岩壁 茂

J-GLOBALへ         更新日: 18/09/22 18:41
 
アバター
研究者氏名
岩壁 茂
 
イワカベ シゲル
URL
http://sites.google.com/site/siwakabelaboratory/
所属
お茶の水女子大学
部署
大学院人間文化創成科学研究科 人間発達科学専攻 発達基礎論講座
職名
准教授
学位
修士(教育)(マギル大学(カナダ)), 博士(教育)(マギル大学(カナダ))

プロフィール

カナダMcGill大学大学院カウンセリング心理学専攻博士課程修了。心理学博士 (Ph.D.)。2000年札幌学院大学人文学部専任講師。2004年3月よりお茶の水女子大学大学院人間文化研究科助教授、現在に至る(現 同大学大学院人間文化創成科学研究科准教授)。専門分野は、心理療法のプロセス研究で、「人はどのように変わるのか」という変容プロセスに関する研究とプロセス研究に基づいた臨床指導を行っている。研究テーマは、感情と心理療法、セラピストの困難、心理療法における感情の変化、心理療法統合、臨床家の職業的成長と訓練である。

研究分野

 
 

学歴

 
 
 - 
2001年
マギル カウンセリング心理学科 カウンセリング心理学
 
 
 - 
1995年
マギル カウンセリング心理学科 カウンセリング心理学
 

委員歴

 
2013年6月
 - 
現在
Counselling Psychology Quarterly  編集委員
 
2011年4月
 - 
現在
日本心理臨床学会  国際交流委員会
 
2011年4月
 - 
現在
日本心理臨床学会  国際交流助成審査委員会 
 
2011年4月
 - 
現在
日本心理臨床学会  留学生大会参加助成審査委員会 
 
2011年5月
   
 
Pragmatic Case Studies in Psychotherapy  編集委員
 

論文

 
Case studies in accelerated experiential dynamic psychotherapy (AEDP): Reflections on the case of “Rosa”
Pragmatic Case Studies in Psychotherapy      2018年
orrective emotional experience in an integrative affect-focused therapy: Building a preliminary model using task analysis
岩壁 茂
Clinical Psychology and Psychotherapy   25 322-337   2018年   [査読有り]
初回面接におけるクライエントの主観的体験の質的研究
草岡 章大・岩壁 茂・橋本 忠行
臨床心理学   17(6) 840-849   2017年   [査読有り]
質的研究と実践研究
岩壁 茂
LD研究   26 30-38   2017年
臨床心理学・最新研究レポート:微妙な偏見と差別 - マイクロアグレッションと治療同盟
岩壁 茂
臨床心理学   16 247-251   2016年
臨床的判断の鍛え方
岩壁 茂
臨床心理学   16 265-269   2016年
トータルなアセスメントとケースマネジメント
岩壁 茂
臨床心理学   16 112-116   2016年
セラピストによる肯定的発話の類型化
久間(糟谷)寛子・藤岡勲・隅谷理子・福島哲夫・岩壁茂
臨床心理学   16 90-98   2016年   [査読有り]
セラピストの肯定介入に対するクライエントの主観的体験の検討
関口翔子・岩壁茂
臨床心理学   16 79-89   2016年   [査読有り]
カウンセリング・テクニックの前提条件
岩壁 茂
カウンセリング・テクニック入門.臨床心理学 増刊第7号   20-27   2015年
臨床心理学・最新研究レポート: 心は脳を変えるか ー ニューロイメージング研究レビュー
岩壁 茂
臨床心理学   15 745-749   2015年
臨床心理学・最新研究レポート: ポジティブ感情の調整と感情の障害
岩壁 茂
臨床心理学   15 745-749   2015年
臨床心理学・最新研究レポート: 共感の神経科学ー共感的苦痛とコンパッション
岩壁 茂
臨床心理学   15 274-279   2015年
臨床心理学・最新研究レポート: 共通因子としての感情変容のプロセス ー 2つの悲しみの治療的役割
岩壁 茂
臨床心理学   15 551-556   2015年
臨床心理学・最新研究レポート: 過去の記憶は変えられるか ー 記憶の再固定化理論
岩壁 茂
臨床心理学   15 799-803   2015年
専門家としての成長・発展とは何か?
岩壁 茂
臨床心理学   15 695-699   2015年
Learning and difficult experiences in graduate training in clinical psychology: A qualitative study of Japanese trainees' retrospective accounts
Counselling Psychology Quarterly   1-24   2015年   [査読有り]
Case studies in Japan: Two methods, two world views
岩壁 茂
Pragmatic Case Studies in Psychotherapy   11 65-80   2015年   [査読有り]
Metatherapeutic processing as a change-based therapeutic immediacy task: Building an initial process model using a task-analytic research strategy
岩壁 茂
Journal of Psychotherapy Integration   1-18   2015年   [査読有り]
臨床心理学・最新研究レポート: 子どもの心理療法における早期終結
岩壁 茂
臨床心理学   14 285-289   2014年
臨床心理学・最新研究レポート: セラピストの涙
岩壁 茂
臨床心理学   14 589-593   2014年
若年労働者の転職志向と関連するパーソナリティ要因 - レジリエンス要因,心理的健康要因についての検討
井田浩正・岩壁茂・中川和美・岡村達也
ストレス科学   29 293-307   2014年   [査読有り]
臨床心理学・最新研究レポート第1回 臨床心理学におけるエビデンスの発展
岩壁 茂
臨床心理学   13 145-150   2013年
臨床心理学・最新研究レポート第2回心理療法における関係性の深みの研究
岩壁 茂
臨床心理学   13 293-298   2013年
臨床心理学・最新研究レポート第3回並行プロセスは実在するか - スーパービジョンの実証研究
岩壁 茂
臨床心理学   13 580-585   2013年
臨床心理学・最新研究レポート第6回エビデンスベースト事例研究 - 今ここでの関わりの探索
岩壁 茂
臨床心理学   13 881-886   2013年
