘, 吉田 明弘, 菅波 秀規, 松永 佐澄志, 岩永 みどり, 山田 貴穂, 藤原 和哉, 加来 浩平, 曽根 博仁
日本内分泌学会雑誌   94(1) 432-432   2018年4月
SGLT2阻害薬が安静時心拍数(Resting Heart Rate:RHR)に及ぼす影響とその関連因子の検討
松林 泰弘, 阿部 孝洋, 吉田 明弘, 野島 俊秋, 菅波 秀規, 松永 佐澄志, 岩永 みどり, 山田 貴穂, 藤原 和哉, 加来 浩平, 曽根 博仁
糖尿病   61(Suppl.1) S-158   2018年4月
糖尿病患者における脈圧が透析導入に及ぼす影響の検討
大澤 妙子, 藤原 和哉, 山本 正彦, 原田 万由子, 石澤 正博, 清田 浩康, 山中 菜詩, 松林 泰弘, 松永 佐澄志, 山田 貴穂, 曽根 博仁
糖尿病   61(Suppl.1) S-160   2018年4月
眼科処置を要する重症糖尿病性眼疾患の発生リスクに対する腎症の影響についての検討
山本 正彦, 藤原 和哉, 大澤 妙子, 原田 万祐子, 石黒 創, 石澤 正博, 岩永 みどり, 松永 佐澄志, 松林 泰弘, 清田 浩康, 山中 菜詩, 山田 貴穂, 曽根 博仁
糖尿病   61(Suppl.1) S-161   2018年4月
年齢層別に見た血清アミラーゼ値と2型糖尿病発症との関連
石井 大, 藤原 和哉, 治田 麻理子, 原田 万佑子, 松林 泰弘, 斎藤 和美, 児玉 暁, 森 保道, 本田 律子, 荒瀬 康司, 曽根 博仁
糖尿病   61(Suppl.1) S-161   2018年4月
診断に難渋した再発性重症低血糖の原因特定に薬物血中濃度測定が有用であった一例
三ツ間 友里恵, 山本 正彦, 橋本 浩平, 金子 正儀, 松林 泰弘, 松永 佐澄志, 山田 貴穂, 岩永 みどり, 藤原 和哉, 曽根 博仁
糖尿病   61(Suppl.1) S-181   2018年4月
当院における糖尿病合併妊娠及び妊娠糖尿病患者への分割食の栄養指導の実態と指導方法の検討
治田 麻理子, 深沢 尚子, 桜井 健一, 津野 菜津美, 佐藤 かえで, 西山 陽子, 藤原 和哉, 曽根 博仁, 鈴木 克典
糖尿病   61(Suppl.1) S-214   2018年4月
コンドロイチン硫酸減少を介した糖尿病性神経障害の抑制効果
石黒 創, 牛木 隆志, 河嵜 麻実, 張 かおり, 増子 正義, 三五 一憲, 五十嵐 道弘, 曽根 博仁
糖尿病   61(Suppl.1) S-240   2018年4月
DPP-4阻害薬アナグリプチン(ANA)の12週間投与時におけるインスリンクリアランスに及ぼす影響
阿部 孝洋, 松林 泰弘, 村岸 沙也加, 吉田 明弘, 菅波 秀規, 古澤 研一, 松永 佐澄志, 岩永 みどり, 山田 貴穂, 藤原 和哉, 加来 浩平, 曽根 博仁
糖尿病   61(Suppl.1) S-246   2018年4月
糖尿病治療薬別にみたHbA1cと冠動脈疾患(CAD)発症リスクとの関連
原田 万祐子, 藤原 和哉, 大澤 妙子, 石澤 正博, 山本 正彦, 金子 正儀, 松林 泰弘, 松永 佐澄志, 山中 菜詩, 清田 浩康, 山田 貴穂, 曽根 博仁
糖尿病   61(Suppl.1) S-258   2018年4月
耐糖能及び肥満の有無に関わらず代謝異常は冠動脈疾患発症リスクを増大させる
藤原 和哉, 松林 泰弘, 山本 正彦, 松永 佐澄志, 清田 浩康, 山中 菜詩, 児玉 暁, 曽根 博仁
糖尿病   61(Suppl.1) S-260   2018年4月
2型糖尿病患者における食事エネルギー密度と肥満との関連 JDDMにおける検討
武田 安永, 藤原 和哉, 治田 麻理子, 森川 咲子, 堀川 千嘉, 石井 大, 加藤 光敏, 横山 宏樹, 栗原 義夫, 宮澤 一裕, 岩崎 晧一, 川井 紘一, 朝長 修, 屋宜 宣治, 前川 聡, 曽根 博仁
糖尿病   61(Suppl.1) S-265   2018年4月
肥満境界型糖尿病患者に対する血糖自己測定と栄養指導媒体を用いた栄養教育の併用効果について
長谷川 美代, 堀川 千嘉, 田代 稔, 鈴木 沙織, 藤原 和哉, 北澤 勝, 加藤 公則, 曽根 博仁
糖尿病   61(Suppl.1) S-267   2018年4月
歯磨き回数と早食い その糖尿病やメタボ因子との関連
佐藤 未希, 渡邊 真恵, 高橋 直穂, 清水 平, 山田 大志郎, 首藤 龍人, 曽根 博仁, 本庄 潤, 横山 宏樹
糖尿病   61(3) 138-138   2018年3月
小児1型糖尿病におけるFlash Glucose monitoringの測定精度の検討
北澤 勝, 齋藤 七穂, 小川 洋平, 長崎 啓祐, 佐々木 直, 齋藤 昭彦, 曽根 博仁
糖尿病   61(Suppl.1) S-268   2018年4月
SGLT2阻害薬による腟カンジダ発現頻度とその臨床的特徴
長尾 有未, 小原 信, 木村 祐之, 大内 基司, 清水 平, 山田 大志郎, 首藤 龍人, 曽根 博仁, 本庄 潤, 横山 宏樹
糖尿病   61(3) 141-141   2018年3月
糖尿病合併妊娠の妊娠転帰に関する多施設前向き研究(DREAMBeeスタディ)について
川崎 麻紀, 荒田 尚子, 宮越 敬, 菊池 透, 曽根 博仁, 守屋 達美, 杉山 隆, 佐川 典正, 内潟 安子, 難波 光義, 平松 祐司
糖尿病   61(Suppl.1) S-270   2018年4月
【検査機器・試薬・技術の新たな展開】 医療ビッグデータとしての臨床検査データの利活用 糖尿病を中心とした生活習慣病分野を例に
曽根 博仁
生物試料分析   41(2) 73-78   2018年3月
指先穿刺による血糖およびHbA1c迅速測定をもちいた糖尿病啓発の取り組み
