辻井 正次

J-GLOBALへ         更新日: 19/07/31 15:05
 
アバター
研究者氏名
辻井 正次
 
ツジイ マサツグ
URL
http://nc.chukyo-u.ac.jp/gendaisyakai/teacher/tujii.html
所属
中京大学
部署
現代社会学部 現代社会学科
職名
教授
学位
教育学修士(名古屋大学)
その他の所属
浜松医科大学

研究分野

 
 

委員歴

 
2002年
   
 
日本小児精神神経学会  理事
 
 
   
 
日本発達障害学会  評議員
 

論文

 
中島俊思, 伊藤大幸, 野田麻理, 小池委子, 神谷彩, 駒谷少郁佳, 二宮加歩子, 辻井正次
精神医学   61(5) 605‐613-613   2019年5月
Suzuki K, Takagai S, Tsujii M, Ito H, Nishimura T, Tsuchiya KJ
Brain & development   41(4) 341-351   2019年4月   [査読有り]
水間宗幸, 辻井正次, 池永恵美, 中島俊思, 菊池哲平, 中村和彦
九州看護福祉大学紀要   19(1) 59‐68   2019年3月
Yamashita Y, Makinodan M, Toritsuka M, Yamauchi T, Ikawa D, Kimoto S, Komori T, Takada R, Kayashima Y, Hamano-Iwasa K, Tsujii M, Matsuzaki H, Kishimoto T
Frontiers in psychiatry   10 152   2019年   [査読有り]
中島俊思, 伊藤大幸, 野田麻理, 小池委子, 神谷彩, 駒谷少郁佳, 二宮加歩子, 辻井正次
精神医学   60(10) 1161‐1169-1169   2018年10月
野村香代, 永井幸代, 田中太平, 辻井正次
中京大学現代社会学部紀要   11(2) 297‐314   2018年3月
浜田恵, 野村和代, 伊藤大幸, 村山恭朗, 高柳伸哉, 明翫光宜, 辻井正次, 辻井正次
小児の精神と神経   57(4) 313‐321-321   2018年1月
Takata A, Miyake N, Tsurusaki Y, Fukai R, Miyatake S, Koshimizu E, Kushima I, Okada T, Morikawa M, Uno Y, Ishizuka K, Nakamura K, Tsujii M, Yoshikawa T, Toyota T, Okamoto N, Hiraki Y, Hashimoto R, Yasuda Y, Saitoh S, Ohashi K, Sakai Y, Ohga S, Hara T, Kato M, Nakamura K, Ito A, Seiwa C, Shirahata E, Osaka H, Matsumoto A, Takeshita S, Tohyama J, Saikusa T, Matsuishi T, Nakamura T, Tsuboi T, Kato T, Suzuki T, Saitsu H, Nakashima M, Mizuguchi T, Tanaka F, Mori N, Ozaki N, Matsumoto N
Cell reports   22(3) 734-747   2018年1月   [査読有り]
村山 恭朗, 伊藤 大幸, 中島 俊思, 浜田 恵, 片桐 正敏, 田中 善大, 髙柳 伸哉, 野田 航, 辻井 正次
Journal of Health Psychology Research      2018年
<p>Bullying is a major problem in schools. Many studies conducted in the U.S. and Europe have indicated relationships between parenting behaviors and bullying and peer victimization. However, only a few studies in Japan have investigated these rel...
水間 宗幸, 辻井 正次, 池永 恵美, 中島 俊思, 菊池 哲平, 中村 和彦
九州看護福祉大学紀要   19(1) 59-68   2018年
村山恭朗, 伊藤大幸, 中島俊思, 浜田恵, 片桐正敏, 田中善大, 高柳伸哉, 野田航, 辻井正次
Journal of Health Psychology Research   31(1) 31‐41(J‐STAGE)-41   2018年
<p>Bullying is a major problem in schools. Many studies conducted in the U.S. and Europe have indicated relationships between parenting behaviors and bullying and peer victimization. However, only a few studies in Japan have investigated these rel...
伊藤 大幸, 浜田 恵, 村山 恭朗, 髙柳 伸哉, 野村 和代, 明翫 光宜, 辻井 正次
教育心理学研究 = The Japanese journal of educational psychology   65(4) 451-465   2017年12月
中島俊思, 伊藤大幸, 浜田恵, 辻井正次
小児の精神と神経   57(3) 228‐229   2017年10月
浜田恵, 伊藤大幸, 辻井正次
日本性科学会雑誌   35(2) 126   2017年10月
Morimura N, Yasuda H, Yamaguchi K, Katayama KI, Hatayama M, Tomioka NH, Odagawa M, Kamiya A, Iwayama Y, Maekawa M, Nakamura K, Matsuzaki H, Tsujii M, Yamada K, Yoshikawa T, Aruga J