統合的精神療法・最近の事情
岩壁 茂
精神療法   39 22-27   2013年
臨床の方法としてのケーススタディ
村瀬嘉代子・森岡正芳・岩壁茂
臨床心理学   5 1-23   2013年   [招待有り]
臨床心理学における研究の多様性と科学性 ー 事例研究を超えて
岩壁 茂
臨床心理学   12 805-810   2013年   [招待有り]
臨床と研究のクロストークをいかに構築するか
岩壁 茂
臨床心理学   5 53-61   2013年   [招待有り]
初回面接における訓練セラピストの困難とその対応 — 継続事例と中断事例の比較検討.
村井亮介・岩壁茂・杉岡品子
心理臨床学研究   31, 141-151   2013年   [査読有り]
母親であることと心理臨床家であること:子育て体験と臨床活動の交差
山口慶子・岩壁 茂
心理臨床学研究   29 728-738   2012年   [査読有り]
Commentary: Extending systematic case study method: Generating and testing hypotheses about therapeutic factors through comparisons of successful and unsuccessful cases
岩壁 茂
Pragmatic Case Studies in Psychotherapy   7 339-350   2011年   [査読有り]
情動と言葉 ー 感情焦点化療法の立場から
岩壁 茂
現代のエスプリ   530 93-106   2011年   [査読有り][招待有り]
心理療法のエビデンスー効果研究とメタ分析が示す治療的要因
岩壁 茂
心と社会   143    2011年   [招待有り]
Facilitating emotion regulation: General principles for psychotherapy.
岩壁 茂
Psychotherapy Bulletin,   45 16-21   2010年9月   [査読有り][招待有り]
引き継ぎで遭遇する困難
岩壁 茂
札幌学院大学心理臨床センター紀要   10    2010年3月   [査読有り]
感情と体験の心理療法 共感的肯定と共感的探索 - 共感を基礎とした介入課題. 臨床心理学
岩壁 茂
臨床心理学   10 91-99   2010年
感情と体験の心理療法 感情の気づきを高めるために
岩壁 茂
臨床心理学   10 274-282   2010年
感情と体験の心理療法 感情調整
岩壁 茂
臨床心理学   10 420-428   2010年
感情と体験の心理療法 自己批判による葛藤と二つの椅子の対話 - 対立する二つの自己をどう統合するか
岩壁 茂
臨床心理学   10 574-582   2010年
初回面接における共感的反射と共感的肯定
岩壁 茂
精神療法   36 509-510   2010年   [招待有り]
感情と体験の心理療法 過去の感情的傷つきをどう扱うか ー "Unfinished business" と空の椅子の対話
岩壁 茂
臨床心理学,   10 741-749   2010年   [招待有り]
感情と体験の心理療法 介入の段階と中心的作業
岩壁 茂
臨床心理学   9 660-668   2009年
感情と体験の心理療法 感情のアセスメント (2)
岩壁 茂
臨床心理学   9 534-542   2009年
感情と体験の心理療法 感情のアセスメント (1)
岩壁 茂
臨床心理学   9 395-402   2009年
感情と体験の心理療法 (1)感情の役割と感情の作業の治療原則
岩壁 茂
臨床心理学   9 249-258   2009年
実践研究を発展させるために —心理療法の効果とプロセスの研究から 感情の役割と感情の作業の治療原則
岩壁 茂
臨床心理学   9 14-21   2009年
効果研究とプロセス研究 - 心理療法・カウンセリングの実証的基盤(前)
岩壁 茂
日本大学文理学部心理臨床センター紀要   6 73-85   2009年   [査読有り]
心理療法の効果測定 — 初回面接の実践効果研究
岩壁 茂
臨床心理学   5 123-128   2005年
岩壁 茂
Psychotherapy Research   15 69-80   2005年   [査読有り]
クライエントの初回面接の体験 - 札幌学院大学心理臨床センターにおける実践的研究の取り組み
岩壁 茂
札幌学院大学心理臨床セン ター紀要   4 1-16   2004年   [査読有り]
面接中の微少的変容過程を示す指標
岩壁 茂
札幌学院大学心理臨床センター紀要   3    2003年   [査読有り]
Counselling Psychology Quarterly   16 81-94   2003年   [査読有り]
The relationship of therapist verbal response mode and client good moments in short term dynamic psychotherapy
Canadian Journal of Counselling   35(260) 276   2001年   [査読有り]
Examining counselor interventions and client progress in the context of the therapeutic alliance
Psychotherapy: Theory/ Research/ Practice/ Training   38 160-170   2001年   [査読有り]
治療者に向けられた怒りへの介入法
岩壁 茂
札幌学院大学心理臨床センター紀要   1 1-21   2001年   [査読有り]
The relationship between client emotional expressions, therapist interventions, and the working alliance: An exploration of eight emotional expression events
Journal of Psychotherapy Integration   10(375) 401   2000年   [査読有り]
Client emotional involvement and occurrence of in-session therapeutic phenomena
岩壁 茂
Canadian Journal of Counselling   33 179-194   1999年   [査読有り]
Chaos theory and psychotherapy: The metaphoric relationship between chaos and psychodynamic therapy
岩壁 茂
Theory/ Research/ Practice/ Training   36(274) 286   1999年   [査読有り]
臨床家のストレス - セルフケアの視点から
岩壁 茂
臨床心理学   12 805-810   2013年   [招待有り]