山田 貴穂, 石井 大, 武田 安永, 橋本 浩平, 三ツ間 友里恵, 張 かおり, 原田 万祐子, 白石 友信, 吉岡 大志, 山本 正彦, 大澤 妙子, 石黒 創, 金子 正儀, 鈴木 浩史, 松林 泰弘, 松永 佐澄志, 藤原 和哉, 岩永 みどり, 鈴木 亜希子, 羽入 修, 曽根 博仁
糖尿病   61(Suppl.1) S-377   2018年4月
日本人2型糖尿病における栄養摂取と身体活動の現状 JDCP studyにおける登録時データより
松永 佐澄志, 曽根 博仁, 津田 謹輔, 押田 芳治, 佐々木 敏, 佐藤 譲, 林野 泰明, 西村 理明, 田嶼 尚子
糖尿病   61(Suppl.1) S-407   2018年4月
【患者説明にそのまま使える糖尿病の重要数字35】 三大療法 重要数字 経口血糖降下薬治療を受ける際の年間医療費→約20,000〜70,000円(自己負担3割分として)
鈴木 達郎, 曽根 博仁
糖尿病ケア   15(2) 113-113   2018年2月
【患者説明にそのまま使える糖尿病の重要数字35】 三大療法 重要数字 インスリン治療を受ける際の年間医療費→約120,000〜360,000円(自己負担3割分として)
川田 亮, 曽根 博仁
糖尿病ケア   15(2) 114-114   2018年2月
【患者説明にそのまま使える糖尿病の重要数字35】 そのほか 重要数字 脂質、血糖、血圧を包括的に早期から治療することで延びる寿命→約8年
山本 正彦, 曽根 博仁
糖尿病ケア   15(2) 135-135   2018年2月
CpG-Bを用いた白血病性形質細胞様樹状細胞(PMDC11)における抗原特異的CTL誘導能の増強
後藤 若奈, 山田 峻也, 橋本 誠雄, 増子 正義, 小林 果歩, 小川 彩空, 柴崎 康彦, 曽根 博仁, 高橋 益廣, 成田 美和子
新潟大学保健学雑誌   15(1) 1-8   2018年3月
本研究室では、樹立した白血病性形質細胞様樹状細胞株PMDC05へCD80遺伝子を導入することにより強力な抗原提示能をもつPMDC11を作成している。腫瘍細胞とその腫瘍に対する抗原特異的細胞傷害性T細胞(CTL)との間の免疫チェックポイントの強度に関する検査法開発を目指した基礎的研究としてPMDC11のCpG-Bによる機能の変化の有無と腫瘍抗原特異的CTLの増幅効果を検討した。CpG-B刺激は共抑制因子PD-L1及びPD-L2の発現を増加させることなく共刺激因子CD40及びCD83をわずかに...
【ポリファーマシーの問題点と解決策】 糖尿病患者における薬物処方の現状と多剤処方
藤原 和哉, 曽根 博仁
カレントテラピー   36(2) 163-168   2018年2月
樹状細胞由来細胞株を用いて増幅したWT1特異的細胞傷害性T細胞(CTL)のINF-γ産生能の検討
山田 峻也, 後藤 若奈, 小川 彩空, 増子 正義, 小林 果歩, 柴崎 康彦, 内山 孝由, 瀧澤 惇, 曽根 博仁, 高橋 益廣, 成田 美和子
新潟大学保健学雑誌   15(1) 9-17   2018年3月
免疫チェックポイント阻害薬の臨床的効果により、抗原特異的細胞傷害性T細胞(CTL)が抗腫瘍作用において重要な役割を果たしていることが明らかとなった。腫瘍に対するCTLの臨床効果を予測する解析のためには、個別のヒトCTLの簡便なクローン性の増幅方法の開発が必要である。我々は、MLPC法と強力な抗原提示能を有する樹状細胞株PMDC11を用いてWT1特異的CTLのクローン性増幅を試みた。数個のCTLから4週間の培養によって増幅した細胞群にはWT1特異的IFN-γ産生が確認された。この抗原特異的C...

書籍等出版物

 
安孫子 亜津子, 荒木 厚, 石澤 正博, 岩永 みどり, 植木 浩二郎, 江口 有一郎, 絵本 正憲, 金澤 昭雄, 金子 正儀, 川村 智行, 北田 宗弘, 古家 大祐, 鈴木 裕美, 津田 謹輔, 西川 直子, 西村 理明, 羽田 勝計, 星出 聡, 細川 雅也, 松下 真弥, 三島 修一, 村山 賢一郎, 森 克仁, 森 保道, 安田 大二郎, 谷内 洋子, 八幡 和明, 山下 滋雄 (担当:共編者)
医歯薬出版   2017年10月   
本田 佳子, 佐野 喜子, 曽根 博仁, 大橋 健
医歯薬出版   2017年   
本田 佳子, 土江 節子, 曽根 博仁
羊土社   2016年   ISBN:9784758108829
曽根博仁
医学出版   2014年8月   ISBN:4287820630
赤間 高雄, 浅川 伸, 伊東 和雄, 内田 直, 坂本 静男, 児玉 暁(医学), 清水 和弘, 曽根 博仁, 夏井 裕明, 難波 聡, 渡部 厚一
化学同人   2014年   ISBN:9784759817058
羊土社   2012年2月   ISBN:4758108722
本田 佳子, 土江 節子, 曽根 博仁
羊土社   2012年   ISBN:9784758108713
本田 佳子, 土江 節子, 曽根 博仁
羊土社   2012年   ISBN:9784758108874
Ibudilastの下肢血流に対する効果 -超音波カラードプラを用いたNIDDM患者での検討-
糖尿病大血管障害シンポジウム   1994年   
ACTH単独欠損症におけるTRH負荷試験の奇異性GH上昇反応について -本院自験例の検討-
矢内原昇編,医歯薬出版 ACTH-RELATED PEPTIDE   1994年   
フルクトサミン
臨床医「検査値のみかた」(中井利昭編)   1996年   
糖尿病治療の最適化「アミノグアニジン」
総合臨床45   1996年   
糖尿病患者における有酸素トレーニングの生理と効果
臨床スポーツ医学   1997年   
血管病の分子病態 リポタンパク代謝と動脈硬化
医学のあゆみ   1999年   
フルクトサミン,グリコアルブミン
「検査値のみかた」第2版(中井利昭編)   2000年   
尿糖
「検査値のみかた」第2版(中井利昭編)   2000年   
生活習慣病のコンセプト どんな疾患をさしているのか?なぜ成人病でなく生活習慣病なのか?
