Suwa, Masaki

J-GLOBAL         Last updated: Jun 20, 2019 at 02:43
 
Avatar
Name
Suwa, Masaki
URL
http://metacog.jp/
Affiliation
Keio University
Section
Faculty of Environment and Information Studies
Job title
Professor
Degree
工学博士(The University of Tokyo)

Research Areas

 
 

Education

 
Mar 1984
   
 
Faculty of Engineering, The University of Tokyo
 
Mar 1989
   
 
Department of Nuclear Engineering, Graduate School, Division of Engineering, The University of Tokyo
 

Committee Memberships

 
Jan 2009
 - 
Today
日本認知科学会  常任運営委員
 
Jan 2008
 - 
Today
The japanese Society for Artificial Intelligence  Editor
 

Awards & Honors

 
Jun 1990
人工知能学会論文賞
 
Sep 2002
日本認知科学会大会発表賞
 
Sep 1989
情報処理学会研究賞
 
2001
創造的認知手法・諏訪正樹. (2001). 外的表象を上手に見るための知覚的スキル---創造への源泉----、日本認知科学会18回全国大会、函館2001年6月, pp.266-267., 認知科学会大会発表賞, 認知科学会
Winner: SUWA Masaki
 
1990
機械学習:諏訪,元田. (1989). フラストレーションに基づく学習,人工知能学会誌,Vol.4, No.3, pp.308-320., 人工知能学会論文賞, 人工知能学会
Winner: SUWA Masaki
 
問題解決履歴から学習すべきチャンク部分を選択し,チャンク的マクロオペレータを学習するための手法+その手法を有するコンピュータプログラムの実装

Published Papers

 
「身体」が「ことば」の力を借りたら (創刊125周年記念号) -- (小特集 からだにとって言語とはなにか)
SUWA Masaki
早稲田文学.   第10次(17) 158-163   2016   [Invited]
Suwa M.
New Generation Computing   37(2) 159-165   Apr 2019
© 2019, Ohmsha, Ltd. and Springer Japan KK, part of Springer Nature. Dr. Furukawa had a sharp view in pinpointing that the crucial issue in skill science lies in discovering missing parts, that it is an act of abductive thinking, and that logic pr...
Suwa M.
New Generation Computing   37(2) 167-184   Apr 2019
© 2019, Ohmsha, Ltd. and Springer Japan KK, part of Springer Nature. We argue that studies on embodied knowledge should deal with the process of how knowledge is learned, if we consider the essential meaning of the notion of “embodiment”. In other...
Sumi Y., Suwa M., Hanaue K.
Conference on Human Factors in Computing Systems - Proceedings   2018-April    Apr 2018
© 2018 Copyright held by the owner/author(s). This paper discusses the effects of multiple viewpoint videos for metacognition of experiences. We present a system for recording multiple users' collaborative experiences by wearable and environmental...
一人称研究(第4回)一人称研究対談 : 人工生命研究から見た言語化の意義(下篇)
SUWA Masaki
人工知能 : 人工知能学会誌 : journal of the Japanese Society for Artificial Intelligence   32(6) 988-998   Nov 2017

Misc

 
Numao M., Matsuo Y., Shinohara A., Suwa M.
New Generation Computing   36(2) 91-93   Apr 2018
特集「一人称研究の勧め」にあたって
SUWA Masaki, HORI Koichi
人工知能学会誌   28(5) 688-688   Sep 2013   [Invited]

Books etc

 
身体が生み出すクリエイティブ
諏訪正樹
筑摩書房   Feb 2018   ISBN:4480071245
お笑い芸人はなぜ面白い一言を言えるか?彼ら自身も言語化できないように、お笑いは暗黙の身体知である。プロから一般人まで、人はふとクリエイティブなことをやってのける。そのメカニズムは未解明だが、身体とことばを上手に共存させて発想することが、クリエイティブの源である。日常生活において、体感にしかと向き合って着眼と解釈を行い、なんでも試してみるマインドを持つことが、いまよりもクリエイティブになる秘訣である。それは現在のAIにはまだとても難しいことである。
「こつ」と「スランプ」の研究 : 身体知の認知科学
SUWA Masaki
東京 : 講談社,   Jun 2016   
知のデザインー自分ごととして考えよう
SUWA Masaki, FUJII Haruyuki (Part:Joint Work)
近代科学社   Jun 2015   ISBN:978-4764904842
主体的に学ぶためには?情報過多な時代だからこそ、少しハードボイルドな学び論/教育論。
一人称研究のすすめー知能研究の新しい潮流
SUWA Masaki, HORI Koichi, ITO Takeshi, MATSUBARA Hitoshi, ABE Akinori, OOTAKE Mihoko, MATSUO Yutaka, FUJII Haruyuki NAKASHIMA Hideyuki (Part:Joint Work)
近代科学社   Apr 2015   
「知」は個人の中に内在するため、その文脈の中で語られてこそ本質を理解することができる.すなわち「一人称」を研究のスタートとし,積み上げることで,これまで語られることのなかった「知」の姿についての仮説が立つ.「わたし」の視点から世界を記述することが知の研究の地平を拓く.
“学びのための環境デザイン”特集号
KATO Fumitoshi, SUWA Masaki (Part:Joint Work)
2012   

Conference Activities & Talks

 
語りカメラ・プレーヤ:物語による空間体験の拡張支援ツール
KURIBAYASHI Satoshi, SUWA Masaki
人工知能学会第25回全国大会   Jun 2011   
場を活性化させる役回り自己開拓手法の提案
SAKAIDA Rui, KOBAYASHI Ikuo, OGITA Akiko, SUWA Masaki
人工知能学会第25回全国大会   Jun 2011   
余暇という視点から生活をリデザインする試み
SAKATA Ai, SAKAIDA Rui, SUWA Masaki
人工知能学会第25回全国大会   Jun 2011   
発声のメタ認知促進システム“いい声マイク”の提案
YAJIMA Kasumi, KAKEHI Yasuaki, SUWA Masaki
インタラクション2011   11 Mar 2011   
身体的メタ認知を通じた身体技の「指導」手法の開拓
ISHIHARA Sou, SUWA Masaki
第9回身体知研究会,SKL-09-03   24 Feb 2011   人工知能学会

Teaching Experience

 

Works

 
対談 気づける身体をつくること : 実践のことば化をめぐって (特集 言葉の力)
大谷 則子, 諏訪 正樹   The Others   Aug 2017 - Today

Research Grants & Projects

 
体感辞書を備えたインタラクティブツールにより触覚を研ぎすます生活実践のデザイン
日本学術振興会: Grant-in-Aid for Scientific Research
Project Year: Apr 2014 - Mar 2017    Investigator(s): 諏訪正樹
車ライフスタイルへのメタ認知技術の適用化研究
諏訪研究室: 日産自動車株式会社からの受託研究
Project Year: Sep 2012 - Jun 2013
身体を考える生活を促す支援環境と生活意識の構成論的デザイン実験
Grant-in-Aid for Scientific Research
Project Year: Apr 2011 - Mar 2014    Investigator(s): 諏訪正樹
身体的感性に応じたデザインの基礎技術としてのメタ認知方法論の探究 —言語化による身体知開拓の学習支援—
慶應義塾大学: 財団法人日産科学振興財団 特別研究課題
Project Year: Apr 2008 - Mar 2011
コミュニケーションにおける身体・自己に根ざした表現力を育成するための方法論の構築
中京大学: Grant-in-Aid for Scientific Research
Project Year: Apr 2004 - Mar 2007