梅原 三貴久

J-GLOBALへ         更新日: 19/01/17 15:22
 
アバター
研究者氏名
梅原 三貴久
 
ウメハラ ミキヒサ
URL
http://www2.toyo.ac.jp/~umehara/plant_biotechnology/Welcome.html
所属
東洋大学
部署
生命科学部 応用生物科学科
職名
教授
学位
博士(理学)(筑波大学)
科研費研究者番号
30469895
ORCID ID
https://orcid.org/0000-0001-9711-8299

研究分野

 
 

経歴

 
2004年4月
 - 
2007年3月
福岡県農業総合試験場 バイオテクノロジー部 主任技師
 
2007年4月
 - 
2010年3月
独立行政法人理化学研究所 植物科学研究センター 基礎科学特別研究員
 
2010年4月
 - 
2011年3月
独立行政法人理化学研究所 植物科学研究センター 研究員
 
2011年4月
 - 
2015年3月
東洋大学 生命科学部 応用生物科学科 准教授
 
2015年4月
 - 
現在
東洋大学 生命科学部 応用生物科学科 教授
 

学歴

 
1993年4月
 - 
1997年3月
筑波大学 第二学群 生物学類
 
1997年4月
 - 
2004年3月
筑波大学大学院 生物科学研究科 生物物理化学専攻
 

委員歴

 
2011年7月
 - 
2012年7月
日本植物細胞分子生物学会  ロードマップ作成委員会
 
2012年7月
 - 
2014年8月
日本植物細胞分子生物学会  産官学ワーキンググループ
 
2013年10月
 - 
2015年11月
植物化学調節学会  50周年記念事業委員
 
2014年1月
 - 
2015年8月
日本育種学会  幹事
 
2014年1月
 - 
2015年12月
日本植物細胞分子生物学会  評議員
 

受賞

 
2004年8月
日本植物細胞分子生物学会学生奨励賞
 
2008年10月
植物化学調節学会第43回大会ポスター賞
 
2009年4月
平成20年度理化学研究所植物科学研究センター長賞 
 
2010年1月
平成21年度基礎科学特別研究員成果発表会ポスター賞
 
2010年9月
日本植物細胞分子生物学会奨励賞
 

論文

 
Seto Y, Yasui R, Kameoka H, Tamiru M, Cao M, Terauchi R, Sakurada A, Hirano R, Kisugi T, Hanada A, Umehara M, Seo E, Akiyama K, Burke J, Takeda-Kamiya N, Li W, Hirano Y, Hakoshima T, Mashiguchi K, Noel JP, Kyozuka J, Yamaguchi S
Nature communications   10(1) 191   2019年1月   [査読有り]
Yamada Y, Otake M, Furukawa T, Shindo M, Shimomura K, Yamaguchi S, Umehara M
Journal of Plant Growth Regulation   in press   2018年11月   [査読有り]
Hasegawa S, Tsutsumi T, Fukushima S, Okabe Y, Saito J, Katayama M, Shindo M, Yamada Y, Shimomura K, Yoneyama K, Akiyama K, Aoki K, Ariizumi T, Ezura H, Yamaguchi S, Umehara M
International journal of molecular sciences   19(9) 2645   2018年9月   [査読有り]
Shindo M, Shimomura K, Yamaguchi S, Umehara M
Plant Direct   2(4) e00050   2018年4月   [査読有り]
Koike I, Shimomura K, Umehara M
Journal of Visualized Experiments   (133) e56902   2018年3月   [査読有り][招待有り]

Misc

 
進藤真登, 梅原三貴久
アグリバイオ   2(9) 914‐916   2018年8月
梅原三貴久
アグリバイオ   1(10) 1092‐1093   2017年9月
山田雄介, 梅原三貴久, 瀬戸義哉
植物の生長調節   48(2) 148-153   2013年12月
梅原 三貴久
工業技術 : 東洋大学工業技術研究所報告   (35) 10-14   2013年
梅原 三貴久
植物の生長調節   45(2) 104-111   2010年12月
Strigolactones (SLs) are released from plant roots to soil and function as communication signals for symbiosis and parasitism in the rhizoshere. In addition, SLs are a new class of hormones that inhibit shoot branching of the host plants. It is an...
末吉孝行, 梅原三貴久, 下村克己, 古賀武
福岡県農業総合試験場研究報告   (29) 22-26   2010年3月
梅原三貴久, 山口信次郎
化学と生物   47(10) 678-683   2009年10月
梅原三貴久, 末吉孝行, 下村克己, 平島敬太, 下田満哉, 中原隆夫
福岡県農業総合試験場研究報告   (26) 25-30   2007年3月
梅原三貴久, 鎌田博
植物の生長調節   39(1) 42-49   2004年5月