臨床医   2000年   
糖尿病または空腹時血糖値異常を合併した冠動脈性心疾患患者においてシンバスタチンは冠動脈イベントを抑制する-スカンジナビア・シンバスタチン生存研究(Scandinavian Simvastatin Survial Study ; 4S)のサブグループ解析.(翻訳)
JAMA日本版5月号   2000年   
学会報告「第60回米国糖尿病学会(ADA)報告」
Complication-糖尿病と血管   2000年   
高脂血症/この一年の進歩
内科   2000年   
ポスト・エビデンス時代の生活習慣病診療
茨城県医師会雑誌   2001年   
高脂血症
認定医・専門医のための内科学レビュー2001   2001年   
G-, M-, GM-CSF. VAscular Biologyナビゲーター
メディカルレビュー社   2001年   
スポーツドクターレポート「つくば健康科学フォーラム2000」
臨床スポーツ医学   2001年   
肥満と運動.
Mebio   2000年   
SREBPによるコレステロール合成系遺伝子の調節
日本臨床分子医学会記録   2000年   
脂肪細胞内PPARδ作用と脂肪細胞分化・ob遺伝子発現
第37回臨床分子医学会記録   2000年   
糖尿病における高脂血症の原因遺伝子-Angiopoietin-like protein 3 (Angptl3)
BioClinica   2003年   
介入試験の企画と実際-JDCS-
Lipid   2003年   
高齢者の内分泌体系はどうあるべきか」
総合臨床   2003年   
食後高脂血症の意義と評価
Mebio   2003年   
Q&A JDCSの中間結果を教えてください
Mebio 5月別冊   2003年   
Japan Diabetes Complications Study (JDCS)の中間結果
Diabetes Frontier   2003年   
糖尿病における血管合併症の発症予防と進展抑制に関する研究(Japan Diabetes Complications Study (JDCS)) の中間報告
内分泌・代謝科   2003年   
専門医の診療から学ぶ治療と予防. 糖尿病の大規模臨床試験 Japan Diabetes Complications Study (JDCS)
ゆうゆう糖尿病8月号   2003年   
糖尿病になる人は本当に過食ですか?
肥満と糖尿病   2003年   
日本の2型糖尿病患者における大血管合併症の現状について-Japan Diabetes Complications Study (JDCS)の中間結果より-
Diabetes Frontier   2003年   
糖尿病. 運動療法
Annual Review 2004 中外医学社   2004年   
糖尿病合併症の治療 脳血管障害のマネージメント
Mebio   2001年   
糖・脂質・エネルギー代謝の転写調節
カレントテラピー   2001年   
生活習慣病キーワード JDCSから学ぶもの
Medical View Points   2002年   
我が国における糖尿病合併症に関する長期介入研究.
日本臨床 別冊 新時代の糖尿病学 -病因・診断・治療研究の進歩-.   2002年   
境界型・軽症糖尿病はなぜ動脈硬化になりやすいのか?-動脈硬化からみた治療の必要性-.
Mebio 5月別冊   2002年   
内科100年の歩み 主要疾患の歴史 高脂血症
内科学会誌   2002年   

講演・口頭発表等

 
特別講演「人間ドックのビッグデータが教える健康長寿エビデンス」
曽根 博仁
第59回日本人間ドック学会学術総会   2018年8月30日   
糖尿病とその重症化予防のための食生活
曽根 博仁
新潟栄養・食生活学会 市民公開講演会   2018年7月21日   
地域における糖尿病とその合併症の予防
曽根 博仁
村上総合病院集談会   2018年7月20日   
臨床の現場から見た糖質制限食 (低炭水化物食) の課題
曽根 博仁
新潟県新たな米産業創出技術研究会   2018年7月17日   
子どもから大人までの糖尿病・生活習慣病の予防と治療
曽根 博仁
第1回うおぬま市民大学講演会   2018年6月9日   
シンポジウムJDCP研究が示す我が国の糖尿病診療の現状. 日本人2型糖尿病患者における栄養摂取と身体活動の現状
曽根 博仁
第61 回日本糖尿病学会年次学術集会   2018年5月26日   
教育講演「糖尿病における栄養疫学のエビデンス」
曽根 博仁
第61回日本糖尿病学会年次学術集会   2018年5月25日   
糖尿病にならない、そして負けないために
曽根 博仁
ライオンズクラブ糖尿病フェスタ   2018年4月21日   
医療ビッグデータ解析が開く次世代の糖尿病・生活習慣病診療
曽根 博仁
新潟市内科医会総会   2018年4月21日   
ビッグデータ解析が示す糖尿病とその合併症の予防
曽根 博仁
愛知県医師会・愛知県糖尿病対策推進会議   2018年3月31日   
三条市と新潟大学との共同研究による小児から高齢者までの健康増進プロジェクト
曽根 博仁
三条市役所職員研修会   2018年3月22日   
臨床ビッグデータから見た2型糖尿病における高トリグリセリド血症の意義
曽根 博仁
第52回日本糖尿病学会「糖尿病学の進歩」   2018年3月2日   
地域・職場における糖尿病管理
曽根 博仁
第18回日本動脈硬化学会「動脈硬化教育フォーラム」   2018年2月4日   
教育講演「産業保健と総合健診ー脳心血管病予防に関する包括的リスク管理チャートの活用ー糖尿病管理」
曽根 博仁
第46回日本総合健診医学会総会   2018年1月26日   
シンポジウム 動脈硬化予防と脂質代謝「糖尿病患者における脂質異常症と動脈硬化疾患ー日本人ビッグデータからのエビデンスー」
曽根 博仁
第21回日本病態栄養学会年次学術集会   2018年1月13日   
医療ビッグデータ解析が開く新しい糖尿病診療の視点ー生活習慣療法の重要性ー
曽根 博仁
山梨心血管疾患診療セミナー   2017年12月7日   
子供世代から始める生活習慣病 健康長寿の取り組み一阿賀野市と新潟大学医学部の共同研究
曽根 博仁
阿賀野市健康講座   2017年12月7日   
ビッグデータ解析による糖尿病合併症の予測と予防
曽根 博仁
日本糖尿病合併症学会・日本糖尿病眼学会   2017年11月28日   
大規模臨床研究が教える糖尿病の新しい診療エビデンス
曽根 博仁
第13回知多半島医療圏糖尿病治療研究会   2017年11月11日   
シンポジウム 日本臨床疫学会と各臨床専門学会の連携「日本臨床疫学会への期待-臨床専門学会との連携によるビッグデータ時代の新しい予防・診療EBM構築を目指してー」
曽根 博仁
日本臨床疫学会第1回年次学術大会   2017年11月10日   
脳・心血管疾患予防を通じた科学的根拠に基づく介護予防
曽根 博仁
新潟市医師会在宅医療講座   2017年11月8日   
医療ビッグデータ解析が開く新しい糖尿病診療の視点ー生活習慣療法の重要性ー
曽根 博仁
第14回糖尿病病診連携懇話会   2017年11月7日   
2型糖尿病患者における炭水化物摂取の実態と糖尿病合併症との関連
曽根 博仁
第2回糖尿病・生活習慣病ヒューマンデータ研究会   2017年11月3日   
基調講演「ビッグデータ解析を活かした糖尿病の予防と治療の新しい戦略」
曽根 博仁
日本先進糖尿病研究会   2017年10月21日   
糖尿病に負けず健やかに過ごすために
曽根 博仁
ライオンズクラブ国際協会講演会   2017年10月19日   
日本人ビッグデータから見た糖尿病予防と治療の戦略
曽根 博仁
新庄市糖尿病予防研修会   2017年10月6日   
特別講演「医療ビッグデータ解析に基づく糖尿病診療と生活習慣指導」
曽根 博仁
全国済生会糖尿病セミナー   2017年8月26日   
特別講演「新しい生活習慣病臨床研究の展開ー現場に活かせるエビデンスを生み出すにはー」