Nature communications   8 15800   2017年6月   [査読有り]
村山恭朗, 伊藤大幸, 高柳伸哉, 上宮愛, 中島俊思, 片桐正敏, 浜田恵, 明翫光宣, 辻井正次
教育心理学研究   65(1) 64‐76-76   2017年3月
情動調整方略はメンタルヘルスに影響を及ぼす要因の1つである。国内では, 反すう, 問題解決, 気晴らし, 認知的再評価を同時に測定できる尺度がないため, 国内の小中学生における情動調整とメンタルヘルスの関連についての知見はあまり報告されていない。そこで, 本研究は単一市内の全小中学校に在籍する小学4年生から中学3年生までの5,321名を対象として, 既存の尺度に新たに認知的再評価の項目を加えた情動調整方略に関する尺度(Emotion Regulation Scale for Element...
Makinodan M, Iwata K, Ikawa D, Yamashita Y, Yamamuro K, Toritsuka M, Kimoto S, Okumura K, Yamauchi T, Yoshino H, Tsujii M, Sugiyama T, Tsuchiya K, Mori N, Matsuzaki H, Kishimoto T
Neurochemistry international   104 1-5   2017年3月   [査読有り]
Ikawa D, Makinodan M, Iwata K, Ohgidani M, Kato TA, Yamashita Y, Yamamuro K, Kimoto S, Toritsuka M, Yamauchi T, Fukami SI, Yoshino H, Okumura K, Tanaka T, Wanaka A, Owada Y, Tsujii M, Sugiyama T, Tsuchiya K, Mori N, Hashimoto R, Matsuzaki H, Kanba S, Kishimoto T
Brain, behavior, and immunity   61 375-385   2017年3月   [査読有り]
辻井正次
小児の精神と神経   56(4) 341‐351   2017年1月
辻井 正次
小児の精神と神経 = Psychiatria et neurologia paediatrica Japonica : 日本小児精神神経学会機関誌   56(4) 341-351   2017年1月
伊藤 大幸, 浜田 恵, 村山 恭朗, 髙柳 伸哉, 野村 和代, 明翫 光宜, 辻井 正次
教育心理学研究   65(4) 451-465   2017年
<p> クラスサイズ(学級の人数)が学業成績および情緒的・行動的問題に及ぼす影響について,要因の交絡とデータの階層性という2つの方法論的問題に対処した上で検証した。第1に,学年ごとの人数によってのみクラスサイズが決定されている学校を調査対象とする自然実験デザインにより,学校の裁量に起因する要因の交絡や逆方向の影響の発生を防いだ。第2に,マルチレベルモデルの一種である交差分類(cross-classified)モデルを用いて,データの特殊な階層性を適切にモデル化した。第3に,学校内中心化によ...
野村 香代, 永井 幸代, 田中 太平, 辻井 正次
中京大学現代社会学部紀要   11(2) 297-314   2017年
Tanaka S, Oi M, Fujino H, Kikuchi M, Yoshimura Y, Miura Y, Tsujii M, Ohoka H
Clinical linguistics & phonetics   31(3) 234-249   2017年   [査読有り]
村山恭朗, 伊藤大幸, 大嶽さと子, 片桐正敏, 浜田恵, 中島俊思, 上宮愛, 野村和代, 高柳伸哉, 明翫光宜, 辻井正次
発達心理学研究   27(4) 395‐407-407   2016年12月
<p>ソーシャルサポートは児童生徒のメンタルヘルスを維持する要因の一つと指摘されている。本研究は,一市内の全小中学校の高学年児童(4~6年生)と中学生(n=5,223)を対象として,メンタルヘルス問題(抑うつ症状と攻撃性)に対するソーシャルサポートの横断的効果を検証した。属性(性別と学年)およびストレッサーを統制した一般線形モデルによる分析の結果,友人および大人からのソーシャルサポートを知覚する児童生徒ほど抑うつ症状が低いことが示された。また男子よりも女子でサポートと抑うつ症...
明翫光宜, 丸川里美, 新堂裕紀美, 久野綾香, 飯田愛, 辻井正次
小児の精神と神経   56(3) 233‐241-241   2016年10月
浜田恵, 伊藤大幸, 野村和代, 辻井正次, 辻井正次
小児の精神と神経   56(3) 270   2016年10月
野村和代, 伊藤大幸, 浜田恵, 辻井正次, 辻井正次
小児の精神と神経   56(3) 269   2016年10月
伊藤大幸, 村山恭朗, 片桐正敏, 中島俊思, 浜田恵, 田中善大, 野田航, 高柳伸哉, 辻井正次
教育心理学研究   64(2) 170‐183-183   2016年6月
一般小中学生における食行動異常の実態について, 性別・学年による差異, 併存症状としてのメンタルヘルス指標との関連, リスク要因としての社会的不適応との関連という3つの観点から検討した。一般小中学生を対象に質問紙調査を実施し, 4,952名(男子2,511名, 女子2,441名)から有効回答を得た。独自に作成した小中学生用食行動異常尺度について確認的因子分析を行った結果, "やせ願望・体型不満"と"過食"の2因子構造が支持されるとともに, 性別, 学年段階, 体型による因子構造の不変性が確...
野田航, 伊藤大幸, 浜田恵, 上宮愛, 片桐正敏, 高柳伸哉, 中島俊思, 村山恭朗, 明翫光宜, 辻井正次
発達心理学研究   27(2) 158‐166-166   2016年6月
