YOSHIKAWA Toru


YOSHIKAWA Toru

J-GLOBAL         Last updated: Oct 4, 2019 at 10:21
 
Avatar
Name
YOSHIKAWA Toru
Alternative names
YT004355
E-mail
yoshikawah.jniosh.johas.go.jp
URL
https://www.jniosh.go.jp/en/index.html
Affiliation
National Institute of Occupational Safety and Health,Japan
Job title
Deputy Director
Research funding number
50332218
Google Analytics
UA-34017662-1
ORCID ID
0000-0003-0383-1814

Profile

 Toru Yoshikawa graduated from the School of Medicine, University of Occupational and Environmental Health, Japan (UOEH) in 1996, and became Board Certified Member of the Japanese Society of Internal Medicine in 2000 and Senior Occupational Health Physician certified by the the Japan Society for Occupational Health (JOHS) in 2005. He joined an international collaborative research project at the International Health Care Workers Safety Center, University of Virginia in 2002 after studying at the Center in 2004 under Prof. Janine Jagger.
 He is the Acting Director of the Research Center of Overwork-Related Disorders (RECORDs), National Institute of Occupational Safety and Health (JNIOSH). He is also a member of the Research Group of Occupational Health for Health Care Workers of JOHS and a chief of EPINet - surveillance team of the Japanese Research Group for Infection Controls and Practices (JRGOICP).
 His major areas of interests are the research and practices for practical improvements of workplace environment and working conditions in terms of occupational safety and health. Working in technical cooperation projects for developing countries, he contributes to develop training packages for work improvements in small enterprises and in health care settings in Asia and Africa. He is particularly interested in occupational infection control such as preventing needlestick injuries through a nation-wide surveillance network and promoting the proper use of personal protective equipment (PPE) in health care settings. He contributed to develop the guidelines for managing viral hemorrhagic fever (VHF) including Ebola hemorrhagic fever in clinical settings and public health in Japan in 2014, dealing with occupational safety and health issues including the proper use of PPE and controlling working conditions for health care workers. He also contributed to developing the guide for business continuity plans (BCP) for pandemic flu for health care sectors in 2013.
He have launched his new academic carrier at National Institute of Occupational Safety and Health Japan since April 2015 after contributing to Ebola response team as the WHO national occupational safety and health coordinator for Liberia, November 2014 to March 2015.

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
Apr 2015
 - 
Today
Research Center for Overwork-Related Disorders, National Institute of Occupational Safety and Health, Japan
 
Nov 2014
 - 
Mar 2015
National Occupational Health & Health Coordinator for Liberia, World Health Organization
 
Mar 2000
 - 
Mar 2015
Institute for Science of Labour
 

Education

 
Apr 1990
 - 
Mar 1996
Faculty of Medicine, University of Occupational and Environmental Health, Japan
 

Awards & Honors

 
May 2018
Encourage Award 2017, Japan Society for Occupational Health
 
Nov 2017
JMA Marit Award (for the committe member in JMA over 10 years), Japan Medical Association
 