曽根 博仁
.第4回愛知臨床研究懇話会   2017年6月30日   
シンポジウム19 生活習慣病の運動療法 「糖尿病・脂質異常を中心とした生活習慣病に対する運動の効果」
曽根 博仁
第17回抗加齢学会総会   2017年6月4日   
シンポジウム27 世界と日本の大規模臨床研究の現在. 日本人糖尿病の予防と治療に関するビッグデータ解析の可能性
曽根 博仁
第60回日本糖尿病学会年次学術集会   2017年5月18日   
特別講演「日常診療における臨床研究の重要性―大規模現場データ解析に基づく新しい糖尿病診療」
曽根 博仁
神奈川県保険医協会研究会   2017年4月7日   
教育講演「糖尿病の概念と疫学―大規模医療データから学ぶこと」
曽根 博仁
第51回日本糖尿病学会 糖尿病学の進歩   2017年2月17日   
特別講演「医療ビッグデータとしての臨床検査データの利活用―糖尿病を中心とした生活習慣病分野を例に」
曽根 博仁
第27回 生物試料分析科学会年次学術集会   2017年2月11日   
シンポジウム17 臨床研究の進め方‐ビッグデータの活用と解析‐ 「医療ビッグデータの病態栄養学研究への活用」
曽根 博仁
第20回日本病態栄養学会年次学術集会   2017年1月15日   
Symposium: An international project on harmonized accumulation of reference values and clinical case records for EBLM. The Utility of Well-Defined Clinical Case Bank (CCB) for Early Detection of Endocrine, Hematological and Immune Disorders
曽根 博仁
Asia-Pacific Federation for Clinical Biochemistry And Laboratory Medicine (APFCB)   2016年11月28日   
特別講演 大規模臨床データ解析が開く新しい糖尿病合併症学-網膜症を中心に-
曽根 博仁
第31回日本糖尿病合併症学会/第22回日本糖尿病眼学会総会   2016年10月7日   
糖尿病・脂質異常症を中心とした生活習慣病に対する運動の効果 シンポジウム「生活習慣病の運動療法」
曽根 博仁
第35回日本臨床運動療法学会学術集会   2016年9月3日   
Symposium : Diabetes care using information technology. Effects of lifestyle modification on cardiovascular complications in Japanese patients with type 2 diabetes
曽根 博仁
The 10th Congress of Asian-Pacific Society of Atherosclerosis and Vascular Disease (APSAVD)   2016年7月15日   
シンポジウム「包括的リスク管理とJASガイドライン」脳心血管疾患高リスク者としての糖尿病患者への対応
曽根 博仁
第48回動脈硬化学会総会   2016年7月15日   
Symposium “Clinical Evidences in Macrovascular Complications” Prediction and risk assessment of diabetic macrovascular complications in Japan
曽根 博仁
第59回日本糖尿病学会年次学術集会   2016年5月21日   
特別講演 臨床研究のすすめ-現場に役立つ臨床研究エビデンスを現場から生み出すには-
曽根 博仁
臨床糖尿病医会   2016年4月17日   
シンポジウム わが国の臨床研究から何を学べばよいか JDCS
曽根 博仁
第50回糖尿病学の進歩   2016年2月19日   
糖尿病とその重症化予防の視点から. パネルディスカッション「日本人の食事摂取基準2015」
曽根 博仁
第19回日本病態栄養学会年次学術集会   2016年1月10日   
生活習慣病を疫学・大規模臨床データから考える「体質から生活までを考える代謝内科学」
曽根 博仁
日本内科学会学術集会第43回内科学の展望   2015年11月1日   
セミナー EBMに立脚した生活習慣病の患者教育と医学教育-日本の医学教育に足りないもの
曽根 博仁
第47回日本医学教育学会総会   2015年7月24日   
大規模データからみた日本人糖尿病患者の動脈硬化疾患とその対策. シンポジウム6 糖尿病と動脈硬化-わが国発の臨床研究と基礎研究-
曽根 博仁
第47回日本動脈硬化学会総会・学術集会   2015年7月9日   
運動療法で伸ばす健康寿命ー科学的エビデンスに基づく運動指導
曽根 博仁
日本医師会生涯教育講座セミナー   2015年6月27日   
特別講演. 日本人の大規模臨床エビデンスに基づく2型糖尿病の予防と治療
曽根 博仁
日本内科学会信越地方会   2015年6月13日   
シンポジウム15 「日本人の食事摂取基準(2015年版)」は健康長寿社会の基盤となるか. 糖尿病とその重症化予防の観点から
曽根 博仁
第15回日本抗加齢医学会総会   2015年5月29日   
シンポジウム(S24) 大規模スタディから学ぶ. 医療ビッグデータを活用した糖尿病予防研究
曽根 博仁
第58回日本糖尿病学会年次学術集会   2015年5月21日   
シンポジウムEBMで最も高い根拠となる系統的レビュー、その最前線
曽根 博仁
日本医学会総会   2015年4月9日   
Symposium “Diabetes and related eye diseases in Asia-Pacific countries ” Characteristics of diabetes and its eye complications in Japan: The Japan Diabetes Complications Study
曽根 博仁
The 30th Asia-Pacific Academy of Ophthalmology Congress   2015年4月4日   
科学的エビデンスに基づく糖尿病対策-発症と合併症予防の両面から
曽根 博仁
第1回新潟県糖尿病対策推進会議総会   2014年12月4日   
East-West Symposium. Characteristics of diabetic complications in Japanese patients
曽根 博仁
50th European Association for the Study of Diabetes (EASD)   2014年9月15日   
シンポジウム 新医学へと展開する.疫学・統計学. 抗加齢医学における実例と今後. 運動による健康長寿の可能性ー臨床疫学の視点からー
曽根 博仁
日本抗加齢医学会   2014年6月6日   
セミナー 日本人の大規模臨床エビデンスに基づく糖尿病の治療と予防~特に食事・運動療法を中心に~
曽根 博仁
第57回日本糖尿病学会年次学術集会   2014年5月22日   
Prediction and risk assessment of diabetes and its complications in Japan
曽根 博仁
2013 International Conference on Diabetes and Metabolism & 5th Asian Association for the Study of Diabetes   2013年11月8日   
シンポジウム 運動と脂質代謝. 運動と糖尿病・脂質代謝異常・高血圧に対する運動療法の効果と意義
曽根 博仁
第68回日本体力医学会大会   2013年9月21日   
シンポジウム 医学における栄養学の最新研究-生活習慣病の食事療法に関する大規模臨床エビデンス
