中村 勝一

J-GLOBALへ         更新日: 18/12/13 01:14
 
アバター
研究者氏名
中村 勝一
 
ナカムラ ショウイチ
所属
福島大学
部署
理工学群 共生システム理工学類(数理・情報学系)
職名
准教授
学位
博士(コンピュータ理工学)(会津大学), 修士(コンピュータ理工学)(会津大学), 学士(教養)(東京学芸大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2008年4月
 - 
現在
福島大学 理工学群 共生システム理工学類(数理・情報学系) 准教授
 
2004年10月
 - 
2008年3月
福島大学 理工学群 共生システム理工学類(数理・情報学系) 講師
 
2003年4月
 - 
2004年9月
東北学院大学 教養学部 情報科学専攻 講師
 

学歴

 
2000年4月
 - 
2003年3月
会津大学 コンピュータ理工学研究科 博士後期課程
 
1998年4月
 - 
2000年3月
会津大学 コンピュータ理工学研究科 修士課程
 
1994年4月
 - 
1998年3月
東京学芸大学 教育学部 情報環境科学課程 教育情報科学専攻
 

委員歴

 
2017年9月
 - 
現在
教育システム情報学会  学会誌編集委員
 
2014年6月
 - 
現在
電子情報通信学会 和文論文誌(D)  常任査読委員
 
2007年5月
 - 
現在
電子情報通信学会 研究専門委員会(ET)  委員
 
2016年12月
 - 
2018年10月
情報科学技術フォーラム(FIT)  実行委員会委員,プログラム委員会委員
 
2017年2月
 - 
2018年6月
電子情報通信学会 論文誌特集号編集委員会  副委員長
 
2016年5月
 - 
2018年5月
電子情報通信学会 研究専門委員会  副委員長
 
2014年1月
 - 
2015年1月
電子情報通信学会 和文論文誌(D)特集号「多様化する学習・教育支援」特集委員会  編集委員
 
2012年1月
 - 
2014年12月
IEEE Japan Chapter Education Society (E-25)  Secretary(幹事)
 
2007年5月
 - 
2011年5月
電子情報通信学会 研究専門委員会(ET)  幹事
 
2010年1月
 - 
2011年4月
電子情報通信学会  英文誌(ED)小特集「Special Section on Advanced Technologies in Knowledge Media and Intelligent Learning Environment」編集幹事
 

受賞

 
2018年11月
Best Paper Award, 2018 IEEE Conference on Big Data and Analytics
 
2017年11月
Best Paper Award, The 2017 IEEE International Conference on Cybernetics and Computational Intelligence
 
2016年10月
Best Paper Award, The IEEE Conference on e-Learning, e-Management and e-Services
 
2015年12月
Best Oral Paper Award, 2015 IEEE International Conference on Progress in Informatics and Computing
 
2014年
Best Paper Award, International Conference on Information Society
 

論文

 
Suggestion of Circumstances in Exploration and Properties of Unknown Pages Aimed at Enhancing the Meaningful Trial and Error
Ryo Onuma, Takashi Amano, Hiroki Nakayama, Hiroaki Kaminaga, Youzou Miyadera, Shoichi Nakamura
Proc. 2018 IEEE Conference on Big Data and Analytics   56-61   2018年   [査読有り]
Machine Learning Model for Analyzing Learning Situations in Programming Learning
Shota Kawaguchi, Yoshiki Sato, Hiroki Nakayama, Ryo Onuma, Shoichi Nakamura, Youzou Miyadera
Proc. 2018 IEEE Conference on Big Data and Analytics   74-79   2018年   [査読有り]
Methods for Facilitating the Experiences of Meaningful Trial and Error in Complicated Web Exploration
Hiroki Nakayama, Takeru Watanabe, Ryo Onuma, Hiroaki Kaminaga, Isao Kikukawa, Youzou Miyadera, Shoichi Nakamura
Proc. 2018 IEEE Conference on e-Learning, e-Management and e-Services   67-72   2018年   [査読有り]
Laying Groundwork for Writing and Developing Academic Papers from Presentation Slides
Shoichi Nakamura, Yusuke Morita, Ryo Onuma, Hiroki Nakayama, Hiroaki Kaminaga, Youzou Miyadera
Proc. 2018 IEEE Conference on e-Learning, e-Management and e-Services   79-84   2018年   [査読有り]
Development of a Project Based Learning Evaluation Method Based on PBLBOK
Yoshiki Sato, Atsuo Hazeyama, Shoichi Nakamura, Youzou Miyadera
Proc. of the IEEE 10th International Conference on Engineering Education   135-140   2018年   [査読有り]