Nov 2016
Encouraging Prize, The Japan Association of Job Stress Research
 
Nov 2015
a letter of appreciation from the Minister of Foreign Affairs
 

Published Papers

 
菅知絵美, 吉川徹
産業精神保健   27(1) 61‐69-69   Feb 2019
IT産業に相当する情報通信業に従事する労働者の労働環境は、情報通信技術の進展とともにめまぐるしく変化しており、過酷な労働状況とその精神的健康問題の対策の必要性が指摘されてきた。1)情報通信業に携わる労働者の精神的健康問題、2)精神的健康に及ぼす仕事上の要因、3)過重労働による精神障害の労災認定事案の事実、4)仕事の量的負担への課題、5)技術教育の課題、について概説した。
Yamauchi T, Sasaki T, Takahashi K, Umezaki S, Takahashi M, Yoshikawa T, Suka M, Yanagisawa H
PloS one   14(7) e0219657   2019   [Refereed]
平光良充, 平光良充, 李宗子, 吉川徹, 吉川徹, 木戸内清, 木戸内清, 満田年宏, 満田年宏, 網中眞由美, 網中眞由美, 細見由美子, 細見由美子, 黒須一見, 黒須一見, 國島広之, 國島広之, 森澤雄司, 森澤雄司, 和田耕治, 和田耕治, 森兼啓太, 森兼啓太, 森屋恭爾, 森屋恭爾
日本環境感染学会誌(Web)   34(1) 45‐49 (WEB ONLY)   2019
中嶋 義文, 木戸 道子, 吉川 徹, 相澤 好治, 松本 吉郎, 日本医師会産業保健委員会
産業医学レビュー   31(2) 111-128   Sep 2018
湯淺晶子, 吉川悦子, 佐野友美, 竹内由利子, 吉川徹
ストレス科学   32(4) 386‐393   Jun 2018
浅井裕美, 今村幸太郎, 堤明純, 島津明人, 井上彰臣, 廣尚典, 小田切優子, 吉川徹, 吉川悦子, 川上憲人
産業ストレス研究   25(2) 257‐271-271   Apr 2018
Imamura K, Asai Y, Watanabe K, Tsutsumi A, Shimazu A, Inoue A, Hiro H, Odagiri Y, Yoshikawa T, Yoshikawa E, Kawakami N
Journal of occupational health   60(4) 298-306   Apr 2018   [Refereed]
Yamauchi T, Sasaki T, Yoshikawa T, Matsumoto S, Takahashi M, Suka M, Yanagisawa H
Journal of occupational and environmental medicine   60(4) e178-e182   Jan 2018   [Refereed]
Yamauchi T, Yoshikawa T, Sasaki T, Matsumoto S, Takahashi M, Suka M, Yanagisawa H
Industrial health   56(1) 85-91   Oct 2017   [Refereed]
平光良充, 吉川徹
週刊日本医事新報   (4874) 42‐46-46   Sep 2017
岐阜三次医療圏、宗谷・静岡・名古屋二次医療圏および福岡市博多一次医療圏の22病院を対象に、針刺し・切創(以下、針刺し)の未報告の有無について、C型肝炎ウイルス(HCV)陽性患者に対する針刺し報告数をもとに推計した。対象施設における全血球検査件数は合計212万4948件で、そのうちHCV陽性患者に対する検査は合計4万5898件(2.2%)であった。一方、総針刺し報告数は合計528件で、そのうちHCV陽性患者に対する針刺し報告数は合計69件(13.1%)であった。HCV陽性患者に対する針刺しが...
