野村 竜也

J-GLOBALへ         更新日: 18/12/21 17:43
 
アバター
研究者氏名
野村 竜也
 
ノムラ タツヤ
URL
http://www.rikou.ryukoku.ac.jp/~nomura/
所属
龍谷大学
部署
理工学部 情報メディア学科
職名
教授
学位
博士(工学)(京都大学), 理学修士(大阪大学)
その他の所属
株式会社国際電気通信基礎技術研究所
科研費研究者番号
30330343

研究分野

 
 

経歴

 
1989年
 - 
1995年
シャープ株式会社 研究員
 
1995年
 - 
1998年
ATR人間情報通信研究所 研究員
 
1998年
 - 
2000年
シャープ株式会社 研究員
 
2000年
 - 
2004年
阪南大学経営情報学部 助教授
 
2004年
 - 
2011年
龍谷大学理工学部 准教授
 

学歴

 
 
 - 
1989年
大阪大学 理学研究科 数学
 
 
 - 
1987年
大阪大学 理学部 数学
 

論文

 
Tatsuya Nomura,Tsuyoshi Nakazawa
Social Robotics - 9th International Conference, ICSR 2017, Tsukuba, Japan, November 22-24, 2017, Proceedings   423-431   2017年   [査読有り]
Tatsuya Nomura
26th IEEE International Symposium on Robot and Human Interactive Communication, RO-MAN 2017, Lisbon, Portugal, August 28 - Sept. 1, 2017   534-538   2017年   [査読有り]
Tatsuya Nomura,Yuichi Hoshina
Companion of the 2017 ACM/IEEE International Conference on Human-Robot Interaction, HRI 2017, Vienna, Austria, March 6-9, 2017   231-232   2017年   [査読有り]
Tatsuya Nomura,Array
I. J. Social Robotics   8(1) 21-30   2016年   [査読有り]
Tatsuya Nomura,Takayuki Uratani,Takayuki Kanda 0001,Kazutaka Matsumoto,Hiroyuki Kidokoro,Yoshitaka Suehiro,Sachie Yamada
Proceedings of the Tenth Annual ACM/IEEE International Conference on Human-Robot Interaction, HRI 2015 Extended Abstracts, Portland, OR, USA, March 02 - 05, 2015   63-64   2015年   [査読有り]

Misc

 
野村 竜也, 黒田 孝二郎
電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   117(177) 47-50   2017年8月
野村 竜也, 三ツ中 雅人
電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   116(185) 97-101   2016年8月
野村 竜也
電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   115(283) 1-4   2015年10月
野村 竜也
龍谷大学国際社会文化研究所紀要   15 211-219   2013年6月
松尾 嘉樹, 野村 竜也
研究報告ヒューマンコンピュータインタラクション(HCI)   2012(9) 1-7   2012年1月
人の特性シャイネスとロボットの表現様式の違いがロボットへの印象と対話中の行動に与える影響を検証することを目的として,本研究では表情で感情表現を行うロボットと身体動作によって感情表現を行うロボットの 2 種類を用いた被験者間計画での心理実験を行った.本稿では,特性シャイネス尺度と事後質問紙およびビデオデータから抽出した行動指標を用いた分析結果について報告する.To investigate influences of humans' trait shyness and robots' expr...

講演・口頭発表等

 
Psychological Influence of Double-Bind Situations in Human-Agent Interaction
/ WIC / ACM International Conference on Intelligent Agent Technologies   2007年   
Robotics in Education: Psychological Relationships with "Making-Artifacts," Computers, and Mathematics in Japan
IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems   2007年   
Effects of Polite Behaviors Expressed by Robots: A Case Study in Japan
IEEE / WIC / ACM International Conference on Intelligent Agent Technology   2008年   
Human Evaluation of Affective Body Motions Expressed by a Small-Sized Humanoid Robot: Comparison between Elder People and University Students
IEEE International Symposium on Robot and Human Interactive Communication   2009年   
Influences of Inconsistency between Phrases and Postures of Robots: A Psychological Experiment in Japan
IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems   2010年   

競争的資金等の研究課題

 
対人不安低減訓練の支援を目指したロボットの開発と評価
日本学術振興会: 科学研究費補助金
研究期間: 2013年4月 - 2016年3月    代表者: 野村 竜也
オートポイエーシスに基づく複雑系としての社会システムに関する研究
その他の研究制度
研究期間: 1996年   
対ロボットコミュニケーションにおける感情や態度
科研費
研究期間: 2006年 - 2007年
ロボットとの信頼関係と振る舞い
科研費
研究期間: 2009年 - 2013年