HOSODA Yasuko

J-GLOBAL         Last updated: Dec 14, 2019 at 18:37
 
Avatar
Name
HOSODA Yasuko
Affiliation
Osaka Prefecture University
Section
School of Nursing
Job title
Associate Professor
Degree
(BLANK)(Tamagawa University), Nursing(Osaka University)

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
1999
 - 
2005
Saitama Prefecture University, Research Assistant
 
2005
   
 
- Osaka Prefecture University, school of Nursing, Associate professor
 
1993
 - 
1997
Tokai University Junior College of Nursing
 
 
   
 
and Medical Technology, Research Assistant
 

Education

 
 
 - 
1999
Graduate School, Division of Letters, Tamagawa University
 
 
 - 
2006
Graduate School, Division of Medical Sciences, Osaka University
 

Awards & Honors

 
Jan 2019
Award (2nd place), 22nd East Asian Forum of Nursing Scholars (EAFONS) Conference
 

Published Papers

 
Development of a Peer Coaching Scale for Nurses During the Initial Career-Development Period
39 82-90   Sep 2019   [Refereed]
勝山愛, 細田泰子, 紙野雪香
日本看護研究学会雑誌(Web)   42(2) 175-183   Jun 2019   [Refereed]
Tomita Ryozo, Hosoda Yasuko
Journal of Japan Society of Nursing Research   42(1) 99-109   Apr 2019   [Refereed]
Purpose: This study aimed to clarify the nature and effects of peer coaching for nurses during the initial career-development period. <br>Method: Focus group interviews on peer coaching experiences were conducted with 15 nurses in their third year...
Differences in Clinical Practicum Experience between United States and Japanese Baccalaureate Nursing Students
大阪府立大学看護学雑誌   25(1) 21-31   Mar 2019   [Refereed]
実習指導においてアーティファクトを活用するということ アーティファクトの活用の実際
看護実践の科学   44(3) 86-89   Mar 2019
Metacognitive Activities of Nursing Students,Supervisors,and Faculty Members in Clinical Training
27(3) 1-11   Mar 2019   [Refereed]
The Components of Commonalities and Differences in Learning Support for Novice Nurses and Nursing Students Conducted by Educational Instructors
25(1) 33-41   Mar 2019   [Refereed]
Proactive Behaviors in Organizational Socialization of New Graduate Nurses
25(1) 1-9   Mar 2019   [Refereed]
Recognition of Nursing Professionalism in Undergraduate Nursing Students
27(2) 1-8   Oct 2018   [Refereed]
細田泰子, 中岡亜希子, 片山由加里
日本医学看護学教育学会誌   27(2) 9-16   Oct 2018   [Refereed]
Qualitative and Inductive Research on the Workplace Adaptation of New Nurses
奈良学園大学紀要   9 69-82   Sep 2018   [Refereed]
新人看護師との認識のズレを埋めるモデリング支援
看護実践の科学   43(8) 66-71   Jul 2018
In search of the ideal clinical learning environment
Reflections on Nursing Leadership      Mar 2018   [Invited]
学士課程における看護実践能力に対する学生の到達状況の認識
大阪府立大学看護学雑誌   24(1) 99-109   Mar 2018   [Refereed]
A看護系大学の4年次生127名を対象に、「学士課程版看護実践能力と到達目標」の評価票(五つの能力群における20の看護実践応力の学習成果ごとに、現時点のと宇多津状況を5段階で回答する)、基本属性からなる質問紙調査を実施した。33名から回答が得られ、31名(男性3名、女性28名、平均年齢22.2歳)の有効回答を分析対象とした。「ヒューマンケアの基本に関する実践能力」「根拠に基づき看護を計画的に実践する能力」「特定の健康課題に対応する実践能力」「ケア環境とチーム体制整備に関する実践能力」「専門職...
臨床判断を拓く評価に向けて ラサター臨床判断ルーブリック日本語版の作成
看護教育   59(1) 40-47   Jan 2018
新人看護師の社会人基礎力と関連要因の検討
奈良学園大学紀要   7 35-44   Sep 2017   [Refereed]