Watanabe K, Kawakami N, Imamura K, Inoue A, Shimazu A, Yoshikawa T, Hiro H, Asai Y, Odagiri Y, Yoshikawa E, Tsutsumi A
Scientific reports   7(1) 10758   Sep 2017   [Refereed]
和田耕治, 吉川徹, 李宗子, 満田年宏, 木戸内清, 網中眞由美, 黒須一見, 森澤雄司, 森屋恭爾
日本環境感染学会誌   32(1) 6‐12-12   Jan 2017
本研究の目的は、病室と病室外で発生した針刺し切創のデータを元に、リスクの高い器材や事例発生状況を明らかにすることである。エピネット日本版サーベイランスに参加している118施設に対し、2013年4月から2015年3月における針刺し切創事例全数のデータの提供を求めた。87施設から6,201件が収集された。病室では1,698件、病室外では593件の針刺し切創が報告された。針刺し切創が最も多かった器材は、使い捨て注射器の針(病室30.6%、病室外35.9%)であった。事例発生状況は、病室では患者に...
Yamauchi T, Yoshikawa T, Takamoto M, Sasaki T, Matsumoto S, Kayashima K, Takeshima T, Takahashi M
Industrial health   55(3) 293-302   Jan 2017   [Refereed]
茅嶋康太郎, 吉川徹, 佐々木毅, 劉欣欣, 池田大樹, 松元俊, 久保智英, 山内貴史, 蘇リナ, 松尾知明, 高橋正也
産業医学レビュー   29(3) 163‐187-187   Jan 2017
平成26年6月27日に、過労死等防止対策推進法(過労死防止法)が公布され、同年11月1日に施行された。過労死等の防止に資する新たな科学的知見について、以下の観点から文献レビューを行った。1)業務における過重な負荷による脳血管疾患・心臓疾患に関する知見、2)業務における強い心理的負荷による精神疾患、3)体力と健康増進:過労死等予防。また、過労死等調査研究センターの研究課題についても述べた。
平光良充, 木戸内清, 吉川徹
労働科学   92(5/6) 63‐70-70   Oct 2016
わが国における針刺しの報告率について実態を把握する目的で、2006〜2015年に国内外で発行された論文について文献レビューを行った。針刺しの報告率の調査方法は、「針刺し経験者のうち報告した人の割合」を調査する方法と「発生した針刺しのうち報告された件数の割合」を調査する方法の2種類に分類され、前者を調査した論文のほうが多かった。いずれの方法によっても報告率が50%以下とする結果が多くみられた。報告しなかった主な理由は、使用前の鋭利器材であった、患者の感染症が陰性であった、忙しかった、などであ...
針刺しの報告率に関する文献レビュー
平光 良充, 木戸内 清, 吉川 徹
労働科学   92(5-6) 63-70   Oct 2016
わが国における針刺しの報告率について実態を把握する目的で、2006〜2015年に国内外で発行された論文について文献レビューを行った。針刺しの報告率の調査方法は、「針刺し経験者のうち報告した人の割合」を調査する方法と「発生した針刺しのうち報告された件数の割合」を調査する方法の2種類に分類され、前者を調査した論文のほうが多かった。いずれの方法によっても報告率が50%以下とする結果が多くみられた。報告しなかった主な理由は、使用前の鋭利器材であった、患者の感染症が陰性であった、忙しかった、などであ...
Wada K, Yoshikawa T, Lee JJ, Mitsuda T, Kidouchi K, Kurosu H, Morisawa Y, Aminaka M, Okubo T, Kimura S, Moriya K
Industrial health   54(3) 229-229   Jun 2016   [Refereed]
Zenke Y, Kajiki S, Yoshikawa T, Nakao T, Yoshikawa E, Shoji T, Fukumoto K, Sakai A
Journal of UOEH   37(4) 313-318   Dec 2015   [Refereed]