Misc

 

書籍等出版物

 
The clinical handbook of emotion-focused therapy
Levitt, H., Whelton, W. J., & Iwakabe, S. (担当:共著, 範囲:Clinical implications of research on emotion-focused therapy)
Washington, DC: American Psychological Association.   2018年   
その心理臨床大丈夫?実践のポイント
岩壁 茂 (担当:分担執筆, 範囲:裏側からみた心理療法の効果のエビデンス)
日本評論社   2018年   
カウンセリング・テクニック入門
岩壁 茂
金剛出版   2018年   
ダイアナ フォーシャ (担当:監修)
福村出版   2017年11月   ISBN:4571240635
スー・ジョンソン (担当:監修)
金剛出版   2014年8月   ISBN:477241374X
Iwakabe, S., & Gazzola, N. (担当:共著, 範囲:From single-case studies to practice-based knowledge: Aggregating and synthesizing case studies)
Routledge   2014年1月   
レスリー・S・グリーンバーグ (担当:共訳)
金剛出版   2013年10月   ISBN:4772413367
岩壁 茂 (担当:分担執筆, 範囲:エモーション・フォーカスト・セラピーにおける見立てと介入をつなぐ工夫)
金剛出版   2013年8月   ISBN:477241326X
Iwakabe, S., & Enns, C. Z. (担当:分担執筆, 範囲:Counselling and psychotherapy in Japan: Masako's story)
Routledge   2013年4月   
岩壁 茂, 福島 哲夫, 伊藤 絵美 (担当:共著)
有斐閣   2013年4月   ISBN:4641220034
江口 重幸, 松澤 和正, 堀 有伸, 山本 佳世乃, 紙野 雪香, 野村 直樹, 飯野 雄治, 井田 暁子, 岩壁 茂, 小森 康永, 伊藤 智樹, 川上 ちひろ, 山本真実 (担当:共著)
遠見書房   2012年1月   ISBN:4904536347
ジェフリー・A. コトラー, ジョン カールソン (担当:共訳)
福村出版   2011年8月   ISBN:4571240465
心理臨床学事典
岩壁 茂 (担当:分担執筆, 範囲:効果研究とプロセス研究)
丸善   2011年   
岩壁 茂
岩崎学術出版社   2010年10月   ISBN:4753310094
必携 臨床心理アセスメント
岩壁 茂 (担当:分担執筆, 範囲:クライエントの変容プロセスを記述する同化分析 ー 統合的実践の準拠枠)
金剛出版   2008年   
エレン・F. ワクテル (担当:共訳)
星和書店   2007年10月   ISBN:4791106415
カウンセリング・心理療法の基礎
岩壁 茂 (担当:分担執筆, 範囲:カウンセラー・セラピストに求められる資質)
有斐閣   2007年   
臨床心理学の新しいかたち
岩壁 茂 (担当:分担執筆, 範囲:効果研究)
誠信書房   2005年   
レスリー・S. グリーンバーグ, ロバート エリオット, ローラ・N. ライス (担当:単訳)
誠信書房   2006年8月   ISBN:4414414210
岩壁 茂
金剛出版   2007年9月   ISBN:4772409955
岩壁 茂
新曜社   2008年7月   ISBN:4788511215