新人看護師の社会人基礎力に関連する要因を明らかにすることを目的に、200床以上の一般病院6施設の新卒で新規採用された1年未満(1年目)の看護師を対象に、社会人基礎力尺度、看護実践力尺度を用いた質問紙調査を行い、131名より有効回答を得た。その結果、社会人基礎力と看護実践力に有意な相関が認められた。また、多重ロジスティック回帰分析から、新人看護師の社会人基礎力は、学生時代の「授業時間以外に自己学習する」「異性の友達とコミュニケーションをもつ」「新聞を読む」「身近な人の看病や介護をする」といっ...
新人期看護師の主体性を育む支援
看護実践の科学   42(9) 54-61   Aug 2017
臨床判断モデルにもとづく学習方略と評価のデザイン
看護教育   58(5) 360-366   May 2017
【思考力・判断力を育てる学習過程の見直しと演習法】 メタ認知の支援を目的とした学習方略
看護人材育成   14(1) 48-53   Apr 2017
米国におけるDedicated Education Unitモデルに関するフィールドワーク
大阪府立大学看護学雑誌   23(1) 67-74   Mar 2017   [Refereed]
Assessing the Content Validity of the Nursing Faculty Competencies Self-Assessment Scale
大阪医科大学看護研究雑誌   7 90-97   Mar 2017   [Refereed]
[目的]本研究では、看護大学教員能力自己評価尺度の内容妥当性を検討することである。[方法]看護大学教員を対象に行ったインタビューの結果から作成した151項目とそれを構成する4概念(学習支援力;108項目、研究実践力;17項目、社会貢献力;10項目、組織運営力;16項目)との関連を内容妥当性指数(I-CVI)にて検討した。2014年3月〜4月に、看護大学教員の経験がある看護教育学の研究者10名を対象に郵送法による自己記入式質問紙調査を実施した。尺度項目と各概念との関連について「関連がない(1...
教育指導者の学習環境デザインにおける学習の必要性とその学習方法に関する教育責任者と教育指導者の認識の差異
日本医学看護学教育学会誌   (25-2) 57-66   Oct 2016   [Refereed]
看護系大学教員が行う臨地実習における学生のメタ認知を促進する支援に影響する要因の検討
日本医学看護学教育学会誌   (25-1) 1-7   Apr 2016   [Refereed]
本研究の目的は,看護系大学教員が行う臨地実習における学生のメタ認知を促進する支援に影響する要因を検討することである。看護系大学教員216名を対象に,郵送法による質問紙調査を実施した。看護系大学教員の経験と臨床学習環境が学生のメタ認知の促進への支援に及ぼす影響の検討は,共分散構造分析を行った。メタ認知を促進する支援の構成要素の検討では,メタ認知概念に照らして「メタ認知的知識の促進への支援」「メタ認知的活動の促進への支援」を仮定し確認的因子分析を行った結果,適合度指標は高く,因子間の相関は有意...
新人期看護師の看護コンピテンシーの向上に寄与する中堅期看護師からの支援
日本医学看護学教育学会誌   (25-1) 32-37   Apr 2016   [Refereed]
本研究は,新人期看護師の看護コンピテンシーの向上に寄与する中堅期看護師からの支援を新人期看護師と中堅期看護師のそれぞれの観点から検討した。全国の一般病床数500床以上の医療機関より無作為に抽出し,研究協力の得られた60病院に所属する看護師経験が3年未満の新人期看護師および看護師経験8〜12年(看護師長を除く)の中堅期看護師を対象に自記式質問紙調査を行った。新人期看護師の看護コンピテンシーの向上に寄与する中堅期看護師からの支援に関する自由記述形式の質問に回答が得られた新人期看護師211名およ...
初期キャリア形成期の看護師におけるピア・コーチングの相互関係の構造
日本看護学教育学会誌   25(3) 13-24   Mar 2016   [Refereed]
[目的]初期キャリア形成期の看護師におけるピア・コーチングの相互関係の構造を明らかにする。[方法]卒後3年目の看護師17名に同期入職の看護師におけるピア・コーチングの経験について半構成的面接を行い、修正版Grounded Theory Approachで分析を行った。[結果]初期キャリア形成期の看護師は対等な立場にある同期を精神的な支えとし、苦楽をともにすることで仲間意識が強まり、<同期の存在をエネルギーにする>ことで《互いが無くてはならない存在となる》。さらに、同期との関わりを通じて<互...
中堅期看護師と新人期看護師におけるコンピテンシーの構成要素とそのニーズとの関連
大阪府立大学看護学雑誌   22(1) 21-33   Mar 2016   [Refereed]
本研究は中堅期看護師(以下,中堅)と新人期看護師(以下,新人)におけるコンピテンシーの構成要素を明らかにし,そのニーズとの関連を検討することを目的とした。500床以上の60病院の中堅994名と新人1016名を対象に調査を行った。中堅を対象に探索的因子分析を行い,【組織への参画】【協働関係づくり】【実効パワー志向】【フレキシビリティ】【目標達成志向】【リーダーシップ】【専門的実践】が抽出された。これらの因子構造について,中堅と新人ともに確認的因子分析の適合度は許容水準を示し,内的整合性が確認...
看護系大学に所属する若手教員が必要とする支援の検討
日本医学看護学教育学会誌   (24-1) 21-27   Apr 2015   [Refereed]
本研究では,看護系大学に所属する若手教員が必要とする支援について明らかにすることを目的とした。若手教員144名の自由記述文を,質的帰納的に分析した結果,若手教員が必要とする支援として,14のサブカテゴリーから,【研究に関する支援】【教育活動に関する支援】【職務遂行に関する支援】【継続学習に関する支援】という4つのカテゴリーが抽出された。このことより,若手教員が看護系大学の教員として,研究および教育活動を行い,自らの職務を遂行でき,継続学習のための支援を必要としていることが明らかになった。こ...
看護技術学習方略尺度の開発 信頼性・妥当性の検討
日本看護学教育学会誌   24(3) 1-11   Mar 2015   [Refereed]
看護技術の習得過程で看護学生が用いる学習方略を測定するための、「看護技術学習方略尺度」を構成し、その信頼性と妥当性について検討した。調査1として基礎看護学実習を履修済みの3年次の学生682名を対象に、25項目からなる看護技術学習方略尺度案と基本属性についての質問紙調査を実施した。調査2として併存的妥当性と再テスト法による信頼性の検討のため、A県内の基礎看護学実習を履修済みの学生213名に看護技術学習方略尺度案と、「メタ認知的方略尺度」と基本属性からなる質問紙を実施した。探索的因子分析の結果...
臨床における教育指導者の学習環境デザインに関する学習ニーズとその学習方法の検討
大阪府立大学看護学部紀要   21(1) 1-11   Mar 2015   [Refereed]