Books etc

 
吉川徹, 医療機関におけるメンタルヘルス向上のための安心・安全で快適な職場環境改善チェックリスト作成ワーキンググループ
労働科学研究所   Mar 2009   ISBN:4897603188

Conference Activities & Talks

 
吉川徹, 吉川悦子
産業精神保健   15 Aug 2019   
吉川悦子, 吉川徹, 湯淺晶子, 佐野友美, 竹内由利子
産業精神保健   15 Aug 2019   
吉川徹
産業精神保健   15 Aug 2019   
菅知絵美, 梅崎重夫, 吉川徹, 佐々木毅, 山内貴史, 高橋正也
産業衛生学雑誌   22 May 2019   
山内貴史, 佐々木毅, 高橋邦彦, 梅崎重夫, 高橋正也, 吉川徹, 平岡伸隆, 須賀万智, 柳澤裕之
産業衛生学雑誌   22 May 2019   
吉川徹, 高田琢弘, 高田琢弘, 菅知絵美, 佐々木毅, 山内貴史, 山内貴史, 高橋正也, 梅崎重夫
産業衛生学雑誌   22 May 2019   
高田琢弘, 吉川徹, 佐々木毅, 山内貴史, 山内貴史, 梅崎重夫
産業衛生学雑誌   22 May 2019   
飯田真子, 川上憲人, 今村幸太郎, 渡辺和広, 井上彰臣, 島津明人, 吉川徹, 廣尚典, 浅井裕美, 小田切優子, 吉川悦子, 堤明純
産業衛生学雑誌   22 May 2019   
労働災害による上肢外傷症例における労働生産性の低下と医療経済的損失の検討
善家 雄吉, 梶木 繁之, 吉川 徹, 濱田 大志, 酒井 昭典
産業医科大学雑誌   Mar 2019   
山内貴史, 佐々木毅, 吉川徹, 高橋正也, 菅知絵美, 須賀万智, 柳澤裕之
日本疫学会学術総会講演集(Web)   30 Jan 2019   
薬師寺史厚, 薬師寺史厚, 柳川忠二, 吉川徹, 村田実希郎
医療の質・安全学会誌   31 Oct 2018   
山内貴史, 吉川徹, 佐々木毅, 松元俊, 高橋正也, 菅知絵美, 須賀万智, 柳澤裕之
産業衛生学雑誌   16 May 2018   
吉川徹
産業衛生学雑誌   16 May 2018   
駒瀬優, 川上憲人, 今村幸太郎, 井上彰臣, 島津明人, 吉川徹, 廣尚典, 浅井裕美, 小田切優子, 吉川悦子, 堤明純
産業衛生学雑誌   16 May 2018   
小木和孝, 竹内由利子, 佐野友美, 吉川悦子, 吉川徹
産業衛生学雑誌   16 May 2018   
原谷隆史, 井澤修平, 久保智英, 三木圭一, 吉川徹
産業衛生学雑誌   16 May 2018   
吉川悦子, 土屋政雄, 佐野友美, 湯淺晶子, 竹内由利子, 吉川徹
産業衛生学雑誌   16 May 2018   
高田琢弘, 吉川徹, 佐々木毅, 松元俊, 山内貴史, 菅知絵美, 高橋正也
産業衛生学雑誌   16 May 2018   
吉川徹
産業衛生学雑誌   16 May 2018   
湯淺晶子, 吉川悦子, 吉川徹, 竹内由利子, 佐野友美
産業衛生学雑誌   16 May 2018   
渡辺和広, 川上憲人, 今村幸太郎, 井上彰臣, 島津明人, 吉川徹, 廣尚典, 浅井裕美, 小田切優子, 吉川悦子, 堤明純
産業衛生学雑誌   16 May 2018   
田中希実子, 大都悦子, 秋元史恵, 吉川徹
産業衛生学雑誌   16 May 2018   
吉川徹, 松元俊, 山内貴史, 茅嶋康太郎, 佐々木毅, 高橋正也
産業衛生学雑誌   16 May 2018   
菅知絵美, 山内貴史, 吉川徹, 佐々木毅, 松元俊, 高田琢弘, 高橋正也
産業衛生学雑誌   16 May 2018   
労働災害による上肢外傷発生予防対策の確立と普及のための学際的産業医学的アプローチに関する研究
善家 雄吉, 梶木 繁之, 吉川 徹, 酒井 昭典
産業医科大学雑誌   Mar 2018   
労働災害による上肢外傷発生予防対策の確立と普及のための学際的産業医学的アプローチに関する研究
善家 雄吉, 梶木 繁之, 吉川 徹, 酒井 昭典
産業医科大学雑誌   Mar 2018   
山内貴史, 佐々木毅, 松元俊, 吉川徹, 須賀万智, 柳澤裕之, 高橋正也
日本疫学会学術総会講演集(Web)   1 Feb 2018   
看護師の個人防護具使用に関する認識・実践と職場の安全風土
網中 眞由美, 西岡 みどり, 吉川 徹
