林 智良

J-GLOBALへ         更新日: 19/08/09 02:40
 
アバター
研究者氏名
林 智良
学位
博士(法学)(京都大学), 修士(法学)(京都大学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
2004年
   
 
- 大阪大学法学研究科教授
 

学歴

 
 
 - 
1993年
京都大学 法学研究科 基礎法学
 
 
 - 
1985年
京都大学 法学部 
 

論文

 
ガーイウス・アクィーリウス・ガッルスC. Aquilius Gallusの周辺 ー 共和政末期ローマの政治的・社会的・法学的文脈において
林 智良
法と政治      2011年4月
Rereading of the stipulatio Aquiliana - how was the total obligation grasped by this device?
林 智良
   2011年9月
"Appunti su una lettura di D.17.1.58('Pauli Liber guaestionum' 4).'Casus' presupposto e significato di 'decretum'"
Tomoyoshi Hayashi
Diritto romano fra Tradizione e Modernita Atti del COnvegno internazionale di Shanghai(13-15 novembre 2014)   237-245   2017年11月   [招待有り]

Misc

 
共和政末期ローマにおける執政官就任者と法学・弁論術・軍功-法学者研究の後景-
奈良法学会雑誌   11(4) 1   1999年
紀元前3・2世紀ローマにおける法学者の社会的地位と活動について-戦後欧米圏における議論の展開を中心に-
奈良法学会雑誌   12(3-4) 1   2000年
『学説彙纂』第17巻第1章(委任訴権あるいは委任反対訴権)についての覚え書き - 第1・第2法文と全体の構成をめぐって
奈良法学会雑誌   20巻3・4号、 49-61頁    2008年
Roman Law Studies and the Civil Code in Modern Japan - System, Ownership, and Co-ownership
Osaka University Law Review   55,15-26    2008年
法文化(歴史・比較・情報)叢書⑦法の担い手たち
国際書院   15-36頁    2009年

書籍等出版物

 
共和政末期ローマの法学者と社会-変容と胎動の世紀-
法律文化社   1997年   
「前段の司法」とその担い手をめぐる比較法史研究
三阪佳弘(編著者) (担当:共著)
大坂大学出版会   2019年3月   ISBN:9784872596816

競争的資金等の研究課題

 
ローマ法学者の法社会史的研究