目的:新卒看護職者や看護学生を支援する教育指導者の学習環境デザインに関する学習ニーズとその学習方法を明らかにする。方法:全国の医療機関から研究協力の承諾が得られた89施設の教育指導者614名を対象に、学習環境デザインを問う36項目とその学習方法について質問紙調査を実施した。学習ニーズの検討には因子分析を行い、学習方法は記述統計にて分析した。結果:因子分析の結果、学習環境デザインに関する学習ニーズは【道具デザインに関する学習ニーズ】【組織デザインに関する学習ニーズ】【活動デザインに関する学習...
看護学生のクリティカルシンキングが看護実践力へ及ぼす影響
大阪府立大学看護学部紀要   21(1) 13-20   Mar 2015   [Refereed]
本研究の目的は、看護学生のクリティカルシンキングが看護実践力へ及ぼす影響を明らかにすることである。看護学生(大学4年次生と専門学校3年次生)を対象に自記式質問紙調査を行い、525名から有効回答を得た。看護実践力を従属変数、クリティカルシンキングを独立変数として重回帰分析を行った。看護実践力には「論理的に議論を組み立てることができる(β=.218)」「他の人が出した優れた主張や解決案を受け入れる(β=.161)」「他の人の考えを尊重することができる(β=.150)」「根拠に基づいた行動をとる...
鈴木 亜衣美, 細田 泰子
日本看護研究学会雑誌 Journal of Japan Society of Nursing Research   37(5) 1-11   Dec 2014
畿央大学紀要   11(2) 9-15   Dec 2014   [Refereed]
潜在看護師の復職研修についての示唆を得ることを目的に、14名の看護師を2組に分けてグループインタビューを実施し内容分析を行った。結果、復職研修は【復職研修の目的】【復職研修の内容】【復職研修に関連して】【復職後の研修に関して】の4つを考慮し組み立てる必要がある。また、復職研修は基礎基本に加え変化をとらえること、復職支援についても検討すべきことが確認された。さらに復職研修は、復職の意志決定後に限定する知識や技術習得の目的だけではなく、ピア・エンパワメントを用いた復職への意思決定の意味も見いだ...
日本看護学教育学会誌   24(1) 1-14   Jul 2014   [Refereed]
基礎看護学実習における看護学生のアーティファクト(人が何らかの行為を行う場合に利用するもので、臨地実習において学生が関わるアーティファクトとしては文書やコンピュータ、看護物品といった形のあるもののほか、専門用語や規範などの物質的実体のないものも含む)に対する認知を明らかにすることを目的に、看護系大学7校(公立3校、私立4校)に在籍する基礎看護学実習を修了した3年生17名(女性15名、男性2名)を対象に半構成的面接を行った。内容分析の結果、基礎看護学実習において学生が認知したアーティファクト...
日本看護研究学会雑誌   37(2) 1-12   Jun 2014   [Refereed]
本研究の目的は,救急領域に勤務する新人期看護師の技能習得に影響を及ぼす経験のプロセスを,実践共同体における相互作用に焦点をあて明らかにすることである。救急領域に新卒時から継続して勤務しており,看護基礎教育前後で職業経験のない卒後4年目の看護師15名に対し半構成的面接を行い,修正版Grounded Theory Approachで分析を行った。救急領域に勤務する新人期看護師は,恐怖や技能不足から《救急の場での努力が空回りする》が,<エネルギーを獲得する>ことと<自己を肯定する>ことで空回りか...
片山 由加里, 細田 泰子
日本医学看護学教育学会誌   (23) 1-6   Apr 2014   [Refereed]
看護実践力に関連する看護師の感情労働を明らかにすることを目的として,実習指導看護師148名,大学生208名,専門学校生317名を対象に,自記式質問票のELIN尺度(片山他,2005)と看護実践力尺度(細田他,2007)を用いて調査した.それぞれの集団において,感情労働の概念を独立変数として看護実践力を従属変数とした重回帰分析(ステップワイズ法)を実施し,その結果,「探索的理解」が共通して抽出されたため,さらに,「探索的理解」の10項目を独立変数として分析した.実習指導看護師では,「期待され...
大阪府立大学看護学部紀要   20(1) 1-8   Mar 2014   [Refereed]
目的:新卒看護職者や看護学生を支援する教育指導者の育成プログラムの取り組みとニーズを明らかにする。方法:看護協会、病院の教育担当者に対する研修プログラムの企画運営担当者14名に半構成的面接を行い、得られたデータを質的帰納的に分析した。結果:教育指導者の育成プログラムとして、看護協会、病院ともに役割遂行する上で学習すべき研修内容やプログラムの評価等について取り組んでおり、病院では指導者を取り巻く環境についても取り組んでいることが明らかになった。ニーズとして、両者とも教育指導者へのサポートや育...
日本看護研究学会雑誌   36(2) 59-67   Jun 2013   [Refereed]
目的:看護系大学生の臨地実習におけるレジリエンスの構成要素を明らかにする。方法:臨地実習を終了した看護系大学4年次生12名に対し、半構成的面接を実施し、質的記述的に分析した。結果:看護系大学生のレジリエンスとして【信頼する他者から学生が受ける支援】【学生の内面的な強み】【学生が主体的に実行すること】の3つの構成要素が抽出された。これらはGrotbergの示した外的サポートを表す「I Have」、内的強さを表す「I Am」、問題解決スキルを表す「I Can」の3つの側面に共通した結果となった...
大阪府立大学看護学部紀要   19(1) 111-119   Mar 2013   [Refereed]
Yumiko Miyoshi, Yasuko Hosoda, Kazumi Hoshi
Medicine and Biology   156(9-6) 690-695   Sep 2012   [Refereed]
Yumiko Miyoshi, Yasuko Hosoda, Kazumi Hoshi
Medicine and Biology   156(8-5) 602-606   Aug 2012   [Refereed]
KITAJIMA Yoko, HOSODA Yasuko, HOSHI Kazumi
日本看護学教育学会誌   22(1) 1-12   Jul 2012   [Refereed]
看護系大学生の社会人基礎力と看護実践力および日常生活経験の関係を明らかにすることを目的に、近畿・東海地方の看護系大学6校の4年次生を対象にアンケート調査を行い、295名より有効回答を得た。その結果、前に踏み出す力の「アクション」、考え抜く力の「シンキング」、チームで働く力の「チームワーク」の3つに分類される社会人基礎力と看護実践力は有意な正の相関を示し、社会人基礎力の下位概念である12の能力要素と看護実践力の4つの下位尺度(「志向する力」「展開する力」「実施する力」「評価する力」)すべてに...
神戸 美輪子, 細田 泰子, 星 和美
畿央大学紀要   9(1) 1-12   Mar 2012   [Refereed]