日本環境感染学会総会プログラム・抄録集   Feb 2018   
医師と看護師の針刺し・切創報告率に関する分析
平光 良充, 李 宗子, 吉川 徹, 木戸内 清, 満田 年宏, 網中 眞由美, 黒須 一見, 國島 広之, 森澤 雄司, 和田 耕治, 森兼 啓太
日本環境感染学会総会プログラム・抄録集   Feb 2018   
エピネット日本版の正しいデータ収集・入力方法 データ入力の間違い事例等から
吉川 徹, 満田 年宏, 李 宗子, 網中 眞由美, 木戸内 清, 國島 広之, 黒須 一見, 細見 由美子, 森兼 啓太, 森澤 雄司, 和田 耕治, 森屋 恭爾
日本環境感染学会総会プログラム・抄録集   Feb 2018   
エピネット日本版サーベイランスの成り立ちとその意義
吉川 徹, 満田 年宏, 李 宗子, 網中 眞由美, 木戸内 清, 國島 広之, 黒須 一見, 細見 由美子, 森兼 啓太, 森澤 雄司, 和田 耕治, 森屋 恭爾
日本環境感染学会総会プログラム・抄録集   Feb 2018   
職域における職業感染対策と感染管理担当者の役割
吉川 徹
日本環境感染学会総会プログラム・抄録集   Feb 2018   
吉川 徹
日本環境感染学会総会プログラム・抄録集   Feb 2018   
吉川 徹, 満田 年宏, 李 宗子, 網中 眞由美, 木戸内 清, 國島 広之, 黒須 一見, 細見 由美子, 森兼 啓太, 森澤 雄司, 和田 耕治, 森屋 恭爾
日本環境感染学会総会プログラム・抄録集   Feb 2018   
吉川 徹, 満田 年宏, 李 宗子, 網中 眞由美, 木戸内 清, 國島 広之, 黒須 一見, 細見 由美子, 森兼 啓太, 森澤 雄司, 和田 耕治, 森屋 恭爾
日本環境感染学会総会プログラム・抄録集   Feb 2018   
平光 良充, 李 宗子, 吉川 徹, 木戸内 清, 満田 年宏, 網中 眞由美, 黒須 一見, 國島 広之, 森澤 雄司, 和田 耕治, 森兼 啓太
日本環境感染学会総会プログラム・抄録集   Feb 2018   
網中 眞由美, 西岡 みどり, 吉川 徹
日本環境感染学会総会プログラム・抄録集   Feb 2018   
吉川徹
産業ストレス研究   1 Dec 2017   
吉川徹
日本職業・災害医学会会誌   10 Nov 2017   
梶木繁之, 善家雄吉, 吉川徹, 仲尾豊樹, 吉川悦子, 庄司卓郎, 酒井昭典
日本職業・災害医学会会誌   10 Nov 2017   
吉川徹
日本職業・災害医学会会誌   10 Nov 2017   
産業医学と労働者健康安全 労働安全衛生総合研究所における研究活動について
吉川 徹
日本職業・災害医学会会誌   Nov 2017   
医療機関におけるメンタルヘルス対策の実際 第三次予防から第一次予防まで 医療従事者の勤務環境改善とメンタルヘルス一次予防
吉川 徹
日本職業・災害医学会会誌   Nov 2017   
地方公務員の災害発生頻度の第一位は医師 医療の質、研修医等への対策と実践課題は
木戸内 清, 平光 良充, 吉川 徹, 和田 耕治, 稲葉 静代
日本公衆衛生学会総会抄録集   Oct 2017   
薬師寺史厚, 薬師寺史厚, 村田実希郎, 柳川忠二, 澤村亮, 廣井直樹, 吉川徹, 石堂均, 定本清美
日本防菌防ばい学会年次大会要旨集   25 Sep 2017   
吉川徹, 茅嶋康太郎, 佐々木毅, 松元俊, 山内貴史, 久保智英, 劉欣欣, 松尾知明, 池田大樹, 蘇リナ, 高橋正也
日本産業衛生学会講演集(CD-ROM)   May 2017   
山内貴史, 茅嶋康太郎, 吉川徹, 高橋正也, 佐々木毅, 久保智英, 劉欣欣, 松尾知明, 池田大樹, 蘇リナ, 松元俊
日本産業衛生学会講演集(CD-ROM)   May 2017   
川上憲人, 浅井裕美, 井上彰臣, 小田切優子, 島津明人, 吉川徹, 堤明純, 廣尚典, 吉川悦子
日本産業衛生学会講演集(CD-ROM)   May 2017   
木戸内清, 木戸内清, 木戸内清, 木戸内清, 木戸内清, 吉川徹, 吉川徹, 吉川徹, 榎原毅, 榎原毅, 庄司直人, 満田年宏, 満田年宏, 和田耕治, 和田耕治
日本産業衛生学会講演集(CD-ROM)   May 2017   
小木和孝, 吉川徹, 吉川悦子
日本産業衛生学会講演集(CD-ROM)   May 2017   

