IDA Yoshihito

J-GLOBAL         Last updated: Sep 23, 2019 at 11:30
 
Avatar
Name
IDA Yoshihito
E-mail
yidakindai.ac.jp
Affiliation
Kindai University Junior College Division
Job title
准教授
Degree
(BLANK)

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
1999
 - 
2000
Hiroshima Women's Commercial College, Lecturer
 
1998
 - 
1999
Hiroshima Women's Commercial College,
 
 
   
 
Research Assistant
 

Education

 
 
 - 
1998
Graduate School, Division of Economics, Kinki University
 
 
 - 
1993
Faculty of Commerce and Economics, Kinki University
 

Misc

 
Relation between Railways and Commerce
IDA Yoshihito
RAILWAY HISTORY REVIEW   (34) 47-48   Dec 2016
井田 泰人
近畿大学短大論集 = The Bulletin of the Junior College Division of Kinki University   49(1) 25-42   Dec 2016
井田 泰人
近畿大学短大論集 = The Bulletin of the Junior College Division of Kinki University   48(1) 63-70   Dec 2015
井田 泰人
近畿大学短大論集   46(1) 1-13   Dec 2013
[目次] はじめに, 1. 松本重太郎の企業家人生 (1)出生から商家奉公・独立開店まで  (2)企業家としての活動 (3)関西財界での地位の向上 (4) 企業間トラブルの解決と様々な公職 2. 松本重太郎の山陽鉄道における経営  (1) 山陽鉄道への関与と社長就任までの様子  (2) 社長就任直後の様子  (3) 総支配人の配置  (4) 役員と主要株主の変遷[抄録] 本稿では、明治期に関西で活躍した...
井田 泰人
The Journal of business administration and marketing strategy   56(2) 647-662   Dec 2009
井田 泰人
Ikoma journal of economics   7(1) 383-401   Jul 2009
コンビニエンス・ストアが日本に登場したのは1960年代後半のことである。通商産業省, 中小企業庁が進める流通の近代化, 中小小売商の集団化・組織化などの政策によって登場し, 成長した。今日では大手流通グループの中核的事業となり, 業界においては主導的な立場となっている。長期的な同事業の発展過程を考察するつもりであるが, 本稿では, 1960年代後半から70年代にかけての「黎明期」に注目し, 当時のコンビニエンス・ストア像を浮き彫りにしている。 (英文) In the latter half...
井田 泰人
The Bulletin of the Junior College of Kinki University   41(1) 11-23   Dec 2008
本稿ではカネボウを例に挙げて、経営多角化の展開によって成長させ得た化粧品事業の変遷を見ている。カネボウは、同事業の始動・育成の過程で、策定された戦略に合わせて、分離と再編入を繰り返した。やがて、化粧品事業は中核事業に成長し、カネボウ本体、グループでの牽引役となった。その一方でカネボウの経営は不調で、有利子負債は膨張した。経営の再建に取り掛かるが、同事業を売却しその返済資金に充てるか、または同事業を稼ぎ頭として温存し業績回復を目指すか、という判断に迫られた。カネボウは、化粧品事業が再建に必要...
井田 泰人
The Bulletin of the Junior College of Kinki University   39(1) 57-66   Dec 2006
本稿ではわが国ではじめて化粧品の訪問販売を行ったポーラ化粧品本舗の沿革を明らかにし、訪問販売と販売組織がどのように時代の流れに対応させられているかを一瞥した。また、同社の株式所有の構造、経営者の変遷、展開された経営戦略についても言及している。ポーラ化粧品本舗は何度となく、環境の変化に対応するべく、販売組織を変えてきたが、今日に至っては、訪問販売を取り巻く環境が厳しさを増し、その再建を進める一方で、訪問販売依存の経営体質の脱皮も図っている。 (英文) In this paper I wil...
井田 泰人
The Bulletin of the Junior College of Kinki University   38(1) 17-28   Dec 2005
小林一三は電鉄会社を軸に沿線開発を始め百貨店経営やレジャー産業を展開した斬新で独創的な経営を実践した人物である。後に小林の経営手法を数多くの経営者が取り入れた。そのうちの一人にダイエーの創業者である中内功がいる。彼は、小売業を軸に多角化を展開する。しかし、両者の経営の手法を比較すると、中内は堅実性に欠け、非合理的側面が見られたこともあり第二の小林になりきれなかった。 (英文) Ichizo KOBAYASHI established Hankyu Rail Way Co.,Ltd, a...
IDA Yoshihito
交通史研究   (56) 126-127   Feb 2005
Ida Yoshihito
The bulletin of the Junior College of Kinki University   37(1) 31-38   Dec 2004
本稿では株式会社コーセーの発展過程を概観する。化粧品製造業に長らく従事してきた小林孝三郎が第二次世界大戦後、独立・創業し「小林合名会社」を設立した。その後、同社は「株式会社小林コーセー」に改組する。さらにイメージの刷新をはかり、CI活動の一環で「株式会社コーセー」に社名を変更する。同社の経営の実権は小林家によってかなりの部分が握られている。同社は高品質の化粧品を製造し、国際化戦略の積極的展開によって発展している。 (英文) The purpose of this paper is to t...
IDA Yoshihito
KOTSUSHI KENKYU   48, 57-68(48) 57-68   Feb 2002
Enterprise Diversification and Entry into the Cosmetic Industry
RESEARCH BULLETIN OF HIROSHIMA AKI WOMEN'S UNIVERSITY   2, 33-42    2001
A Changing Process of Kanebo Co., Ltd. after World War Ⅱ
THE KINKIDAIGAKU TANDAI RONSHU   34(1), 47-55    2001
Notes on Japanese Business History(1)
HIROSHIMA WOMEN'S COMMERCIAL COLLEGE GAKKAISHI   (3) 165-175   1999
The Effects of Changes in Fars on the Sanyo Railway Co. , ltd
JOURNAL OF HIROSHIMA WOMEN'S COMMERCIAL COLLEGE   (9) 63-70   1998
The management position of Mr. Hikojiro Nakamigawa and his Corporate renovation at Sanyo Railways Co. , ltd
KOTUSHI KENKYU   (39) 59-69   1997
The initiative of Sanyo Railway in the first Stage and leadership of Denzaburo Fujita, Heigoro Shoda and Rokuro Hara
KINKI-DAIGAKU KEIZAIGAKU-RONKYU   2(2) 1-10   1997

Research Grants & Projects

 
Study on the development of enterprise