本稿は、病院看護部の管理者を対象とした調査から、病院看護部での復職研修の実態と復職に際し看護部が求める看護技術の内容とそのレベルを把握し、潜在看護師の復職研修のあり方について考察する。研究協力が得られた病院看護部は、潜在看護師雇用の可能性が高く、復職研修も必要であるとしていたが、実際に行われている復職研修は比較的短期間で、内容的にも限定されていた。また、病院看護部が潜在看護師の復職時に求める技術では、新人看護師より高いレベルが求められていた。充分な復職研修がないために、知識や技術で不安を持...
土肥 美子, 細田 泰子, 星 和美
大阪府立大学看護学部紀要   18(1) 33-44   Mar 2012   [Refereed]
本研究の目的は、看護系大学に所属する若手教員の学習ニーズおよびその関連要因を明らかにすることである。若手教員634名を対象に学習ニーズを問う30項目、特性的自己効力感、職務満足感に関する質問紙調査を実施した。因子分析の結果、若手教員の学習ニーズとして【研究実践に関する学習ニーズ】【実習指導に関する学習ニーズ】【看護実践に関する学習ニーズ】【組織・制度に関する学習ニーズ】【教育活動に関する学習ニーズ】が抽出された。関連要因の検討で有意な差が認められた項目は、【研究実践に関する学習ニーズ】では...
北島 洋子, 細田 泰子, 星 和美
Journal of School of Nursing, Osaka Prefecture University   17(1) 13-23   Mar 2011   [Refereed]
本研究の目的は看護系大学生の社会人基礎力の構成要素を確認し、属性による相違について検討することである。社会人基礎力は経済産業省により3分類12能力要素の構成とされている。看護系大学8施設の1年次と4年次の学生1043名を対象に、社会人基礎力を問う36項目の質問紙調査を実施した。構成要素の検討は構造方程式モデリングによる確認的因子分析と多母集団同時分析、属性による相違の検討はMann-WhitneyのU検定を用いた。社会人基礎力の構成要素は経済産業省の定義に基づく構造のまとまりある一つの概念...
卯川 久美, 細田 泰子, 星 和美
Journal of School of Nursing, Osaka Prefecture University   17(1) 1-12   Mar 2011   [Refereed]
本研究の目的は専門・関心領域を明確にしている中堅看護師のキャリアデザインのプロセスとその環境要因を明らかにすることである。近畿圏にある一般病床数500床以上の病院を有意標本抽出し、5施設から計14名の中堅看護師に半構成的面接を実施した。分析の結果4つのカテゴリーと11のサブカテゴリー、27の概念が見出された。専門・関心領域を明確にしている中堅看護師は《中堅看護師に移行する》と、役割と並行して《自己投入できるものを探す》ようになっていた。《自己投入できるものを見つける》の中核になるものは[仕...
Journal of School of Nursing, Osaka Prefecture University   17(1) 37-44   Mar 2011   [Refereed]
本研究では、中堅期の看護師のコンピテンシーを、その職務を熟知する立場にある施設内教育担当者の視点から明らかにすることを目的とした。施設内教育担当者4名に半構成的面接にてデータを収集し、質的帰納的に分析した。その結果、中堅期の看護師のコンピテンシーとして、【組織への参画】【実効パワー】【目標達成志向】【支援的リーダーシップ】【専門的実践】【協働関係づくり】【フレキシビリティ】という7つのクラスターが明らかとなった。これらのコンピテンシーには、一般的コンピテンシーと類似するものが見られたが、ハ...
Japanese journal of medical and nursing education   (18) 45-51   Aug 2009   [Refereed]
看護学部学生を対象としてeラーニング導入前後における学生の「学習支援ニーズ」「情報活用の実践力」「看護実践力」を比較し、学生の学習支援ニーズと情報活用の実践力が看護実践力に及ぼす影響を検討した。eラーニング導入により、学習支援のニーズは低く、また、情報活用実践力と看護実践力は高くなっており、特に「看護展開を見越す授業」「図書資料の活用可能性」「表現力」「発信・伝達力」「実施する力」「評価する力」において有意差を認めた。eラーニング導入による学習支援ニーズの充足が看護実践力の向上に関連してい...
Hosoda Yasuko, Furuyama Miho, Yoshikawa Shoji, Mori Kazue, Hoshi Kazumi, Araki Takaharu, Majima Yukie, Nakamura Yumiko
Journal of School of Nursing Osaka Prefecture University   14(1) 33-43   Mar 2008   [Refereed]
While focusing on undergraduate nursing students' self-learning activities, learning support needs, and information literacy, the present study investigated learning activities within a ubiquitous on-demand learning support environment before and ...
Yoshikawa Shoji, Hosoda Yasuko, Furuyama Miho, Mori Kazue, Hoshi Kazumi, Araki Takaharu, Majima Yukie, Nakamura Yumiko
Journal of School of Nursing Osaka Prefecture University   14(1) 45-50   Mar 2008   [Refereed]
The purpose of this study was to clarify the effects of e-Learning on students' ability to practice nursing. We examined ability to practice nursing after the introduction of e-Learning to clinical exercises, and compared basic exercises and appli...
HOSODA Yasuko
Journal of Japan Academy of Nursing Science   27(4) 33-41   Dec 2007   [Refereed]