<p>本研究では,単一市内の全公立小・中学校の児童・生徒(小学3年生から中学3年生)を対象とした縦断データの分析を行うことで,攻撃性の安定性に関して検討した。3つの学年コホート(合計約2,500名)の小・中学生の5年間の縦断データを対象に,潜在特性–状態モデル(Cole & Maxwell, 2009)を用いた多母集団同時分析を行った。攻撃性の測定には,小学生用攻撃性質問紙(坂井ほか,2000)を用いた。分析の結果,攻撃性は特性–状態モデルの適合が最も良好であり,特性変数と自己回帰的な状況...
浜田恵, 伊藤大幸, 片桐正敏, 上宮愛, 中島俊思, 高柳伸哉, 村山恭朗, 明翫光宜, 辻井正次
発達心理学研究   27(2) 137‐147-147   2016年6月
<p>本研究では,小学生および中学生における性別違和感を測定するための尺度を開発し,性別違和感が示す,内在化問題および外在化問題との関連について検討することを目的として調査を行った。小学校4年生から中学校3年生までの5,204名(男子2,669名,女子2,535名)を対象として質問紙を実施し,独自に作成した性別違和感に関する13項目と,抑うつおよび攻撃性を測定した。因子分析を行った結果,12項目を含む1因子が見出され,十分な内的整合性が得られた。妥当性に関して,保護者評定および教員評定によ...
浜田恵, 伊藤大幸, 田中善大, 高柳伸哉, 片桐正敏, 中島俊思, 村山恭朗, 野田航, 辻井正次, 辻井正次
小児の精神と神経   56(1) 47‐56-56   2016年4月
伊藤大幸, 野田航, 中島俊思, 田中善大, 浜田恵, 片桐正敏, 高柳伸哉, 村山恭朗, 辻井正次
発達心理学研究   27(1) 59-71   2016年3月
保育士評定による年長時の発達特性が,就学後6年間の心理社会的不適応をどのように予測するかを検討するとともに,その予測精度を最大化する観点から,保育要録用発達評価尺度(DSNR)を開発した。単一市内全保育所および小学校を対象とした7年間の縦断調査によって得られた6つの学年コホートの計2,400名のデータを,交差妥当化のため,ランダムに訓練データとテストデータに分割して使用した。保育所での発達評価には,165項目からなる「保育記録による発達尺度(NDSC)」を用いた。重回帰分析の結果,外在化問...
片桐正敏, 伊藤大幸, 上宮愛, 浜田恵, 村山恭朗, 中島俊思, 高柳伸哉, 明翫光宜, 辻井正次, 辻井正次
LD研究   25(1) 49‐58-58   2016年2月
岩永竜一郎, 萩原拓, 伊藤大幸, 平島太郎, 辻井正次
児童青年精神医学とその近接領域   57(1) 66-70   2016年2月
辻井正次
児童青年精神医学とその近接領域   57(1) 78-82   2016年2月
Maekawa M, Iwayama Y, Ohnishi T, Toyoshima M, Shimamoto C, Hisano Y, Toyota T, Balan S, Matsuzaki H, Iwata Y, Takagai S, Yamada K, Ota M, Fukuchi S, Okada Y, Akamatsu W, Tsujii M, Kojima N, Owada Y, Okano H, Mori N, Yoshikawa T
Scientific reports   6 20268   2016年1月   [査読有り]
岩永 竜一郎, 萩原 拓, 伊藤 大幸, 平島 太郎, 辻井 正次
児童青年精神医学とその近接領域   57(1) 66-70   2016年
村山恭朗, 伊藤大幸, 片桐正敏, 中島俊思, 浜田恵, 高柳伸哉, 上宮愛, 明翫光宣, 辻井正次
Journal of Health Psychology Research   29(1) 1‐11(J‐STAGE)-11   2016年
<p>Relationships between response styles, stressors, and depressive symptoms were investigated in a cross section of adolescents from 4th to 9th grades. A model including stress-diathesis and stress-generation was developed to examine whether resp...
田中善大, 伊藤大幸, 村山恭朗, 野田航, 中島俊思, 浜田恵, 片桐正敏, 高柳伸哉, 辻井正次
発達心理学研究   26(4) 332-343   2015年12月
本研究では,単一市内の全保育所・公立小中学校の児童生徒の保護者を対象に調査を実施し,ASD傾向及びADHD傾向といじめ被害及び加害との関連を検討した。ASSQによってASD傾向を,ADHD-RSによってADHD傾向を測定した。いじめ被害及び加害は,関係的いじめ,言語的いじめ,身体的いじめのそれぞれのいじめについて測定した。保育所年少から中学3年生までの計8396名の幼児児童生徒のデータに対する順序ロジスティック回帰分析の結果,他の独立変数の効果を調整しない場合には,いじめ被害及び加害ともに...
Maekawa M, Iwayama Y, Ohnishi T, Toyoshima M, Shimamoto C, Hisano Y, Toyota T, Balan S, Matsuzaki H, Iwata Y, Takagai S, Yamada K, Ota M, Fukuchi S, Okada Y, Akamatsu W, Tsujii M, Kojima N, Owada Y, Okano H, Mori N, Yoshikawa T
Scientific reports   5 16239   2015年11月   [査読有り]
片桐正敏, 伊藤大幸, 中島俊思, 田中善大, 野田航, 浜田恵, 村山恭朗, 高柳伸哉, 辻井正次
小児の精神と神経   55(2) 117-126   2015年7月
谷伊織, 伊藤大幸, 平島太郎, 岩永竜一郎, 萩原拓, 行廣隆次, 内山登紀夫, 小笠原恵, 黒田美保, 稲田尚子, 原幸一, 井上雅彦, 村上隆, 染木史緒, 中村和彦, 杉山登志郎, 内田裕之, 市川宏伸, 辻井正次