講演・口頭発表等

 
Emotional processes and therapist interventions: latest development in theory, research and practice
Symposia presented at the annual conference of the European Congress of Psychology, Athens, Greece.   1995年8月   
Counsellors interventions, the working alliance, and the client change process
Paper presented at the 103rd annual convention of the American Psychological Association, New York, NY.   1995年8月   
Levels of emotional arousal and optimal therapeutic process
Paper presented at the annual conference of the Eastern Psychological Association, Philadelphia.   1996年3月   
An examination of in-session client change in client-centered therapy
Paper presented at the annual conference of the Eastern Psychological Association, Philadelphia, PA.   1996年3月   
The effects of therapeutic alliance on client emotions
Paper presented at the annual conference of the Eastern Psychological Association, Philadelphia, PA.   1996年3月   
Recent methodological developments in studies of client emotional processes in psychotherapy: a critical review of five emotional measures
Paper presented at the annual conference of the Eastern Psychological Association, Philadelphia, PA.   1996年3月   
Methodological issues in research on counseling with Asian Americans: are we overproducing cultural difference?
Paper presented at the 104th annual conference of the American Psychological Association, Toronto, Ontario.   1996年8月   
An alternative conceptualization regarding the importance of client emotional involvement and the occurrence of in-session therapeutic phenomena
Symposia presented at the XXVI International Congress of Psychology, Montreal, Quebec.   1996年8月   
Intersection between culture and clinical psychology. The concept of dependency in North America and Japan.
Paper presented at the Grand Round of the Department of Psychiatry in Montreal General Hospital, Montreal, Quebec.   1998年2月   
A comparison of three event approaches to studying psychotherapy
Poster presented at the 109th annual convention of the American Psychological Association, San Francisco, CA.   2001年8月   
The practice of psychotherapy in Japan: Meta-analysis of case studies
Poster presented at the annual meeting of the Society of Psychotherapy Research, Santa Barbara, CA.   2002年6月   
Psychotherapy integration in Japan: A critical examination of cultural integration and its problems. In P. L. Wachtel (Chair), A world-view perspective
Invited dialogue conducted at the 19th annual conference of the Society of the Exploration of Psychotherapy Integration, New York.   2003年   
Common change events in stages of psychotherapy: A qualitative analysis of case reports
Paper presented at the 19th annual conference of the Society of the Exploration of Psychotherapy Integration, New York.   2003年5月   
Fears and anxieties of beginning therapists in Japan.
Paper presented at the annual meeting of The Society for Psychotherapy Research, Montreal, Canada.   2005年   
心理臨床家の職業的発達に関する調査から:(2)心理臨床家の直面する困難とその対処法について
岩壁 茂・金沢吉展
日本心理臨床学会第25回大会   2006年   
心理臨床家の職業的発達に関する調査から:(1)臨床家としての自己評価に影響を与える要因について
金沢吉展・岩壁 茂
日本心理臨床学会第25回大会   2006年   
心理臨床家の職業的発達に関する調査から:-(4)職業的発達の契機に関する質的分析-
岩壁 茂・金沢吉展
日本心理臨床学会第26回大会   2007年   
心理臨床家の職業的発達に関する調査から:-(3)臨床家を志す動機に関する質的分析-
金沢吉展・岩壁 茂
日本心理臨床学会第26回大会   2007年   
Impaired trainees in clinical psychology programs in Japan: A qualitative study on instructors’ view
Paper presented at the annual meeting of the Society for Psychotherapy Research. Madison, Wisconsin.   2007年6月   
Trainees perception of impaired peers in clinical psychology programs in Japan: A qualitative study
Paper presented at the annual meeting of the Society for Psychotherapy Research. Madison, Wisconsin.   2007年6月   
Therapeutic failures: A framework for understanding therapist’s mistakes