目的:本研究の目的は,看護学士課程の学生のメタ認知的な臨床学習環境に影響を及ぼす教育インフラストラクチャーを明らかにすることである.方法:看護学士課程の4年次生205名を対象に,構造方程式モデリングを用いて教育インフラストラクチャーと臨床学習環境との因果関係を分析した.臨床学習環境の測定にはClinical Learning Environment Diagnostic Inventory(CLEDI)を用いた.この測定尺度は,臨床学習環境の感覚的,知覚的,象徴的,行動的,反省的側面を測定...
HOSODA Yasuko, ARAKI Takaharu, FURUYAMA Miho, YOSHIKAWA Shoji, MORI Kazue, HOSHI Kazumi, NAKAYAMA Miyuki, MAJIMA Yukie, NAKAMURA Yumiko
Journal of School of Nursing Osaka Prefecture University   13(1) 19-26   Mar 2007   [Refereed]
The objective of this research was to investigate the differences and associations between the practical skills employed in using information and the practical skills used in nursing. This was done by comparing the correlations between the practic...
OHIRA Mitsuko, HOSODA Yasuko, KONISHI Miwako, KAMATA Kanami, MATSUDA Chitose, ARAKI Takaharu, TAKAGI Akiko, DOI Yoko
Journal of School of Nursing Osaka Prefecture University   13(1) 113-122   Mar 2007   [Refereed]
YOSHIKAWA Shoji, HOSODA Yasuko, ARAKI Takaharu, FURUYAMA Miho, MORI Kazue, HOSHI Kazumi, NAKAYAMA Miyuki, MAJIMA Yukie, NAKAMURA Yumiko
Journal of School of Nursing Osaka Prefecture University   13(1) 27-32   Mar 2007   [Refereed]
The purpose of the "CanGo Project" is to support the acquisition of nursing ability for students by the introduction of e-Learning. The purpose of this research, a part of the "CanGo Project", was to grasp students' ability to practice nursing bef...
Journal of Japanese Society of Nursing Science for National Health Services   3(1) 88-92   2007
Yasuko Hosoda
Journal of Advanced Nursing   56(5) 480-490   Dec 2006   [Refereed]
Journal of the educational application of information technologies   9(1) 31-35   Nov 2006   [Refereed]
HOSODA Yasuko, YAMAGUCHI Akiko
Journal of Japan Academy of Nursing Education   14(2) 1-16   Dec 2004   [Refereed]
臨地実習指導者(以下,指導者)の教育的アプローチの特徴とそれに影響する要因を明らかにすることを目的に27項目よりなるアンケート調査を実施し,631名(うち,女性621名)より有効回答(70%)を得た.因子分析の結果,教育的アプローチとして,「フィードバックの提供」「相互関係の形成」「実習環境の調整」の3因子が抽出された.また,教育的アプローチ得点は,看護職としての経験年数(p<0.01),職位(p<0.01),看護実習指導者講習会の受講状況(p<0.01)と有意差を認めた.また,学生に期待...
HOSODA Yasuko, YAMAGUCHI Akiko
Journal of Japanese Society of Nursing Research   27(2), 67-75(2) 67-75   Jun 2004   [Refereed]
日本看護学会誌   13(2) 20-28   Mar 2004   [Refereed]
看護師が患者の「個別性」を理解することの意味を探求するため臨床経験5〜7年の看護師22名が記述した臨床事例を質的に分析した.その結果,患者の個別性理解に関する看護実践には「患者の反応という独自の状況を知ること」「患者のおかれた状況との相互関係的なケアを提供すること」という意味が共有されていた.また,看護師は患者の示す気がかりな反応を捉え,その意味を明らかにするを意図した働きかけによって「患者を取り巻く環境を知ること」,「患者の生活を知ること」,「患者の意志決定を知ること」といった独自の状況...
Hosoda Yasuko, Shinmura Hiromi, Onodera Toki
The bulletin of Saitama Prefectural University   6 19-30   Apr 2005   [Refereed]
We evaluated the rating of a nursing theory seminar in a nursing instructor training course and the nursing view clarified through this seminar by a questionnaire survey and analysis of seminar reports in 138 participants of this course.The partic...
HOSODA Yasuko, MIZUNO Tomoko, SHINMURA Hiromi, ONODERA Toki, MIYAJI Fumiko
Journal of Japanese Society of Nursing Research   26(1) 137-146   Apr 2003   [Refereed]
HOSODA Yasuko, YAMAGUCHI Akiko, YAMAGUCHI Eiichi
Joint Conference on Educational Technology   6(2) 771-772   Oct 2000