曽根 博仁
第67回日本栄養・食糧学会大会   2013年5月26日   
細小・大血管合併症の両方を視野に入れた日本人患者に適した血糖コントロールを
曽根 博仁
第56回日本糖尿病学会年次学術集会   2013年5月16日   
Debate; Target HbA1c : Associations between HbA1c Level and Diabetic Complications in Japanese Patients with Type 2 Diabetes
曽根 博仁
9th International Diabetes Federation Western Pacific Region Congress (9th IDF-WPR) & 4th Scientific Meeting of Asian Association for Study of Diabetes (4th AASD Scientific Meeting)   2012年11月27日   
シンポジウム JDCS: 実地臨床へのメッセージ-最近の解析結果より
曽根 博仁
第49回日本糖尿病学会 近畿地方会   2012年11月16日   
シンポジウム 地域医療における糖尿病の予防と治療 –未病システム学における糖尿病の意義-
曽根 博仁
第19回日本未病システム学会   2012年10月27日   
シンポジウム:大規模試験からのメッセージ JDCS
曽根 博仁
第55回日本糖尿病学会年次学術集会   2012年5月19日   
HbA1c variability as a risk of microvascular complication in diabetes
曽根 博仁
2011 International Conference on Diabetes and Metabolism   2011年11月12日   
シンポジウム6 Atherosclerosis in Diabetes –Serch for Ner Therapeutic Strategies-糖尿病と動脈硬化―新しい治療戦略を探る- 「Messages from the Japan Diabetes Complications Study (JDCS)」
曽根 博仁
第43回日本動脈硬化学会総会・学術集会   2011年7月16日   
動脈硬化の予防と治療―糖尿病
曽根 博仁
第52回日本老年医学会学術集会・総会   2010年6月24日   
The Japan Diabetes Complications Study (JDCS)
曽根 博仁、赤沼安夫,山田信博
第53回日本糖尿病学会年次学術集会   2010年5月27日   
クリニカルクエスチョンから論文出版へ
曽根 博仁
日本メディカルライター協会 臨床研究セミナー5   2010年3月26日   
Blood Glucose Control and Cardiovascular Disease in Japan Diabetes Complications Study(JDCS)
曽根 博仁
日本循環器学会総会・学術総会   2010年3月7日   
2型糖尿病患者のQOL、血管合併症及び長期予後改善のための前向き研究
曽根 博仁
循環器疾患等生活習慣病対策総合研究・糖尿病戦略等研究 研究成果発表会   2010年2月9日   
Obesty, Metabolic Risk Factors and Lifestyle in Patients with Type 2 Diabetes in Japan
曽根 博仁
The 15th Korea-Japan Symposium on Diabetes Mellitus   2009年11月20日   
シンポジウム「動脈硬化性疾患ガイドライン-残された問題点」糖尿病と脂質異常症
曽根 博仁
第41回日本動脈硬化学会総会・学術集会   2009年7月17日   
シンポジウム「糖尿病と脳卒中の疫学:日本の研究から」
曽根 博仁
第52回日本糖尿病学会年次学術集会   2009年5月24日   
シンポジウム「糖尿病の血管合併症のトータルケア:早期診断、そして予防へ」わが国の血管合併症の実態:JDCSより
曽根 博仁
第106回日本内科学会講演会   2009年4月12日   
シンポジウム「生活習慣病と動脈硬化、リスクとその管理」糖尿病における動脈硬化症とそのリスクファクター管理
曽根 博仁
第42回日本生活習慣病学会   2008年1月13日   
シンポジウム「生活習慣病と動脈硬化、リスクとその管理」糖尿病における動脈硬化症とそのリスクファクター管理
曽根 博仁
第42回日本生活習慣病学会   2007年12月2日   
有酸素性運動によるHDLコレステロール(HDL-C)上昇のメタアナリシス
第41回日本成人病(生活習慣病)学会 学術集会   2007年   
喫煙の糖尿病腎症発症に及ぼす影響に関するコホート研究
第41回日本成人病(生活習慣病)学会 学術集会   2007年   
喫煙の糖尿病腎症に及ぼす影響に関するコホート研究
日本内分泌学会関東甲信越地方会   2007年   
有酸素性運動によるHDLコレステロール(HDL-C)上昇のメタアナリシス
日本内科学会講演会   2007年   
日本人2型糖尿病患者における早期腎症発症のリスクファクターの検討.
第50回日本糖尿病学会年次学術集会   2007年   
全国多施設共同研究による糖尿病患者の動脈硬化性疾患の追跡調査:観察開始時の特徴-JDDMスタディー-.
第50回日本糖尿病学会年次学術集会   2007年   
脂肪酸伸長酵素Fatty acyl-CoA elongase (FACE)の生体内における機能ならびに病態への関与.
第50回日本糖尿病学会年次学術集会   2007年   
アスコルビン酸の栄養状態の違いによるナトリウム依存性ビタミンCトランスポーター(SVCT)の発現変動
日本ビタミン学会第59回大会   2007年   
糖尿病網膜症の発症予防と進展抑制に関する多施設研究(Japan Diabetes Complications Study)の報告
第61回日本臨床眼科学会   2007年   
Both current and past smoking are dose dependent risk factors for the development of microalbuminuria in Japanese men with type 2 diabetes.
67nd Annual Meeting and Scientific Sessions, American Diabetes Association.   2007年   
Metabolic syndrome in Japanese Type 2 Diabetic Patients. From the results of Japan Diabetes Complications Study (JDCS)
14th Japan-Korea Symposium on Diabetes Mellitus   2007年   
No effect from low-carbohydrate diet on glycemic control in diabetic patients:Meta-analysis.
14th Japan-Korea Symposium on Diabetes Mellitus   2007年   
Low-fat diet may improve glycemic control in diabetic patients:Meta-analysis
14th Japan-Korea Symposium on Diabetes Mellitus   2007年   
Factors affecting remission of microalbuminuria in patients with type 2 diabetes: Tsukuba Kawai Diabetes Registry (TKDR) 2.
