池上 啓太

J-GLOBALへ         更新日: 19/10/03 18:11
 
アバター
研究者氏名
池上 啓太
 
イケウエ ケイタ
所属
山陽小野田市立山口東京理科大学
部署
工学部応用化学科
職名
准教授
学位
博士(工学)(大阪府立大学), 修士(工学)(大阪府立大学)

研究キーワード

 
 

経歴

 
2002年4月
 - 
2003年10月
科学技術振興機構 博士研究員
 
2003年
 - 
2006年
 熊本大学工学部(旧) 助手
 
2006年
 - 
2007年
  助手
 
2011年
   
 
 熊本大学大学院自然科学研究科(工学系)物質生命化学 助教
 
2013年4月
 - 
現在
山口東京理科大学 工学部応用化学科 准教授
 

学歴

 
 
 - 
2002年
大阪府立大学 工学研究科 博士後期課程物質系専攻応用化学分野
 
 
 - 
1997年
大阪府立大学 工学部 応用化学科
 

論文

 
Carbon-Nanotube-based photocatalysts for water splitting in cooperation with BiVO4 and [Co(bpy)3]3+/2+
T. Izawa, V. Kalousek, D. Miyamoto, N. Murakami, H. Miyake, T. Tajima, W. Kurashige, Y. Negishi, K. Ikeue, T. Ohkubo
Chemistry Letters   48 410-413   2019年6月   [査読有り]
Carbon dioxide adsorption properties of K-Al-Fe-based oxides prepared from a porous polymer monolith template
K. Ikeue, M. Suzuki, D.Yoshimoto, R. Usukawa, M. Sakai, T. C. Vagvala, V. Kalousek
Journal of Solid State Chemistry   274 75-80   2019年5月   [査読有り]
Local structure analysis of co-catalyst over Ag3PO4 photocatalyst
K. Ikeue, V. Kalousek, T. C. Vagvala
Bulletin of Sanyo-Onoda City University   2 19-29   2019年4月   [査読有り]
Synthesis and characterization of metal-diaminobipyridine complexes as low-cost co-catalysts for photo-sensitized hydrogen evolution
T. C. Vagvala, T. Ooyabe, M. Sakai, Y. Funasako, M. Inokuchi, W. Kurashige, Y. Negishi, V. Kalousek, K. Ikeue
Inorganica Chimica Acta   482 821-829   2018年   [査読有り]
K. Ikeue, M. Suzuki, M. Sakai, T. C. Vagvala, V. Kalousek
Chemical Physics Letters   677 55-59   2017年   [査読有り]
V. Kalousek, K. Kikuta, T. C. Vagvala, K. Ikeue
Materials Letters   199 65-67   2017年   [査読有り]
K. Ikeue, K. Watanabe, T. Minekishi, A. Imamura, T. Sato, Y. Nagao, Y. Nakahara, M. Machida
Applied Catalysis B: Environmental   146 50-56   2014年   [査読有り]
S. Hinokuma, H. Kogami, N. Yamashita, Y. Katsuhara, K. Ikeue, M. Machida
Catalysis Communications   54 81-85   2014年   [査読有り]
M. Machida, S. Minami, K. Ikeue, S. Hinokuma, Y. Nagao, T. Sato, T. Sato, Y. Nakahara
Chemistry of Materials   26 5799-5805   2014年   [査読有り]
S. Hinokuma, Y. Katsuhara, E. Ando, K. Ikeue, M. Machida
Catalysis Today   201 92-97   2013年   [査読有り]

Misc

 
Synthesis, electronic structure and photocatalytic property of novel multilayered perovskites
池上 啓太
   2004年
Selective oxidation alcohol with molecular oxygen on mesoporous binary oxide catalysts
池上 啓太
   2005年
Photocatalytic property of Lanthanide-based oxysulfides under visible light irradiation
池上 啓太 , 町田 正人
   2006年
Template Synthesis of Porous Lanthanide Oxysulfate Having a Large Capacity Oxygen Storage
池上 啓太 , 町田 正人
   2006年

書籍等出版物

 
触媒調製ハンドブック
町田正人, 池上啓太 (担当:分担執筆, 範囲:第1章9節 Ag/BaCeO3の調製、第2章18節 Ln2O2SO4の合成、第4章13節 層状複合酸化物ナノ複合体の合成)
エヌ・ティー・エス   2011年   
多孔体の精密制御と機能・物性評価
町田正人, 池上啓太 (担当:分担執筆, 範囲:希土類オキシ硫酸塩の酸素吸蔵特性)
サイエンス&テクノロジー   2008年   
CO2 conversion and utilization
H. Yamashita, K. Ikeue, M. Anpo (担当:分担執筆, 範囲:Chapter 22 Photocatalytic reduction of CO2 with H2O on various titanium oxide catalysts)
ACS books   2002年   