Conference Activities & Talks

 
Effects of educational instructors’ support from others and experiential learning on the clinical learning environment
Yasuko Hosoda, Mayumi Negishi, Yoshiko Doi, Yayoi Nagano, Yukari Katayama, Yoko Kitajima
Sigma Theta Tau International Honor Society of Nursing 45th Biennial Convention   Nov 2019   
Aspects of engagement in learning activities
Ai Katsuyama, Yasuko Hosoda
Sigma Theta Tau International Honor Society of Nursing 45th Biennial Convention   Nov 2019   
ffects of experiential learning and nursing competency of educational instructors on the clinical learning environment
Jan 2019   
初期キャリア形成期看護師のピア・コーチング測定尺度の開発 信頼性・妥当性の検討
冨田 亮三, 細田 泰子
日本看護科学学会学術集会講演集   Dec 2018   
Factors related to learning-support competencies of junior faculty at nursing universities
Yoshiko Doi, Yasuko Hosoda
Apr 2018   
The effects of competency on the nursing careers of novice nurses
Yasuko Hosoda, Yayoi Nagano
Nursing Education Research Conference 2018 (NLN & STTI)   Apr 2018   
看護学生の看護実践における倫理的行動についての質的研究 看護学生のインタビューより
相原 ひろみ, 細田 泰子
日本看護科学学会学術集会講演集   Dec 2017   
救急領域における教育指導担当者の教育プログラムの効果の検討 指導を受けた新人看護師を対象として
中山 由美, 細田 泰子
日本看護科学学会学術集会講演集   Dec 2017   
新人期看護師の主体性に影響を与えた職場における経験
勝山 愛, 細田 泰子, 紙野 雪香
日本看護科学学会学術集会講演集   Dec 2017   
初期キャリア形成期看護師におけるピア・コーチングの様相 フォーカスグループインタビューによる分析
冨田 亮三, 細田 泰子
日本看護研究学会雑誌   Aug 2017   
看護師がチームで共有する情報伝達と患者像の特徴
片山 由加里, 園田 悦代, 細田 泰子
日本看護研究学会雑誌   Aug 2017   
看護大学教員のクリティカルシンキングと学生のメタ認知を促進する支援の関連性の検討
土肥 美子, 細田 泰子, 片山 由加里
日本看護研究学会雑誌   Aug 2017   
新人看護師の組織社会化におけるプロアクティブ行動の内容妥当性の検討
卯川 久美, 細田 泰子
日本看護研究学会雑誌   Aug 2017   
復職した看護師が施設に望む教育支援体制と復職研修
神戸 美輪子, 細田 泰子
日本看護研究学会雑誌   Aug 2017   
臨床学習環境デザイナー育成プログラムの運用に関する評価
Aug 2016   
新人看護師の職場適応状態尺度の信頼性・妥当性の検討
Aug 2016   
新人看護師の職場適応行動尺度の信頼性・妥当性の検討
Aug 2016   
日米の看護大学教員における臨床学習環境の状況的認知
Dec 2015   
中堅期の看護師による新人期の看護師の看護コンピテンシーの向上に関わる支援
Aug 2015   
新人看護師における社会人基礎力の関連要因の検討
北島 洋子, 細田 泰子
Aug 2015   
新卒者や学生を支援する教育指導者の学習環境デザインに関する学習ニーズとその関連要因の検討
中橋 苗代, 細田 泰子, 土肥 美子, 中岡 亜希子, 池内 香織
Aug 2015   
初期キャリア形成期の看護師間のピア・コーチングにおける相互関係
冨田 亮三, 細田 泰子, 紙野 雪香
Aug 2015   
看護系大学生のケアリング相互作用と日常生活経験との関連
Nov 2014   
新人看護師の職場適応行動
Nov 2014   
看護系大学に所属する若手教員が必要とする支援の検討
Nov 2014   
新卒看護職者や看護学生を支援する教育指導者の学習の特性と職務キャリアの関連性
中岡 亜希子, 細田 泰子, 中橋 苗代, 土肥 美子, 池内 香織
Nov 2014   