14th Japan-Korea Symposium on Diabetes Mellitus   2007年   
一般演題:栄養学的研究
第39回日本動脈硬化学会・学術集会   2007年   
ワークショップ「大血管合併症」
第22回糖尿病合併症学会   2007年   
日本人における2型糖尿病とメタボリックシンドローム
第2回上越メタボリックシンドローム懇話   2007年   
日本人糖尿病患者のメタボリックシンドロームと動脈硬化性疾患について~JDCSを中心に~
第4回広島糖尿病研究会学術講演会   2007年   
日本人2型糖尿病患者の病態と合併症
第15回北摂糖尿病フォーラム   2007年   
ランチョンセミナー 日本人の血管合併症―JDCS― 第50回日本糖尿病学会年次学術集会
第50回日本糖尿病学会年次学術集会   2007年   
Symposium of the Committee on the Treatment of Diabetes Mellitus. Clinical Features of Japanese Patients with Type 2 Diabetes From the results of the JDCS and other large-scale clinical studies in Japan.
20th Spring Congress of Korea Diabetes Association   2007年   
日本人の血管合併症―JDCS―
第50回日本糖尿病学会年次学術集会   2007年   
「元気で長生き」をめざす新しい生活科学
お茶の水女子大学第一回ホームカミングデイ生活科学部記念講演会   2007年   

担当経験のある科目

 

競争的資金等の研究課題

 
インスリン抵抗性及び動脈硬化症の病因における脂肪酸の意義に関する発生工学的研究
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(B)
研究期間: 1999年4月 - 2000年4月    代表者: 山田 信博
本計画の主要な目的は生体内で組織特異的に脂肪酸合成を制御することによりもたらされる糖脂質代謝、インスリン抵抗性、動脈硬化症への影響を検討することにある。前年度までに、SREBP-1のトランスジェニックマウスおよびノックアウトマウスの解析を通じて、この転写因子が脂肪酸、中性脂肪の合成転写調節をおこなっていることを示してきた。さらSREBP-1は脂質合成調節においてSREBP-1自身の発現量を増減し、糖インスリン作用のメディエーターになっている可能性が示唆されている。本年度われわれは、肝細胞系...
病態モデル動物を用いた動脈硬化及びインスリン抵抗性遺伝子マップの作成
文部科学省: 科学研究費助成事業 特定領域研究
研究期間: 2000年4月 - 2001年3月    代表者: 山田 信博
日本人の疾病構造は急激な変化をとげ、社会文明の発展、生活習慣の欧米化とともに虚血性心疾患や脳血管障害などの動脈硬化性疾患が増加している。我々は従来より発生工学的手法を用いて、インスリン抵抗性や高脂血症、耐糖能異常、高血圧を示す病態モデル動物を作成しているが、これらのモデル動物を交配する事により種々のレベルや組み合わせの高脂血症、耐糖能異常、高血圧を共有するMutliple Risk Factor(MRF)マウス作成を試みた。現在、MRFマウスとして、1.レプチン欠損(Ob/Ob)・LDLレ...
動脈硬化症特に糖尿病大血管障害の病態におけるVEGFの役割と抗VEGF療法の効果
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 奨励研究
研究期間: 2000年4月 - 2002年3月    代表者: 曽根 博仁
血管内皮増殖因子(VEGF)は糖尿病網膜症(DR)の血管新生・浸出性病変の発症・進展に主要な役割を果たす。一方、高血糖による血管内皮細胞障害の第一段階として、多量の血中グルコース(Glu)が同細胞内に取込まれることが重要である。同細胞のGlu取込みは専ら糖輸送担体1(GLUT1)により行われるため、GLUT1発現量は細胞内Glu取込み量を規定する重要因子である。そこでDRの病態におけるVEGFとGLUT1の、血管内皮細胞への相互作用について検討した。培養ウシ網膜血管内皮細胞(BREC)の培...
高齢者のサクセスフル・エイジングに繋がる生物学的活力の評価
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(B)
研究期間: 2000年4月 - 2003年3月    代表者: 田中 喜代次
本研究では,申請者らが提案した老化尺度のひとつである活力年齢を用い,10年間にわたる長期縦断データから,運動を習慣化した中高齢者の老化が遅延する,という仮説を検証することを第一の目的とした。対象者は46〜68歳の女性16名と43〜69歳の男性10名であり,週2回の院内監視型運動教室への参加者である。教室開始前の活力年齢は,男女ともに暦年齢よりも有意に高かったが,教室開始から3ヵ月後,1年後で有意に若齢化し,暦年齢よりも有意に低くなった。その後の9年間で,女性の活力年齢は7.6歳(男性では8...
動脈硬化惹起性リポタンパクモデル動物の作製と動脈硬化症への影響の検討
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
研究期間: 2001年4月 - 2003年3月    代表者: 島野 仁
肝臓におけるトリグリセリド(TG)の合成亢進がもたらす動脈硬化性リポタンパク形成への影響を検討するために、SREBP-1cトランスジェニクマウスとLDL受容体欠損マウス(LDLRKO)のダプルミュータントマウス(BP1c/LDLRKO)を作製し、そのリポタンパクの性状を検討した。BP1c/LDLRKOは、LDLRKOに比べ、血中トリグリセリドの著明な増加とコレステロールの軽度の増加を認めた。この傾向は空腹時採血よりも食後採血において著明であった。アガロース電気泳動では、β位(LDL分画)が...
遺伝子改変動物を用いたTCA回路遮断がもたらすエネルギー代謝への影響の検討
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
研究期間: 2002年4月 - 2004年3月    代表者: 曽根 博仁
糖尿病を初めとするエネルギー代謝異常症に対する根本的解決策を探るためには、糖・脂質・タンパク代謝を含む最も基本的なエネルギー産生経路であり、極めて高いエネルギー産生効率を有するTCA回路の意義を再検討する必要がある。最も確実かつ効率的にTCA回路を阻害する標的として、回路開始点でアセチルCoAとオキサロ酢酸からクエン酸を産生する不可逆反応の律速酵素、クエン酸合成酵素(Citrate Synthetase ; CS)遺伝子を選択し、そのノックアウト(KO)マウスを作成した。
その結果ホモ欠損...
低酸素反応性・可溶性VEGFレセプターを用いた悪性グリオーマの抗血管新生療法
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
研究期間: 2002年4月 - 2005年3月    代表者: 高野 晋吾
悪性グリオーマの抗血管新生療法の標的としてVEGFレセプターFlt1のうち細胞外の可溶性成分であるsoluble Flt1(sFlt1)および低酸素のマーカーであるhypoxia inducible factor 1α(HIF)に注目し、これらを用いた血管新生療法の基礎的研究を行い、臨床応用への展開を目的とした。
1.グリオーマにおけるsFlt1およびHIFの意義:グリオーマ組織のsFlt1,HIF,VEGFの発現量を定量した。VEGF/sFlt1が1以上、HIFの高発現は予後不良因子であ...