精神医学   57(6) 419-429   2015年6月
大隅香苗, 長峰伸治, 小川茉奈美, 辻井正次
聖隷クリストファー大学看護学部紀要(Web)   (23) 27-40 (WEB ONLY)-40   2015年3月
本研究は、自閉症スペクトラム障害(ASD)児・者を対象に実施した「相互交渉スキル」(対人葛藤場面において自他の要求を調整しながら交渉するスキル)の支援プログラムの効果について検討した第2報である。対象者はASD の診断を受けた小学4年生~中学2年生の7名であった。今回のプログラムは「相互交渉をする上で必要な考え方や解決案」「話し合いの仕方の手順」に関するワークと、それらを用いてのロールプレイ等、第1 報のものと基本的構成は同様であるが、視覚的な工夫として"気持ちのてんびん"と"気持ちのもの...
長峰伸治, 入野奈穂, 野村香代, 望月直人, 辻井正次
聖隷クリストファー大学看護学部紀要(Web)   (23) 11-25 (WEB ONLY)-25   2015年3月
本論は、自閉症スペクトラム障害(ASD) 児・者が対人葛藤場面に直面した時に、自分と相手の要求や視点を調整して話し合う(交渉する)ことで解決に導く「相互交渉スキル」を身につけるための支援プログラムに関する研究の第1報である。本研究では、支援プログラムを新たに開発・実践してその効果について検討した。プログラムの実施対象者はASD の診断を受けている小学4~6年生、中学生、高校生、大学生の計25 名であった。プログラムは「対人葛藤場面でのより良い解決についての説明」「自分も相手も納得できる解決...
村山恭朗, 伊藤大幸, 浜田恵, 中島俊思, 野田航, 片桐正敏, 高柳伸哉, 田中善大, 辻井正次
発達心理学研究   26(1) 13-22   2015年3月
これまでの研究において,我が国におけるいじめ加害・被害の経験率は報告されているものの,いじめに関わる生徒が示す内在化/外在化問題の重篤さはほとんど明らかにされていない。本研究は,内在化問題として抑うつ,自傷行為,欠席傾向を,外在化問題として攻撃性と非行性を取り上げ,いじめ加害および被害と内在化/外在化問題との関連性を調査することを目的とした。小学4年生から中学3年生の4,936名を対象とし,児童・生徒本人がいじめ加害・被害の経験,抑うつ,自傷行為,攻撃性,非行性を,担任教師が児童・生徒の多...
中島俊思, 大西将史, 伊藤大幸, 高柳伸哉, 野田航, 原田新, 田中善大, 望月直人, 大嶽さと子, 辻井正次
小児の精神と神経   54(4) 345-355   2015年1月
浜田恵, 村山恭朗, 明翫光宜, 辻井正次
ストレス科学研究   30(0) 20‐26 (J‐STAGE)-26   2015年
The paper reviewed studies in this country and abroad and discussed following issues: social adaptation in adolescents and adults with Autism Spectrum Disorder (ASD), stress or psychological burden which the family members bear, supports the famil...
村山恭朗, 伊藤大幸, 高柳伸哉, 松本かおり, 田中善大, 野田航, 望月直人, 中島俊思, 辻井正次
発達心理学研究   25(4) 477-488   2014年12月
反応スタイルは抑うつの維持もしくは悪化を引き起こす要因である。本研究は小学4年生から中学3年生の5,217名を対象とし小学高学年・中学生用反応スタイル尺度を開発することを目的とした。既存の反応スタイル尺度を参考に,「反すう」,「問題解決」,「思考逃避」,「気晴らし」の4因子を想定した原案16項目を作成した。探索的因子分析の結果,想定された通り小学高学年・中学生用反応スタイル尺度は4因子(「反すう」,「問題解決」,「思考逃避」,「気晴らし」)で構成されることが示された。さらに各因子間に認めら...
片桐正敏, 伊藤大幸, 辻井正次
小児の精神と神経   54(3) 262-263   2014年10月
大嶽さと子, 伊藤大幸, 野田航, 中島俊思, 望月直人, 大西将史, 高柳伸哉, 辻井正次
小児の精神と神経   54(3) 209-219   2014年10月
浜田恵, 伊藤大幸, 辻井正次
小児の精神と神経   54(3) 261-262   2014年10月
Zinc finger protein 804A (ZNF804A) and verbal deficits in individuals with autism.
Anitha A, Thanseem I, Nakamura K, Vasu MM, Yamada K, Ueki T, Iwayama Y, Toyota T, Tsuchiya KJ, Iwata Y, Suzuki K, Sugiyama T, Tsujii M, Yoshikawa T, Mori N
Journal of psychiatry & neuroscience : JPN   39(5) 294-303   2014年9月   [査読有り]
Ito H, Matsumoto K, Takayanagi N, Harada S, Ohtake S, Mochizuki N, Nakajima S, Noda W, Tanaka Y, Tsujii M
Shinrigaku kenkyu : The Japanese journal of psychology   85(3) 304-312   2014年8月   [査読有り]
伊藤大幸, 田中善大, 村山恭朗, 中島俊思, 高柳伸哉, 野田航, 望月直人, 松本かおり, 辻井正次
精神医学   56(8) 699-708   2014年8月
田中善大, 野田航, 恵藤絢香, 岩崎美佳, 辻井正次
小児の精神と神経   54(2) 175-183   2014年7月
田中善大, 伊藤大幸, 高柳伸哉, 原田新, 野田航, 大嶽さと子, 中島俊思, 望月直人, 辻井正次
精神医学   56(6) 501-510   2014年6月