書籍等出版物

 
基礎から学ぶ植物代謝生化学 水谷正治・士反伸和・杉山暁史 編
梅原三貴久 (担当:共著, 範囲:第6章 植物ホルモン pp. 114-128)
羊土社   2019年1月   ISBN:978-4-7581-2090-6
植物のシグナル伝達-分子と応答-柿本辰男・高山誠司・福田裕穂・松岡 信 編 
梅原三貴久、経塚淳子、山口信次郎 (担当:共著, 範囲:ストリゴラクトン:腋芽の伸長を制御する新しい植物ホルモン pp. 148-153)
共立出版   2010年5月   ISBN:978-4-320-05703-6
Proposals to investigate gene flow and gene diversity using carrot (Daucus carota L.). In: GM crops and Foods – Potential Safety & Environmental Impact
Ikue Eguchi, Mikihisa Umehara, Michiyuki Ono, Hiroshi Kamada (担当:共著, 範囲:pp. 69-82)
The Korean Federation of Science and Technology Societies (KOFST) Seoul, Korea   2004年   
Stimulatory and inhibitory conditioning factors regulating somatic embryogenesis in carrot: recent advances. In: Agrobiotechnology and Plant Tissue Culture, (Eds.) Bhojwani SS and Soh W-Y
Mikihsia Umehara, Toshihiro Kobayashi, Chang-Ho Eun, Katsumi Higashi, Hidetoshi Hanai, Yoshikastu Matsubayashi, Youji Sakagami, Hiroshi Kamada (担当:共著, 範囲:pp. 25-36)
Science Publishers, Inc.   2003年   ISBN:1-57808-243-9