遺伝子改変マウスを用いた新規脂肪酸組成調節酵素のエネルギー代謝に及ぼす影響の検討
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 挑戦的萌芽研究
研究期間: 2003年4月 - 2004年3月    代表者: 島野 仁
生体内での脂肪酸合成の最終段階の反応を担い、脂肪酸組成比を制御する活性を有する脂肪酸延長酵素FACEのノックアウトマウスを作製、解析し、1.この新規脂肪酸伸長酵素の生体内での機能を解明すること、2.脂肪酸合成、組成の変化がもたらす糖脂質代謝、インスリン感受性、動脈硬化症など生活習慣病に関連する病態への影響を個体で評価することを目的として、本研究は進行中である。本年度はFACEノックアウトマウスの確立とその初期解析を行った。本マウスは、当初欠損遺伝子のホモが得られず胎生致死が疑われたが、その...
活力寿命を評価する客観的指標作成のためのデータベースの構築
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(B)
研究期間: 2003年4月 - 2006年4月    代表者: 田中 喜代次
本研究の目的は以下の2つである.
1.10〜20年前に測定対象とした中高齢者の活力年齢を再度測定し,活力寿命を評価する指標を作成するためのデータベースを構築する.
2.ADL (activities of daily living)やQoL (quality of life)が顕著に低下した集団を擬似死亡群と定義し,活力寿命を評価する指標を提案する.
研究期間中に測定依頼および生存確認をおこなった対象者のうち,232名(男性78名,女性157名)の者のデータが分析可能であったことから全対象...
メタボリックシンドロームの病態モデル動物の作成とその分子基盤の網羅的解析
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(B)
研究期間: 2004年4月 - 2006年3月    代表者: 山田 信博
糖尿病、高脂血症、高血圧などの生活習慣病は、終局的には虚血性心疾患や脳卒中などの動脈硬化性疾患を生じて、日本人のQOLおよび生命予後を著しく悪化させている。高カロリー、高脂肪、高単純糖質さらに運動不足の欧米型の生活習慣では、インスリン抵抗性や肥満を基軸として、加齢とともにいつの間にか、糖尿病のみならず高脂血症、高血圧などの動脈硬化危険因子を重積する場合が多い。メタボリックシンドロームの共通の病態として、肥満やインスリン抵抗性が注目されているが、その病態は単一ではなく、特定の遺伝子変異という...
TCA回路の部分阻害がエネルギー代謝に及ぼす影響の検討
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
研究期間: 2004年4月 - 2006年3月    代表者: 曽根 博仁
現代のエネルギー代謝疾患の増加は、ヒトのエネルギー代謝システムが近代のエネルギー需給バランスの急激な逆転に適応できなかった結果である。TCA回路は高い効率を有する洗練されたシステムではあるが、細菌などの下等生物細胞ではこれに依存しないエネルギー産生経路も発達している。クエン酸合成酵素(CS)遺伝子ノックアウト(KO)マウスを作成・解析し、同回路阻害による各エネルギー代謝経路への影響の検討し、同回路を補佐する代替エネルギー供給経路の検索、代謝疾患の病態生理との関係の検討を行った。本KOマウス...
腫瘍抑制因子p53活性化によるインスリン抵抗性発症の新しい分子機構の解明
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 挑戦的萌芽研究
研究期間: 2004年4月 - 2006年3月    代表者: 山田 信博
肥満は先進国における主要な健康課題であり、その対策が望まれている。脂肪肝についても肥満との関連やインスリン抵抗性との関連から、その分子基盤が探索されている。DNAチップによりObマウスなどの肥満脂肪組織において腫瘍抑制因子であるp53の発現が亢進していることを見い出し、さらにp53がsterol regulatory element-binding Protein-1 (SREBP-1)や脂肪合成系諸酵素の抑制に関与していることをp53欠損マウスを用いて明らかにした。すなわち、p53が脂肪...
個体差が減量幅に与える影響を考慮したオーダーメイド減量プログラムの開発
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 挑戦的萌芽研究
研究期間: 2004年4月 - 2007年3月    代表者: 田中 喜代次
本研究の目的は以下の2つの課題を遂行することであった。
A.遺伝情報などのパラメータが減量の個体差に与える影響力を数値化する。
B.個体差を考慮したオーダーメイド減量プログラムの有効性を検討する。
本研究課題を達成するために,今年度だけで175名に対する減量介入を実施した。この3年間で構築したデータベースは,男性123名,女性467名,合計590名に達した。このうち350名については,140個の遺伝子に含まれる742個の一塩基遺伝子多型(SNP)の解析が終了している。さらに,性別,年齢,閉...
CDKインヒビターp21の脂肪細胞分化、肥大化における役割の検討
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 特定領域研究
研究期間: 2006年4月 - 2008年3月
目的:細胞増殖、周期制御因子p21の脂肪細胞正常分化における生理的役割、脂肪細胞の肥大化における病的役割を明らかにしその分子的基盤を解明する事により、細胞周期制御因子の脂肪分化、肥満、インスリン抵抗性病態への関与を解明する。
結果:3T3-L1前駆脂肪細胞における分化過程におけるp21タンパクの発現を確認したところ分化に伴い誘導されることがわかった。そこで、p21RNAiアデノウイルスを感染させ誘導されるp21をノックダウンして、脂肪細胞分化及び脂質の蓄積を評価したところp21遺伝子抑制群...
糖尿病の予防治療における生活習慣因子の臨床的アウトカムに及ぼす影響の検討
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
研究期間: 2006年4月 - 2008年3月    代表者: 曽根 博仁
わが国の40歳以上の国民の1/3が糖尿病またはその疑いが強いことからもわかるように、生活習慣病の予防と治療は、将来の国民保健上の大問題である。同時に国民医療費も逼迫しており、効率的な生活習慣病対策確立のためにも、確固たる臨床エビデンスの必要性がますます高まっている。本研究は、糖尿病を中心とした生活習慣病の予防治療に関する臨床的・基礎的検討を行うことにより、将来のわが国の生活習慣指導に活かしうる科学的エビデンスを得ることを目的とした。特に糖尿病を含む生活習慣病の予防治療において重要因子である...