中村和彦, 鈴木勝昭, 尾内康臣, 辻井正次, 森則夫
分子精神医学   14(2) 88-98   2014年4月
熊崎博一, 岩永竜一郎, 辻井正次
小児の精神と神経   54(1) 83-84   2014年4月
小倉正義, 川上ちひろ, 高柳伸哉, 辻井正次
小児の精神と神経   54(1) 67-68   2014年4月
原田新, 伊藤大幸, 望月直人, 中島俊思, 野田航, 高柳伸哉, 田中善大, 大嶽さと子, 辻井正次
小児の精神と神経   54(1) 17-28   2014年4月
内田裕之, 明翫光宜, 稲生慧, 辻井正次
小児の精神と神経   54(1) 29-36   2014年4月
田中善大, 伊藤大幸, 高柳伸哉, 原田新, 染木史緒, 野田航, 大嶽さと子, 中島俊思, 望月直人, 辻井正次
発達心理学研究   25(1) 58-66   2014年3月
和田浩平, 明翫光宜, 丸川里美, 飯田愛, 垣内圭子, 栗本真希, 大賀肇, 今井康, 辻井正次
中京大学心理学研究科・心理学部紀要   13(2) 1-8   2014年3月
平島太郎, 伊藤大幸, 岩永竜一郎, 萩原拓, 谷伊織, 行廣隆次, 大西将史, 内山登紀夫, 小笠原恵, 黒田美保, 稲田尚子, 原幸一, 井上雅彦, 村上隆, 染木史緒, 中村和彦, 杉山登志郎, 内田裕之, 市川宏伸, 辻井正次
精神医学   56(2) 123-132   2014年2月
宮地菜穂子, 伊藤大幸, 村上隆, 辻井正次
精神医学   56(1) 43-52   2014年1月
望月直人, 伊藤大幸, 原田新, 野田航, 松本かおり, 高柳伸哉, 中島俊思, 大嶽さと子, 田中善大, 辻井正次
精神医学   56(1) 4-11   2014年1月
原田新, 伊藤大幸, 望月直人, 田中善大, 大嶽さと子, 高柳伸哉, 中島俊思, 野田航, 染木史緒, 辻井正次
小児の精神と神経   53(4) 343-351   2014年1月
梅田亜沙子, 惠藤絢香, 岩永竜一郎, 鈴木勝昭, 辻井正次
小児の精神と神経   53(4) 353-365   2014年1月
辻井正次
日本生物学的精神医学会誌   277   2014年
辻井 正次
バイオメカニクス研究 = Japanese journal of biomechanics in sports & exercise : 日本バイオメカニクス学会機関誌   18(1) 31-37   2014年
田中 善大, 伊藤 大幸, 野田 航, 高柳 伸哉, 原田 新, 望月 直人, 大嶽 さと子, 辻井 正次
保育学研究   52(1) 80-89   2014年
本研究では,保育記録による発達尺度改訂版(Nursery School Teacher Rating Developmental Scale for Children-Revised:NDSC-R)を用いた就学後の適応及び不適応の予測について検討した。2つの学年コホートについて,保育所年長時に保育士評定尺度であるNDSC-Rを,就学後に教師評定版SDQ(Strengths and Difficulties Questionnaire)を実施し,783名の幼児児童のデータを得た。第1コホート...
伊藤 大幸, 辻井 正次, 中島 俊思, 望月 直人, 高柳 伸哉, 田中 善大, 松本 かおり, 大嶽 さと子, 原田 新, 野田 航
発達心理学研究   25(3) 221-231   2014年
本研究では,既存の尺度の因子構造やメタ分析の知見に基づき,養育行動を構成する7因子(関与,肯定的応答性,見守り,意思の尊重,過干渉,非一貫性,厳しい叱責・体罰)を同定し,これらを包括的に評価しうる尺度の開発を試みた。小学1年生から中学3年生までの7,208名の大規模データに基づく確認的因子分析の結果,7因子のうち「関与」と「見守り」の2因子を統合した6因子構造が支持され,当初想定された養育行動の下位概念をおおむね独立に評価しうることが示唆された。また,これらの6因子が,子ども中心の養育行動...
Iwata K, Matsuzaki H, Tachibana T, Ohno K, Yoshimura S, Takamura H, Yamada K, Matsuzaki S, Nakamura K, Tsuchiya KJ, Matsumoto K, Tsujii M, Sugiyama T, Katayama T, Mori N
Molecular autism   5 33   2014年   [査読有り]
Mundalil Vasu M, Anitha A, Thanseem I, Suzuki K, Yamada K, Takahashi T, Wakuda T, Iwata K, Tsujii M, Sugiyama T, Mori N
Molecular autism   5 40   2014年   [査読有り]
Balan S, Iwayama Y, Maekawa M, Toyota T, Ohnishi T, Toyoshima M, Shimamoto C, Esaki K, Yamada K, Iwata Y, Suzuki K, Ide M, Ota M, Fukuchi S, Tsujii M, Mori N, Shinkai Y, Yoshikawa T
Molecular autism   5(1) 49   2014年   [査読有り]
松本かおり, 伊藤大幸, 小笠原恵, 明翫光宜, 染木史緒, 谷伊織, 行廣隆次, 内山登紀夫, 黒田美保, 稲田尚子, 岩永竜一郎, 萩原拓, 原幸一, 井上雅彦, 村上隆, 中村和彦, 杉山登志郎, 内田裕之, 市川宏伸, 辻井正次
精神医学   55(11) 1093-1102   2013年11月
谷伊織, 伊藤大幸, 行廣隆次, 平島太郎, 安永和央, 内山登紀夫, 小笠原恵, 黒田美保, 稲田尚子, 萩原拓, 原幸一, 岩永竜一郎, 井上雅彦, 村上隆, 染木史緒, 中村和彦, 杉山登志郎, 内田裕之, 市川宏伸, 田中恭子, 辻井正次
精神医学   55(10) 971-980   2013年10月