講演・口頭発表等

 
表面修飾したハイドロタルサイト関連化合物の塩基触媒特性
牛嶋千晶, 高橋智史, 池上啓太
第124回触媒討論会   2019年9月19日   
C3N4/単層CNT系電極の作製と光カソード特性
上野拓和, V. Kalousek, 池上啓太
第56回化学関連支部合同九州大会   2019年7月13日   
カルシウム硫酸塩または亜硫酸塩の酸化還元挙動
馬場 慧, T. C. Vagvala, V. Kalousek, 池上啓太
第19回液晶研究所シンポジウム 第16回先進材料研究所シンポジウム 合同シンポジウム   2019年3月   
C3N4/単層CNT系電極の光カソード特性
上野拓和, V. Kalousek, T. C. Vagvala, 池上啓太
第19回液晶研究所シンポジウム 第16回先進材料研究所シンポジウム 合同シンポジウム   2019年3月   
多孔質酸化物系吸着剤に固定したSrTiO3ナノ粒子の光触媒特性
鈴木将成, T. C. Vagvala, V. Kalousek, 池上啓太
第28回キャラクタリゼーション講習会   2018年11月27日   
SrTiO3ナノ粒子/C3N4ナノシート複合体からの可視光応答型光触媒の合成
山本颯太, Vit Kalousek, Tasun C. Vagvala, 池上啓太
2018日本化学会中国四国支部大会   2018年11月17日   
A study of the photoelectrochemical performance of cocatalysts on CuWO4 photoanode
V. Kalousek, T. Ueno, T. C. Vagvala, K. Ikeue
第122回触媒討論会   2018年9月   
多孔質K-A1系複合酸化物上に担持したSrTiO3ナノ粒子の光触媒特性
鈴木将成, 吉本大輔, V. Kalousek, T. C. Vagvala, 池上啓太
第122回触媒討論会   2018年9月   
C3N4ナノシートを用いて合成した窒素ドープSrTiO3の光触媒特性
山本颯太, V. Kalousek, 池上啓太
第122回触媒討論会   2018年9月   
Investigation of low cost metal bipyridyldiamine complexes as co-catalysts for hydrogen evolution from aqueous media
T. C. Vagvala, T. Ooyabe, M. Sakai, Y, Funasako, V. Kalousek, K. Ikeue
TOCAT8   2018年8月   

Works

 
規則ヘテロ接合骨格を有する多孔性ナノ複合体の創製と常温NOx浄化触媒への応用
2003年 - 2005年
貴金属代替を目指したオキシサルフェートの触媒設計
2004年 - 2006年
電気化学的触媒促進効果を利用した生活環境浄化リアクタの創出と応用
2005年 - 2008年

競争的資金等の研究課題

 
吸着点自己増殖型新規二酸化炭素吸着剤の開発
住友電工: 住友電工グループ社会貢献基金
研究期間: 2018年10月 - 2019年9月    代表者: 池上 啓太
回収機能と変換機能を合わせ持つ二酸化炭素固定化技術の開発
公益財団法人八洲環境技術振興財団: 
研究期間: 2018年4月 - 2019年3月    代表者: 池上 啓太
「やまぐちものづくり」環境・医療イノベーション創出地域
地域イノベーション戦略支援プログラム(研究機能・産業集積高度化地域)(研究分担)
研究期間: 2014年8月 - 2019年3月
CO2吸着回収と有効成分への化学的変換の両方を実現する新規CO2吸着・変換技術の開発
新産業創出研究会: 
研究期間: 2017年4月 - 2018年3月    代表者: 池上 啓太
光触媒と吸着材複合による高効率二酸化炭素変換技術の開発
公益財団法人やまぎん地域企業助成基金: 
研究期間: 2017年4月 - 2018年3月    代表者: 池上 啓太
水素製造用CNT光触媒の評価
大阪新薬株式会社: 
研究期間: 2017年7月 - 2018年2月    代表者: 池上 啓太
循環型二酸化炭素変換を目指した吸着材・光触媒複合体の開発
公益財団法人JFE21世紀財団: 
研究期間: 2017年1月 - 2017年12月    代表者: 池上 啓太
水素社会実現を目指したナノ粒子ビルドアップ型光触媒の開発
公益財団法人中国電力技術研究財団: 
研究期間: 2016年4月 - 2017年3月    代表者: 池上 啓太
高機能水素発生用CNT光触媒開発に向けた光機能性材料の工業化と試薬品市場への展開
大阪新薬株式会社: 
研究期間: 2016年11月 - 2017年2月    代表者: 池上 啓太
ナノ粒子集積型水分解光触媒の開発
東京理科大学光触媒研究推進拠点 共同利用・共同研究
研究期間: 2015年11月 - 2016年3月

特許

 
特願2019- 63099 : 光触媒の製造方法
池上啓太、Vit Kalousek、本名 虎之、河口 誉元
特願2015-215822 : 多孔質結晶性金属酸化物ナノ粒子の製造方法及び多孔質結晶性金属酸化物ナノ粒子
酒井宗寿, 池上啓太
2010-069412 : 酸素吸放出材及びそれを含む排ガス浄化用触媒
三浦真秀, 町田正人, 池上啓太
2010-063949 : 酸素吸放出材及びそれを含む排ガス浄化用触媒
三浦真秀, 町田正人, 池上啓太
2008-284516 : 酸素吸放出材及びそれを含む排ガス浄化用触媒
町田正人, 池上啓太, 三浦真秀
2009-202054 : 還元雰囲気での高活性自動車排ガス浄化用触媒
三浦 真秀, 高木 信之, 町田 正人, 池上 啓太
2008-284512 : 酸素吸放出材及びそれを含む排ガス浄化用触媒
町田 正人, 池上 啓太, 三浦 真秀
4079862 : 球状ポリマー粒子およびその製造方法
池田茂、池上啓太
特願2018-27663 : 化合物及び光触媒用助触媒
池上啓太, Tarun Chand Vagvala, 芝田 勝, 伊藤 朋香