2型糖尿病患者のQOL、血管合併症及び長期予後改善のための前向き研究
厚生労働科学研究費補助金
研究期間: 2007年 - 2010年3月
2型糖尿病患者のQOL、血管合併症及び長期予後改善のための前向き研究
厚生労働科学研究費補助金
研究期間: 2008年 - 2010年3月
原発性高脂血症に関する調査研究
厚生労働科学研究費補助金
研究期間: 2008年 - 2011年3月
生活習慣病克服と健康寿命延伸のための生活習慣改善に関する総合的エビデンス確立事業
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(B)
研究期間: 2008年4月 - 2012年3月    代表者: 曽根 博仁
糖尿病やメタボリックシンドロームなど生活習慣病のリスクファクターとその予防と治療に不可欠な生活習慣療法の意義と効果を検討するために、医学・栄養学・運動科学・統計学を統合した臨床疫学的手法を駆使して、保健・医療現場で役立つ臨床エビデンスを多数確立した。
2型糖尿病患者のQOL、血管合併症及び長期予後改善のための前向き研究
厚生労働科学研究費補助金
研究期間: 2009年 - 2010年3月
糖尿病患者における心血管イベント発症に関する後ろ向きコホートに関する研究
厚生労働省: 厚生労働科学研究費補助金
研究期間: 2010年4月 - 2011年3月    代表者: 林 登志男
日本人2型糖尿病患者における生活習慣介入の長期予後効果ならびに死亡率とその危険因子に関する前向き研究(JDCS)
厚生労働省: 厚生労働科学研究費補助金
研究期間: 2010年4月 - 2015年3月    代表者: 曽根 博仁
健康科学と臨床医学を統合した日本人における生活習慣病の予防・治療のエビデンス確立
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(B)
研究期間: 2012年4月 - 2016年3月    代表者: 曽根 博仁
国民健康に直結する生活習慣の影響と効果について、前向き研究に基づく信頼しうるデータとして確立・提示することを本研究の目的とする。そのために、日常生活に適用可能な科学的エビデンスの確立を目指し、医学・栄養学・運動科学・統計学を統合した生活習慣病研究を実施し、青少年から高齢者まで、健常者から生活習慣病患者まで、リスク評価から実践介入までを系統的に網羅するサブプロジェクトを推進し、最終的に生活習慣改善がなし得ることの全貌を解明することにより、人々の健康寿命の延伸と生活の質向上に貢献し、今後の健康...
糖尿病診療均てん化のための標準的診療マニュアル作成とその有効性の検証-ガイドラインを実用化するためのシステム・体制整備の視点から
厚生労働省: 厚生労働科学研究費補助金
研究期間: 2012年4月 - 2015年3月    代表者: 野田 光彦
患者データベースに基づく糖尿病の新規合併症マーカーの探索と均てん化に関する研究-合併症予防と受診中断抑止の視点から
厚生労働省: 厚生労働科学研究費補助金
研究期間: 2013年4月 - 2016年3月    代表者: 野田 光彦
IgG4関連疾患はMALTリンパ腫の発症原因になり得る
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
研究期間: 2013年4月 - 2017年3月    代表者: 瀧澤 淳
MALTリンパ腫の発症にIgG4関連疾患(IgG4-RD)が関与している可能性を考え、当科で診断したMALTリンパ腫69例を対象に、IgG4-RD合併の有無について検討した。69例中11例(16%)にIgG4-RDの診断基準を満たす病変が確認された。MALTリンパ腫の部位別では眼窩が41例中10例(24%)にIgG4-RD合併が確認され、他は肺MALTリンパ腫7例中の1例(14%)であった。IgG4-RD合併MALTリンパ腫11例中3例に、経過中部位の異なるMALTリンパ腫や形質細胞腫が続...
骨格筋由来生理活性因子(マイオカイン)BDNFによる肥満・糖尿病の予防・治療
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
研究期間: 2014年4月 - 2017年3月    代表者: 羽入 修
脳由来神経栄養因子BDNFは食欲や血糖を抑制するため肥満や糖尿病の治療薬として期待されるが、骨格筋でも産生されマイオカインとしても注目される。我々はBDNFが膵グルカゴン分泌の抑制により血糖を低下させる可能性を示した。また最終糖化産物(AGE)がヒト血小板においてSrc family kinaseの活性を介してBDNFの放出を促進し、血小板内BDNFの枯渇をもたらしている可能性を示した(古川らCardiovasc Diabetol. 2017;16(1):20)。糖尿病ではAGEにより血小...
大規模検診データベースの縦断解析エビデンスに基づく基準範囲設定と重大イベント発症確率精密予測のフィードバックによる検診要精検者の医療機関受診率向上戦略
厚生労働省: 日本医療研究開発機構研究費
研究期間: 2015年4月 - 2017年3月    代表者: 曽根 博仁
女性の出産後メタボリックシンドローム発症のリスク因子同定と予防研究
厚生労働省: 日本医療研究開発機構研究費
研究期間: 2015年11月 - 2016年3月    代表者: 平松 祐司
米の新規需要拡大のための輸出を目指した湿熱処理技術による保存性と生理的機能性の優れた玄米米粉開発
独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構: 革新的技術開発・緊急展開事業(うち地域戦略プロジェクト)
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 菅原 正義
CLL希少地域である日本からの挑戦~確実な鑑別診断法の確立と分子病態の解明~
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 瀧澤 淳
本邦における慢性リンパ性白血病(CLL)実態を明らかにするため国内多施設と共同で前方視登録研究(CLLRSG-01:UMIN000004915)を行い登録症例について中央診断を完了した。WHO分類に基づきMatutesスコア3点以上であるCLLは109例であった。FAB分類で定義される形態的Typical CLLは82例(75%)、Atypical CLLは27例(25%)であり、欧米で約10%と報告されるAtypical CLLの頻度より多いことが明らかにされた。Typical CLLと...
地域の全世代保健/医療ビッグデータの統合解析による健康寿命延伸エビデンスの創成
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(B)
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 曽根 博仁
現在進行中
臨床検査値調和化ネットワークの構築と大規模症例集積によるEBLM実践環境の創出
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(A)
研究期間: 2016年4月 - 2020年3月    代表者: 市原 清志
現在進行中
体力測定結果を含む人間ドックデータと骨密度の横断的並びに縦断的関連の検討
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月    代表者: 加藤 公則
現在進行中

特許

 
特許平09-095286 : 眼内血管申請性疾患治療薬
曽根 博仁
特許平09-032799 : 慢性関節リウマチ治療薬
曽根 博仁
特願2001-73332 : 前糖尿病状態のスクリーニング方法及びスクリーニング試薬
曽根 博仁

社会貢献活動

 
厚生労働省薬事・食品衛生審議会​ 委員
【助言・指導, その他】  2011年1月 - 2014年1月
日本糖尿病対策推進会議
【助言・指導, 運営参加・支援, その他】
日本糖尿病協会
【助言・指導, 企画, 運営参加・支援, その他】
新潟県糖尿病対策推進会議
【助言・指導, 企画, 運営参加・支援, その他】
新潟県「にいがた新世代ヘルスケア情報基盤プロジェクト」
【助言・指導, 運営参加・支援, その他】
新潟県スポーツドクター協会
【助言・指導, 運営参加・支援, その他】
新潟市糖尿病対策推進会議
【助言・指導, 運営参加・支援, その他】
新潟市「健幸づくり応援食品」認定制度推進委員会
【助言・指導, その他】