新卒看護職者や学生を支援する教育指導者における学習ニーズの特徴
Aug 2014   
新卒看護職者や学生を支援する教育指導者の研修受講内容とその有用性
池内 香織, 細田 泰子, 中岡 亜希子, 中橋 苗代, 土肥 美子
Aug 2014   
新卒看護職者や学生を支援する教育指導者における学習の必要性 教育責任者と教育指導者の認識の違い
細田 泰子, 中岡 亜希子, 中橋 苗代, 池内 香織, 土肥 美子
Aug 2014   
看護系大学教員に必要とされる能力の検討 大学教員経験を3年以上有する教員への面接調査の結果から
土肥 美子, 細田 泰子
Dec 2013   
新人期の看護師の看護コンピテンシーに寄与する中堅期の看護師からの支援
隅田 千絵, 細田 泰子
Dec 2013   
看護学実習の臨床学習環境における日米の看護大学生の状況的認知
細田 泰子, 根岸 まゆみ
Dec 2013   
新卒看護職者や看護学生を支援する教育指導者の育成プログラムに関する課題
中岡 亜希子, 細田 泰子, 中橋 苗代, 池内 香織
Aug 2013   
新卒看護職者や看護学生を支援する教育指導者の育成プログラムに関する成果
中橋 苗代, 細田 泰子, 中岡 亜希子, 池内 香織
Aug 2013   
新卒看護職者や看護学生を支援する教育指導者の育成プログラムに関する取り組み
池内 香織, 細田 泰子, 中岡 亜希子, 中橋 苗代
Aug 2013   
日本語版Peer Group Caring Interaction Scale(PGCIS)の信頼性と妥当性の検討
梶 喜子, 細田 泰子, 星 和美
Aug 2013   
救急領域に勤務する新人期看護師の技能習得に影響を及ぼす経験 実践共同体における相互作用に焦点をあてて
鈴木 亜衣美, 細田 泰子, 星 和美
Aug 2013   
基礎看護学実習における看護学生のアーティファクトに対する状況的認知
岡島 規子, 細田 泰子, 星 和美
Aug 2013   
看護技術学習方略尺度の開発
三吉 友美子, 細田 泰子, 星 和美
Aug 2013   
日米の看護大学生における臨床学習環境に関する比較 メタ認知、看護実践力に及ぼす影響に焦点をあてて
細田 泰子, 根岸 まゆみ
Nov 2012   
看護学実習におけるより豊かな学びに結びつく臨床学習環境の検討
池内 香織, 細田 泰子, 片山 由加里
Aug 2012   
Evaluation of a Training System to Support Re-employment of Non-working Nurses through e-Learning.
Yumiko Nakamura,Yukie Majima,Yasuko Maekawa,Hiroko Makino,Yukari Nakajima,Yasuko Hosoda,Kazumi Hoshi
Nursing Informatics 2014 - East Meets West eSMART+ - Proceedings of the 12th International Congress on Nursing Informatics, Taipei, Taiwan, June 21-25, 2014   Jul 2012   
中堅期・新人期の看護師におけるコンピテンシーとその相違に関する検討
細田 泰子, 星 和美, 石井 京子, 藤原 千惠子
Jul 2012   
看護学実習における学生・教員・実習指導者のメタ認知的活動の探究 状況認知に焦点をあてて
新瀬 朋未, 細田 泰子, 中岡 亜希子, 中橋 苗代
日本看護科学学会学術集会講演集   Dec 2011   
看護師の潜在期間別にみた看護技術自己評価の特徴
神戸 美輪子, 細田 泰子, 星 和美
Aug 2011   
看護師および学生の感情労働と看護実践力の関連
片山 由加里, 細田 泰子
Aug 2011   
看護系大学に所属する若手教員の学習ニーズとその関連要因
土肥 美子, 細田 泰子, 星 和美
Aug 2011   
看護系大学生の臨地実習におけるレジリエンスの構成要素
隅田 千絵, 細田 泰子, 星 和美
Aug 2011   
フロー理論に基づく新人看護師の心理的発達の様相
井上 奈々, 細田 泰子, 星 和美
Aug 2011   
臨床看護師の看護過程展開能力とクリティカルシンキングとの関連性
中橋 苗代, 細田 泰子, 中岡 亜希子, 片山 由加里
Jun 2011   
実習における看護大学生のメタ認知を促進する支援とその影響要因
土肥 美子, 細田 泰子, 片山 由加里
Dec 2010   
看護学生における臨床学習環境、メタ認知、看護実践力の関係 大学生および専門学校生の特性
細田 泰子, 片山 由加里, 土肥 美子
Dec 2010   
臨床看護師の看護実践能力とクリティカルシンキングの関連性
中岡 亜希子, 細田 泰子, 新瀬 朋未, 中橋 苗代, 片山 由加里
Dec 2010   
臨床看護師の看護過程展開能力とその関連要因
中橋 苗代, 細田 泰子, 中岡 亜希子, 新瀬 朋未
日本看護学教育学会誌   Jul 2010   