Paper presented at the annual meeting of the Society for the Exploration of Psychotherapy Integration. Lisbon, Portugal.   2007年7月   
Emotional change processes. (moderator Leslie Greenberg)
Symposium presented at the annual meeting of The Society for Psychotherapy Research, Barcelona, Spain.   2008年   
Mismatch between therapist and client in therapeutic failures: A qualitative study on therapist perspective
Paper presented at the annual meeting of The Society for Exploration of Psychotherapy Integration, Boston.   2008年5月   
New vistas on an inconvenient topic: The instructive impact of failures in psychotherapy(moderator Annegret Conrad)
Symposium presented at the annual meeting of The Society for Psychotherapy Research, Barcelona, Spain.
2008年6月   
Grounded theory analysis on client experience in the initial psychotherapy session.
Paper presented at the annual meeting of The Society for Psychotherapy Research, Barcelona, Spain.   2008年6月   
臨床家のうつ、臨床家のストレス、セルフケア
岩壁 茂
日本心理臨床学会第29回大会.自主シンポジウム「臨床家のストレスと癒しについて考える」   2010年   
困難な面接場面における臨床家の主観的体験 ー 質的分析を用いて
横田悠季・岩壁茂
日本心理臨床学会第29回大会   2010年   
A task analysis for self-soothing process in emotion-focused therapy
Paper presented at the annual meeting of The Society for Exploration of Psychotherapy Integration, Firenze, Italy.   2010年5月   
Comparing two approaches to integrative case formulation with a Japanese client.
Symposium presented at the annual meeting of The Society for Exploration of Psychotherapy Integration, Firenze, Italy.   2010年5月   
Common versus specific principles of emotion regulation in Dialectical Behavior Therapy and Emotion-Focused Therapy
Symposium presented at the annual meeting of The Society for Exploration of Psychotherapy Integration, Firenze, Italy.   2010年5月   
Emotion and narrative change processes in individual and couple therapy.
Symposium presented at the annual meeting of The Society for Psychotherapy Research, Asilomar, California.   2010年6月   
Learning from treatment failures
Symposium presented at the annual meeting of The Society for Psychotherapy Research, Asilomar, California   2010年6月   
Self and mind: Can we agree on what we are trying to change here?
Symposium presented at the annual meeting of The Society for Psychotherapy Research, Asilomar, California.   2010年6月   
Research on psychotherapists in Asia: New studies from the SPR collaborative research network
Symposium presented at the annual meeting of The Society for Psychotherapy Research, Asilomar, California.   2010年6月   
The Individual- Case- Comparison (ICC) method for systematically comparing good-¬outcome and poor-¬outcome RCT clients
Symposium presented at the annual meeting of The Society for Psychotherapy Research, Asilomar, California.
2010年6月   
ラピストの肯定に関するプロセス研究(1)―対人プロセス想起法によるセラピストの介入意図の整理―
足立英彦・白鳥志保・中村香理・横田悠季・岩壁茂・伊藤正哉
日本心理臨床学会第30回大会論文集,225   2011年   
Psychotherapy In Japan. a "Hallmarks of psychotherapy research, take 3: Encounters and challenges between generations and cultures
A structured Discussion group organized by Louis Castonguay at the annual meeting of The Society for Psychotherapy Research, Bern, Switzerland.   2011年6月   
Psychotherapy case studies in Japan
A structured Discussion group organized by Daniel Fishman at the annual meeting of The Society for Psychotherapy Research, Bern, Switzerland.   2011年6月   
Self-soothing in psychotherapy: Theoretical classification and a single case study
Poster presented at the annual meeting of the Society for Psychotherapy Research, Bern, Switzerland.   2011年6月   
Varieties of therapist affirmation responses; A culture-specific imperative or transcultural therapeutic factor?
Paper presented at the annual meeting of The Society for Psychotherapy Research, Bern. Switzerland.   2011年6月   