Noda W, Ito H, Fujita C, Ohnishi M, Takayanagi N, Someki F, Nakajima S, Ohtake S, Mochizuki N, Tsujii M
Research in developmental disabilities   34(9) 2909-2916   2013年9月   [査読有り]
平島太郎, 伊藤大幸, 岩永竜一郎, 萩原拓, 谷伊織, 行廣隆次, 松本かおり, 内山登紀夫, 小笠原恵, 黒田美保, 稲田尚子, 原幸一, 井上雅彦, 村上隆, 染木史緒, 中村和彦, 杉山登志郎, 内田裕之, 市川宏伸, 辻井正次
精神医学   55(8) 785-795   2013年8月
行廣隆次, 伊藤大幸, 谷伊織, 平島太郎, 安永和央, 内山登紀夫, 小笠原恵, 黒田美保, 稲田尚子, 萩原拓, 原幸一, 岩永竜一郎, 井上雅彦, 村上隆, 染木史緒, 中村和彦, 杉山登志郎, 内田裕之, 市川宏伸, 田中恭子, 辻井正次
精神医学   55(7) 627-635   2013年7月
伊藤大幸, 望月直人, 中島俊思, 瀬野由衣, 藤田知加子, 高柳伸哉, 大西将史, 大嶽さと子, 岡田涼, 辻井正次
発達心理学研究   24(2) 211-220   2013年6月
本研究では.保育士が日常の保育業務の中で作成する「保育の記録」を心理学的・精神医学的観点から体系化した「保育記録による発達尺度(NDSC)」(中島ほか,2010)の構成概念妥当性について検証を行った。4年間にわたる単一市内全園調査によって,年少から年長まで,延べ9,074名の園児についてのデータを得た。主成分分析を行ったところ,9つの下位尺度が見出され,いずれも十分な内的整合性を持つことが示された。9尺度のうち,「落ち着き」,「注意力」,「社会性」,「順応性」の4尺度は月齢との関連が弱く,...
伊藤大幸, 平島太郎, 萩原拓, 岩永竜一郎, 谷伊織, 行廣隆次, 内山登紀夫, 小笠原恵, 黒田美保, 稲田尚子, 原幸一, 井上雅彦, 村上隆, 染木史緒, 中村和彦, 杉山登志郎, 内田裕之, 市川宏伸, 辻井正次
精神医学   55(6) 537-548   2013年6月
伊藤大幸, 田中善大, 高柳伸哉, 大嶽さと子, 原田新, 中島俊思, 野田航, 染木史緒, 望月直人, 辻井正次
精神医学   55(6) 549-560   2013年6月
Kameno Y, Iwata K, Matsuzaki H, Miyachi T, Tsuchiya KJ, Matsumoto K, Iwata Y, Suzuki K, Nakamura K, Maekawa M, Tsujii M, Sugiyama T, Mori N
Molecular autism   4(1) 19   2013年6月   [査読有り]
Noda W, Okada R, Tani I, Ohnishi M, Naoto M, Nakajima S, Tsujii M
Shinrigaku kenkyu : The Japanese journal of psychology   84(2) 169-175   2013年6月   [査読有り]
Anitha A, Thanseem I, Nakamura K, Yamada K, Iwayama Y, Toyota T, Iwata Y, Suzuki K, Sugiyama T, Tsujii M, Yoshikawa T, Mori N
Journal of psychiatry & neuroscience : JPN   38(3) 192-198   2013年5月   [査読有り]
Anitha A, Nakamura K, Thanseem I, Matsuzaki H, Miyachi T, Tsujii M, Iwata Y, Suzuki K, Sugiyama T, Mori N
Brain pathology (Zurich, Switzerland)   23(3) 294-302   2013年5月   [査読有り]
高柳伸哉, 伊藤大幸, 野田航, 田中善大, 大嶽さと子, 染木史緒, 原田新, 中島俊思, 望月直人, 辻井正次
精神医学   55(4) 355-362   2013年4月
中島俊思, 大西将史, 伊藤大幸, 野田航, 望月直人, 高柳伸哉, 染木史緒, 大嶽さと子, 瀬野由衣, 林陽子, 辻井正次
小児の精神と神経   53(1) 47-57   2013年4月
伊藤大幸, 田中善大, 高柳伸哉, 望月直人, 染木史緒, 野田航, 大嶽さと子, 中島俊思, 原田新, 辻井正次
精神医学   55(3) 263-272   2013年3月
Tsuchiya KJ, Matsumoto K, Yagi A, Inada N, Kuroda M, Inokuchi E, Koyama T, Kamio Y, Tsujii M, Sakai S, Mohri I, Taniike M, Iwanaga R, Ogasahara K, Miyachi T, Nakajima S, Tani I, Ohnishi M, Inoue M, Nomura K, Hagiwara T, Uchiyama T, Ichikawa H, Kobayashi S, Miyamoto K, Nakamura K, Suzuki K, Mori N, Takei N
Journal of autism and developmental disorders   43(3) 643-662   2013年3月   [査読有り]
中村和彦, 大西将史, 内山敏, 竹林淳和, 二宮貴至, 鈴木勝昭, 辻井正次, 森則夫
精神科治療学   28(2) 155-162   2013年2月
Suzuki K, Sugihara G, Ouchi Y, Nakamura K, Futatsubashi M, Takebayashi K, Yoshihara Y, Omata K, Matsumoto K, Tsuchiya KJ, Iwata Y, Tsujii M, Sugiyama T, Mori N
JAMA psychiatry   70(1) 49-58   2013年1月   [査読有り]