新人期の看護師の自己効力とコンピテンスの関連
新瀬 朋未, 細田 泰子, 中岡 亜希子, 片山 由加里
日本看護科学学会学術集会講演集   Nov 2009   
Relationship between clinical learning environment and educational infrastructure of nursing practice: Testing for a causal structure
Yasuko Hosoda
International Council Nurses Conference 2007   May 2007   
看護実践能力の獲得を支援するe-Learning
中村 裕美子, 真嶋 由貴恵, 青山 ヒフミ, 堀井 理司, 星 和美, 白井 みどり, 細田 泰子, 階堂 武郎, 高辻 功一
日本看護科学学会学術集会講演集   Nov 2006   
実習指導者と教員の連携 実習指導者の指導体験から
山口 明子, 細田 泰子
日本看護学教育学会誌   Aug 2006   
臨床教育の役割フレームに内在する価値と葛藤
細田 泰子, 山口 明子
日本看護学教育学会誌   Aug 2006   
実習指導者のコーチングスタイルの探究
細田 泰子, 山口 明子
Jul 2004   
臨床指導者の学生に対する教育的アプローチの検討 職務経験の違いに着目して
細田 泰子, 山口 明子
日本看護科学学会学術集会講演集   Dec 2002   
Consecutive study on smoking addiction and smoking behavior in the students of the school of allied health professions
Tomoko Kato, Yasuko Hosoda, Satoshi kitamura
The 12th Annual Congress of the European Respiratory Society   Sep 2002   
看護学実習における実践的知識の教授方法に関する研究 臨床指導者の学生との関わりの体験に焦点をあてて
細田 泰子, 山口 明子
日本看護科学学会学術集会講演集   Dec 2001   
若年女性の安静時エネルギー消費量と身体計測値との関係
細田 泰子, 高野 里美, 新村 洋未, 水野 智子, 濱本 洋子
Jul 2001   
埼玉県内の病院における病床規模と看護職員研修の関係
天谷 真奈美, 宮地 文子, 吉田 伸子, 細田 泰子, 新村 洋未, 水野 智子, 小野寺 杜紀
日本看護科学学会学術集会講演集   Dec 2000   
埼玉県内病院・保健所・保健センターにおける看護職員研修の現状
日本看護科学学会学術集会講演集   Dec 2000   
S県における看護教員養成講習受講者の看護研究の取り組みに関する研究 受講中の看護研究に関する認識と受講後の看護研究の実施状況に関する分析
水野 智子, 細田 泰子, 新村 洋未, 小野寺 杜紀, 宮地 文子, 天谷 真奈美, 吉田 伸子
日本看護研究学会雑誌   Jul 2000   
採血の学内演習における学生の不安に関する研究 STAIと血中コルチゾール値との関係について
宮島 千明, 細田 泰子, 長谷川 ヤエ
日本看護学会集録   Aug 1996   

Works

 
Study on continuing professional education of nurses
1999

Research Grants & Projects

 
Reserch on the design of a clinical learning environment to support the development of the meta-recognition
Grant-in-Aid for Scientific Research
Project Year: 2007 - 2010
Study on Instructional Design in Nursing Practice
Grant-in-Aid for Scientific Research
Project Year: 2003 - 2006
Teaching approaches when nursing students learn practical knowledge in the clinic practice
Grant-in-Aid for Scientific Research
Project Year: 2001 - 2003
Study on continuing professional education of nurses
Cooperative Research
Project Year: 1999 - 2002
Teaching approaches when nursing students learn practical knowledge in the clinical practice
Grant-in-Aid for Scientific Research