Therapist’s Experience of becoming a Mother: Influences of therapist’s own early parenting experience on clinical practice
Poster presented at the annual meeting of The Society for Exploration of Psychotherapy Integration, Evanston, IL.   2012年   
A qualitative study on therapists working at the edge of experience: their change processes and development
Paper presented at the annual meeting of The Society for Exploration of Psychotherapy Integration, Evanston, IL.   2012年   
二項対立の面接場面におけるセラピストの肯定―合議制質的研究法による初期モデルの生成―
足立英彦・坂本憲治・藤岡勲・中村香理・糟谷寛子・隅谷理子・福島哲夫・沢宮容子・岩壁茂
日本心理臨床学会第31回大会論文集,338   2012年   
スーパーヴィジョンにおける「言わなかった体験」に関する研究(1)-内容と理由に関する質的分析-
白鳥志保・上野まどか・福島真一・金沢吉展・中村香理・岸田彩・柏谷牧・山口慶子・岩壁茂
日本心理臨床学会第31回大会論文集,345   2012年   
スーパービジョンにおける「良くなかった体験」に関する研究-中心的なテーマと学びに関する質的分析-
中村香理・岸田彩・柏谷牧・山口慶子・岩壁茂・白鳥志保・上野まどか・福島真一・金沢吉展
日本心理臨床学会第31回大会論文集,344   2012年   
スーパービジョンにおける「良かった体験」に関する研究-初心スーパーバイジーの学びに関する質的分析-
岸田彩・中村香理・柏谷牧・山口慶子・岩壁茂・白鳥志保・上野まどか・福島真一・金沢吉展
日本心理臨床学会第31回大会論文集,343   2012年   
Working with emotion in AEDP and EFT: Commonalities and Differences, Part II: Transformation in Action: Emergent Principles of Emotional Healing. Work. Fosha, D. Working at the edge of transformational experience: Turbocharging neuroplasticity through AED
Mini-workshop presented at the annual meeting of The Society for Exploration of Psychotherapy Integration, Evanston, IL.   2012年5月   
Working with emotion in AEDP and EFT: Commonalities and Differences. Part I: The Relationship and Experiential Work. Fosha, D. What's love got to do with it? Going beyond empathy to experiential work with relational experience. Greenberg, L. S. Presence,
Symposium presented at the annual meeting of The Society for Exploration of Psychotherapy Integration, Evanston, IL.   2012年5月   
Psychoanalytic single case studies published in ISI ranked journals: A review
Panel presented at the annual meeting of The Society for Psychotherapy Research, Virginia Beach, VA.   2012年6月   
Culture and social context of psychotherapy and psychotherapy research: Perspective from different professions and different cultures
Structured Discussion held at the annual meeting of The Society for Psychotherapy Research, Virginia Beach, VA.   2012年6月   
The process of resolving shame: A task analytic study
Paper presented at the annual meeting of The Society for Psychotherapy Research, Virginia Beach, VA.   2012年6月   
Clients' perspectives of change mechanisms and processes in AEDP
Paper presented at the annual meeting of The Society for Exploration of Psychotherapy Integration (SEPI), Barcelona, Spain.   2013年   
Metaprocessing: An initial attempt for a process model building of transformational cascade
Paper presented at the annual meeting of The Society for Exploration of Psychotherapy Integration (SEPI), Barcelona, Spain.   2013年   
A qualitative study on therapists' change processes in AEDP training and practice: Are they (all) so AEDP-specific?
Paper presented at the annual meeting of The Society for Exploration of Psychotherapy Integration (SEPI), Barcelona, Spain.   2013年   
Social and cultural aspects of psychotherapy research: Assumptions and biases that reveal cultural views of psychotherapy
Structured Discussion held at the annual meeting of The Society for Psychotherapy Research, Brisbane, Australia.   2013年6月   
Clients perspective of in session change processes in AEDP. A qualitative study on what clients and therapist do in the sessions
Paper presented at the annual meeting of The Society for Exploration of Psychotherapy Integration, Montreal, Canada.   2014年   
Clients’ experience of seeking counseling: A qualitative study on the process leading to the first counseling session
Poster presented at the annual meeting of The Society for Exploration of Psychotherapy Integration, Montreal, Canada.   2014年   
