岩下 勉

J-GLOBALへ         更新日: 18/10/11 10:25
 
アバター
研究者氏名
岩下 勉
 
イワシタ ツトム
URL
http://www.ar.ariake-nct.ac.jp/iwashita/iwashita.html
所属
有明工業高等専門学校
部署
創造工学科(建築)
職名
教授
学位
博士(工学)(熊本大学)

プロフィール

資格等:CompTIA CTT+ Classroom Trainer, アーク溶接の業務に係る特別教育修了,クレーン運転特別教育修了,玉掛け技能講習修了

研究分野

 
 

経歴

 
2000年4月
 - 
現在
有明工業高等専門学校
 
2018年4月
 - 
現在
長崎総合科学大学 非常勤講師(鋼構造)
 
2014年4月
 - 
2015年3月
教員グローバル人材育成力強化プログラム参加
 
2010年3月
 - 
2011年2月
トロント大学 客員教授
 

学歴

 
 
 - 
2003年
熊本大学 自然科学研究科 環境共生科学
 
 
 - 
2000年
熊本大学 自然科学研究科 建築学
 
 
 - 
1998年
熊本大学 工学部 建築学科
 
 
 - 
1996年
有明工業高等専門学校  建築学科
 

委員歴

 
2015年
 - 
現在
福岡県建築鉄骨協議会
 
2016年
 - 
現在
大牟田市  入札監視委員会
 
2016年
 - 
2016年
日本建築学会九州支部  熊本地震災害調査委員会
 
2003年
 - 
現在
日本建築学会九州支部  構造委員会
 
2002年
 - 
現在
日本鉄鋼連盟  九州地区サブネットワーク
 

受賞

 
2015年9月
The 9th International Symposium on Advances in Technology Education. Lectureship Award. Faculty Development Program for Nurturing Global Education and Research Abilities
受賞者: 岩下 勉,他10名
 

論文

 
伊山 潤, 松尾 真太朗, 吉敷 祥一, 石田 孝徳, 東 康二, 城戸 將江, 岩下 勉, 澤田 樹一郎, 山田 哲, 清家 剛
日本建築学会技術報告集   24(56) 183-188   2018年2月   [査読有り]
Effects of Cyclic Loading on Brittle Fracture in Steel Notched Specimens -Evaluation of Cumulative Ductility and Cumulative Damage-
Komiya, S., Iwashita, T.
Proceedings of International Symposium on Innovative Engineering   51-56   2018年1月   [査読有り]
Cumulative damage of notched specimens with brittle fracture under cyclic loading
Iwashita, T., Tateno, A., Azuma, K.
Proceedings of The 16th International Symposium on Tubular Structures   373-379   2017年12月   [査読有り]
Ductile Crack Growth Simulation and Effects of Crack Growth on Single-Edge Notched Bend Specimens
Shimada, K., Komiya, S., Iwashita, T.
Proceedings of the International Conference of Global Network for Innovative Technology and AWAM International Conference in Civil Engineering (IGNITE-AICCE'17), AIP Conference Proceedings   1982(1) 020030-1-020030-7   2017年10月   [査読有り]
Effects Of Cyclic Loading On Brittle Fracture In Steel Notched Specimens With Different Fracture Toughness
Iwashita, T., Azuma, K.
14th International Conference on Fracture (ICF14)      2017年6月   [査読有り]

Misc

 
Effects of Cyclic Loading on Occurrence of Brittle Fracture in Notched Specimens and Comparison with Weibull Stress Approach
Iwashita, T., Azuma, K.
The 11th Pacific Structural Steel Conference   1109-1115   2016年10月   [査読有り]
Faculty Development Program for Nurturing Global Education and Research Abilities
Iwashita, T., et al.
The 9th International Symposium on Advances in Technology Education   76-81   2015年9月   [査読有り][依頼有り]
Academic Activities and Teaching Methods in University Classroom in the United States
Akazawa, S., Matsumoto, Y., Iwashita, T., et al.
The 9th International Symposium on Advances in Technology Education   134-137   2015年9月   [査読有り]
Application of the Weibull Stress Approach to the Prediction of Brittle Fracture Originating from Defects at the Ends of Groove-Welded Joints
Iwashita, T., Azuma, K.
The 15th International Symposium on Tubular Structures   527-533   2015年5月   [査読有り]
Effects of Cyclic Loading on Occurrence of Brittle Fracture in Notched Specimens
Iwashita, T., Azuma, K.
The 15th International Symposium on Tubular Structures   599-604   2015年5月   [査読有り]

講演・口頭発表等

 
繰返し載荷を受ける切欠きを有する鋼試験片の塑性変形能力に関する研究 その5 ワイブル応力を用いた変形能力推定方法の検討
岩下 勉,東 康二
日本建築学会大会学術講演梗概集(仙台) 構造Ⅲ   2018年9月5日   
切欠きを有する3点曲げ試験片における延性き裂進展のシミュレーションに関する研究 -ワイブル応力算出の検討-
島田恵豊,岩下 勉,東 康二
日本建築学会九州支部研究報告,第57号   2018年3月4日   
欠きを有する3点曲げ試験片における延性き裂進展のシミュレーションに関する研究 -ワイブル応力算出の検討-
小宮慎二,岩下 勉,東 康二
日本建築学会九州支部研究報告,第57号   2018年3月4日   
繰返し載荷を受ける切欠きを有する鋼試験片の塑性変形能力に関する研究 その4 ワイブル応力による検討
小宮慎二,岩下 勉,東 康二
日本建築学会大会学術講演梗概集(広島) 構造Ⅲ   2017年9月1日   
繰返し載荷を受ける切欠きを有する鋼試験片の塑性変形能力に関する研究 その3 損傷度と延性き裂進展の検討
岩下 勉,小宮慎二,立野 文,東 康二
日本建築学会大会学術講演梗概集(広島) 構造Ⅲ   2017年9月1日   

Works

 
英語で授業をするためのWeb教材(2014年度)
岩下 勉,他9名での共同制作   Webサービス   2014年

競争的資金等の研究課題

 
繰返し履歴・延性き裂を考慮した欠陥からの脆性破壊予測:累積塑性変形推定方法の確立
日本学術振興会: 科学研究費補助金 基盤研究C
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 岩下 勉
溶接欠陥に起因する脆性破壊に決定づけられる終局耐力の予測-接合部の品質管理基準
日本学術振興会: 科学研究費補助金 基盤研究C
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 東 康二,分担者:岩下 勉
繰返し載荷を受けた鋼切欠き試験片から発生する延性き裂を伴った脆性破壊の予測手法の確立
公益財団法人 大林財団: 平成28年度研究助成
研究期間: 2017年4月 - 2018年3月    代表者: 岩下 勉
繰返し履歴を考慮した欠陥から発生する脆性破壊予測:累積塑性変形能力推定方法の確立
日本学術振興会: 科学研究費補助金
研究期間: 2013年4月 - 2016年3月    代表者: 岩下 勉
欠陥を起点とする延性亀裂の進展と脆性破壊への転化の予測-接合部の品質管理基準
日本学術振興会: 科学研究費補助金
研究期間: 2013年4月 - 2016年3月    代表者: 東 康二,分担者:岩下 勉