Misc

 
吉川 徹
日本精神科病院協会雑誌 = Journal of Japanese Association of Psychiatric Hospitals   37(6) 586-593   Jun 2018
【ストレスチェック制度-効果的なメンタルヘルス推進のための方策】 ストレスチェック制度と職場環境改善 参加型職場環境改善の実際
湯淺 晶子, 吉川 悦子, 佐野 友美, 竹内 由利子, 吉川 徹
ストレス科学   32(4) 386-393   Jun 2018
労働安全衛生法に基づくストレスチェック制度では、職場環境改善は努力義務とされている。参加型職場環境改善は、職場をよく知る労働者が自らの職場環境に注目し、職場の良い点と改善点を検討しながら、すぐにできる改善に取り組む包括的で実効的な職場環境改善手法である。メンタルヘルス一次予防の観点からも事業場と職場全体が協働して職場環境改善に取り組むことは効果的である。労使の主体的な取り組みに加えて、産業保健スタッフも支援チームの一員としてかかわることが期待される。改善イニシアティブ別の職場環境改善の類型...
吉川徹, 小田切優子
安全と健康   68(12) 1171‐1173   Dec 2017
吉川 徹
医学のあゆみ   263(3) 251-256   Oct 2017
中嶋 義文, 吉川 徹, 伊藤 清子, 田中 彰子
産業・組織心理学研究   30(2) 203-209   Mar 2017
中嶋義文, 中嶋義文, 吉川徹, 吉川徹, 木戸道子, 木戸道子, 村上剛久, 村上剛久
日本病院学会プログラム・抄録   67th 291   2017
村田実希郎, 廣井直樹, 吉川徹, 定本清美, 薬師寺史厚, 薬師寺史厚
医療の質・安全学会誌   11(Supplement) 275-275   Oct 2016
木戸内清, 木戸内清, 木戸内清, 吉川徹, 吉川徹, 竹腰知治, 中村俊之, 稲葉静代, 稲葉静代, 平光良充
日本公衆衛生学会総会抄録集   75th 575-575   Oct 2016
保健所の安全配慮義務 無料匿名エイズ・肝炎検査などの採血時の針刺し予防対策
木戸内 清, 吉川 徹, 竹腰 知治, 中村 俊之, 稲葉 静代, 平光 良充
日本公衆衛生学会総会抄録集   75回 575-575   Oct 2016
梅澤光政, 佐山静江, 福島篤仁, 福島篤仁, 橋本美雪, 吉川徹, 武藤孝司
産業医学ジャーナル   39(3) 57‐61   May 2016
堤明純, 小田切優子, 原谷隆史, 錦戸典子, 吉川徹, 吉川悦子, 五十嵐千代, 森口次郎, 島津明人, 川上憲人, 梶木繁之, 時田征人, 彌冨美奈子, 彌冨美奈子
事業場におけるメンタルヘルス対策を促進させるリスクアセスメント手法の研究 平成27年度 総括・分担研究報告書   27‐75   2016
吉川徹, 吉川悦子, 小木和孝, 森口次郎, 竹内由利子, 佐野友美, 錦戸典子, 杉原由紀, 川上憲人
事業場におけるメンタルヘルス対策を促進させるリスクアセスメント手法の研究 平成27年度 総括・分担研究報告書   76‐157,159   2016
吉川徹, 吉川悦子, 土屋政雄, 森口次郎, 竹内由利子, 佐野友美
ストレスチェック制度による労働者のメンタルヘルス不調の予防と職場環境改善効果に関する研究 平成27年度 総括・分担研究報告書   105‐126   2016
竹内由利子, 酒井一博, 小木和孝, 池上徹, 松田文子, 吉川悦子, 武澤千尋, 佐野友美, 吉川徹
人類働態学会会報(Web)   (102) 71‐72 (WEB ONLY)   Dec 2015
尾之上さくら, 吉川徹, 吉川徹, 毛利一平, 毛利一平
労働の科学   70(11) 656-661   Nov 2015
木戸内清, 木戸内清, 木戸内清, 吉川徹, 吉川徹, 稲葉静代, 永野美紀, 古畑雅一, 加治正行, 平光良充, 竹腰知治, 平田宏之, 中村俊之
日本公衆衛生学会総会抄録集   74th 557   Oct 2015
平光良充, 吉川徹, 木戸内清, 稲葉静代, 古畑雅一, 永野美紀, 加治正行
日本公衆衛生学会総会抄録集   74th 557   Oct 2015
小木和孝, 吉川悦子, 吉川徹
人類働態学会会報(Web)   (101) 13-14 (WEB ONLY)   Jun 2015
YOSHIKAWA ETSUKO, YOSHIKAWA TOORU, KOGI KAZUTAKA, NISHIKIDO NORIKO, MORIGUCHI JIRO, KAWAKAMI NORITO
日本産業衛生学会講演集(CD-ROM)   88th 358   May 2015
YOSHIKAWA TOORU, WADA KOJI, YOSHIKAWA TOORU, WADA KOJI
日本産業衛生学会講演集(CD-ROM)   88th 287   May 2015
KIDOUCHI KIYOSHI, KIDOUCHI KIYOSHI, KIDOUCHI KIYOSHI, YOSHIKAWA TOORU, YOSHIKAWA TOORU, HASEBE TETSUYA
日本産業衛生学会講演集(CD-ROM)   88th 291   May 2015
IIDA YUKIKO, YOSHIKAWA TOORU, WADA KOJI, KIMURA KIKUJI
日本産業衛生学会講演集(CD-ROM)   88th 455   May 2015
UCHIDA TAKAYUKI, MORIGUCHI JIRO, YAMANE HIDEYUKI, MIZUMOTO MASASHI, YOSHIOKA CHIAKI, IGARASHI CHIYO, ODAGIRI YUKO, SHIMAZU AKIHITO, TSUTSUMI AKIZUMI, NISHIKIDO NORIKO, HARATANI TAKASHI, YOSHIKAWA ETSUKO, YOSHIKAWA TOORU, KAWAKAMI NORITO
日本産業衛生学会講演集(CD-ROM)   88th 264   May 2015
ZENKE YUKICHI, SAKAI AKINORI, KAJIKI SHIGEYUKI, YOSHIKAWA TOORU
J UOEH Univ Occup Environ Health   37(1) 93   Mar 2015
TSUTSUMI AKIZUMI, ODAGIRI YUKO, YOSHIKAWA TOORU, YOSHIKAWA ETSUKO, HARATANI TAKASHI
日本職業・災害医学会会誌   63(1) 7-13   Jan 2015
吉川 徹
精神医学   57(1) 15-21   Jan 2015