Delineating components of corrective emotional experience in AEDP: A qualitative study
Poster presented at the annual meeting of Society for the Exploration of Psychotherapy Integration, Montreal, Canada.   2014年   
A phenomenological study on the client experience of change in AEDP
Paper presented at the annual meeting of The Society for Exploration of Psychotherapy Integration, Montreal, Canada.   2014年4月   
Clients’ perspectives of out session change mechanisms in AEDP: A qualitative study about the translation of in-session change into daily life’s change
Paper presented at the annual meeting of The Society for Exploration of Psychotherapy Integration, Montreal, Canada.   2014年4月   
In-session change processes and out-session change mechanisms in Accelerated Experiential Dynamic Psychotherapy: A qualitative study on the perspective of current clients
Paper presented at the annual meeting of The Society for Psychotherapy Research, Copenhagen, Denmark.   2014年6月   
Therapist self-disclosure and therapist transformation: A qualitative study on AEDP therapists working with immediate experience
Paper presented at the annual meeting of The Society for Psychotherapy Research, Copenhagen, Denmark.   2014年6月   
Corrective emotional experience over time: A systematic case study of integrative affect-focused therapy with a middle-aged woman with depression
Poster presented at the annual meeting of Society for the Exploration of Psychotherapy Integration, Baltimore, USA.   2015年   
A task analytic study of corrective emotional experience: An initial model building from a pure gold sample
Poster presented at the annual meeting of Society for Psychotherapy Research, Philadelphia, USA.   2015年   
Voicing an AEDP supervision process: A case study on supervision session change processes and how it likely spread to and affected the researchers/clinicians/clients involved
Paper presented at the Annual Meeting of The Society for Exploration of Psychotherapy Integration (SEPI), Baltimore, Maryland.   2015年6月   
Developing the research collaboration with clients: Does the nature of therapeutic relationship influence the nature of client participation in research?
Annual Meeting of The Society for Exploration of Psychotherapy Integration (SEPI), Baltimore, Maryland.   2015年6月   
"Metaprocessing" Transforming Researchers' Experience: Exporting a component from AEPD practice into the way we conduct(ed) research
Paper presented at the Annual Meeting of The Society for Exploration of Psychotherapy Integration (SEPI), Baltimore, Maryland.   2015年6月   
The emotional impact of therapist’s immediacy response: A systematic case study
Poster presented at the annual meeting of The Society for Exploration of Psychotherapy Integration, Dublin, Ireland.   2016年   
Characteristics of corrective emotional experience in early sessions: A systematic case study of integrative affect-focused therapy
Poster presented at the annual meeting of Society for the Exploration of Psychotherapy Integration, Dublin, Ireland.   2016年   
Essential components of corrective emotional experience: A theory building case study
Paper presented at the annual meeting of the Society for Psychotherapy Research, Jerusalem, Israel.   2016年   
面接初期のクライエントの感情変容プロセスにおけるセラピストの即時性ー系統的事例研究ー
髙畠靖菜・中村香理・福島哲夫・岩壁茂
日本心理臨床学会第35回大会論文集, 188   2016年   
セラピーにおける修正感情体験と日常生活における対人関係の変化ーThe Core Conflictual Relationship Theme-Logically Unifiedを用いてー
中村香理・岩壁茂・野村朋子・戸村徳子・髙畠靖菜・山﨑和佳子
日本心理臨床学会第35回大会論文集, 187   2016年   
心理療法におけるクライエント変容プロセスの主観的体験ー治療関係の変化・セラピー内外をつなぐクライエントの行動に注目してー
山﨑和佳子・野村朋子・中村香理・髙畠靖菜・野田亜由美・長谷川かさね・森美和子・戸村徳子・岩壁茂・福島哲夫
日本心理臨床学会第35回大会論文集, 186   2016年   
介入としての肯定に関するプロセス研究(2)ー3事例における典型的肯定場面の比較検討ー
野田亜由美・岩壁茂・福島哲夫・中村香理・髙畠靖菜・山﨑和佳子・戸村徳子
日本心理臨床学会第35回大会論文集, 160   2016年   
心理臨床と質的研究.学会誌編集委員会委員会企画シンポジウム「心理臨床における質的研究をめぐって」
岩壁 茂
日本心理臨床学会第35回大会   2016年   