Misc

 
辻井 正次
Asp heart = アスペハート : 広汎性発達障害の明日のために   17(1) 26-28   2018年9月
辻井正次, 辻井正次
臨床心理学   18(4) 467   2018年7月
辻井 正次
Asp heart = アスペハート : 広汎性発達障害の明日のために   16(2) 4-8   2018年3月
きたやま おさむ, 辻井 正次
Asp heart : 広汎性発達障害の明日のために   15(2) 60-68   2016年12月
伊藤 大幸, 辻井 正次
子育て支援と心理臨床   12 23-30   2016年9月
辻井 正次
Asp heart : 広汎性発達障害の明日のために   15(1) 71-73   2016年9月
片桐 正敏, 辻井 正次
子育て支援と心理臨床   11 117-121   2016年2月
村山恭朗, 辻井正次
臨床心理学   16(1) 57-60   2016年1月
辻井 正次
Asp heart : 広汎性発達障害の明日のために   14(2) 46-48   2015年12月
浜田 恵, 辻井 正次
Asp heart : 広汎性発達障害の明日のために   14(2) 18-21   2015年12月
辻井 正次
Asp heart : 広汎性発達障害の明日のために   14(1) 66-70   2015年9月
大隅香苗, 大隅香苗, 高貝就, 高貝就, 辻井正次, 辻井正次, 辻井正次
子どものこころと脳の発達   6(1) 5‐15-15   2015年5月
片桐正敏, 辻井正次
こころの科学   (181) 26-30   2015年5月
上宮 愛, 辻井 正次
子育て支援と心理臨床   10 116-120   2015年5月
浜田 恵, 辻井 正次
子育て支援と心理臨床   10 100-102   2015年5月
片桐 正敏, 辻井 正次
こころの科学   (181) 26-30   2015年5月
宮地 菜穂子, 辻井 正次
精神科   26(3) 232-235   2015年3月
辻井正次, 上宮愛
発達障害を含む児童・思春期精神疾患の薬物治療ガイドライン作成と普及 平成26年度 委託業務成果報告書   175‐179   2015年
辻井 正次
Asp heart : 広汎性発達障害の明日のために   13(2) 50-55   2014年12月
辻井正次
精神科治療学   29 250-254   2014年10月
辻井 正次
Asp heart : 広汎性発達障害の明日のために   13(1) 94-96   2014年9月
辻井正次
臨床心理学   14(2) 163-167   2014年3月
中井昭夫, 大西将史, 三橋美典, 吉澤正尹, 成瀬廣亮, 宮地泰士, 水野賀史, 辻井正次, 相崎貢一, 柏木充, 飯田悠佳子, 北洋輔, 平田正吾, WILSON Brenda N., SHOEMAKER Marina M., RIHTMAN Tanya, PARUSH Shula, KIRBY Amanda, HENDERSON Sheila, BARNETT Anna, SUGDEN David
就学前後の児童における発達障害の有病率とその発達的変化:地域ベースの横断的および縦断的研究 平成25年度 総括・分担研究報告書   67-90   2014年
五十嵐隆, 杉山登志郎, 辻井正次, 高貝就, 中島俊思, 高柳伸也, 野田航, 藤大幸, 村山恭郎, 松本かおり, 野村昂樹, 安田小響, 野村和代, 井上淳, 望月洋介, 大隅香苗, 田中善大, 原田新, 望月直人
被災後の子どものこころの支援に関する研究 平成25年度 総括・分担研究報告書   103-108   2014年
辻井 正次
Asp heart : 広汎性発達障害の明日のために   12(1) 80-83   2013年9月
辻井 正次
子どもの心と学校臨床 = Japanese journal of school counseling   (8) 117-127   2013年2月
中島俊思, 野田航, 辻井正次
月刊地域保健   44(1) 49-61   2013年1月
中島 俊思, 野田 航, 辻井 正次
月刊地域保健   44(1) 49-61   2013年1月
中井昭夫, 大西将史, 三橋美典, 吉澤正尹, 川谷正男, 宮地泰士, 辻井正次, 田中康雄
就学前後の児童における発達障害の有病率とその発達的変化:地域ベースの横断的および縦断的研究 平成24年度 総括・分担研究報告書   33-53   2013年
神尾陽子, 武井麗子, 稲田尚子, 黒田美保, 中野育子, 辻井正次, 下田芳幸, 川久保由紀, 山末英典, 近藤直司, 深津玲子, 高木晶子, 松尾淳子, 功刀浩, 内山登紀夫
発達障害者に対する長期的な追跡調査を踏まえ、幼児期から成人期に至る診断等の指針を開発する研究 平成24年度 総括・分担研究報告書   25-36   2013年
五十嵐隆, 杉山登志郎, 原田新, 山村淳一, 野村和代, 辻井正次, 中島俊思, 望月直人, 高柳伸哉, 野田航, 田中善大, 松本かおり
被災後の子どものこころの支援に関する研究 平成24年度 総括・分担研究報告書   243-249   2013年
辻井正次, 田中善大, 中島俊思, 小倉正義
発達障害者に対する長期的な追跡調査を踏まえ、幼児期から成人期に至る診断等の指針を開発する研究 平成24年度 総括・分担研究報告書   113-122   2013年
山村淳一, 野村和代, 原田新, 鈴木勝昭, 辻井正次, 杉山登志郎
臨床精神医学   41(9) 1163-1166   2012年9月
内田 裕之, 辻井 正次
Asp heart : 広汎性発達障害の明日のために   11(1) 50-53   2012年9月
辻井 正次
子どもの心と学校臨床 = Japanese journal of school counseling   (7) 91-101   2012年8月
辻井 正次
子どもの心と学校臨床   (6) 101-109   2012年2月
中井昭夫, 吉澤正尹, 川谷正男, 平谷美智夫, 宮地泰士, 辻井正次, 田中康雄, 大西将史, 三橋美典
就学前後の児童における発達障害の有病率とその発達的変化:地域ベースの横断的および縦断的研究 平成23年度 総括・分担研究報告書   27-39   2012年
辻井正次, 井上雅彦, 野村和代, 伊藤大幸
強度行動障害の評価尺度と支援手法に関する研究 平成23年度 総括・分担研究報告書   16-27,29-39   2012年
辻井正次, 中島俊思, 田中善大, 高柳伸哉, 野田航
発達障害者に対する長期的な追跡調査を踏まえ、幼児期から成人期に至る診断等の指針を開発する研究 平成23年度 総括・分担研究報告書   87-98   2012年
辻井正次, 辻井正次
戦略的創造研究推進事業(社会技術研究開発)研究開発実施終了報告書(Web)   WEB ONLY   2012年
宮地泰士, 神谷美里, 野村香代, 吉橋由香, 辻井正次
精神科治療学   26(11) 1465-1472   2011年11月
辻井 正次, 中島 俊思, 望月 直人
月刊地域保健   42(3) 60-64   2011年3月
辻井正次, 望月直人
月刊地域保健   42(2) 70-75   2011年2月
辻井 正次, 望月 直人
月刊地域保健   42(2) 70-75   2011年2月
辻井 正次, 中島 俊思
月刊地域保健   42(1) 66-70   2011年1月