講演・口頭発表等

 
田巻太志, 久保昭太郎, 下村講一郎, 梅原三貴久, 梅原三貴久
植物の生長調節   2018年11月4日   
Effects of gibberellin and abscisic acid on plant regeneration in Grapara leaf.
Taishi Tamaki, Shotaro Kubo, Koichiro Shimomura, Mikihisa Umehara
6th Plant Dormancy Symposium 2018   2018年10月24日   
進藤真登, 菊地沙安, 下村講一郎, 山口信次郎, 梅原三貴久, 梅原三貴久
日本植物細胞分子生物学会大会・シンポジウム講演要旨集   2018年8月27日   
田巻太志, 久保昭太郎, 下村講一郎, 梅原三貴久, 梅原三貴久
日本植物細胞分子生物学会大会・シンポジウム講演要旨集   2018年8月27日   
梅原三貴久, 梅原三貴久, 渡邉早智, 小池衣茉莉, 下村講一郎
日本植物細胞分子生物学会大会・シンポジウム講演要旨集   2018年8月27日   
Physiological roles of endogenous auxin in adventitious shoot formation of ipecac.
Mikihisa Umehara, Imari Koike, Sachi Watanabe, Ken-ichiro Hayashi, Hiroyuki Kasahara, Koichiro Shimomura
International Association for Plant Biotechnology Congress (IAPB2018)   2018年8月22日   
Relationships between endogenous phytohormone levels and adventitious shoot formation in ipecac [招待有り]
Mikihisa Umehara, Imari Koike, Kodai Taniguchi, Koichiro Shimomura
The 4th International Conference on Agricultural and Biological Sciences (ABS2018)   2018年6月28日   
Production of tomato resistant to infection by root parasitic plants. [招待有り]
Mikihisa Umehara
Global Summit on Plant Science & Plant Physiology (Plant Science 2018)   2018年3月12日   
ストリゴラクトンの植物の成長調節作用
梅原 三貴久
第6回植物二次代謝フロンティア研究会   2017年12月11日   
Do strigolactones regulate shoot branching and rhizome formation in Bambusa multiplex Raeusch?
Mami Otake, Rin Torigoe, Tetsuya Kitagawa, Mikihisa Umehara
Taiwan-Japan Plant Biology 2017   2017年11月4日   
D27, a strigolactone biosynthetic gene, is required for adaptation in sulfate deficient condition.
Masato Shindo, Koichiro Shimomura, Shinjiro Yamaguchi, Mikihisa Umehara
Taiwan-Japan Plant Biology 2017   2017年11月4日   
Characteristics of two Slccd8 mutants in Micro-Tom.
Shoko Hasegawa, Nao Tsunoda, Yoshihiro Okabe, Toru Ariizumi, Hiroshi Ezura, Mikihisa Umehara
Taiwan-Japan Plant Biology 2017   2017年11月4日   
Auxin regulates adventitious shoot formation on internodal segments in ipecac.
Imari Koike, Ken-ichiro Hayashi, Hiroyuki Kasahara, Koichiro Shimomura, Mikihisa Umehara
Taiwan-Japan Plant Biology 2017   2017年11月4日   
小池衣茉莉, 渡邉早智, 林謙一郎, 笠原博幸, 笠原博幸, 下村講一郎, 梅原三貴久
植物化学調節学会第52回大会   2017年10月29日   
大竹真未, 鳥越凛, 北川哲也, 梅原三貴久
植物化学調節学会第52回大会   2017年10月29日   
長谷川翔子, 角田奈央, 岡部佳弘, 有泉亨, 江面浩, 梅原三貴久, 梅原三貴久
植物化学調節学会第52回大会   2017年10月29日   
進藤真登, 下村講一郎, 山口信次郎, 梅原三貴久
植物化学調節学会第52回大会   2017年10月29日   
小池衣茉莉, 林謙一郎, 笠原博幸, 笠原博幸, 下村講一郎, 梅原三貴久
日本植物細胞分子生物学会大会 第35回大会   2017年8月29日   
進藤真登, 下村講一郎, 山口信次郎, 梅原三貴久
日本植物細胞分子生物学会大会 第35回大会   2017年8月31日   
大竹真未, 山田雄介, 山口信次郎, 梅原三貴久
日本植物細胞分子生物学会大会 第35回大会   2017年8月31日   
長谷川翔子, 角田奈央, 岡部佳弘, 有泉亨, 江面浩, 梅原三貴久, 梅原三貴久
日本植物細胞分子生物学会大会 第35回大会   2017年8月31日   
Effect of strigolactones on seed size of rice
Mami Otake, Yusuke Yamada, Mikihisa Umehara
2nd ICS   2017年3月29日   
Regulation of survival and growth by phytohormones in response to environmental changes [招待有り]
UMEHARA Mikihisa
Linnean Center Plant Science Frontiers Seminars   2017年3月9日   
Physiological functions of strigolactones in plant growth and development. [招待有り]
Mikihisa Umehara
The 2nd Japan-Korea-China Trilateral Joint Symposium on Plant Biotechnology   2017年8月29日   
長谷川翔子, 岡部佳弘, 有泉亨, 江面浩, 梅原三貴久
植物の生長調節   2016年10月7日   