Misc

 
個に応じた教育のための教育支援環境の提案
情報処理学会第8回マルチメディア通信と分散処理ワークショップ論文集      2000年
心理状態を考慮したエージェント間の説得機構による配属問題支援法の提案
情報処理学会第6回マルチメディア通信と分散処理ワークショップ論文集   241-246   1998年
開催時間を譲渡する会議日程調整法の実装と評価(共著)
情報処理学会第6回マルチメディア通信と分散処理ワークショップ論文集   69-74   1998年

講演・口頭発表等

 
推敲文脈ネットワークにおける着目点に応じた注視対象の動的抽出アルゴリズム
大沼亮,中山祐貴,神長裕明,宮寺庸造,中村勝一
電子情報通信学会 技術研究報告   2018年11月   
Extracting the Springboard for Reflecting User’s Recognition on the Obtained Pages to Future Search
Yota Kawawa, Hiroki Nakayama, Ryo Onuma, Hiroaki Kaminaga, Youzou Miyadera, Shoichi Nakamura
17th International Conference on WWW/Internet   2018年10月   
Dynamically Visualize the Human Relationship Network on the Web Depending on the Difference of Gaze Factors
Hikaru Fujisawa, Ryo Onuma, Hiroki Nakayama, Hiroaki Kaminaga, Youzou Miyadera, Shoichi Nakamura
17th International Conference on WWW/Internet   2018年10月   
複数注視要素を考慮したWeb上の人間関係ネットワークの動的抽出手法の提案
藤澤ひかる,大沼亮,中山祐貴,神長裕明,宮寺庸造,中村勝一
電子情報通信学会 技術研究報告   2018年9月   
Web探索未熟者の模索経験促進のための手がかり示唆
渡辺剛硫,中山祐貴,大沼亮,神長裕明,喜久川功,宮寺庸造,中村勝一
電子情報通信学会 技術研究報告   2018年7月   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
教授学習方略の持続発展的醸成支援のためのアクティブ・アナリティクス手法
日本学術振興会: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2017年4月 - 2021年3月    代表者: 中村 勝一
第2初学段階のプログラムロジック構成躓き推定のためのソースフュージョン機構
日本学術振興会: 科学研究費補助金(挑戦的研究(萌芽))
研究期間: 2018年7月 - 2020年3月    代表者: 中村 勝一
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(A))
研究期間: 2013年 - 2016年    代表者: 中村 勝一
研究活動の過程では,他者との議論や質問・回答など「思考的コミュニケーション作業」と,論文執筆,発表資料作成,調査結果整理など「関連ファイル群の主観的管理を伴うドキュメンティング作業」を交互に繰り返し,試行錯誤を経て成果を積み上げる「研究推敲能力」が重要だが,初学者にとってその能力修得は難しい.一方,教授者による指導方法の一つに注視対象示唆(重点的に発展させるべき成果物等の示唆)があるが,十分な効果が得られない実情がある.本研究では,その阻害要因として試行錯誤文脈の蓄積・活用困難性に着目し,...
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2014年 - 2015年    代表者: 中村 勝一
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2008年 - 2009年    代表者: 中村 勝一
ネットワーク環境での知的活動の成果向上のためには,その活動に関連するドキュメントを単なるドキュメントの種類等ではなく,話題に応じて上手く管理・活用するかが重要である.本研究では,ドキュメントの種類に対して横断的な話題抽出手法を開発した.さらに,話題中心の適応的ドキュメント管理システムのプロトタイプを開発した.これにより,従来のようにユーザが使用するソフトウェアを選び,それらを渡り歩くのではなく,情報活用目的や使用するドキュメントの種類などに応じて,システムがその機能やインタフェースをユーザ...

社会貢献活動

 
教員免許状更新講習 (2008年,2010年,2012年, 2015年、2016年,2017年,2018実施)
【講師】