書籍等出版物

 
アスペ・エルデの会, 水間 宗幸, 小倉 正義, 高栁 美佳, 木村 紗彩, 谷 麻衣子, 小川 茉奈美, 岡谷 絵美, 辻井 正次
合同出版   2019年   ISBN:9784772613613
辻井 正次, アスペ・エルデの会, 明翫 光宜, 飯田 愛, 小倉 正義
合同出版   2018年   ISBN:9784772613224
Laugeson Elizabeth A., 辻井 正次, 山田 智子(臨床心理士)
金剛出版   2017年   ISBN:9784772415545
辻井 正次
中央法規出版   2016年   ISBN:9784805854099
Dunn Winnie, 辻井 正次, 萩原 拓, 岩永 竜一郎, 伊藤 大幸, 谷 伊織
日本文化科学社   2015年   

講演・口頭発表等

 
上宮愛, 伊藤大幸, 吉本晏都子, 辻井正次, 仲真紀子
日本心理学会大会発表論文集   2018年8月   
中島俊思, 伊藤大幸, 浜田恵, 辻井正次
日本小児精神神経学会プログラム・抄録集   2017年   
田中早苗, 大井学, 大井学, 藤野博, 菊知充, 吉村優子, 辻井正次, 大岡治恵
日本コミュニケーション障害学会学術講演会予稿集   2016年4月15日   
野村和代, 伊藤大幸, 浜田恵, 辻井正次, 辻井正次
日本小児精神神経学会プログラム・抄録集   2016年   

競争的資金等の研究課題

 
コミュニティにおける青少年の精神的健康増進
研究期間: 1992年   
高機能広汎性発達障害の発達支援
研究期間: 1992年   
発達障害児者の発達支援システム構築
研究期間: 1999年   
精神的健康と逸脱に関する縦断研究
研究期間: 1992年   

特許

 
森 則夫, 岩田 泰秀, 中村 和彦, 杉原 玄一, 橋本 謙二, 辻井 正次
森 則夫, 岩田 泰秀, 中村 和彦, 杉原 玄一, 橋本 謙二, 辻井 正次
橋本 謙二, 伊豫 雅臣, 森 則夫, 武井 教使, 三辺 義雄, 中村 和彦, 岩田 泰秀, 関根 吉統, 土屋 賢治, 辻井 正次
橋本 謙二, 伊豫 雅臣, 森 則夫, 武井 教使, 三辺 義雄, 中村 和彦, 岩田 泰秀, 関根 吉統, 土屋 賢治, 辻井 正次