Works

 
Study on work load of the back by using hoist tools in care workers
2001

Research Grants & Projects

 
Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology: Grants-in-Aid for Scientific Research(基盤研究(C))
Project Year: 2010 - 2012    Investigator(s): Sakura ONOUE
A health survey was carried out in 96 longshoremen at Yokohama Port. The results suggested possible influences of labor conditions such as shift work, night work, and early morning work on physical health. In regard to influences on mental health,...
Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology: Grants-in-Aid for Scientific Research(基盤研究(B))
Project Year: Apr 2010 - Mar 2012    Investigator(s): Toru YOSHIKAWA
This study aimed at developing a proactive multicenter monitoring systems for using the Japan/EPINet developed by the working group of research group occupational infection control and prevention (JESWG in JRGOICP) for preventing exposures to bloo...
Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology: Grants-in-Aid for Scientific Research(基盤研究(B))
Project Year: 2007 - 2009    Investigator(s): Kazutaka KOGI
Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology: Grants-in-Aid for Scientific Research(基盤研究(B))
Project Year: 2007 - 2008    Investigator(s): Kazuhiro SAKAI
Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology: Grants-in-Aid for Scientific Research(若手研究(B))
Project Year: 2007 - 2008    Investigator(s): Toru YOSHIKAWA
The scientific research grants of Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology (=MEXT), Japan (#19790413, 2007-2008): Effects of the interventions of comprehensive countermeasures about occupational exposures to blood-borne pathogens.
Project Year: 2007 - 2008
Research grants of the TOYOTA Foundation (#05-N-71, 2005-2007): Building of a new network for occupational safety and health among health care workers in Asia through development of participatory action-oriented training tools.
Project Year: 2005 - 2007
Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology: Grants-in-Aid for Scientific Research(基盤研究(C))
Project Year: 2000 - 2001    Investigator(s): Hiroyasu IIDA
As a preliminary research, the outline of the activity related to the medical safety management in a large scale private hospital (1,150 beds) was investigated. To deal with a rapid increase of the number of patients, capital investment for new in...
Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology: Grants-in-Aid for Scientific Research(基盤研究(B))
Project Year: 1998 - 2000    Investigator(s): Kazutaka KOGI
There is a growing trend in re-orientating occupational health research towards risk management. Such a trend is accelerated by the increasing attention to occupational safety and health management systems. The trend, also seen in many Asian count...
Development of the participatory programme on improving working conditions in Asian countries
Electromyographic Evaluation of the Muscular Load
Ergonomic Study for causes of the needle stick injury