本木 実

J-GLOBALへ         更新日: 18/09/19 09:49
 
アバター
研究者氏名
本木 実
所属
熊本高等専門学校
部署
情報通信エレクトロニクス工学科
職名
准教授
学位
博士(工学)(九州大学)

経歴

 
2009年
 - 
現在
熊本高等専門学校 情報通信エレクトロニクス工学科 准教授
 
2016年4月
 - 
2017年3月
ノッティンガムトレント大学 College of Science and Technology Research Associate
 
2006年9月
 - 
2009年
熊本電波工業高等専門学校 電子工学科 准教授
 
1999年
 - 
2003年
九州産業大学工学部 電気工学科 助手
 

学歴

 
 
 - 
2006年
九州大学  知能システム学専攻
 
 
 - 
1995年
熊本大学 工学研究科 電気情報工学
 

論文

 
Kinect を用いた健常者における非侵襲・非接触型嚥下機能評価法の研究
竹谷剛生,古閑公治,久保高明,大塚裕一,宮本恵美,船越和美,本木実
保健科学研究誌 Journal of Health Sciences   No.14 103-113   2017年3月   [査読有り]
教科間連携による「キャリア教育」
草野美智子,本木実
高専教育   (No.37) 453-458   2014年   [査読有り]
乗算器が不要なパルスニューロンモデルの実数値入出力
本木実、細井佑輔,松尾和典
熊本高等専門学校研究紀要   (第3号) 77-80   2011年   [査読有り]
HDLおよびASIC設計開発環境の整備とそれを通した協同教育
本木 実,松尾和典, 大山英典,黒川憲宏,山本博康
高専教育   (No.32) 399-404   2009年   [査読有り]
記号列を入出力とするニューラルネットの学習法
本木実,冨浦洋一, 高橋直人
情報処理学会論文誌   Vol.47(No.8) 2779-2791   2006年   [査読有り]
記号表現ベクトル学習機能を有するニューラルネットの英語前置詞句係り先決定問題における実験的評価
本木実,冨浦洋一,日高達,嶋津好生,高橋直人
九州大学大学院システム情報科学紀要   第10巻(第1号) 51-56   2003年   [査読有り]
階層型ニューラルネットによる深層格解析
本木実,嶋津好生, 高橋直人
情報処理学会論文誌   Vol.41(No.10) 2852-2862   2000年   [査読有り]
Composing Vectorial Representation for Noun Phrase Using Neural Networks
Naoto Takahashi, Minoru Motoki
Proceedings of the First Workshop on Natural Language Processing and Neural Networks   14-23   1999年   [査読有り]
Performance of Structual Generalization in Connectionist Japanese Complex Sentence Parser,
Minoru Motoki, Yoshio Shimazu
Proceedings of 5th Natural Language Processing Pacific Rim Symposium 1999   322-327   1999年   [査読有り]
A subsymbolic approach for acquiring semantic represenattions
Naoto Takahashi, Minoru, Motoki
Proceeding of Third International Workshop on Computational Semantics   322-327   1999年   [査読有り]

Misc

 
Raw EMG Wave Pattern Recognition Using Multilayer SAM Spiking Neural Network
Saki Shouji, Arata Hayashi and Minoru Motoki
Proc. of SICE Annual Conference 2018   1286-1287   2018年9月   [査読有り]
Function Approximation Using Multilayer SAM Spiking Neural Network
M.Motoki, H.Shintani, K.Matsuo, TM.McGinnity
Proc. of IEEE 8th International Innovative Computing Technology (INTECH2018)   65-70   2018年8月   [査読有り]
Low-cost EMG measurement device for hands-free wheelchair control
T.Ishibashi, Y.Oshiro, H. Shintani, M.Motoki, K.Hayama and H.Ohtsuka
Proc. of Life Engineering Symposium 2015   56-57   2015年
A Simple Device for Response Time Measurement of Patellar Tendon Reflex by Using Gyro Sensors and Microcontroller
M.Motoki, K.Hayama, T.Ishibashi, H.Shintani, and H.Koga
Proc. of Life Engineering Symposium 2015   321-322   2015年
Implementation of directional characteristics by real-time processing of sounds observed by three microphones
K.Hayama, T.Ishibashi, H.Shintani, M.Motoki and H.Gotanda
Proc. of the 3rd IIAE International Conference on Intelligent Systems and Image Processing   305-308   2015年   [査読有り]

講演・口頭発表等

 
SAMスパイキングニューラルネットのFPGA実装における固定小数点数表現の検討
麻生 雄太, 松尾 和典, 新谷 洋人, 本木 実, 西牟田 輝満
電子情報通信学会第31回 回路とシステムワークショップ   2018年5月17日   
SAMスパイキングニューラルネットのFPGA実装に関する検討
本木 実,松尾和典,新谷洋人
電子情報通信学会ニューロコンピューティング研究会   2018年1月27日   
SAMスパイキングニューラルネットによる関数近似
本木 実,新谷洋人,佐々栄治郎,柴田克成
計測自動制御学会 システム・情報部門学術講演会 SSI2017   2017年11月25日   
DCブラシレスモーターポジショナに関する 制御ゲインの自動調整
東将太,本木実,塚本晃史
電気学会九州支部高専研究講演会   2016年   
卒業研究での信頼性向上の教育に関する産学連携の実践例−研究用プログラムコードの検証困難さに対する試み−
本木 実,新谷洋人,寺田晋也,塚本晃史
第64回年次大会工学教育研究講演会   2016年   
非接触型測定装置を用いた嚥下機能評価法の研究:その2 健常若年者の検討
竹谷剛生,古閑公治,久保高明,大塚裕一,宮本恵美,船越和美,本木 実
第21回日本摂食嚥下リハビリテーション学会学術大会   2015年   
非接触型測定装置を用いた嚥下機能評価法の研究:その1 測定条件の検討
古閑公治,竹谷剛生,久保高明,大塚裕一,宮本恵美,船越和美,本木 実
第21回日本摂食嚥下リハビリテーション学会学術大会   2015年   
ニューラルネットを用いたバランストレーニング支援機器の製作
岩崎希祐,本木実
電子情報通信学会 情報・システムソサイエティ特別企画学生ポスターセッション予稿集 ISS-SP-218   2015年   
非接触型センサを用いた嚥下動作解析法の一提案
熊川瑛至,本木実,古閑公治
電子情報通信学会 情報・システムソサイエティ特別企画学生ポスターセッション予稿集 ISS-SP-219   2015年   
Kinectを用いた裸眼3Dディスプレイ表示に関する研究
盛高涼輔,本木実
第19回高専シンポジウムin久留米   2014年   

競争的資金等の研究課題

 
階層型ニューラルネットによる英語前置詞句の係り先曖昧性の解消
研究期間: 2001年   

特許

 
特願2016-072834 : 信号変換装置及び信号変換システム
本木 実,松尾和典,新谷洋人,山本博康