担当経験のある科目

 

Works

 
カナダマギル大学Marilyn Fitzpatrickとの作業同盟の確立に関する研究(Development of The Working Alliance)
2000年
事例研究のメタ分析
2001年
カナダのカウンセラーの訓練とアイデンティティーの発達(The Canadian Counsellor: Setting the Stage for a 21st Century Service Delivery)
2005年
臨床心理士の訓練過程(明治学院大学心理学部付属研究所)
2005年

競争的資金等の研究課題

 
臨床心理面接における引き継ぎならびに終結に関する調査
日本心理臨床学会: 研究助成金
研究期間: 2011年9月 - 2012年8月    代表者: 金沢吉展
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2010年 - 2011年    代表者: 岩壁茂
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2008年 - 2011年    代表者: 金沢吉展
本研究は、臨床心理士の訓練と職業的成長を、コンピタンス(臨床心理士の能力)の獲得と向上、心理専門家としてのアイデンティティ形成という視点から包括的に捉えることを目的とする。特に、臨床心理士の職業的動機、発達的契機となる出来事・困難経験とそれらへの対処、個人的生活と職業的生活との相互作用や葛藤、教育訓練過程における困難や成長促進体験について明らかにし、またこれらと臨床実践への取り組み方との関係を検討する。そして、こうした発達的知見を統合し、臨床心理士養成のための大学院における教育訓練、および...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2007年 - 2009年    代表者: 岩壁茂
本研究は、心理療法のプロセスにおいて臨床家が遭遇する困難な場面や失敗について、(1)調査票による実態調査、(2)質的インタビュー研究、(3)試行カウンセリングを使った訓練モジュールの検討、という3つの異なる研究デザインを用いて検討した。その結果、臨床家の大半は困難な面接場面やクライエントと遭遇し、共感のズレが治療的失敗の一要因であると分かった。そのため、共感の問題を防ぐ介入マニュアルと訓練モジュールを開発し、その効果の予備的検討を行った。
Counselling in Canada: Setting the Stage for a 21st Century Service Delivery
Social Sciences and Humanities Research Council: 
研究期間: 2004年9月 - 2007年8月    代表者: GAZZOLA, NICK