進藤真登, 中村華子, 山田雄介, 下村講一郎, 山口信次郎, 梅原三貴久, 梅原三貴久
植物の生長調節   2016年10月7日   
大竹真未, 山田雄介, 梅原三貴久
植物の生長調節   2016年10月7日   
小池衣茉莉, 下村講一郎, 笠原博幸, 笠原博幸, 林謙一郎, 梅原三貴久
植物の生長調節   2016年10月7日   
ストリゴラクトンを介した植物の栄養応答 [招待有り]
梅原 三貴久
第2回 植物の栄養研究会   2016年9月2日   
小池衣茉莉, 谷口高大, 下村講一郎, 梅原三貴久, 梅原三貴久
日本植物細胞分子生物学会大会・シンポジウム講演要旨集   2016年8月20日   
長谷川翔子, 岡部佳弘, 有泉亨, 江面浩, 梅原三貴久
日本植物細胞分子生物学会大会・シンポジウム講演要旨集   2016年8月20日   
進藤真登, 中村華子, 山田雄介, 下村講一郎, 梅原三貴久, 梅原三貴久
日本植物細胞分子生物学会大会・シンポジウム講演要旨集   2016年8月20日   
Functions of carotenoid cleavage dioxygenase 8 in Micro-Tom
Shoko Hasegawa, Yoshihiro Okabe, Tohru Ariizumi, Hiroshi Ezura, Mikihisa Umehara
IPGSA conference 2016   2016年6月23日   
Sulfate deficiency stimulates strigolactone production in rice
Masato Shindo, Hanako Nakamura, Yusuke Yamada, Koichiro Shimomura, Mikihisa Umehara
IPGSA conference 2016   2016年6月22日   
Physiological role of strigolactones in rice leaves
Yusuke Yamada, Akira Oikawa, Kazuki Saito, Koichiro Shimomura, Shinjiro Yamaguchi, Mikihisa Umehara
IPGSA conference 2016   2016年6月22日   
Endogenous auxin regulates region of the adventitious shoot formation on internodal segments in ipecac
Imari Koike, Koichiro Shimomura, Hiroyuki Kasahara, Ken-ichiro Hayashi, Mikihisa Umehara
IPGSA conference 2016   2016年6月22日   
野生イネの地下茎形成におけるストリゴラクトンの影響
北岡直樹、久間木孝史、梅原三貴久、芦苅基行、瀬戸義哉、山口信次郎
第57回日本植物生理学会   2016年3月16日   
北岡直樹, 久間木孝史, 梅原三貴久, 芦苅基行, 瀬戸義哉, 山口信次郎
植物の生長調節   2015年10月1日   
小池衣茉莉, 下村講一郎, 梅原三貴久, 梅原三貴久
植物の生長調節   2015年10月1日   
Characteristics of SlCCD8-defective mutants in Micro-Tom.
Takuya Tsutsumi, Shunsuke Fukushima, Yoshihiro Okabe, Tohru Ariizumi, Hiroshi Ezura, Shinjiro Ymaaguchi, Mikihisa Umehara
1st ICS   2015年3月2日   
Effects of strigolactones on leaf senescence and grain yield in rice.
Yusuke Yamada, Akira Oikawa, Kazuki Saito, Koichiro Shimomura Shinjiro Yamaguchi, Mikihisa Umehara
1st ICS   2015年3月2日   
Regulation of shoot meristem activity by strigolactones produced under phosphate deficiency. [招待有り]
梅原 三貴久
第56回日本植物生理学会   2015年3月17日   
小池衣茉莉, 谷口高大, 下村講一郎, 梅原三貴久
植物の生長調節   2014年10月1日   
堤拓也, 福島俊介, 岡部佳弘, 有泉亨, 江面浩, 梅原三貴久
育種学研究   2014年9月26日   
TILLING法によるトマトののSlCCD8欠損系統の探索とその特性評価
堤拓也、福島俊介、岡部佳弘、有泉亨、江面浩、梅原三貴久
第11回日本ナス科コンソーシアム年会(JSOL)   2014年10月25日   
山田雄介 及川彰 斉藤和季 下村講一郎 山口信次郎 梅原三貴久
日本植物細胞分子生物学会 第32回大会   2014年8月21日   
ストリゴラクトンの生理作用と生合成 [招待有り]
梅原 三貴久
神戸大学 学術講演会   2013年11月21日   
山田雄介 古澤綜也 下村講一郎 山口信次郎 梅原三貴久
植物化学調節学会第48回大会   2013年10月31日   
山田雄介 梶野淳 加藤啓輔 古澤綜也 下村講一郎 山口信次郎 梅原三貴久
日本植物細胞分子生物学会 第31回大会   2013年9月11日   
菊池沙安 梅原三貴久
日本植物細胞分子生物学会 第31回大会   2013年9月11日   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
国立大学法人筑波大学遺伝子実験センター: 形質転換植物デザイン研究拠点共同利用・共同研究
研究期間: 2018年4月 - 2019年3月    代表者: 梅原 三貴久
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2017年 - 2019年    代表者: 梅原 三貴久
人為由来環境変化に対する生物の適応戦略と小進化
文部科学省: 私立大学戦略的研究基盤形成支援事業
研究期間: 2014年 - 2019年    代表者: 柏田 祥策
国立大学法人筑波大学遺伝子実験センター: 形質転換植物デザイン研究拠点共同利用・共同研究
研究期間: 2016年4月 - 2017年3月    代表者: 梅原 三貴久
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2014年 - 2016年    代表者: 梅原 三貴久

特許

 
特願2018-191864 : 多肉植物グラプトペタルムの保存方法
梅原三貴久
特開WO2010137662 : 植物分枝抑制剤並びにその製造方法及び植物分枝抑制組成物
山口信次郎、梅原三貴久、秋山康紀
特許US8633356B2 : Method for controlling root parasitic plants
Shinjiro Yamaguchi、Atsushi Hanada, Ken Shirasu, Mikihisa Umehara, Satoko Yoshida