三好 大輔

J-GLOBALへ         更新日: 07/03/13 00:00
 
アバター
研究者氏名
三好 大輔
 
ミヨシ ダイスケ
URL
http://fiber.konan-u.ac.jp/index.html
所属
甲南大学
部署
先端生命工学研究所
職名
専任講師
学位
博士(理学)

研究分野

 
 

学歴

 
 
 - 
2003年
甲南大学 自然科学研究科 化学専攻
 
 
 - 
1996年
甲南大学 理学部 化学科
 

Misc

 
Selection of peptides that recognize tryptophan by combinatorial chemistry
Peptide Science   281   1999年
SUGIMOTO N, KAZUTA H, ZOU J, MIYOSHI D
Chem. Commun   (8) 677-678   1999年
ゲノム化学は今2 DNAチップとバイオインフォマティクス -遺伝子の定量的解析に向けて
化学(化学同人)   55 39   2000年
ゲノム化学は今3 SNPs解析と次世代の生命化学 -「ニューセントラルドグマ」の構築に向けて
55 47   2000年

書籍等出版物

 
ゲノム化学とSNPs解析-化学の果たす役割
ヒトゲノム最前線   2001年   
化学フロンティア5 生命化学のニューセントラルドグマ テーラーメイド・バイオケミストリーのめざすもの (10章 タンパク質の構造・機能化学)
化学同人   2002年   
Recent Devel. Nucleic Acids Res. (Use of the polymorphic nature of high-order DNA structures for the design of dynamic and functional nanodevices)
2006年   
一細胞定量解析の最前線 -ライフサーベイヤ構築に向けて- (シグナル解析を目指した機能性核酸の構築)
N.T.S.   2006年   

所属学協会

 
 

競争的資金等の研究課題

 
核酸構造を制御する機能性分子の開発
その他の研究制度
コンビナトリアルケシストリーとモレキュラーインプリンティングによる機能性分子の開発
その他の研究制度
生体分子の構造・安定性・機能に及ぼす細胞内環境因子の効果の定量的考察
その他の研究制度
生体分子を用いた新規ナノバイオデバイスの開発
その他の研究制度